資産運用の集客広告は「認知度向上」と「比較のしやすさ」の複合戦略が有効

資産運用の集客広告は「認知度向上」と「比較のしやすさ」の複合戦略が有効
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

資産運用や投資の現状

資産運用の関心は日本全体で高まっている傾向にあります。2019年に金融審議会の報告書により、老後の資金として2000万円が必要というイメージがついたことから投資を始めなければいけないのかと考える方が出てきているためです。

ユーザーは資産運用会社はどう選んでいるか

資産運用会社の選び方は個人によってさまざまです。例えばこのような理由などがあります。

  • 知人や家族から勧められた
  • 口座開設の簡単さや手数料の安さ
  • インターネットで検索した情報をもとに選ぶ
  • 現在メインに使っている金融機関のサービスだったから
  • 金融機関の営業に勧められた

投資初心者は安心感を重視することを意識して集客、広告を検討しよう

投資の初心者が運用を始めるにあたり、重視されるのは安心感や信頼感です。例えば知人や家族から勧められたという場合でも「自分が信頼している人物が進めてくれるなら」という、信頼感を重視したといえます。

インターネットなどで自分で検索をする方も、それぞれの金融機関を比較して「メリットなどを自分で調べた」という安心感が選定されたポイントになっているのです。現在メインで使っている金融機関のサービスであっても、現場を使っている金融機関なので安心できるという思いが強いでしょう。

投資初心者を集客するならメリットを中心に伝える

ユーザーにとっての安心感や信頼感というのは成功できるかどうかということです。つまり投資初心者のもっているニーズは投資が成功しやすいということになります。

手数料なども含めて投資で資金を増やせる可能性が高く、ユーザーにメリットがありそうかどうかを伝えられることが投資の初心者を集客するために重要なポイントです。

他社と比較する際には下記のような点が重視されます。

  • 投資することのメリットがありそうか
  • 投資の事業をおこなっている実績があるか
  • 手数料が安い、選択肢が多いなどリスクは低いか
  • 投資家とコミュニケーションを取っているか
  • 投資方法の提案は質がよいか

また信頼性という部分では投資会社の認知度も重要です。全く名前を聞いたことがないような投資会社だと、どうしても初心者は敬遠してしまう傾向にあります。

資産運用で集客するための広告戦略方法

客単価を上げる方法

投資運用の会社が集客をするためには認知度を高めてメリットを訴求する戦略が必要です。それぞれどのような方法で展開すればよいかをご紹介します。

投資初心者の集客のため接触機会を増やして認知度を高める

さまざまな場所でユーザーへの接触機会を増やしてまずは認知度を高めましょう。名前をみたときに「どこかで聞いたことがある」と思わせることがポイントです。

SNSの広告を活用

投資の情報を発信しているブロガーやインフルエンサーを活用して、SNSで認知させる方法です。有名な人物が会社名を何度か記載していることで、その人物に興味をもっている人が自然とその名前を覚えていきます。

ただし現在では影響力のある人に対して広告費を支払っているのに広告と記載しない場合には、ステルスマーケティングといわれてユーザーが嫌う傾向にあるので注意が必要です。

資産運用に興味をもつ人が集まる場所へ広告を出す

資産運用を考えている人が多く集まる場所へ広告を出すということも、知名度を上げる方法です。例として下記のような媒体があります。

  • マネーポストWeb(小学館):https://www.moneypost.jp/
  • MONEY ZINE(翔泳社):https://moneyzine.jp
  • 幻冬舎GOLD ONLINE(幻冬舎):https://gentosha-go.com/

いずれもお金に関連する情報を発信しているWebの媒体で、現在投資をしている方からこれから始めようと考えている方まで情報収集のためにアクセスする可能性があります。ただし投資の初心者だけが集まるとは限らないので、対象を初心者でピンポイントに狙えない可能性があり、費用対効果が感じられない場合があることは注意しなければいけません。

投資初心者が集まる場所をつくる

投資の初心者が集まる場所を自社で制作するという方法もあります。書き込みのできるような掲示板やオウンドメディアを作成することで、集まる場所を自らつくることが可能です。特にオウンドメディアは発信する情報を自社で自由に決められるため、投資の初心者はもちろんさざまな条件でターゲットを絞れます。

初心者向けに考えるのであれば資産運用に関する基礎知識やQ&A、投資を始めるにあたり気をつけておくべき点などを掲載しているサイトがよいです。投資を考えている方が見るとためになる情報を掲載することは、運営会社への信頼感も獲得できます。

過去に投資で失敗した方をターゲットにするのであればリスク分散や損切り、価値が変動しやすい条件などについて解説していくのもよいでしょう。

投資初心者が集まるオウンドメディアをつくることは下記のようにいくつものメリットがあるのです。

  • ためになる情報を何度も見に来ることで認知度アップ
  • 投資に関する情報を提供していることで信頼される
  • 検索サイトからの自然な流入が見込める
  • 見込み客を逃さないために投資に関しての質問相談を受け付けてそれに対して返答するというコンテンツもよいです。失敗がそのまま資産減少につながる投資というジャンルは、悩みを聞いてもらいたいという要望の需要は非常に高いです。

    オウンドメディア制作・運用について

    資産運用を集客するなら比較しやすい情報を提供

    資産運用の集客時は、比較しやすい情報を用意しておきましょう。資産運用は将来的な資産を増やす目的でおこなうので、始める前は誰もが絶対に損をしたくないと考えます。そのため一般的な販売よりも慎重に比較される傾向にあるのです。

    数で示せる部分はホームページ上で紹介

    数値で公表できる優位性はホームページにてわかりやすく紹介しましょう。特に手数料や投資先の数、過去の実績などは投資のときに比較されやすいポイントです。数値を比較しようとしているのに何も記載されていないとそれだけで検討をする候補から外してしまうことも考えられます。

    反対に自社ではしっかりと記載をしていて、他社では自信がないからと記載していなかった場合にはそれがユーザーにとって選ぶ基準となる可能性があるということです。

    他にも担当者と投資家の間でどのようなコミュニケーションを取っているか、毎週かならず連絡をしているなどがあれば、その旨も掲載しておきましょう。

    ポジショニングメディアの立ち上げも資産運用で集客する手段

    住宅業界のポジショニングメディアポジショニングメディア事例 詳細はお問い合わせください

    ホームページにてさまざまな情報を公開し、自社の強みやなどを伝えることで顧客獲得していくのは有効な手法です。しかし、ホームページには集客以外の目的もあるため、投資を検討しているユーザー(見込み顧客)に完全特化したサイト構成にはしづらいケースも少なくありません。

    また、ユーザーには比較検討ニーズがあるため、自社のホームページを訪れても一度は離脱し、他の企業のサイトを見ていくことは多いです。そこで、ユーザーが価格などに目が取られて、本当は自分に一番良い自社の特徴を忘れてしまい結局他社を選ぶ…という流れが発生する可能性もあります。

    ポジショニングメディアは、自社を選ぶべき見込み客だけを集め、「〇〇なら自社がベスト」と強く印象付けすることによって問い合わせ・成約を獲得するためのWeb施策です。

    ポジショニングメディアの土台となるのは、競合にはない自社ならではの強みとユーザーのニーズが合わさる部分、「バリュープロポジション」です。バリュープロポジションをもとにメディアを展開することで、サイトに流入するユーザーは自社と親和性が高いという、そもそも自社にとって優位な状況での情報発信が可能となります。

    その上で自社の投資運用についての情報だけではなく、投資運用の基礎知識や正しい投資運用サービスの選び方を教えることで、ニーズの合うユーザーを自然な形で自社にたどり着かせることができます。

    ポジショニングメディアは今まで120以上の業種で導入されており、下記のような成果が上がっております。

    • 商材の強みや特徴を理解した上で反響に至るため、価格競争から脱却し受注単価が2.5倍になった
    • 30件リードが取れても成約0件が、たった10件のリードで4件成約
    • 数ある競合から自社に興味を持ってもらえるようになり、反響獲得後から契約までの期間を3分の1に短縮できた

    ポジショニングメディアについて詳しく知りたい方は、下記のページをご覧ください。

    ポジショニングメディア
    について詳しく

    資産運用の集客差別化はバリュープロポジションの視点で

    バリュープロポジションのイメージ図

    資産運用のユーザーをWebで集める際、バリュープロポジションをアピールすることで増加を狙えます。

    バリュープロポジションとは他者がもっていない自社だけの強みであり、かつそれがユーザーのニーズに合致している点です。他社との差別化につながり比較検討をしている際に多くの方が選ぶポイントとなります。

    バリュープロポジションは自社の特徴というだけでは充分ではないのです。

    • 他者がその特徴をもっていない
    • 市場の顧客に求められている

    これを見つけるためには、競合他社の分析やユーザーが何を求めているかなどの分析をしなければいけません。マーケティングのノウハウが必要となってきます。

    資産運用の差別化で集客をするならプロに相談

    バリュープロポジションを意識した宣伝をおこない、多くある資産運用に関連する会社から自社を選んでもらうためには、マーケティングの知識をもっている会社に依頼をすることがお勧めです。

    全研本社では、すでに7000を超えるサイト制作実績があります。競合他社の調査をおこない、下記を提供させていただきます。

    • バリュープロポジションの発見
    • ユーザーニーズの分析
    • 適切なキーワードでのWebサイト制作

    投資の資産運用の集客、もしくはコンサルティング会社で資産運用のクライアントを獲得したいと考えている方は、Webの集客に特化した弊社に一度ご相談ください。

    Web集客のご相談はこちら

    ページトップへ