ファクタリングの集客・顧客獲得のポイント

ファクタリングの集客・顧客獲得のポイント
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

ファクタリングの集客ポイント

ファクタリングを希望するユーザーが会社を探す際、以下のポイントで比較しています。自社の場合、どのような点が強みとなるかを考えながら見ていきましょう。
ユーザーがファクタリングを検討するにあたって、会社を探すポイントと自社の強みがマッチするかがファクタリングユーザーの集客成功のポイントです。

手数料を打ち出す

ファクタリングを希望するユーザーにとって、すぐに現金を手に入れたいものの付随する手数料はネックとなる部分です。

一般的な手数料は2社間ファクタリングで10~20%程度、3社間ファクタリングで2~9%程度とされていることから、手数料が低いほど自社のセールスポイントになり得ます。

もしも高い場合には自社ならではの理由を添え、ユーザーの納得感を醸成するようにしましょう。

資金調達のスピード感を打ち出す

どのくらいの期間で現金化できるのかという点は、ユーザーがファクタリング会社を選ぶ上で重要な要素となります。したがって資金調達のスピード感は分かりやすく提示しておきましょう。

通常2社間ファクタリングは即日~2日程度、3社間ファクタリングは3日~1週間程度とされており、早ければ早いほどユーザー獲得に繋げやすくなります。短期間で可能なことを、ホームページ等で分かりやすく打ち出しておくと良いでしょう。

債権買取額をしっかりと提示

実際の買取金額はユーザーにとって重要な判断基準です。

最大買取金額はもちろん大切ですが、ファクタリングを実施したいと思うユーザーにとって最も大切なのは最小買取金額です。買取金額はファクタリング会社によって振れ幅が大きいこともあり、最小金額・最大金額いずれも分かりやすく提示しておく必要があります。

企業情報をアピール

ファクタリングという手法自体が近年普及したものであることから、ファクタリング会社をやや疑っているユーザーは少なくありません。そこで創業年数や代表者名、資本金など、会社としての信用情報は分かりやすく記載しておきましょう。

中でも創業年数は、ユーザーにとって重要なポイントです。会社としての実働期間が長いほど安心感を醸成できるため、必要情報としてホームページなどに記載しておくことで、ユーザーが会社を選ぶ判断基準とすることができます。

担当者との関わり方をアピール

ファクタリング自体初めてとなるユーザーが多いからこそ、担当者との関わりを記載しておくことは非常に重要です。

初めてのファクタリングには不安が付きまといます。また、2社間ファクタリングの経験はあるものの、3社間ファクタリングは初めて、といったユーザーがいるかもしれません。ユーザーのポート役として担当者の存在をアピールできれば、「この会社でお願いしよう」という話にもなりやすいでしょう。

きちんと契約までの流れを説明する、契約書の内容を丁寧に説明する、質問は気軽にできる関係を構築するというように、担当者との関係が密接であるほどユーザーにとって安心材料となります。したがって担当者との関わり方は丁寧に明記しておくのが良いでしょう。

ファクタリング事業の集客方法

WEB広告イメージ
このような強みを伝えるためには、ファクタリングを必要とするユーザーの検索ニーズなどを分析した上でWeb集客をメインで行うことが効果的です。

リスティング広告

リスティング広告とは、GoogleやYahoo!などの検索エンジンの検索結果に表示される広告を指します。検索連動型広告とも呼ばれ、基本的にはユーザーがクリックをすることで課金されていくシステムです。

既に興味が顕在化しているユーザーをターゲットにできる点が特徴であり、「ファクタリング」などのキーワードで検索しているユーザーを獲得することが可能です。単純な検索キーワードの場合は競合が多い可能性もありますが、広告内容を精査することで、ニーズをすでに持っているユーザー獲得を効率的にできる手法と言えるでしょう。

ユーザーニーズを踏まえた出稿キーワード選びのポイントは、

  • 「ファクタリング 即日」
  • 「ファクタリング 手数料 安い」
  • 「ファクタリング 個人事業主」

など、自分の求めるニーズで検索している且つ、自社の強みが光る複合キーワードを選ぶことです。

アフィリエイト広告

サイトに広告を埋め込むことで、ユーザーが広告をクリックし、広告主が定めた規定を満たすとサイト運営者に料金が支払われる広告の仕組みです。

掲載されるホームページを制限しにくいというデメリットはあるものの、丁寧にファクタリングを解説するサイトなどに広告掲載される可能性があり、こちらもニーズが顕在化したユーザーへアプローチしやすい手法と言えるでしょう。

またアフィリエイターによっては、悩みや課題解決の手段としてファクタリングを紹介する記事もあります。そういった記事で紹介してもらうことができれば、ファクタリングを知らないユーザ層への認知向上も可能になります。

ただし、アフィリエイターの知識程度によっては、広告ガイドライン・法規に則していない表現になってしまっているケースがあり、
最悪の場合広告主が罰せられる可能性もあるため、掲載先が吟味できる体制を作らなければなりません。

ホームページやLP

自社ホームページや、ランディングページ(LP)を作っておくことも有効です。

ホームページ・LPともに、どういった検索キーワード・ニーズに対してSEO対策をするかが重要です。社名を検索してくれるユーザーはかなりニーズが顕在化していますが、その分ユーザーの母数が少なくなってしまいます。

ホームページ・LPは単体でWeb集客をするというよりも、様々なWeb広告から流入してくる着地点としての役割の方が大きいので、広告を見て興味を持った方に最後にひと押しができるように、より詳細に強みを説明できるような内容になっているといいでしょう。

LP・HP制作のご相談はこちら

自社のファクタリング事業の強みに合わせた集客戦略

効果的な集客を実施する際には、自社の強みを明確にする必要があります。その際に有効なのは、バリュープロポジションを意識した戦略を立てることです。バリュープロポジション戦略とは、競合や市場を踏まえた上で自社ならではの強みを見つけ、打ち出していく戦略です。

全研本社は、バリュープロポジションを軸にした戦略的コンテンツマーケティングを得意としています。

バリュープロポジションのイメージ図

徹底的な分析を行った上で、クライアントが攻めるべき市場やユーザーに対してクライアントの強みを明確に伝えるポジショニングメディアを展開することで、相性の良い顧客の獲得を可能にしています。

バリュープロポジションの分析やポジショニングメディアに興味がある場合は、まずはお気軽にご相談ください。

  • 広告法規に即した広告戦略を打ちたい
  • 自社の明確な強みを打ち出せていない
  • 競合とは違う集客戦略に興味がある

など、様々な集客課題や疑問にお答えする戦略をご提案させていただきます。

ファクタリングユーザーの集客相談はこちら

お問合せはこちら

ページトップへ