資産形成の集客は、ユーザーの特性をしっかり踏まえてから

資産形成の集客は、ユーザーの特性をしっかり踏まえてから
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

お問合せはこちら

これから資産形成をする人の特徴を踏まえ、集客戦略を考える

「男女」による若年層の金融リテラシーと投資行動の特徴について調べてみると、トータルでは男性の方が金融リテラシーも高いという結果が出ていますが、女性は年代が高まるにつれて金融リテラシーが高くなっていきます。

ちなみに女性が投資の検討をしない理由として、「十分な知識がない」と上げる人が7割以上です。

男性と女性、それぞれ情報収集の仕方にも特徴が現れています。

男性は新聞や書籍といった文字媒体を、女性は友人・知人、金融期間の職員による情報から学んでいます。男性は「自ら収集した」情報に信頼性を置き、女性は「誰かが教えてくれた」の人づての情報に信頼を寄せる傾向があります。

(参考 2018年9月 MUFG資産形成研究所 金融リテラシー1万人調査の概要 https://www.tr.mufg.jp/shisan-ken/pdf/kinnyuu_literacy_02.pdf

能動的情報収集としては、どちらもウェブサイトや専門誌、書籍、新聞から情報収集をしています。そのなかでもウェブサイトから情報収集種を重視する傾向があります。

ウェブサイト上で、資産形成に関する情報をわかりやすく発信することは必須です。

また受動的情報収集に関しても男性と女性において特徴に違いがあります。

例えば女性の場合「人づての情報収集(知人、友人、家族から提供された情報、金融機関職員等から提供された情報)を重視すると述べました。

ここから仮説としては、共有しやすい情報(役に立つ、知って誰もが得する、面白い等)を啓発コンテンツとして用意することが、女性ユーザーの取り込みに有効かもしれないということです。

資産形成のユーザーを集客するなら比較しやすい情報を提供

資産形成の集客ときは、比較しやすい情報を用意しておきましょう。

資産形成は運用するための元となる資産を作り上げるためにおこなうもので、始める前は誰もが絶対に損をしたくないと考えます。そのため一般的な販売よりも慎重に比較される傾向にあるのです。

数で示せる部分はWebサイト上で紹介

数値で公表できる優位性はWebサイトにてわかりやすく紹介しましょう。特に手数料や投資先の数、過去の実績などは投資のときに比較されやすいポイントです。

数値を比較しようとしているのに何も記載されていないとそれだけで検討をする候補から外してしまうことも考えられます。

反対に自社ではしっかりと記載をしていて、他社では自信がないからと記載していなかった場合にはそれがユーザーにとって選ぶ基準となる可能性があるということです。

他にも担当者と投資家の間でどのようなコミュニケーションを取っているか、毎週かならず連絡をしているなどがあれば、その旨も掲載しておきましょう。

ポジショニングメディアの立ち上げも資産形成で集客する手段

ホームページにて自社のさまざまな情報を公開し投資を検討しているユーザー自身に比較をしてもらうことで優位性を宣伝できますが、あえて他社情報を掲載するポジショニングメディアを立ち上げるという方法もあります。

ポジショニングメディアのなかでも投資に運用する情報のページも作成できるため、自社がアピールしたい部分の情報を重点的に記載し、その上でさまざまな投資運用会社を比較できるのです。

  • 見ているユーザーが自分で比較をする手間がなくなる
  • 構成上比較で優位に立つ自社へ誘導しやすくなる

このようにユーザーにとっても自社にとってもメリットがあります。

ただしアピールするべきポイントはニーズに合っていなければいけません。たとえどんなに他にはない特徴をもっていても、それが顧客の求めている部分でなければ見ている側に響かずに流入につながらなくなってしまいます。

求められている要望から外れた情報を発信した場合、信用性も下がる可能性もあるので内容には気をつけて作成することが重要です。

資産形成の集客差別化はバリュープロポジションの視点で

資産形成のユーザーをWebで集める際、バリュープロポジションをアピールすることで増加を狙えます。

バリュープロポジションとは他者がもっていない自社だけの強みであり、かつそれがユーザーのニーズに合致している点です。他社との差別化につながり比較検討をしている際に多くの方が選ぶポイントとなります。

バリュープロポジションは自社の特徴というだけでは充分ではないのです。

  • 他者がその特徴をもっていない
  • 市場の顧客に求められている

これを見つけるためには、競合他社の分析やユーザーが何を求めているかなどの分析をしなければいけません。マーケティングのノウハウが必要となってきます。

資産形成の差別化で集客をするならプロに相談

バリュープロポジションを意識した宣伝をおこない、多くある資産形成に関連する会社から自社を選んでもらうためには、マーケティングの知識をもっている会社に依頼をすることがお勧めです。

全研本社では、すでに7000を超えるサイト制作実績があります。競合他社の調査をおこない、下記を提供させていただきます。

  • バリュープロポジションの発見
  • ユーザーニーズの分析
  • 適切なキーワードでのWebサイト制作

投資の資産運用の集客、もしくはコンサルティング会社で資産運用のクライアントを獲得したいと考えている方は、Webの集客に特化した弊社に一度ご相談ください。バリュープロポジション漫画お問合せはこちら

ページトップへ