金融系コンテンツマーケティングの重要性と実施時の注意点などを解説

金融系コンテンツマーケティングの重要性と実施時の注意点などを解説
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

金融業界の現状とコンテンツマーケティングの重要性

現状分析から、今後の金融業界にとってコンテンツマーケティングは非常に重要な取り組みになると考えられます。その理由とコンテンツマーケティングの概要を説明します。

金融業界と日本社会の現状

日本社会の金融リテラシーは、欧米諸国に比べると低いといえます。金融リテラシーが低い主な理由は以下の2点です。

  • 教育
  • 価値観

1つ目の理由は教育です。日本の金融教育は欧米諸国に遅れを取っています。例えば、イギリスは学校教育に金融をすでに組み込んでいますが、日本は2022年からとなっています(高校教育に資産形成を組み込む予定)。

日本人は適切な金融教育を受けていないため、金融リテラシーが低いのです。現状では、お金に対して無頓着な方が少なくありません。会社から支給された給与明細を確認せずに捨てる方がいるほどです。

2つ目の理由は価値観です。日本には「お金を貯めることは善」「儲けばかり考えることは悪」という価値観が根付いています。したがって、投資よりも貯蓄が基本の選択となります。

お金の使い道を考えずに貯蓄する層が多いため、日本社会の金融リテラシーはなかなか向上しないのです。金融業界にとっては、やや厳しい環境といえるでしょう。

金融業界に求められる改善点

金融リテラシーが低い日本社会の投資意欲は、徐々に高まりつつあるもののまだまだ乏しいといえます。よくわからないものに大切なお金を投資したいと考える方は少ないからです。

金融リテラシーが低い理由の1つは、前述のとおり教育不足です。金融業界にも、日本社会の金融リテラシー向上に向けた取り組みが求められます。

金融業界は、一般人に向けた金融教育を軽視してきた傾向があります。金融教育をしても、すぐに売上に結び付くことはないからです。また、金融リテラシーが高い顧客が増えると、面倒と感じていた面もあるでしょう。

このような考えは、金融業界を苦境に追い込む可能性があります。景気低迷と、それにともなう国内経済の縮小を受けて、今後は一般顧客向けの営業を強化せざるを得ないと考えられるからです。社会全体の金融リテラシーが低く、投資意欲も乏しいままでは、営業を強化しても売上には結びつきません。

見込み客を増やすため、金融業界には社会全体の金融リテラシーを引き上げる取り組みが求められます。具体的には、わかりづらい金融の知識をわかりやすく発信する取り組みが求められるのです。

コンテンツマーケティングの重要性

金融業界は、どのように金融に関する情報を発信すればよいのでしょうか。ひとつのアイデアとして挙げられるのが、コンテンツマーケティングです。

コンテンツマーケティングとは、自社Webサイトなどで価値のあるコンテンツを発信することにより、見込み客を育成・ファン化して、最終的には利益に結び付けるマーケティング手法です。

金融業界に落とし込むと、金融に興味をもっている層に良質なコンテンツを発信することで、見込み客を育成・ファン化して購買行動に結びつける取り組みといえます。

すぐに利益に結び付くマーケティング手法ではありませんが、金融業界にとって非常に重要な取り組みと考えられます。コンテンツを発信することで、見込み客の意識を変えることや、日本社会の金融リテラシーを高めることができるからです。将来を見据えて積極的に取り組みたい対策といえるでしょう。

金融系コンテンツマーケティングの注意点と対処法

金融系コンテンツマーケティングの注意点と対処法
金融系コンテンツマーケティングを行う場合は、いくつか注意したい点があります。続いて、金融系コンテンツマーケティングならではの注意点を解説します。

金融系コンテンツマーケティングの注意点とは

金融系コンテンツマーケティングを行うときは、以下の3点に注意が必要です。

  • 正確な情報を発信する
  • 金融商品取引法を順守する
  • その他の法令なども順守する

正確な情報を発信しなければならない理由は、金融関係の情報はユーザーの人生に大きな影響を与えるからです。間違えた情報を発信すると、ユーザーの人生に悪い影響を与えてしまうことがあります。以上のリスクがあるため、正確な情報発信を求められるのです。

同様に、金融商品取引法にも注意が必要です。金融商品取引法は投資家保護を目的とする法律であるため、広告の規制が設けられています。金融商品取引法を順守して、コンテンツマーケティングに取り組むことが重要です。

以上のほかでは、その他の関連する法令やルールなどを順守することも求められます。具体的には、個人情報保護・反社会勢力との取引防止などです。金融系コンテンツマーケティングを行うときは、関連する法令やルールも守らなければなりません。

各種注意点に適した対処法

3つの注意点への対処法として、金融専門Webライターへの依頼が挙げられます。金融専門Webライターとは、金融領域の専門知識を有しているWebライターのことです。例えば、税理士・ファイナンシャルプランナー技能士などの資格を有しているWebライターが該当します。

税金関連のコンテンツであれば税理士資格を有するWebライター、資産活用関連のコンテンツであればファイナンシャルプランナー技能士を有するWebライターに依頼するとよいでしょう。

金融専門Webライターへ依頼するメリットは、専門性と正確性を兼ね備えたコンテンツを制作できることです。WebライターによってはSEO対策まで行えることもあります。一般Webライターに比べると報酬相場はやや高くなりますが、依頼する価値はあるといえます。

さらに万全を期したい場合は、専門知識を有する監修者をつけるとよいでしょう。

金融系に特化したWEBライターを指定すべき理由とは

金融系に特化したWEBライターを指定すべき理由とは
金融系コンテンツマーケティングに取り組む場合、金融専門Webライターへの依頼をおすすめします。なぜ、このようにいえるのでしょうか。その理由を解説します。

コンテンツマーケティングの品質が求められる

金融企業としてコンテンツマーケティングに取り組む場合、各コンテンツに一定の品質が求められます。いい加減なコンテンツを発信すると、企業としての信用を失ってしまうからです。例えば、間違えた情報を発信して、SNSで炎上するなどが考えられます。

また、前述の通り金融商品取引法などへの対応も求められます。ルールを無視した低品質なコンテンツを発信すると、大きなトラブルへ発展する恐れがあります。同様に、SEO対策としても品質の高いコンテンツが求められます。以前に比べ、検索エンジンの性能が向上しているからです。

人間と同じようにコンテンツを理解できるようになりつつあるといわれているため、これまで有効とされてきたSEO対策を講じても、コンテンツそのものの品質が低いと上位に表示されづらくなっています。

現在では、ユーザーが求める情報をわかりやすく掲載しているWebサイトが、上位に表示されるようになっているのです。お金に関するジャンルでは、コンテンツの品質が特に厳しく問われます。

クラウドソーシングなどを活用すれば、コストを抑えつつコンテンツを量産することは可能ですが、それなりの品質になることが多いため、期待する結果は得づらいと考えられます。それどころか、いわゆるコピペ記事で、Webサイトの評価を下げてしまう恐れすらあります。

以上の通り、金融系コンテンツマーケティングでは、コンテンツに高い品質を求められます。だから、専門性と信頼性の高いコンテンツを制作できる金融専門Webライターへの依頼がおすすめなのです。

自社スタッフによるコンテンツ制作には限界がある

金融系コンテンツマーケティングの実施を検討している方の中には、金融の知識がある自社スタッフにコンテンツを制作させればよいと考えている方がいるでしょう。確かに、金融企業で働くスタッフであれば、専門性と信頼性の高いコンテンツを製作できると考えられます。

しかし、コンテンツを制作する専門家ではないため、一般人からすると難しすぎて読みづらい記事になる恐れや、営業色の強い記事になる恐れがあります。また、品質の高いコンテンツ制作には、それなりの時間と労量がかかります。一般的なコンテンツ制作の流れは以下の通りです。

  1. キーワード候補のリストアップ
  2. 検索ボリュームのリサーチ
  3. キーワードの選定
  4. 競合Webサイトの分析
  5. 構成案の作成
  6. ライティング
  7. 推敲・校正作業

自社のスタッフだけで大量のコンテンツを制作するとなると、毎日の業務を圧迫してしまいます。もちろん、できる範囲で取り組むこともできますが、競合Webサイトが同じようにできる範囲でコンテンツを制作しているとは限りません。

できる範囲で取り組んでいると、集客力に大きな差が生じてしまうこともあります。このようなリスクがあるため、自社スタッフは日々の業務に専念して、コンテンツの制作は金融専門Webライターに任せるほうがよいといえます。

専門WEBライターとの協業でコンテンツの品質アップを狙う

以上の理由から、金融専門Webライターへの依頼をおすすめします。ただし、自社スタッフがコンテンツ制作に携わってはいけないという意味ではありません。現場での経験を踏まえて記事の方向性を指示することや、高度な専門知識を活かして監修者として携わることなどはできます。

金融専門Webライターは、金融の知識を活用して記事を書く専門家です。一般人にはわかりづらい金融関連の情報を、わかりやすく発信する技術を有しています。いずれにせよ、金融専門Webライターと協業して、コンテンツの品質アップを狙うことが重要です。

全研本社ではライターステーションというWebライターを募集する専門Web媒体を立ち上げ、様々な経験を持つWebライター人材を活かした柔軟なコンテンツマーケティングサービスの提供を行っております。ご興味がございましたら下記より詳しい資料がダウンロードをお願いいたします。
コンテンツマーケティング
サービス資料

金融系コンテンツマーケティングで見込み客をファン化

金融系コンテンツマーケティングで見込み客をファン化
日本社会の金融リテラシーは決して高くありません。金融業界は、金融教育の普及に力を入れるべきといえるでしょう。ひとつのアイデアとして挙げられるのが、金融系コンテンツマーケティングです。

すぐに売上に結び付く施策ではありませんが、見込み客をファン化して将来の売上に結び付けることができます。

金融系コンテンツマーケティングでは、正確な情報の発信や金融商品取引法への対応などが求められます。つまり、専門的な知識やノウハウが求められるのです。マーケティング会社やWebライターの選定には注意しましょう。

全研本社は金融投資業界をはじめ120業種以上へWebマーケティング支援を行ってまいりました。
各種広告法規に対応したマーケティングソリューションの提供はもちろん、自社と親和性の高いユーザーを創出した受注率の高い反響獲得の実現を得意としております。
もし効率的なWebマーケティング戦略にごきょうみがございましたらお気軽にお問い合わせください。

ページトップへ