週刊エコノミストの広告掲載料金と評判について徹底調査

週刊エコノミストの広告掲載料金と評判について徹底調査
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

週刊エコノミストの広告掲載料金と、読者からの評判についてまとめた記事です。週刊エコノミストはアカデミックな内容を掲載する硬派な経済雑誌として長年に渡り愛読されてきましたが、広告掲載料金はスペースや広告の大きさにより変わります。

金融関連層を集客するため広告掲載を検討しているなら、ぜひご参考ください。

週刊エコノミストに掲載する広告について

週刊エコノミストに掲載する広告について
まず週刊エコノミストとはどのような雑誌なのか、特徴や評判、広告掲載料金などを解説いたします。

週刊エコノミストの特徴

週刊エコノミストとは、毎日新聞出版株式会社が発行するビジネスパーソンをターゲットにした雑誌です。幅広い年齢層をターゲットにしており、新聞社系のビジネス雑誌であることから、高い取材力により現実に即した世界中の正確な政治・経済情報を掲載できることを強みとしています。

創刊は1923年(大正12年)と長い歴史を持ち、創刊から約100年間に渡り、企業のトップや金融関連のビジネスパーソンから高い支持を得てきました。

週刊エコノミストの広告掲載料金

週刊エコノミストの広告掲載料金は、スペースや色数などにより次のように変わります。

       

スペース 基本料金 契約料金 寸法
天地 左右
表4 (4色1P) 1,000,000 900,000 26.6 19.8
表2 (4色1P) 800,000 720,000 28.0 21.0
表2見開き (4色2P) 1,500,000 1,350,000 28.0 42.0
表3 (4色1P) 700,000 630,000 28.0 21.0
目次対向 (4色1P) 700,000 630,000 28.0 21.0
センター見開き (4色2P) 1,400,000 1,260,000 28.0 41.0
4色1P 650,000 585,000 28.0 21.0
4色2P 1,250,000 1,125,000 28.0 42.0
4色タテ1/2P 350,000 315,000 25.0 8.6
4色ヨコ1/2P 350,000 315,000 11.0 18.2
4色タテ1/3P 250,000 225,000 25.0 5.8
1色1P 350,000 315,000 25.0 18.2
1色タテ1/2P 180,000 162,000 25.0 8.6
1色ヨコ1/2P 180,000 162,000 11.0 18.2
1色タテ1/3P 130,000 117,000 25.0 5.8
1色ヨコ1/4P 100,000 900,000 5.1 18.2
1色ヨコ1/8P 60,000 54,000 5.1 8.6
ハガキ(両面1色1葉) 650,000 10.0 14.8

※価格はすべて税抜き表示です

料金参照元:広告料金・サイズ | 週刊エコノミスト | 毎日新聞出版株式会社

週刊エコノミストの広告料金で最も高額なのは、2ページに渡る大きな寸法の4色刷り広告で、スペースにより125~150万円となります。反対に1色刷りの省スペース広告であれば、基本料金6万円で掲載することも可能です。

ただし週刊エコノミストで6ヶ月6回以上の広告掲載をする場合には、基本料金以外に契約料金がかかります。短期間の広告掲載であれば基本料金のみの支払いとなりますが、長期的な広告掲載を希望する場合は、契約料金も含め予算を立てることが必要です。

週刊エコノミストの評判

週刊エコノミストは読者からどのような評判を得ているのでしょうか。愛読者から寄せられた評判や感想をご紹介します。

信頼できる執筆者が揃っている

「一般的な週刊誌では根拠に乏しい内容が見られることもありますが、週刊エコノミストは信頼できる執筆者のみが記事を書いているので内容が正統派。経済はもちろん、政治・社会に関する記事も大変参考になります。」

少々難解であるものの知識が身につく

「他の経済誌に比べると難解な内容が多く、読むのに少々苦労するが経済に関する深いレベルの知識が得られます。投資能力を身に着けたいと考えている方には大変おすすめできる雑誌です。」

アカデミックな視点の記事

「週刊エコノミストはエコノミストによる発表の場となっているので、雑誌ではなくアカデミックな出版物のイメージです。経済誌の中で最も経済学を深堀しており、日本のみならず世界各国の経済状況がわかる内容なので毎週欠かさず読んでいます。」

金融関連層向けの集客を成功させるためには

金融関連層向けの集客を成功させるためには

週刊エコノミストの読者には投資など金融関連に興味を抱く方が多いですが、金融関連層向けの集客を成功させるためにはどのようにすれば良いのでしょうか。金融関連層の集客を成功させるコツを見ていきましょう。

リアルとインターネットの両方で集客を行う

金融業界の集客におけるコツは、リアルとインターネットの両方を活用することです。チラシやポスティング、イベントの協賛などのリアルマーケティングとともに、サイトにSEO対策を施すこと、SNSでの情報発信を行うこと、オウンドメディアを運営することなど、インターネットマーケティングは現代の集客にとって欠かせません。

借り入れを希望しているユーザーにいかにして見つけてもらい、選びたいサービスだと思ってもらえるかが金融業界の集客のカギです。そして金融機関を利用したいと考えているユーザーの目に留まるためには、インターネットを活用し、多くの情報を提供することがいちばんの近道となります。

金融業界で自社に合った広告媒体や集客方法をお探しの方はこちらの記事もご参考ください。


ページトップへ