金融タイムスの広告掲載料金・評判をリサーチ

金融タイムスの広告掲載料金・評判をリサーチ
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

自社の商品を特定の顧客にピンポイントで認知してもらうため、経済紙へ掲載するのは一般的な施策の一つでしょう。

この記事では、金融業界の動向や情報が取材・編集されている経済紙の「金融タイムス」についての情報をまとめました。サイトの特徴や活用事例について知ることができます。

またキャククルでは、120業種以上の集客ノウハウを活かした金融業界のWeb集客の基本から商談率8割超、客単価が2.5倍を実現した集客施策についても記事でまとめています。

金融タイムスの特徴

金融タイムスキャプチャ画像
引用元:金融タイムス(http://www.kintai.biz/)

1959年に創刊された金融タイムスは、信用金庫を中心とした金融業界の動向や情報が取材・編集されている経済紙です。日本の金融業界の羅針盤的役割を目指し、業界発展に積極的に寄与するために創刊されました。

読者層は、金融庁や全国の財務局・財務事務所、日本銀行考査局や全国信用金庫業界や関係団体の経営層。発行形態は旬刊で、毎月5日・15日・25日の2~3回発行されており、市販は行われていません。購読するには金融タイムスの公式ホームページより申し込みが必要です。

金融タイムスの広告掲載料金

金融タイムスの広告掲載料金は詳細記載がありませんでした。広告掲載に興味をお持ちの方は、「金融タイムス社・編集部」に電話かメールで問い合わせてください。

金融タイムス(http://www.kintai.biz/)

金融タイムスの口コミ・評判

金融タイムスに広告を掲載した企業の口コミ・評判は見つかりませんでした。

金融タイムスに広告掲載するメリット

信用金庫業界や金融関係団体に対し、自社の認知度を高めることができます。純広告や記事広告など、掲載できる広告の種類によっては会社の信頼度向上にもつながるでしょう。

金融タイムスの広告掲載までの流れ

金融タイムスの広告掲載までの詳細は見つかりませんでした。

詳細を知りたい場合は、金融タイムス社・編集部に電話・FAXやメールで問い合わせて担当者と連絡をとり、掲載までのスケジュールや契約内容、入稿ルールなどを確認する必要があります。

他の集客施策も織り交ぜたWebマーケティングをしよう

金融タイムスのように、特定の業種に特化した専門紙への広告掲載は、あらかじめターゲットが絞られているため、ピンポイントなアプローチやPRに適しています。ただし、単に認知度を向上させるだけでは、リード獲得や受注・取引につながるとは限りません

とくに金融業の場合は商品やサービスによって専門性が細かく分かれています。
どんな属性の顧客と出会い、どのような商品・サービスを売り出すかによって戦略をかえることが大切で、さまざまな角度からのアプローチが必要です。

また、向上させた認知度を受注・取引につなげるため、ユーザーの検索ニーズを予測しながら、オフライン媒体だけでなくWebマーケティングも取り入れた広告戦略を構築していきましょう。
効率的な集客を目指したいのであれば、以下のようなWeb施策を積極的に組み合わせることをおすすめします。

  • 金融業界に特化したポータルサイトへの広告掲載
  • オウンドメディアを制作してユーザーを啓蒙する
  • SEO対策で商圏内ユーザーへアプローチ
  • ポジショニングメディアで受注に近いユーザーを創出して集客する

また、下記のページでは、商談率8割超え、客単価が2.5倍を実現した集客施策を含め、金融業のマーケティング施策について解説しています。こちらもぜひご参考にしてください。

ページトップへ