コロナ禍での広告戦略のポイントとは?効果的な戦略を紹介

コロナ禍での広告戦略のポイントとは?効果的な戦略を紹介
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

この記事では、コロナ禍における効果的な広告戦略について解説しています。急成長中のWeb広告も含め、今後の広告戦略の策定にご活用いただければ幸いです。

また、Web広告を出している殆どの企業が「成約に繋がらない」という課題に直面しています。そこで、成約率に繋げる観点でまとめた「Web広告の選び方」の資料を無料でご提供しています。

ご興味のある方は、こちらからダウンロードをしてみてください。

資料をダウンロードする

コロナ禍で広告戦略に変化が求められている

コロナ禍で広告戦略に変化が求められている

コロナ禍にある今、日々の生活に影響を及ぼす以前とは、消費者の行動に大きな変化が起きています。消費者の行動に伴い、企業もまた広告戦略の変化が求められています。

コロナの影響で消費控えが起きている

新型コロナウイルスが猛威を振るう以前は、デパートなどに出向き買い物を楽しむ消費者の姿がありました。買い物を楽しむ姿が見られるのは現在も同じではありますが、コロナ禍にある現在では劇的にその数が減少しているのです。

その理由は国内で、「新生活様式」として感染防止を呼びかけたため、外出そのものを控えるような動きが出ていたからです。必要最低限のものだけを購入する動きが強まり、消費控えが起きるようになりました。

新しい生活様式に合った施策が求められている

消費者は、コロナ禍でむやみに外出しては感染する恐れがあるとして、インターネットを通じて買い物をする人が増加しました。近年、インターネット環境は発達を続けており、生活に必要な日用品からさまざまな雑貨や嗜好品まで、あらゆるものが通販で購入できるからです。

一方、企業では、新しい生活様式を取り入れながらも、これまで通りの事業を進めていけるよう模索しながら続けている所が多いです。しかし、営業分野では顧客との接触をしない方法が求められています。

今後は、対面での接触営業から、非接触営業としてITツールを使ったオンラインでの商談や営業にシフトチェンジしていく必要があるのです

Web広告のメリット

Web広告のメリット

コロナ禍でインターネット需要が増加したことで、消費者はデジタル広告やキャンペーンなどに関心を抱く傾向があります。企業もまた、既存の顧客を維持しつつも、デジタル広告やキャンペーンを活用して新たなブランドを構築していく必要が出てきました。

WEB広告には、企業にとって大きなメリットがあります。

メリット①:認知拡大がしやすい

まずWEB広告のメリットの1つが、認知拡大のしやすさです。WEBではなく一般的な広告を宣伝した場合、広告が届き実際に見た人がターゲットになります。しかし、WEB広告ならば全てのネットユーザーが対象になるため、認知拡大に最も有効なのです。

メリット②:ターゲットを絞って広告がだせる

全てのネットユーザーが対象になるということは、企業でターゲットの絞り込みも可能です。例えば、年齢・性別・居住の地域などはもちろん、ユーザーの検索履歴や閲覧履歴を基にターゲットの絞り込みができます。

企業によって商品や商材は異なりますが、WEB広告を活用すれば、それらに興味・関心のあるユーザーに宣伝できるのです。興味・関心のあるユーザーにターゲットを絞ることができれば、広告の費用効果も高められます。さらに、ユーザーの検索履歴や閲覧履歴などの行動データを計測すれば、継続して広告を出せるためより効果的です。

オンラインのマーケティング戦略をご紹介

オンラインを活用した営業の方法を構築するためには、インサイドセールスやポジショニングメディア、オウンドメディアなどの仕組みづくりが重要となります。ここでは、それぞれの特徴やメリットを解説していきます。

ポジショニングメディア

ポジショニングメディアのイメージ画像詳細についてはお問い合わせください

ポジショニングメディアは、業界内での差別化や独自化を図るための戦略を取り入れたWebサイトを指します。

例えば、化粧品を扱う業界であれば、真っ先に思い浮かぶメーカーがあるはずです。最初に思い浮かぶメーカーは人によって違いはあります。しかし、ここで同じようなメーカーが多数ある中で一番に出てくる企業は、業界内での差別化・独自化ができているということです。

ポジショニングメディアは、自社を選ぶべきユーザーになぜ選ぶべきなのかをしっかり啓蒙することができます。
そのため、反響率や商談化率の高さ、成約率の高い見込み顧客を獲得することが可能です。

さらに、自社商材の理解、導入するメリットを理解した上で反響に至っているため、無理な値下げに対応することなく、価値提供ができる値段でしっかり成約につなげることができます。

具体的な成約、売上へのインパクトとしては、

  • 平均受注単価が2.5倍〜5倍に
  • 導入意欲が高いため、反響獲得後から成約までの期間が1/3へ
  • 反響内容にも厚みが出て、商談化率が8割

といった決まる見込み客を集客することができます。ポジショニングメディアについて詳しくはこちらからご覧ください。

ポジショニングメディアについて
もっと詳しく知る

メリット①業界内の価格競争から脱却できる

企業で実際にポジショニングメディア戦略を掲げ成功した場合、まず業界内における競合各社との価格競争から脱却できます。たとえ競合各社が自社の商品・商材より安くても、自社にしかない機能や魅力があれば、ユーザーに価値を見出してもらえるのです。

他社と似たような商品・商材だと思われない、自社のオリジナリティをユーザーに伝える方法として役立ちます。

メリット②ユーザーが離れない

業界内での差別化・独自化が図れれば、ユーザーが離れることは少なくなります。というのも、1度でもナンバーワン・オンリーワンの立ち位置が確立されると、ユーザーは「この商品・商材なら間違いない」と安心感を覚えるからです。

たとえ他社から魅力的な商品・商材が登場したとしても、1度立ち位置が確立されれば自社から離れることは少なく、利益も安定します。

オウンドメディア

オウンドメディアは、ホームページ・SNS・ブログなど、企業で保有しているメディアを総称したものですが、中でもWEB広告やブログを指します。

WEB広告やブログなどのオウンドメディアは、いかにユーザーの興味・関心を集め有益な情報を提供できるかが重要です。目的の優先順位やペルソナの設定が明確にできれば、効果の高いオウンドメディアを構築できます。

メリット①自社ブランディングに効果的

より専門性の高いコンテンツとして蓄積されていくと、ユーザーが繰り返し訪問してくれるようになります。役立つ情報を提供してくれるという認識がされると、自社が信用されやすくなるので、自社のブランド提供につながります。

自社ブランディングを成長させるためには、オウンドメディアが非常に効果的なのです。

メリット②競合他社との差別化ができる

ユーザーから専門性の高いサイトとして認識され信用度が高まると同時に、WEB上では検索結果が上位になりやすくなります。検索結果の上位に位置していれば、新規訪問のユーザーもファンになってくれる可能性が高いです。
オウンドメディアによってファンになったユーザーは、自社の商品・商材に価値を見出して購入してくれるため、価格で比較しているわけではありません。
つまり、業界内における競合他社との差別化が図れるのです。

メリット③顧客をファン化し愛着を持ってもらえる

ユーザーにとって役立つ、有益な情報を提供し続けていくことで、商品・商材に対する愛着や信頼など、ロイヤリティが高められます。新規訪問してくれたユーザーであっても、自社のファンになってくれる可能性が高いです。

自社のファンが増えれば、他社との比較や単価維持、定期購買など多くのメリットが得られます。リピーターも増え、別のユーザーに勧めてくれることも多くなります。

インサイドセールス

インサイドセールスは、見込み客に対して営業活動を行うもので、アメリカ発祥の営業手法です。従来のように顧客と対面で商談するのではなく、企業内において営業できるのが特徴です。

消費者は、コロナ禍でWEBを通して自ら情報収集し購入を検討する傾向が強くなっています。インサイドセールスは、そんな見込み客のニーズを把握し、育成するのに非常に適しているのです。電話やメールなどで情報収集も可能なので、導入する企業も増えています。

インバウンドマーケティング体制が整った上で、インサイドセールスを導入すると良いでしょう。

メリット

実際にインサイドセールスを導入した場合、業務の効率化をはじめ、効率良く商談につなげたり成約率を向上させたりできるというメリットがあります。そもそも、インサイドセールスは対面で商談する必要がありません。自社にいながら営業できるため、1日の勤務時間中に多くの顧客への宣伝が可能です。

対面での営業活動であれば1回の商談にかける時間と労力は大きくなり、交通費や交際費などのコストも発生します。しかし、インサイドセールスを活用すれば効率的な営業活動ができるほか、見込み客を把握してターゲットを絞ってフィールドセールスできます。

また、見込み客が商品や商材を検討中だった場合、適宜商談をして成約に向けた取り組みが可能です。逆に、検討度が低い見込み客に対しては、自社の商品・商材を効率良くPRできます。インサイドセールスの導入は、見込み客の検索履歴や閲覧履歴などさまざまな情報を基に提案ができるので、成約率向上に役立てられるのです。

コロナ禍では新しい広告戦略・マーケティング戦略を取り入れよう

コロナ禍では新しい広告戦略・マーケティング戦略を取り入れよう

コロナ禍で、新しい生活様式が定着しつつある今、今後コロナウイルスが収束しても消費者行動は変わらないのではないかという見方がされています。つまり、コロナウイルスが収束して従来通りの営業が可能になったとしても、企業では新しい広告戦略やマーケティング戦略が必要となる可能性が高いのです。

同業社との差別化を図るためには、いかに広告戦略やマーケティング戦略に取り組むかが重要です。これまでのやり方を重んじるのではなく、時代に合わせた戦略を構築していく必要があるのです。

これからWeb広告でより効率的な集客を目指したいとお考えの方は、全研本社にご相談ください。
120業種以上へのWeb集客支援ノウハウを活かし、売上アップのための最適な施策を提案させていただきます。
Web集客のご相談はこちら

ページトップへ