費用対効果の高い広告の特徴や種類、投資対効果の重要性を解説

費用対効果の高い広告の特徴や種類、投資対効果の重要性を解説
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

広告の費用対効果

広告を出す際には、広告の費用対効果について正しく理解しておくことが重要です。押さえておきたいポイントについて解説します。

広告の費用対効果とは?

広告の費用対効果とは、かけた費用に対してどの程度の効果が得られたのかを示したものです。費用対効果が高い広告とは、少ない広告費で大きな売り上げが望めるもののことをいいます。

広告費用対効果を考える重要性

広告費用対効果を考える必要性が高いとされているのは、費用対効果を調べなければ効率的に広告の運用ができているのか判断できないためです。確かに広告によって多少は利益が上がったものの、期待していたほどではなかったことになると、コストのほうが高くついてしまう恐れがあります。

広告を出して効果を考える際には、いくらかかったのか、いくらの利益に繋がったのかだけを切り離して考えることはできません。

例えばAの広告では費用が50万円、Bの広告では30万円かかったとします。費用だけ見てしまうとBのほうが優秀ですが、Aは利益が200万円、Bは30万円だったというところまで含めて考えると結果は逆転します。利益を効率よく出せるかどうかを判断する際にも、費用対効果を考えることが欠かせません。

広告費用対効果の計算方法

広告の費用対効果を計算する計算式はいくつかありますが、代表的な計算式は「効果-費用」です。

例えば300万円の費用をかけて広告を出し、その結果500万円の利益が出たのであれば、計算式は「500万円-300万円」で費用対効果は200万円です。また広告で言う費用とは単純に広告費だけではありません。広告のために何かツールを導入したのであればそのための導入費用なども含まれます。

注意点として、何を目的とした広告を出したのかによって「効果」として判断できるポイントが違います。例えば直接的に商品を販売する目的で広告を出した場合、効果は「売上や利益」です。

一方認知拡大のための広告であれば、商品やサービスの認知度が向上すれば効果があったと判断することができます。効果とは必ずしも実利益ではない点を理解しておきましょう。

費用対効果を確認してみたところ、かけた費用に対して効果が見合っていないのであれば費用を抑える、または効果を高めるための取り組みが必要です。

費用対効果の高い広告

費用対効果の高い広告

費用対効果の高い広告として、リスティング広告、SNS広告、ディスプレイ広告、動画広告、記事広告、ポジショニングメディアが挙げられます。それぞれの特徴についてご紹介しましょう。

リスティング広告

ユーザーの検索キーワードに合わせて関連性の高い広告を表示するリスティング広告は、費用対効果が高いことで知られています。ユーザーにとって興味のある広告が表示されるため、理想的な商品やサービスを見つけるのに便利です。

リスティング広告はクリック課金型であり、ユーザーがクリックをしなければ費用が発生しないため、費用対効果が高いとされています。

とにかくたくさん表示させて多くのユーザーに興味を持ってもらおうと考える企業もありますが、リスティング広告の費用対効果を高めるためにはキーワードの厳選が欠かせません。

表示される回数を増やそうと幅広いキーワードで出稿してしまうと、商品やサービスに興味のあるユーザーとはいえない人にも広告が表示されてしまう可能性があるからです。幅広くキーワードを設定するよりも成果に繋がるキーワードへの出稿に絞ると効果的です。

SNS広告

宣伝に活用する企業が増えているSNS広告も費用対効果の高い広告だといえます。費用対効果を高めるためには、利用するSNSの特徴を理解し、どの媒体が最も向いているのか判断しなければなりません。

SNS広告の費用対効果が高いと言われているのは、多くのSNS広告が表示回数やクリック回数によって費用が発生する運用型広告であるためです。

広告枠を買取る純広告と比べると広告費用が安めに設定されていますし、費用が発生するのはユーザーが何らかのアクションをした時となっているので、費用対効果が高いといえます。

ディスプレイ広告

ディスプレイ広告はバナー広告とも呼ばれ、主な目的は認知度向上やアクセス増加です。ただの文章よりも効果的にユーザーの視覚に訴えることができます。

掲載期間が定められている期間保証方式や表示回数によって課金されるインプレッション保証方式、クリック数によって課金されるクリック方式などがあります。他にもコンバージョンが達成された時に課金される成果報酬方式などがあり、自社にとって最適な方法を選べるのが魅力です。

動画広告

動画広告はディスプレイ広告よりも更に内容を印象づけたい時に効果的な広告といえます。映像や音楽などとともに商品やサービスの魅力を届けることが可能です。

動画広告の中でも「完全視聴単価方式」については高い費用対効果が期待できます。これは、動画広告の表示回数や再生時間によって課金されるシステムのことです。

例えば動画サイトとして有名なYouTubeでは、動画の開始前と途中、終了後に広告が配信される動画があります。スキップすることができる動画については、30秒未満の視聴でなおかつクリックされなかった場合には広告費がかかりません。予算を抑えて動画広告を配信したいと考えた場合にも向いているでしょう。

また動画広告を配信できるサービスの中には、ターゲティングを行ったうえで目的のユーザーに広告を流すことができるものもあります。ターゲティングすることなく広告を流すのに比べると高い費用対効果が期待できるといえるでしょう。

更に動画広告には動画サイト以外にも表示できるインバナー動画広告と呼ばれるものがあります。これはディスプレイ広告が表示される場所に設置可能な動画広告のことです。

動画サイトを閲覧しないようなユーザーに対してもアプローチできるので、うまく活用していきましょう。ただし動画制作の費用が高くついてしまうと費用対効果は期待できなくなってしまうため、注意しなければなりません。

記事広告

タイアップ広告とも呼ばれるものであり、主に認知度向上やファンを増やす目的で活用されています。自社の商品やサービスの紹介記事を自社以外のメディアに掲載する方法のことです。

例えば実際に商品を体験したユーザーによるレポートでの宣伝や、商品比較記事の中で目的の商品を取り上げてもらう形などがあります。普段そのメディアで掲載している記事と同じような形で情報を提供するので、メディアの読者もいつも読んでいる記事の一つとして自然に閲覧してくれるのがポイントです。

そのため一般的な商品やサービスを前面に出した広告とは異なり、広告らしさが薄いのが最大の特徴だといえるでしょう。効果が高そうな特定のメディアに広告を掲載できれば、コストを抑え費用対効果を高めることも期待できます。

ポジショニングメディア

単なる反響獲得コストで選ぶのであればあまりおすすめはしません。
CPAではなく、良質な反響獲得によるCPO重視の費用対効果、投資対効果を突き詰めていくのであればポジショニングメディアという選択肢は候補に上がるでしょう。

ポジショニングメディアとは、自社商材カテゴリーに特化したWebメディア戦略で、商材の選び方や商材を選ぶ手前の課題解決ソリューションを探しているユーザーを集客することができます。

また、ポジショニングメディアを見ることでユーザーは自分のニーズやフェーズに対してどのような企業を選べばいいのかわかり、企業側も欲しいターゲットに絞った反響獲得を実現できるため、商談化率や成約率の高い営業活動を推進できます。

ポジショニングメディア
について詳しく知る

投資対効果を意識した広告運用を考えよう

投資対効果を意識した広告運用を考えよう
費用対効果の高い広告とは何かについて解説しましたが、同時に考えたいのが「投資対効果」です。特に中長期的には投資対効果を意識した広告運用が必要になってくるため、費用対効果と比較しながら最適な形で運用していきましょう。投資対効果について押さえておきたいポイントを解説します。

費用対効果と投資対効果の違い

混同されやすい費用対効果と投資対効果ですが、費用対効果は「費用に対してどの程度の効果が得られたのか」測る指標であり、短期間での成果を見るのに効果的です。費用をかけるのをやめると速やかに成果がなくなるか、減衰するのも特徴です。

具体的に言うと、クリックするとキャンペーンページに繋がるようなディスプレイ広告を出したとしましょう。キャンペーン終了後はこのディスプレイ広告が削除されキャンペーンページへも繋がらなくなるため、効果は緩やかに減衰することになります。

このように既存商品のキャンペーンを行った際、どの程度の広告効果が得られたのか調べる際などに費用対効果が活用されます。

一方で投資対効果は「投資に対してどれほどの利益が得られたのか」測る指標です。費用ではなく、投資をベースに考えている点が費用対効果と異なります。投資対効果は出稿終了後、効果が緩やかに減衰していくのも特徴です。投資対効果は中長期的にみて判断できる効果を見る時に使われる方法です。

例えば、新商品の開発をする場合「新商品開発に着手した時期から商品を完成時」の費用対効果を測定しても、まだ利益が出ていないので正しい効果がわかりません。

この場合は中長期的にみて判断する投資対効果を用い、「商品開発着手時から商品販売開始の1年後」などの形で投資対効果を確認したほうがより正確に効果を測りやすくなります。

費用対効果と投資対効果は、それぞれ目的に合わせて使い分けていくことが重要とされています。例えば既存商品のキャンペーンを行うことになり、その後キャンペーンの効果がどの程度あるか判断するのには費用対効果が参考になります。

短期的な効果を見るものに対しては費用対効果が使われると考えるとわかりやすいでしょう。一方で将来的にみてブランドの認知拡大に繋がるためのキャンペーンなどを行った場合、長期的な取り組みであり、投資対効果で見る必要があります。

広告投資対効果の計算方法

実際に広告投資対効果を測定するための計算式は「利益額÷広告費×100(%)」です。

例えば30万円の商品を販売するために10万円の広告費をかけたとしましょう。この場合の計算式は「300,000÷100,000×100」で300です。つまり、10万円の広告費に対し、300%の利益を出すことができた結果になります。

広告投資対効果を測定する際には、何にから何までを投資額にするのか、どれを利益や効果として設定するのかよく考えなければなりません。

広告投資対効果を意識した中長期的マーケティング戦略の重要性

中長期的なマーケティングにおいて、広告投資対効果は必ず確認しておいたほうが良いとされています。これは、数値からマーケティング施策が成功したか否かを判断できるためです。

また企業によっては複数の広告を出すことがありますが、商品や広告の出稿先が違うと成果を比較しただけではどちらが効果的な施策なのか判断できないことがあります。

ですが投資対効果を確認すれば費用に対する効果をそれぞれ判断することができるので、最も効果的な施策はどれか判断することが可能です。効果が出ていない施策を取り止め、より効果的な施策に費用を回していくなどの対策にもつながります。

成果を測定することなくただ広告を出し続けても効果的といえません。キャンペーンなど一時的なものであれば仮に施策がうまくいかなくても一時的な損失で抑えられる可能性もあります。

しかし中長期的行うマーケティングの場合、成果について正しく判断しないと長期にわたって不要なところにコストをかけてしまう恐れもあります。正しいところに適切な資本を投下していくためにも広告投資対効果の確認が必要です。

また費用対効果を測る指標としては他にも、広告費に対してどれだけ売り上げを上げられたのかを示す指標が使われることもあります。

「売上÷広告費×100(%)」で計算できるのですが、この計算式結果で重視するのは「売上」です。企業が存続するためには売り上げが幾らかではなく、きちんと利益を出せているか見なければならないため、利益を測ることができる投資対効果が重要とされています。

中長期における広告投資対効果を考えることが重要

中長期における広告投資対効果を考えることが重要

費用対効果の高い広告とは何か、広告の費用対効果、投資対効果とは何かなどについてご紹介しました。マーケティングについて考えた際、短期の効果を測定する費用対効果について知ることは非常に重要です。

ですが安定した経営を行っていくためには、中長期における広告投資対効果に注目することも欠かせません。広告の投資対効果を高めるための取り組みを実践していくことが大切だといえます。

もし、投資対効果の高いWebマーケティングを推進していきたいという方針であればお力になれますのでお気軽にご相談ください。
Web集客のご相談はこちら

ページトップへ