GUの広告戦略・マーケティングのポイントとは?

GUの広告戦略・マーケティングのポイントとは?
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

この記事では、日本のカジュアルブランド「GU(ジーユー)」の広告戦略について解説しています。貴社の今後の広告戦略の策定にお役立ていただければ幸いです。

また、事業計画の見直しや新商品・サービスの販売に向けてマーケティング戦略を検討される方へ、自社がどんな立ち位置でマーケティング戦略を立てるべきかが分かる「市場分析シート」も無料でご提供しています。ご興味のある方はこちらからダウンロードしてください。

今すぐ無料でダウンロード

GUの経営戦略のポイント

GU(ジーユー)の公式サイトキャプチャ
引用元:GU公式サイト(https://www.gu-global.com/jp/ja/women/)L

GUは、ファーストリテイリング社の子会社です。ファーストリテイリング社の子会社としては、同じくファストファッションブランドとして有名なユニクロがあります。

GUはユニクロとターゲット層を分けることで、顧客の獲得に成功しています。GUがユニクロと経営戦略で大きく異なるポイントはトレンドファッションであることと、安心品質であるということです。

ユニクロはあえて流行を追いかけず、流行に左右されないベーシックでスタンダードなファッションを打ち出しています。対してGUでは、トレンドを追求し流行に沿ったファッションを提案しています。

またユニクロが機能性を持たせているのに対し、GUは機能性よりも品質を保つという点に注力しています。お互いが得意とする分野ごとに住み分けているので、顧客の奪い合いになりません。

ひいてはお互いの顧客が利用してくれるという相乗効果を生み出し、成功を収めています。

GUの経営戦略

実際にGUが行っている経営戦略をご紹介します。経営戦略でお悩みの方はGUの成功事例を参考にして、経営戦略を練ってみてはいかがでしょうか。

動画配信サービスを使い品質の良さをPR

GUでは価格が安いというイメージが先行しすぎて、高品質であるという点を上手く訴求できていないことを問題視。

そこで戦略を見直し新たにLINELIVEに挑戦しています。LINELIVEで番組配信をして、リーズナブルな価格で良い商品が手に入ると訴求。新規顧客と休眠顧客の両方を開拓しているのです。

動画配信では、85万人ものユーザーに商品の魅力を伝えることを実現しています。

バーチャルヒューマンで着用イメージがしやすい

GUは、他のファストファッションと同じくモデルやタレントを起用した広告を打っていました。しかしモデルの体型は一般的な体型とはかけ離れているため、着用イメージがしにくいという問題を抱えていました。

そこで、GUではバーチャルヒューマンに着用させ、一般的な体型でも着こなせるというのをPRしています。バーチャルヒューマンは女性200人のデータを計測し、平均を出して作成されたもので、より顧客が着用する際のイメージをしやすくなっています。

またバーチャルヒューマンは、足が長くてスラッとしたモデルとは対称的であるため、広告に登場させたことで大きな反響を呼びました。着用のイメージがしやすくなっただけでなく、ブランドの認知度の向上にも成功しています。

GU好きを集めた口コミプロモーション

GUではGU-MANIAというコミュニケーションサービスをリリースしています。口コミ情報を重視する傾向がある女性に向けたマーケティング戦略で、SNSで#gumainaというタグをつけてGUファッションを投稿すると、お得な特典が受けられるというものです。

投稿者が増えるほど、色々な人が参考にしてくれるため、新規顧客やリピーターの獲得に繋がります。他人と繋がりたいという帰属欲求と、他人から評価してもらいたいという承認欲求の2つを満たす、費用対効果の高いマーケティング手法だといえます。

GUの広告・マーケティング戦略まとめ

GUは流行の服が低価格で手に入るようにし、ユニクロと相反する客層を狙ったことが、成功の要因だといえます。

もしも、GUのように競合他社と差別化を図りたいと考えるなら、競合他社とは方向性が違う施策を打ち出すというのも手でしょう。また、GUではSNSの拡散効果を狙い、ファッションを投稿してもらう施策を講じたことが、企業を成長させるのに一役買っています。

幅広い世代に訴求するには、オンラインの営業手法も取り込み、商品の魅力を知ってもらえる施策を打つのが大切だといえるでしょう。

下記の記事では、商品やサービスを認知させるだけでなく「成果」に繋がる広告戦略の具体的な方法や、その他の企業の事例を紹介しています。今後の広告戦略策定におけるアイディアが詰まっていますので、こちらも合わせてご覧ください。

ページトップへ