潜在層へのアプローチにおすすめの広告は?マーケティングに!

潜在層へのアプローチにおすすめの広告は?マーケティングに!
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

今まで顕在層へのアプローチだけをしていると、限界がくる場合があります。顕在層は購買欲が高いのですが、ユーザーの一部にしかアピールできないためです。広告マーケティングで悩んでいるなら、潜在層へのアプローチ方法に注目してみましょう。おすすめの広告やマーケティングのコツを紹介します。

潜在層へのアプローチの重要性

パソコンやタブレットで検索
潜在層へのアプローチが重要なのは、顕在層だけのアプローチだけだと将来の顧客獲得までは難しいためです。

顕在層は商品に興味がある見込み客で、多くの企業が狙っているでしょう。結果的に競合が多くなり、ライバルの多い場所で戦わなければなりません。

一方で、潜在層は商品ジャンルに興味がありますが、特定の商品にたどり着いてはいません。潜在層にアプローチしている企業は少ないため、戦いを避けることができます。潜在層へのアプローチは中期的で継続が重要です。時間や手間がかかりますが、自社商品を認知してもらうため役立つでしょう。

潜在層へのアプローチにおすすめの手法

SNS
見込み客の育成を考えるなら、潜在層へのアプローチがおすすめです。潜在層への広告は、適しているものがあります。1つだけの広告に頼らないで、複数の方法を組み合わせてみましょう。潜在層へのアプローチでおすすめの手法を紹介します。

SNS広告

SNS広告は、商品の認知を高めるために便利です。広告の種類が豊富で、年齢、性別、ライフスタイルなど細かく絞ったターゲティングが可能です。SNS広告なら、自社商品に合ったターゲット層にアプローチできるでしょう。

また、SNS広告は、ツイートやシェアで認知を広げることができます。たくさん拡散されれば、効果の高い広告にできるでしょう。拡散力を高めるためには、面白さや親近感の高さがポイントです。誰かに伝えたくなる広告や、ターゲットが共感できる広告がおすすめです。

ディスプレイ広告

ディスプレイ広告は、Webサイトに広告が表示されます。広告と関連のあるWebサイトへの広告掲載が可能です。掲載先は、ニュースサイトやメディアなど幅広いサイトがあります。スマホアプリへの広告掲載も可能で、幅広い層に自社商品を広めることができます。

ディスプレイ広告の役割は、多くの人に自社商品を知ってもらうことです。検索行動や属性で広告表示を絞ることができるため、効率の良い広告表示ができます。

コンテンツSEO

コンテンツSEOは、検索結果における記事の上位を目指す方法です。検索からの流入を増やすために有効な手法です。コンテンツSEOのメリットは、広告費を使わなくていいことでしょう。広告は短期的に成果を出すのに向いていますが、中期や長期的に情報提供するコンテンツSEOも有益です。

また、コンテンツSEOでは、ロングテールのキーワードを狙います。検索数は少なくなりますが、ロングテールはよりユーザーの潜在的な悩みにアプローチが可能です。商品に対する潜在的な悩みを解消するコンテンツ作成を目指していきます。

記事広告

記事広告は、Webサイトの記事に掲載する広告です。Webメディアの広告枠を買い取り、自社のターゲット層にアピールします。記事広告のメリットは、掲載するWebメディアのブランド力を活用できる点です。自社のブランド力が育っていない場合にも役立つでしょう。

また、記事広告なら情報ページに広告を掲載できます。情報を得たい人は、自分が欲しい商品は明らかになっていない潜在層です。広告を通して自社商品の興味が高まれば、新たなニーズが生まれる可能性があります。

充実したオウンドメディア

オウンドメディアは、ターゲット層に合わせた情報提供をするメディアです。コンテンツSEOの手法の中に、オウンドメディアがあると考えておきましょう。特定のペルソナに対して情報を提供し、育成を目的としたメディアです。

オウンドメディアは記事の投稿だけでなく、SNSやリスティング広告の流入を掛け合わせることができます。SEOに頼るだけではうまく上位できず失敗する恐れがあるでしょう。SNSなど幅広い流入があれば、メディアの安定性が得られやすくなります。

全研本社でもオウンドメディアの施策が可能です。下記のリンク先に詳しく解説しておりますのでぜひチェックしてみてください。オウンドメディアは継続的なコンテンツ制作、ターゲットリサーチなど綿密な企画が重要です。他社との差別化をしなければ、安定的な集客はできないため注意してください。

全研本社がつくる
オウンドメディアとは?

潜在層向け広告における施策のポイント

ポイント
広告で潜在層にアプローチできれば、戦わず多くのユーザー集客ができる可能性があります。なぜなら、顕在層は全体の20%なのに対し、潜在層の割合は80%程度だからです。ただし、潜在層へのアプローチはコツが必要なため、詳しく紹介していきます。

広告らしさのないコンテンツを心がける

潜在層にアプローチする広告は、売り込み感をなくしましょう。なぜなら、明らかに宣伝だとわかる広告は、リンク先にアクセスしたい気持ちを失わせやすいからです。

広告感の強いものよりも、ユーザーに対し共感する文を入れましょう。共感する文があると、ユーザーは「自分を理解している」と感じやすくなります。誰でも、自分を理解してもらいたいもので、理解してくれる人に対しては安心感が得られやすいでしょう。

適切なターゲティングを行う

潜在層にアプローチする広告は、細かなターゲティングがポイントです。ターゲティングでは、年齢・性別・居住地・興味まで絞りましょう。細かく設定することで、特定のターゲット層に共感させる広告内容にできます。

また、適切なターゲティングで、低予算、高いパフォーマンスが出せるでしょう。テレビCMや新聞広告だと広い層にアプローチするため、費用の割に効果は高くありません。一方でインターネット広告は、細かいターゲティングで効率を高めることができます

ファーストビューで印象づける

潜在層へのアプローチは、ファーストビューが重要です。広告ではGIF画像を使い、動きをつけるといいでしょう。商品を使った様子をイメージできる画像もおすすめです。商品を使った様子は、ユーザーが気づいていない潜在的な悩みにアプローチできます。

広告では何よりも興味をもってもらうことが重要です。広告を見るユーザーが、一目でどんな広告なのか理解できるよう工夫しましょう。LPを作る場合も、ファーストビューで興味をひき、続きを読み進めたくなる解決策を提示するようにします。

自分事だと思ってもらえるコピーを考える

潜在層は、ぼんやりとした悩みがあるのですが、具体的な解決法はわかっていません。たとえば、「綺麗になりたい」「痩せたい」という悩みがあっても、どう変わりたいかは明確ではないでしょう。

広告では、悩みを具体的に提示して、悩みを自分事にしてもらいます。「綺麗になりたい」悩みであれば、「隠れシミが表面に出てきてしまうかもしれない」という潜在的な悩みがあるかもしれません。そのため、広告のキャッチコピーは、ユーザーが気づいていない深い悩みに訴求することがポイントとなります。

ニーズの解決方法を提示する

ユーザーの潜在的な悩みに訴求したら、解決策も一緒に提示しましょう。自社商品を使うと、悩みが解消できる言葉を心がけます。

悩みの解消法の提示では、他社より優れている点、簡単に使える点を盛り込みます。たとえば綺麗になりたい人へは、「ワンステップで綺麗に」など手軽さをアピールするのもいいでしょう。ただし、ユーザーに嘘をつく、誤解を与える表現は、信用を失う原因になるため避けてください。

期間限定メリットの提示

悩みを自分事にしてもらい、商品の良さをわかってもらえたら、一押しで購買につながるでしょう。ここでユーザーの行動を促す手法として、期間限定のメリットを伝えます。

「〇日まで30%オフ」など期間を限定すると、購入を迷っていた人の行動を促すことができます。人はいつでも購入できるとなると、なかなか行動してくれません。期間を限定することで、今行動すべきだと感じさせやすくなります。

ユーザー心理に寄り添った後押しで締める

人は、得することよりも損を避けたい気持ちが強くあるものです。ですから、今行動しないと後悔すると思わせるようにしましょう。

たとえば「綺麗になりたい」悩みであれば、今行動すれば10年後のシミを気にしなくて済むかもしれません。しかし、そのまま放置すれば、皮膚の奥に潜んでいるシミに悩まされる恐れがあるとアピールできるでしょう。

広告の訴求では、今の悩みを解決できることだけでなく、将来的に損する内容にも触れてみてください

潜在層へのアプローチをマーケティングに役立てよう

marketing
潜在層は、きちんと教育すれば新たな顧客になる可能性があります。本人も気づいていない潜在的な悩みにアプローチできれば、多数の顧客獲得につながるでしょう。広告のマーケティングでは、顕在層だけでなく潜在層にも働きかけるようにしてください。

どの方法をとればよいのかわからない、Web集客についてもっと知りたいという方は、全研本社にお問い合わせください。120業種以上のお客様の支援をしてきた知見を活かし、売上・契約につながるマーケティング施策を提案させていただきます。
Web集客のご相談はこちら

ページトップへ