競合他社に勝つ差別化方法・対策のポイント!マーケティング戦略成功の鍵とは

競合他社に勝つ差別化方法・対策のポイント!マーケティング戦略成功の鍵とは
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

競合他社に勝つためには差別化は重要とわかっていても、
「なにから手を付ければ…」「いいアイデアがまったく思いつかない…」と悩んでいませんか?

また「差別化できているはずなのに集客できない…」という場合は、そもそもユーザーが求めていない部分で差別化をしている可能性があります。

この記事では自社商品やサービスを差別化するための考え方や、差別化された強みをどう伝えるのかといった、差別化戦略・マーケティング戦略について解説しています。

「自社を選んでもらうため」「価格競争を脱するため」…など、自社の課題解決や競合対策のために差別化への取り組みを進めていきましょう。

的外れな差別化戦略にしないために

競合他社と差別化したいあまりに、ユーザー目線・ユーザーニーズをおろそかにしてしまうのは、差別化失敗の典型的なパターンです。
差別化戦略を考える上での起点は、必ずユーザーでなければいけません。

自社のバリュープロポジションを明確にしよう

競合への対策、差別化戦略を考え始めるにあたって、まずは自社のバリュープロポジションを明確にしてみましょう。

バリュープロポジションとは、ユーザーが求めているのに競合他社が提供できていない、自社だけが提供できる価値のことです。
簡単にいってしまえば自社ならでは、自社独自の強みのことです。

先に述べた通り、バリュープロポジションを考える上でも、必ずユーザーニーズが起点になっています。

【漫画で解説!】
バリュープロポジションとは

ターゲットユーザーのニーズを整理する

差別化のためにターゲットユーザーのニーズを整理

まず自社の商品・サービスを求めてくれるユーザーが持っているニーズや課題、悩みなどを整理してみましょう。

なぜユーザーはその商品やサービスを使うのでしょうか?
どんな悩みや課題を解決したいのでしょうか?
似たような商品やサービスがある中で、なぜ自社を選んでくれたのでしょうか?

そんなヒントを元にユーザーニーズを整理してから、競合他社の商品・サービスを見てみてください。

競合他社はどんな価値を提供しているか

ユーザーニーズを整理してから競合他社の商品・サービスを見てみると、どのような価値を提供しているのかがわかりやすくなります。

コスパ重視、デザイン性重視、機能重視、アフターフォロー重視など、競合が何を強みとしているのかを整理していきましょう。

そして自社が提供できている価値と照らし合わせてみると、本当にマークすべき競合はどこなのか明確になります。
もしくはどの競合も攻めていない新しい市場が見つかることもあるでしょう。

そうすると競合他社に勝つ道筋が見えてくるのではないでしょうか。

ひとつの強みで差別化できなければ掛け合わせる

自社と同じ差別化ポイントを持つ強い競合がいる…という場合は、その強みに別の要素を掛け合わせることで差別化できないか考えてみましょう。

ひとつひとつの強みだけでは弱くても、二つ・三つのニーズに同時に応えることができるのであれば、競合他社に勝つポイントになる可能性があります。

いま打ち出している強みだけで差別化できなくても、ユーザーニーズや競合の分析ができていれば、差別化するために現状に加えて注力すべきことも見えてきているはずです。

自社が戦う市場を細分化する

市場を細分化して差別化する

差別化を考えるにあたっては、差別化する対象や範囲も考えましょう。

世界中・日本全国の企業を相手に差別化するのは難易度が非常に高いのは明らかです。
決して不可能ではありませんが、広告・マーケティング戦略には莫大なコストがかかることも想定しなければいけません。

ですが市場を細かく分けることで、その一定の範囲内でなら差別化ができるということは往々にしてあります。

代表的なものは地域です。
例えば自社がNo.1と伝えたいと考えたときに、
「〇〇県内でNo.1」「〇〇区でNo.1」「〇〇駅周辺でNo.1」といった形で細分化することで、商圏内のユーザーに自社の強みを伝えることができます。

市場の細分化はユーザーの属性などでも可能です。
例えば性別や年齢層、ライフイベント等のタイミング、悩み・課題などでユーザー属性を限定することができます。

市場の細分化は、差別化ポイントをユーザーに伝えるための広告・マーケティング戦略においても重要です。

差別化とは「どんな会社だとユーザーに認知してほしいか」

ユーザーニーズに基づきバリュープロポジションを明確にすることは、ユーザーが自社を選ぶ理由もまた明確になります。

単純に社名や商品名を知ってもらうだけではなく、「〇〇といえばA社」というイメージをユーザーに持ってもらうことで、競合他社に勝つ差別化を実現することができます。

「これはまさに自分のための商品・サービスだ!」
とユーザーに思ってもらえるように、自社の差別化ポイントとなるバリュープロポジションを明確にしておきましょう。

差別化した強みを伝える広告・マーケティング戦略

「自社の差別化ポイントが明確になった!」というだけでは、当然ですが集客や売上にはつながりませんし、競合他社に勝つこともできません。

その差別化ポイントを、届けるべきユーザーに届ける必要があります。自社の差別化ポイントを伝える広告・マーケティング施策が伴っていなければ差別化戦略とはいえません。

ユーザーはどんな言葉で検索する?

差別化のためにユーザーが検索している言葉を知る

届けるべきユーザーに自社を知ってもらうためには、そのユーザーがどんな言葉で情報を検索しているのかを考えましょう。

ターゲットユーザーの悩みや課題、叶えたい夢・理想などをもとに、自社の強みと相性の良いニーズをもったユーザーに自社の情報をどう届けるかが広告・マーケティング戦略を考える第一歩になります。

自社を選んでくれるであろうユーザーが明確になれば、Webの施策だけではなく、どの地域や場所で露出するべきかといったことや、広告出稿が効果的な雑誌などのメディアも探しやすくなるでしょう。

自社ホームページのSEO対策にも活用

上記でご説明している、ユーザーの検索キーワードがわかれば、自社ホームページのSEO対策にも活用しましょう。

自社のことは知らなくても、自社の商品・サービスと相性の良いユーザーの検索に自社の情報が表示されるようになれば認知の機会も広がります。

また広告・マーケティング戦略は様々ありますが、最終的にはホームページを検索・確認するユーザーがほとんどです。

その際に、知りたい情報がまとまっていない、広告では書かれていた強みがホームページではわかりにくいといった状態では、商機を逃してしまうリスクが高まります。

広告・マーケティング手法で差別化することも可能

競合他社と似たような強みを持っている場合、競合がやっていない広告・マーケティング手法を取り入れることで差別化することもできます。

例えばSNSの活用、YouTubeへの動画投稿など、PRする手法を競合とずらすことも差別化戦略では有効です。

ですがここでも忘れていけないのがターゲットユーザーの視点です。そもそもその広告媒体をユーザーは見ているのか、ということは意識しながら検討してください。

差別化への対策がしやすいマーケティング手法

差別化への対策がしやすいマーケティング手法

自社ホームページのように、自社で融通が利かせられる広告媒体を持っておくことで、差別化したいポイントに特化したマーケティング戦略を展開できます。

また、検索結果画面で自社の情報に触れるチャンスを増やすことができるため、ホームページ以外のメディアを持つことは非常に有効です。
そういった視点で簡単にできるのはGoogleマイビジネスの活用。無料で利用できるため、まだ情報を登録されてない場合はすぐに取り組んでみてください。

オウンドメディアで差別化する

オウンドメディアで差別化する
オウンドメディアとはその名の通り、自社で運営するWebサイトのことです。広い意味ではSNSアカウントやYouTubeチャンネルの運用なども含みます。

自社ホームページにブログコンテンツを作成するのは始めやすいですが、ホームページとは別に特定のテーマに特化したWebサイトを立ち上げるのもおすすめです。

オウンドメディアでは特定のテーマに特化したコンテンツをつくれるため、ターゲットユーザーのニーズに沿った情報発信が可能です。

ユーザーにとって有益な情報発信を継続することで、認知の向上や自社に対する信頼感の醸成ができます。また今すぐ購買にいたるユーザーだけではなく、見込み顧客の獲得にも有効です。

自社ホームページから独立しているため、会社が前面にでないことでユーザーはあまり広告感を感じずに情報に触れることができ、いつの間にか「〇〇に詳しいA社」「〇〇が得意なA社」といったイメージを持ってもらいやすいです。

オウンドメディアの成功事例

ポジショニングメディアで差別化を見せる

ポジショニングメディアで差別化を見せる
ポジショニングメディアとはバリュープロポジションの考え方を軸に、市場内での自社の立ち位置を明確にすることで、自社の強みが最も響くターゲットを集中して集客することができる手法です。

あるニーズではB社だが、このニーズなら自社と見せる構成で、競合他社と比較して見せながら、自社を選ぶべき理由がを示すことができます。
そうすることでユーザーは納得感を持って選ぶため購買意欲も非常に高めることが可能です。

また自社の差別化ポイントの重要性を伝えるような訴求ストーリーにすれば、自社が伝えたいことをユーザーに啓蒙することもできます。

自社のバリュープロポジション分析からポジショニングメディア制作を検討されるようでしたら、ぜひ全研本社へご相談ください!
バリュープロポジションの分析を通じて、ユーザー特性や競合状況を含めた、貴社が置かれている市場を俯瞰することが可能です。
全研本社の
ポジショニングメディア戦略
詳細はこちら

競合他社に勝つ!差別化の方法・対策の要点

競合に勝つための差別化の要点

競合他社に勝つ差別化戦略を考える上では、まずユーザーの視点・ユーザーニーズを起点としましょう。
中でも自社の強みを魅力に感じてくれるユーザーのニーズ・悩み・理想は深掘って調べてみてください。

そして

  • 競合にはない自社だからこそ提供できる価値はなにかを明らかにすること
  • 市場を細分化し、自社が戦いやすい・勝ちやすい市場はどこなのかを見つけること
  • 自社を知ってほしいユーザーに届きやすい広告・マーケティング戦略を検討すること

これらを意識することで、しっかりとニーズがある市場で競合他社との差別化戦略を展開できます。
しかし、ほとんどのケースで見受けられるのが、

  • そもそも適切な分析ができていない
  • 分析はできたが、それを支える戦略と戦術まで落とし込めていない
  • 分析や戦略までは組み立てたが、戦術と連動していない

という問題の発生が多くあります。
そのため、多忙な中、分析や戦略策定をしたのにもかかわらず、
成果に繋がらなければ、あなたの貴重な時間もお金も無駄にし、また練り直さなければなりません。
時間がさらにかかれば、状況も変わり市場からさらに置いてかれること可能性もあります。

全研本社では、貴社のマーケティング課題をお伺いした上で、
120業種以上のノウハウを基に貴社がどんな市場でどんなターゲットでどんな強みを打ち出していくべきかを分析し、策定。

そして策定結果をもとに貴社の強みを理解したユーザーを集中的に集客できる、
成約までを見据えたWebマーケティングを実行します。

もしマーケティング戦略にお悩みがございましたら、お気軽にご相談ください。

Web集客のご相談はこちら

ページトップへ