効果のある広告方法とは?効果的な宣伝・集客のためのポイント解説

効果のある広告方法とは?効果的な宣伝・集客のためのポイント解説
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

このページでは効果的な広告とはどのようなものか、そもそも「なにに対して効果を発揮」することを目指すべきなのか、広告で成果を上げるためのポイントについて解説していきます。

また効果的な広告手法として、

  • 数ある競合から自社に興味を持ってもらい契約までのリードタイムが3分の1に短縮できた
  • 自社の商品・サービスを理解してくれる検討者が増えて商談率が8割以上になった
  • 自社商材と費用感の合う検討者が増え、受注単価が2.5倍に増えた

といった実績のある「ポジショニングメディア」も併せて紹介しています。

ポジショニングメディアがさっそく気になるという方はこちら(記事の後半へジャンプ)よりご確認いただけます。

効果のある広告方法とは

効果のある広告方法とは
広告を出すということは効果を期待するのは当然です。しかし、その効果を正確に予想するのは難しいもの。

広告を活用して効率的に集客や売上アップを実現するためには自社のブランディングに加え、明確なターゲティングが必要ですし、自社製品やサービスと相性のよいメディア選びも重要となります。

さらにターゲットの印象に残り、購買意欲をかき立てるメッセージも考えなくてはなりません。

効果的な広告を選ぶために必要なこと

費用をかけて広告を出すだけでは効果を期待できません。ターゲットユーザーに自社の強みを伝えるためにどのような広告方法がベストかを考えましょう。「自社と広告」「ユーザーと広告」にはそれぞれ相性があります。

その広告が持つ特徴を踏まえ、自社に合っているかどうか基準に選ぶことが重要です。

さらに重要なことは、自社の優位性や強みを余すところなくユーザーに伝えられる広告を選択することです。

セッションが集まるメジャーなWebメディアに自社情報が掲載されれば権威付けやブランディングには役立ちますが、直接売上につながるリードが獲得できるかというと、得てしてそうではありません。

収益につなげる施策を探しているのであれば、自社特化型のメディアを制作して、自社の優位性や強みを余すところなくユーザーにアピールする戦略が有効です。

自社における「効果がある」とは何か

自社にとっての効果がある広告とは
自社の業態やターゲット層に応じてアピールする内容が変わるため、「この広告が一番効果的」とは決めることはできません。

自社による広告効果の有無を測るには、まずその広告の目的を明確にすることが必要です。広告には種類によってその効果に違いがあります。どの広告がどのような目的に効果的かを考えた上で打ち出すのが得策です。

また一時的な集客で終わらず、繰り返し購入してもらえるような長期的なスパンでの発信を考えましょう。長期視点での広告の発信は、以下の3点にようなフェーズに分けて整理してみましょう。

  1. 商品について知ってもらう
  2. 商品の理解度やイメージの向上
  3. 商品を購入してもらう

1.商品について知ってもらう

自社を知らないユーザーに対し、商品やサービスを知ってもらうために、大勢の目に触れる広告方法を選ぶ必要があります。とくに新たな商品を売りだしはじめたばかりなら効果的な方法です。

特定のターゲット層に対する場合は、ターゲットのライフスタイルなどに合わせた広告媒体を選ぶことが重要。認知度を高めることを目的とする広告は、テレビやラジオなどのマス広告が代表的です。

2.商品の理解度やイメージ向上

商品を理解しイメージしてもらうためにはある程度情報量が必要です。商品のファンを増やす効果が期待できる広告には一定のスペースがあるオフライン広告や動画広告、Webの記事広告などがあります。

商品に対しポジティブなイメージをつくるため、ビジュアルやコンセプト、商品にかける思いなどのストーリーが伝わる内容にしましょう。

3.商品を購入してもらう

商品から得られるベネフィット(価値)を伝える必要があります。広告単体で購入までしてもらう必要はなく、ニーズに気づかせ購買意欲をかき立てることが重要です。ユーザーがニーズに気づけば、それをきっかけに商品の詳細を見てもらい、購入までの道筋に誘導することが可能です。

ニーズと広告が合致すれば、ユーザーはアクションを起こすでしょう。そのため、広告の大きさやインパクトは関係ありません。

広告効果を測定し蓄積する

広告効果を測定し蓄積する
広告効果を測定する際は売上や認知率、自社製品やサービスの認知度に加え、ユーザーの購買するメリットや意図を考える必要があります。

その上で測定すべき内容は以下の通りです。

  • 広告を閲覧した人数
  • Webメディアに誘導できた人数
  • 商品購入・サービス登録した人数

Web広告はクリック数やPV数などを計測できるため、可視化しやすいといえます。測定には、クリック率やCV率を計測できるアドトラッキングツール、ユーザーの流入経路やメディア内の動きを解析するアクセス解析ツールなどを活用するのがおすすめです。

オフライン広告でも、広告によって問い合わせの電話番号やページなどを変えることで計測が可能となります。

広告方法の特徴・効果的な活用法

ネットを通じて掲載するオンライン広告と、ネットを使用せず掲載するオフライン広告についてそれぞれ紹介します。

オンライン(Web)広告

オンライン(Web)広告
手軽にはじめられるオンライン広告は、ユーザーの的を絞って広告表示するため、ターゲティングしやすいメリットがあります。自社サイトへの集客を目的に使われることが多いのもオンライン広告の特徴です。

広告の効果測定がしやすいので、結果を見て改善・運用することで効果を高めていくことができます。

リスティング広告

サーチワード広告やPPC(Pay Per Click)広告とも呼ばれる、検索連動型の広告です。ユーザーがネットで検索した際、特定のキーワードでの検索結果画面の上部や下部に表示されます。

検索したキーワードには、そのユーザーのニーズや悩みが隠れていることが多く、適切なキーワード選定ができれば商品を購入する見込みが高いターゲットにアプローチが可能です。

ディスプレイ広告

GoogleやYahoo!など、検索エンジンに表示される広告です。アドネットワーク広告やDSP(Demand Side Platform)、バナー広告などが挙げられます。

ディスプレイ広告では、どのような相手をターゲットとするのか考えて掲載します。
性別や年齢、ライフスタイルなどを設定しターゲットを絞れば、自社製品やブランドに関心を持つユーザーに届く可能性が高まり、狙ったユーザーの集客効果を期待できる広告方法といえるでしょう。

記事広告

客観的に見た商品の詳細や魅力をユーザーに伝えられる方法です。自社とメディアがタッグを組み打ち出す広告で、タイアップ広告とも呼ばれます。

検索結果画面にて上位表示しているメディアに依頼すれば、自社製品やサービスを求めているターゲットに認知してもらいやすくなります。

記事広告は、自社や自社製品と相性のよいメディアを選ぶのがポイントです。コンテンツとして配信されるため、認知度が低く自社ブランドへの関心が薄い層に対してアプローチが可能です。

SEOを施した記事広告はユーザーの目に留まりやすく、ダイレクトにかつ豊富なメッセージを伝えられます。

掲載するWebメディアによって掲載期間に違いがありますので、記事が掲載される場所や掲載期間などの条件について、広告費用を支払う前にしっかり確認しておきましょう。

ポジショニングメディア

せっかくユーザーに自社商品を認知してもらっても、最終的に購入してもらわなければ意味がなく、広告効果があったとはいえません。

ポジショニングメディアは、自社商品ならではの強みを競合する商品と比較して見せることで、独自性や優位性を伝えることができるメディア戦略です。

ポジショニングメディアのコンバージョンフロー

ユーザー自身が「自分のニーズにあった商品」として自社商品を選択してくれるようになるため、購入や成約の温度感の高いユーザーだけを集客できます。

広告出稿をする目的によって、なにを「効果」とするかも変わりますが、あわせてターゲットユーザーも変わるということも多々あるはず。

ポジショニングメディアを制作する際には、ユーザーニーズの徹底分析からはじまるため、「ターゲットが変わったことで、対象ターゲットを効率的に集客できる媒体が見つからない…」、そんな際にもお役立ちできます。

このようなメディアの特性から、冒頭でもお伝えしたとおり

  • 数ある競合から自社に興味を持ってもらい契約までのリードタイムが3分の1に短縮できた
  • 自社の商品・サービスを理解してくれる検討者が増えて商談率が8割以上になった
  • 自社商材と費用感の合う検討者が増え、受注単価が2.5倍に増えた

といった実績も、導入した企業からいただいています。

自社に合った媒体がなかなか見つからない、広告を掲載しても費用対効果がよくないとお悩みの場合は、ぜひご検討ください。

ポジショニングメディア戦略の
特徴・事例を見る

オウンド(ブランディング)メディアの制作・運用

オウンドメディアとは、情報発信のために自社で運営するメディア(主にはWebサイト)のことを指します。ブログやコーポレートサイト、メルマガなどもオウンドメディアにカテゴライズされます。

中長期にわたり自社製品やブランドの価値を継続的に更新・発信し続けることで、製品やサービスにに関心があるユーザーにアピールできます。

また商品を知らないユーザーも検索で訪問してくれる可能性が期待できるため、認知度アップ・見込み顧客の獲得にも効果的です。

そのためオウンドメディアは別名「ブランディングメディア」とも呼ばれ、製品やサービスのみならず、企業自体のブランディングにも役立てることができます。

さらに顧客が知りたい・興味があるこ分のとに対して有益な情報発信をすることで、いわゆる潜在層にも幅広く接触機会をもつことができます。

市場における競争力やや集客課題などによっては、ブランディングメディアの前にポジショニングメディアで情報の浸透を図る必要がありますが、一定程度の認知度がある企業であれば、独自性や権威性などをアピールする有効な手段です。

ブランディングメディア
について詳しく

オフライン広告

オフライン広告
地域を絞って広告を出すことで、局地的に人に見てもらえる可能性が高いのがオフライン広告です。

自社で広告を制作するのであれば、高度なスキルは不要です。広告の内容によってはコスト削減も実現できます。また特定の場所に集まるユーザーに対しての訴求に、効果が期待できるメリットがあります。

マス広告

テレビやラジオ、新聞、雑誌などのマス広告は、幅広い層に対して情報を広げられ認知度アップにつなげられるメリットがあります。

また地域に特化しやすいのもオフライン広告の特徴です。媒体を選ぶ際は、自社製品やサービスに関心を持つターゲットに絞り、比較的目にしやすいものを選ぶのがポイントです。

交通広告

駅や電車の中、タクシー内の広告が挙げられます。駅構内のポスターや電車の中吊りなどは、ユーザーが移動の際に見られるので認知度アップに効果的です。

出勤などにより日頃から広告を目にしていれば、繰り返し何度も見る広告の印象が強くなるので単純接触効果を期待できます。素材などにこだわり、自然にユーザーの視線が向く工夫をするのもおすすめです。

タクシーでは後部座席にパンフレットを置いたり、広告が入ったポケットティッシュを手渡したりする方法。またシートの後ろのステッカー広告やディスプレイ広告を出稿する方法もあります。

ディスプレイで動画広告を流せば、短時間ながらも乗車したターゲットにアピールすることが可能です。

屋外広告

屋外広告には路頭の看板や建物の内外に設置されたデジタルサイネージなどがあります。看板広告は、その場所を通る人が何度も目にするため、認知度アップの効果が期待できます。近年はターゲットを特定地域に絞るだけではなく、Webへ誘導する屋外広告も増えています。

またデジタルサイネージは動画広告と併せた発信が可能です。たくさんの情報量を短時間で伝えられるメリットがあります。

広告メッセージを考えるポイント

広告メッセージを考えるポイント

ただ広告を出すだけでは、期待する効果のある広告は出しにくいもの。デザイン広告や広告プランを考える前に、ターゲットに何を伝えたいのか明確にしなくてはなりません。

伝えたいことを考える上では、自社のバリューポジション、商品のバリュープロポジションを一度整理してみましょう。

バリュープロポジションとは、競合他社が真似できない自社ならではの提供できる価値です。他社と差別化し、自社にしかないユーザーのニーズに応えられるものは何かを考えます。

バリュープロポジション

ユーザーニーズに応えられる自社ならではの強みとは何か、それを軸においた広告を出すことで心から自社商品を求めてくれる質の高い反響効果を得られるでしょう。

自社や商品のバリューポジションを明確化し効果的な広告を打ち出そう

自社にとって効果的な広告とは何か、自社ならではの強みとしてアプローチできるものは何かを明確にしてこそ、売上や認知度の向上などの目的を成し遂げる効果を発揮します。

しかし「何からはじめればよいのか」「自社の強みを客観的に知りたい」と思う方もいるのではないでしょうか。

もし自社に最適な広告やマーケティング戦略でお悩みでしたら、ぜひご相談ください。

全研本社ではいままで120業種を超えるクライアント企業のWeb集客・マーケティングを支援してまいりました。

クライアントのバリュープロポジション分析に基づくマーケティング戦略の提案・実行を得意としていますので、強みに適したターゲティングと広告戦略をご提案いたします。

web集客・広告戦略の
ご相談はこちら

ページトップへ