ポジショニング戦略の簡単事例集

ポジショニング戦略の簡単事例集
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

お問合せはこちら

ポジショニング戦略がないと何をやってもうまくいかない。成果が出ない。

ポジショニングとは、自社製品やサービスがターゲット顧客からどのようにイメージされているのか、ということ。また同時に、ターゲットにどのようにイメージさせていくか、ということも考えなければなりません。

ポジショニングは、マーケティングやセールス活動などのビジネスを成功させる上で、非常に重要な戦略です。ポジショニングがしっかりと定まっていなければ、なかなか成果を出すことができません。そのため、期待していた成果があまり出ない場合は、ポジショニングがきちんと定まっているかを確認する必要があります。

ポジショニングはとても大切な戦略にも関わらず、正確に理解していない人が多いです。そこでこの記事では、より多くの人たちにポジショニング戦略を理解してもらうために、ポジショニング戦略事例を紹介します。

ポジショニング戦略事例集(ポイントのみを簡単にまとめました。)

(下記ポジショニングについての内容は、あくまで参考例を示しているだけのもので、取り上げている企業・団体・商品・サービスなどについて、事実や厳密な調査に即して作られているわけではなく、またその価値、意味について何らかの当社の主張や意図があるわけでもございません。閲覧の際にはその点にご留意いただければ幸いです。)

以下に17のポジショニング戦略事例を紹介します。ぜひ参考にしてください。

男性が食べる牛丼と、家族で食べる牛丼

(引用元:すき家公式サイト https://www.sukiya.jp/)
牛丼業界で売上高トップは、実は「吉野家」ではなく「すき家」なのです。吉野家よりも後発であるにも関わらず、なぜすき家がトップに躍り出たのでしょうか?実はすき家は、吉野家とは異なるポジショニングを確立したのです。以下のように、

  • 吉野家のターゲット:サラリーマンなどの働く男性
  • すき家のターゲット:家族や女性

すき家は吉野家とは異なり幅広いターゲット層を狙い、市場を変えたことで成功しました。

男性から女子高生にターゲット変更した「シーブリーズ」

(引用元:SEA BREEZE公式サイト https://www.seabreezeweb.com/)
資生堂が取り扱うボディケア製品である「シーブリーズ」。もともとは男性をターゲットにしていた製品なのですが、次第に時代遅れの製品となっていきました。そこでリ・ポジショニングを行い、

  • 訴求ポイントを夏や海ではなく日常に
  • ターゲットを20~30代の男性から女子高生

に変更。その結果、低迷していた時期と比較すると、売上が8倍もアップしました。

オシャレなカフェと、気軽に立ち寄れるカフェ

(引用元:スターバックスコーヒージャパン公式サイト https://www.starbucks.co.jp/)
オシャレなカフェといえば「スターバックス」です。よくこのスターバックスと比較されるのが「ドトールコーヒー」。しかし以下のように

  • スターバックス:ゆっくりくつろげるオシャレなカフェ
  • ドトールコーヒー:一時の時間を過ごす気軽に立ち寄れるカフェ

2つのカフェはポジショニングが異なります。したがって、この2つのカフェを比較することは誤りであることが分かるのです。

男性美容市場という新たな市場開拓により成功した「バルクオム」

(引用元:BULK HOMME公式サイト https://bulk.co.jp/#course)
「バルクオム」は、男性専用の美容市場に参入することで大成功を収めました。ターゲットを女性から男性に変え、潜在市場にてポジショニングを確立したことで

  • 2015年売上高:1億円
  • 2016年売上高:6億円
  • 2017年売上高:10億円

上記のとおり、売上が10倍に。

1本からスピーディーに配達してくれる酒屋

(引用元:カクヤス公式サイト https://www.kakuyasu.co.jp/store/app/service/service_index/)
酒類量販チェーンである「カクヤス」は、酒類を大量に買ってくれる飲食店やバーなどにターゲットを定め、たった1本でもすぐに調達できる店というポジショニングを築き上げ、成功しました。

携帯端末シリーズのポジショニングを明確に定めた「ドコモ」

(引用元:ドコモ公式サイト https://www.nttdocomo.co.jp/product/smart_phone_5g.html?icid=CRP_menu_to_CRP_PRD_smart_phone_5g)
「ドコモ」では、ライフスタイルや価値観別にユーザーを4つにセグメント。そこに自分たちの商品を当てはめて、ラインナップを改めて編成しました。

このようにポジショニング戦略の考え方を用いることで、セグメントされた各領域を満たせる商品を整理することが可能。また、各領域に合ったマーケティングを行うことや、ユーザーニーズを満たせていない領域を見つけ出すこともできます。

用途に基づきポジショニングを築き上げる

(引用元:ネスカフェ公式サイト https://nestle.jp/brand/nescafe/index.html)
用途に基づきポジショニングを確立することもできます。コーヒー業界で例を見ていきましょう。
「AGF」は、コーヒーギフトという用途でポジショニングを築き上げています。それに対して「ネスカフェ」は「気軽に家で飲むことができる」用途でポジショニングを確立しています。

市場のニーズを満たすために誕生した一人カラオケ専門店

(引用元:ワンカラ公式サイト https://1kara.jp/)
一人でカラオケに行きたい!そんな顧客の要望を満たすために、一人カラオケ専門店が誕生しました。
以下のような、

  • 料金体系がシンプル
  • こだわりのある部屋や音質
  • 鍵付きの部屋なので安心してトイレに行ける

といった一人でカラオケを楽しめるというメリットを打ち出し、大成功を収めたのです。

新たな市場にて成功した航空会社

(引用元:Southwest airline公式サイト https://www.southwest.com/)
「空飛ぶバス」というコンセプトを掲げ、新しいカテゴリであるLCC(ローコストキャリア)を確立した「サウスウエスト航空」。「安くて手軽に利用できる」という他の航空会社とは違ったポジショニングを行ったことで、航空会社ではなく、バス会社や鉄道会社が競合相手となり、結果的に多くの人たちに選ばれることに。

新しい市場にてポジショニングを築き上げることで、同じ業界に圧倒的な競合が存在していても、大成功を収めることができるのです。

つらいダイエットなのに大ヒットしたダイエットプログラム

あえて「頑張って痩せる」といったポジショニングを行った「ビリーズブートキャンプ」。多くの人は楽して痩せるダイエットを選択します。しかし、何を試しても上手くいかなかった人は、「頑張って運動をしないと痩せない。」と思うでしょう。

そういった人たちをターゲットにしたのが、ビリーズブートキャンプなのです。このように、ポジショニングをする際はターゲットのことをしっかり分析することで、ビジネスを成功へと導きます。

朝に飲むコーヒー

(引用元:アサヒ飲料公式サイト https://www.asahiinryo.co.jp/products/coffee/wonda_morning/)
朝・昼・夜といった、時間に基づいてポジショニングを取ることもできます。

例えば、ワンダ「モーニングショット」は朝専用のコーヒーとして誕生しました。モーニングショットは市場を朝に絞り込み、ビジネスパーソンの「目覚めの一杯」として大ヒット。当時ワンダは缶コーヒー市場にて5位だったのですが、モーニングショットがヒットした結果、3位へのランクアップに成功することができたのです。

ブランドの特徴や性質に基づきポジショニング

(引用元:東横INN公式サイト https://www.toyoko-inn.com/index.html)
ブランドの属性に基づいてポジショニングを取ることも有効です。例えばホテルチェーン業界でいえば、「東横イン」は宿泊料が安いホテルというポジショニングを確立。また、「リッツカールトンホテル」は大都市にあるエレガントなホテルというポジショニングを築き上げています。

ターゲットをズラして大成功した雑誌

(引用元:ラ・ファーファ公式サイト https://lafarfa.jp/)
ターゲット層を「ぽっちゃりした女性」に定め、大ヒットした「la farfa(ラ・ファーファ)」。
月間4万部を達成すれば成功だといわれているファッション雑誌業界ですが、ラ・ファーファは

  • 発売初月の発行部数:10万部
  • 現在の月間発行部数:8万部

と、今も尚売れ続けています。ラ・ファーファのようにポジショニングの際ターゲット層をズラすことで、大ヒットを飛ばすこともあるのです。

消費者の声から生まれたビール

(引用元:アサヒ飲料公式サイト https://www.asahibeer.co.jp/superdry/philosophy/#/philosophy_01/)
アサヒビールは消費者嗜好調査を行い、その結果に基づき「スーパードライ」を開発し、見事成功を収めました。当時は苦くて重いビールが主流だったのですが、それに対してスーパードライは苦くなくて軽いビールです。消費者のニーズを満たし、且つ競合とは異なるポジショニングを築き上げ、結果的にメガブランドにまで成長しました。

一流のお店で販売される高級アイスクリーム

(引用元:ハーゲンダッツ公式サイト https://www.haagen-dazs.co.jp/news_campaign/)
高価格・高級というポジショニングを確立し成功した「ハーゲンダッツ」。ハーゲンダッツは発売当初、取引先を高級スーパー・デパート・直営店に限定し、高級アイスクリームとしての確固たるポジショニングを築き上げることができました。

一方で高級アイス「レディボーデン」は、駄菓子屋でも販売されていたことからポジショニングに失敗。その結果、ハーゲンダッツに高級アイスのポジションを取られてしまいました。

オフィスで飲むコーヒー、屋外で飲むコーヒー

(引用元:マウントレーニア公式サイト https://www.mtrainier.jp/product/caffelatte.html)
商品が使用される空間に基づいてポジショニングを取ることも可能です。例えば森永乳業の「マウントレーニア・カフェラッテ」は、オフィスで飲めるコーヒーというポジショニングを築いています。一方で、「BOSS」や「ジョージア」といった缶コーヒーは、屋外で飲むコーヒーというポジショニングを確立しています。

ポジショニング戦略をベースとしたキャククル(全研本社)のWEB戦略


ここまで、ポジショニング戦略事例ついて紹介しました。当社では、ポジショニング戦略をベースとしたWEB戦略をクライアント様にご提案しています。

上記では説明しきれませんでしたが、実際に中小企業様の戦略では、地域性が非常に重要な要素となります。
ですので実際には、地域によるセグメンテーションを行ったうえで、ポジショニングについて検討するという順番になります。

日本の企業構成は、中小企業が99%を占めています。その状況からすると、(中小企業は)多種多様な特徴があり、各社に合ったプロモーション戦略をしなければいけないと思います。

ポジショニングメディアとは

一方で、現在多くのWEB会社が行っている広告モデルは、ポータルサイトを作って「広告掲載しませんか?」というものが目立ちます。ポータルサイトの掲載も有効な手段だと思いますが、それだけでは、各々の中小企業が持つ独自の強みや魅力を、ユーザーに伝えきるのは難しいのが実情です。

また、そもそも自社の強みが何で、競合との差異はどこにあるのか、こういった自社分析や競合分析を充分にしないまま、プロモーション活動している企業も多いと思います。

そこで我々は、クライアントが市場でどのような立ち位置にいるのか明確にするために、ポジショニングメディアの作成を推奨しております。ポジショニングメディアとは、

  • 各企業の特徴を詳細にまとめ、
  • 業界全体を見渡せる

まとめサイトのようなものです。

このメディアは、ランキングサイトのように、優劣をつけるものではないため、サイト自体の集客力はあまりありませんが、市場を俯瞰的に捉えるためのツールとして重宝いただいています。場合によっては、リポジショニングを迫られることもあるでしょう。

まずは、業界全体を俯瞰的に捉えられる状況を作り、その上で、自社がどうやって戦っていくか具体的な戦略を練る。この手順が重要です。

ポジショニングメディアの紹介資料


ポジショニングメディアの紹介資料

WEBマーケティング戦略のひとつである、当社のWEBサービス「ポジショニングメディア」について、資料にしました。すでに導入されたお客様の声や、一般的なWEB集客手法の課題もまとめています。

ポジショニングメディア資料

バリュープロポジションを生かした集客戦略

企業独自の特徴を示す、「USP(Unique Selling Proposition)」というマーケティング用語がありますが、それだけだといわゆる自己満足に終わるので、その先にある、企業独自の特徴と顧客のニーズを合致させる「バリュ―プロポジション」という考え方を基軸に、ターゲット顧客の選定を行っております。

バリュープロポジションとは、

  • 顧客からニーズがあり
  • 競合他社は提供していない
  • 自社が提供することができる

価値のことです。

この情報過多の時代、闇雲に広告を打ってもユーザーの耳には届きません。市場での立ち位置を明確にし、戦うべきポジションを確立した上で、自社ブランディングを行う。この当たり前だが、とても重要なマーケティング戦略を実現しているのが、弊社の戦略的コンテンツマーケティングです。

バリュープロポジション漫画お問合せはこちら

ページトップへ