ファンケルの経営戦略から学ぶ差別化要素

ファンケルの経営戦略から学ぶ差別化要素
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

ファンケルの経営・差別化戦略

ファンケルは横浜市に本社を置く化粧品・健康食品メーカーです。
「正義感を持って世の中の「不」を解消しよう」という創業理念を持っています。

代表的な例としては、
1980年頃に多くの化粧品の使用により発生していた肌トラブルを解決すべく、
いち早く害のあった防腐剤や香料を取り除いた「無添加化粧品」を開発し、市場を切り開いていきました。

ファンケルの経営・差別化戦略①
「体内効率設計」を考えた商品力と商品開発体制の強化

東戸塚にある総合研究所の横に第2研究所を増設し研究員を増員し、開発力を強化しました。

さらにサプリメントといえば良い成分が入っていれば入っているほどいいという考え方に陥りがちです。
実際に体内に取り入れられる成分には限界があり、逆に良かれと思って取りすぎた良い成分が身体に害を及ぼすことがあります。

そこでファンケルは体に最適な量で効率よく回収して効果が持続できるポイントに焦点を当てた「体内効率設計」という考えをもとにサプリメントを開発、販売することに重きをおいています。

ファンケルの経営・差別化戦略②
通販、直営店舗経営から脱却した販売チャネルの拡大

ファンケルは通販事業を中心に販売していましたが、顧客の声の中には実際に手に取って試したいという声が多数ありました。
そこで、静岡と沖縄で実店舗でのテスト販売を行い成功を収めた上で、直営店舗を全国に展開することになりました。

この直営店舗での動きを見て小売店からの問い合わせが増え、ついにローソン限定で化粧品を取り扱うことに。
しかし、思ったより配荷が進まず名誉会長が経営陣に復帰した際に示した方針が
ドラッグストアや食品スーパーをはじめとしたさまざまな小売店と連携した販売チャネルの拡大でした。

この販売チャネルの拡大は将来ファンケルがグローバル企業として成長をするには欠かせない戦略の1つであると捉えました。

この戦略が実行されたことで、化粧品事業の流通卸売上が21.6%、栄養補助食品事業では10.4%の流通卸売り上げを成長させることができました。

また、広告宣伝費用を70億から150億円に増やした結果、売上拡大に貢献しただけなく取扱店舗を増やす施策にもつながったことからこの施策も功を奏しました。

ファンケルの経営・差別化戦略③
健康に関心のある60代以上に狙いを定めたターゲット層の囲い込み

健康食品事業では60代以上をメインターゲットとしてマーケティングに取り組んでいます。
60代以上は健康に関心があることが多いことはもちろん、一度購入してもらった際には継続して購入してくれる傾向があるためです。

ファンケル商品のファンになってくれるような商品開発や提供をしていくだけでなく、同じ60代をターゲットにした商品開発をしてクロスセルをし続けています。
そのため新商品の売上獲得から新商品で得た他の60代ユーザーに対して既存商品を売り込むというサイクルを作ることができました

ファンケルの経営戦略から学ぶ差別化要素まとめ

ファンケルは顧客が得るべき体験をコーディネートしながら高い満足度を誇るべく商品開発にもしっかり投資をしていく、ファンケルの商品を買い続けてくれるファン作りに注力をしたマーケティング設計が見受けられました。

商品の強みによる差別化ではなく、良質な顧客体験における差別化戦略を展開しています。

昨今シニアマーケットに参入する企業も増えていますが、商品の乗り換えをしにくいシニアの特性を活かし、顧客満足度を重視したマーケティング設計が今後の差別化要素となることが考えられます。

【差別化戦略】
競合他社と差別化を図るための
要因分析と戦略立案のやり方
差別化戦略の具体的事例集
【商品・サービス別】
差別化を踏まえた集客のご相談はこちら

ファンケル集客の関連記事

売れる化粧品・コスメのマーケティングを考える
コスメ・化粧品の公式インスタグラムをメディア化する方法
化粧品・コスメのオウンドメディア集客

ページトップへ