タカラスタンダードの差別化戦略。高品位ホーローでわかりやすく差別化

タカラスタンダードの差別化戦略。高品位ホーローでわかりやすく差別化
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

この記事では、大阪に本社を置く、システムキッチンやシステムバスを製造・販売する大手住宅設備メーカー「タカラスタンダード」の差別化戦略について解説しています。貴社の今後の企業戦略の策定にお役立ていただければ幸いです。

また、貴社が市場でどんな立ち位置でマーケティング戦略を策定すべきかが分かる「市場分析シート」を無料でご提供しています。自社の強みを活かしたマーケティング戦略を立てたい方は、今後の戦略策定にご活用ください。

今すぐ無料でダウンロード

差別化戦略とは?そこで一番大事な要素とは?

そもそも差別化戦略とは?

差別化戦略とは他社との差異を分かりやすく明示し、市場における競争優位性を高めるための戦略を指します。差別化戦略の発祥は、経営学者であるマイケル・ポーター氏によって提唱された「競争優位の戦略」に基づき理論化されています。

企業の戦略を考える上で重要な3つの軸

ポーター氏は企業経営において、戦略を練る上で大切なのは安く売っても儲かることを仕組み化しコストで業界をけん引する「コストリーダーシップ戦略」、他の企業が持たない特徴を活かす「差別化戦略」、特定のエリアやターゲットに対して資源を投下しコストリーダーシップもしくは差別化を図る「集中戦略だと述べています。

他社との差異を付けるために有効な「差別化戦略」

コストで攻めることが難しい場合、有効となるのが「差別化戦略」です。競合となる企業との差異を明確にアピールできれば市場においてポジションを築けることから、あらゆる企業で活用できる戦略と言えるでしょう。

差異が認知されることが重要

差別化戦略を成功させるために重要な要素は「顧客が他社との差異を認識している」ことです。自社の方針として打ち出すだけでは事足りず、商品やサービスを購入する顧客が差異を認知している必要があります。

差異を認知してもらうためには、比較対象が必要です。独自性を打ち出しただけのものは差異とは言えず、比較を通すことで初めて「差別化」が実現するでしょう。

タカラスタンダードの差別化戦略とは?

タカラスタンダードはシステムキキッチンやシステムバスを中心に、住宅設備を提供するメーカーです。タカラスタンダードは自社の看板となる技術・「ホーロー」で他社との差別化に成功しています。

誰が見ても一目瞭然な「手入れのしやすさ」

ホーローキッチンに関する動画を見て見ましょう。

高品質を強みにしているホーローは、この動画を見るだけでも手入れのしやすさが見て取れます。

とにかくホーローありきの会社

動画内であるように、「タカラスタンダードとはどんな会社?」という質問に対して担当者が即答で「ホーローを作っておりまして」と答えるほど、ホーローありきの思想が社内全体で浸透しています。

実際に動画内でもホーローが850度でガラスを鉄に焼き付けたものであるため、油性ペンの落書きを水拭きで落とすことができたり、鉄よりも硬い性質を活かしワイヤーブラシでこすったり、ハンマーで叩くなどの演出で品質の高さを立証しています。

タカラスタンダードの差別化戦略はなぜ実現できたのか?

タカラと言えば、商品を見せて売るショールーム戦略がよく知られています。ショールームは、故・渡辺六郎相談役の基本方針の1つであり、「いずれエンドユーザーが商品を決定する時代が来る」ことを見越して作られました。

さらに「ホーロー流し台」から業界へ参入したこともあり、ホーローの質感や他の素材との違いは見てもらわなければ分からないという必要性に寄った部分もあったようです。

後発メーカーゆえに都心部では戦えなかったからこそ、地方部を中心にショールームを展開し、地道に営業して基盤を作った結果、全国的な知名度を獲得するに至りました。

ホーローに強いこだわりを持ったのは、他社と差異を付けるということに重点を置いていたからこそです。ひとつの商品に強いこだわりを持つことで、結果的に高い認知に繋がった例と言えます。

タカラスタンダードの差別化戦略まとめ

ひとつの商品を磨き続け、他社とは品質が異なるホーローを極め、顧客との接点の持ち方を独自に工夫してことが、他社との差別化に成功した要因と言えます。

もしも、今後タカラスタンダードのように差別化戦略を検討するなら、まず現状の市場を調査するマーケティング分析は必須。

マーケティング分析をした上で大切なのは、その分析結果をもとに行うマーケティング戦略の施策と戦術の実行です。しかし、ほとんどのケースで見受けられるのが、

  • そもそも適切な分析ができていない
  • 分析はできたが、それを支える戦略と戦術まで落とし込めていない
  • 分析や戦略までは組み立てたが、戦術と連動していない

という問題の発生が多くあります。そのため、多忙な中、分析や戦略策定をしたのにもかかわらず、成果に繋がらなければ、あなたの貴重な時間もお金も無駄にし、また練り直さなければなりません。時間がさらにかかれば、状況も変わり市場からさらに置いてかれること可能性もあります。

下記の記事では、商品やサービスを認知させるだけでなく「成果」に繋がる差別化戦略の具体的な方法や、その他の企業の事例を紹介しています。今後の差別化戦略策定におけるヒントが詰まっていますので、こちらも合わせてご覧ください。

ページトップへ