メディアレーダーの掲載の流れや料金をリサーチ

メディアレーダーの掲載の流れや料金をリサーチ
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

メディアレーダーへの掲載は費用がかかる?

メディアレーダーキャプチャ画像
引用元:メディアレーダー(https://media-radar.jp/)

広告主や代理店のマーケティング担当者と提携企業をつなぐポータルサイト「メディアレーダー」。自社商品・サービスの顧客や代理店を探すべく、メディアレーダーへの掲載を検討している企業も多いでしょう。

そこでまず気になるのが、メディアレーダーへの掲載料金ではないでしょうか。メディアレーダーでは、無料プランと通常プランの2種類の料金プランが用意されています。

メディアレーダーの料金プラン

無料プランの場合は、登録費や月額費がかかりません。そのため、費用をかけずに利用したい企業におすすめです。

通常プランの場合は、無料プランと同様に、登録費や月額費は無料です。しかし、資料がダウンロードされるたびに2,000円支払う必要があります。

また、5万円、10万円、15万円など月々の上限予算を設定することができます。※同一アカウントによる重複リード情報は課金対象外。

通常プランでは、自社の資料がどんな人にダウンロードされたのかをリアルタイムで把握することが可能。

また、TOPページに自社資料情報を掲載してもえますし、フリーワード検索された際、検索結果の上位に表示されます。さらに、メールマガジンにて資料を紹介してもらえます。

メディアレーダーの特徴

株式会社アイズが運営するメディアレーダーは、掲載者数2,000社を超える媒体資料のポータルサイトです。資料登録数4,695件、会員数は6万人以上を誇ります(※)。

メディアレーダーの会員登録をすると、サイト内に掲載されている広告の媒体資料やマーケティングに関する資料などを無料でダウンロードすることが可能。

検索する際は、

  • カテゴリー:インターネット広告やSNS広告など
  • ターゲット:男性全般やシニア・高齢者など
  • 目的:サイトへの集客やBtoBなど
  • 料金形態:インプレッション課金や月謝課金など

といった項目や、人気資料ランキング、キーワード検索などで資料を探すことができます。

提携会社側は、自由に資料を掲載することができ、資料がダウンロードされたらメールにて知らせてもらえます。

※情報参照元:メディアレーダー公式サイト(https://media-radar.jp/)

なぜメディアレーダーが選ばれるのか?

メディアレーダーでは、気になる資料をまとめてダウンロードすることができません。見込み客の質を高めるために、資料は1つずつダウンロードしてもらう仕組みになっています。

メディアレーダーは「媒体資料」や「BtoB 広告」などの広告関連キーワードで一位(2019年12月時点)、またその他多くのキーワードで上位表示しており、資料を本気で探している人たちに利用されているサイトです。

また、資料をダウンロードする際、担当者はアンケートに答える必要があります。そのため、本当に関心を持ってくれている人たちに資料をダウンロードしてもらえるのです。

メディアレーダーに搭載されているさまざまな機能

メディアレーダーに搭載されている機能をいくつか紹介します。

まず一つ目が「特別割引ピックアップ機能」。こちらの機能を利用することで、初期費用無料、商品券のプレゼント、無料相談サービスなどの特典をつけ、ダウンロード数を促進することができます。

また、「成果報酬型セミナー集客機能」では、提携会社はセミナー情報を登録することで、オンラインセミナーの集客につなげることが可能。

その他、資料をダウンロードした担当者情報を確認し、見込み客情報を一元管理できる「インバウンドCRM」、管理画面上で営業履歴を記入し、チェックすることができる「簡易SFA」といった機能の提供も行っています。

メディアレーダーに掲載するまでの流れ

メディアレーダーへの掲載が気になる方は、まずは公式サイト内にある「メディアレーダーの媒体資料をダウンロード」をクリックし、資料をダウンロードしましょう。

メディアレーダーへの掲載を希望される方は、無料プランからスタートするのがおすすめです。メディアレーダーの会員登録を行う場合は、サイト内の申し込みフォームより問い合わせてください。

自社の強みを的確に伝えられる広告戦略を

メディア―レーダーのようなポータルサイトでは、情報が集まっている分、ユーザー側としてはどこを選んでいいのか迷ってしまう場合があります。

またしっかり自社の強みが表現された広告ができるのか、といった視点でのチェックも必要です。

ポータルサイトでの顧客や代理店募集だけではなく、自社の課題を改めて考えて、他の広告戦略・マーケティング戦略も複合的に展開することも視野に入れてみてください。

競合や市場を分析することで、自社の新たな強みに気づけたり、複数の施策を行うことで認知度向上やリーチできるユーザー層が厚くなるなど、相乗効果が得られる場合もあります。

お問合せはこちら

ページトップへ