マンション売却の反響獲得を妨げる原因とその解決施策

マンション売却の反響獲得を妨げる原因とその解決施策
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

マンションの売却においてオフライン集客用のチラシの他に、オンライン上の広告掲載やメディア運用でも販促効果が高められます。マンション売却について、思うように反響が得られないときは別の方法でアプローチを検討したいところですが、企業側の心がけや工夫が足りていないことが反響不足の原因になる場合も多くあります。

ここでは、マンション売却の反響獲得が低い原因から効果的なマーケティング手法まで詳しく紹介します。

マンション売却の反響が得られない原因

マンション売却の反響が得られない原因
マンション売却の広告に対して、思うように反響が得られないのには必ず原因があります。ここでは、その理由について解説していきます。

どこに売却すべきか顧客が判断できない

マンション売却を考えている方は、必ずいくつかの媒体を経ながら最適な売却先を検討します。身近なところでは折込チラシや街頭の看板・広告のほかに雑誌・情報誌・フリーペーパーの広告も参考になるでしょう。

一方、オンラインのWebサイトやWeb検索の結果からも売却に関する情報をチェックできます。選択肢が多く、どこに売却すべきか判断しづらくなってしまうケースも多いのではないでしょうか。

チラシで興味を持たせても競合他社に流れてしまう

チラシの内容に興味を持ってもらえればファーストインプレッションとしては完璧ですが、いわゆる誇大広告である場合は顧客が離れてしまうため注意が必要です。

広告に偽りがなくても他社のキャンペーンのほうが魅力(お得)と感じられればそれだけで顧客は競合他社に流れてしまうので、他社との差別化や特徴的なポイントを打ち出していく必要があります。

不動産会社の対応が遅い

不動産の購入を希望する顧客には新規物件が出たところで連絡を入れられますが、売却希望顧客については連絡を入れるタイミングが難しく、対応が遅れるケースがみられます。

不動産をすぐに売りたいと考えている顧客はスピーディな対応をとってくれる不動産会社に依頼しますから、迅速な対応を心がけていきましょう。

マンション売却の反響獲得のために実施すべき施策

マンション売却の反響獲得のために実施すべき施策
マンション売却の反響獲得のために実施するべき施策を解説していきます。

自社で売却するメリットのアピール

自社を利用して不動産を売却すると、どのようなメリットが得られるのかをアピールしましょう。高く売却ができる、買取保証がついている、即時買取が可能…などのアピールポイントは、顧客にとっての比較基準になります。

買い手がいることのアピール

「多くの顧客を抱えているためすぐに買い手がつく」「不動産の購入を考えている買い手がいる」といった宣伝は売り手側に安心感を与えます。

スピーディな売却を希望する売り手にとって、買い手がつきやすいかどうかは不動産会社を選ぶ際の重要な判断基準となります。どれほど信頼のできる不動産会社でも買い手がいなければ売却までに時間がかかるので、待たされたくない(すぐに売ってお金に代えたい)顧客に強く訴求できるでしょう。

問い合わせ手段の複数用意

顧客が物件の売却を検討するとき、「話だけでも聞いてみたい」と考えるものです。しかし問い合わせの方法が電話だけであれば、メール相談がしたい人にとっては少し敷居が高くなってしまうでしょう。メール・Webサイト内のフォーム・電話番号(フリーダイヤル)は最低限用意しておきましょう。

チラシとサイトを併用した導線の準備

オフライン集客ツールとしてのチラシ配布はもちろん、Webサイトでも売却用の紹介ページを作り、オン・オフの両方から売却に至れるように導線を確保しておきましょう。

アナログ媒体を中心にチェックする顧客もいれば、Web上から情報を取捨選択して売却先を決定する顧客もいます。その両方にアプローチができれば、集客効果は高まります。

顧客への真摯な対応

顧客から問い合わせがあれば、真摯に対応するようにしましょう。売ろうかどうか迷っている段階の方にぞんざいな対応をしたり、曖昧な対応で返したりしないように心がけてください。

問い合わせ、相談に来てくれる方は見込み客や潜在的な顧客として考え、広告媒体やWebサイトの集客効果を薄めないように注意してください。

反響獲得のために活用したいマーケティング手法

反響獲得のために活用したいマーケティング手法
ここからは反響獲得のために活用したいマーケティング手法を紹介します。

自社サイトの作りこみ

自社サイトは簡易的な構成や堅苦しい感じにならないように、顧客からの見え方を意識したうえで「強み」をアピールします。気軽に問い合わせができるように必要な情報はすべて掲載し、問い合わせフォーム・Q&Aカテゴリを細分化してWebサイトのコンテンツを充実させましょう。

複数パターンのチラシ作成

オフライン用のチラシは、マンション名を記入してわかりやすくしたものや、FAX形式で送付するタイプのチラシなど複数パターンを用意すると便利です。

不動産売却のチラシを必要としている人に一枚でも多く届けるためにはチラシのレイアウトや印刷形式に工夫を盛り込み、顧客の関心を引くことが大切です。

メディアの活用

Webサイトのように、オンライン上で宣伝やPRができる媒体を活用する方法もあります。たとえば「オウンドメディア」は、自社で直接所有・運営するWebサイトのこと。他社にはない魅力や不動産売却の手順など、売り手側にとって知りたい情報を幅広く発信します。

「ポジショニングメディア」はオウンドメディアよりも一歩進んで、自社の顧客をターゲティングしてコンテンツを構成します。ポジショニングメディアでは特に、自社の強みと競合との違いに焦点を当て、差別化ではなく差異化を図ります。ポジショニングメディアを自社の強みと繋がっている検索キーワードをもとに作成すると、売却意欲の高い顧客が集客できます。

ポジショニングメディアについてまとめた資料も別途ご用意しています。ポジショニングメディアに興味を持ち、より詳しく知りたいと思われた方はぜひダウンロードしてご確認ください。

インターネット広告の活用

インターネット広告は不特定多数のユーザーに向けて情報を発信できるツールです。広告の出稿場所はWebサイト・検索サイト・SNS・動画サイトと選択肢が豊富です。自社のターゲットが閲覧する場所や多くの人の目に触れる場所に広告を掲載すれば、口コミ効果や情報の伝達・波及効果が期待できます。

「自社の名前だけでも覚えてほしい」「日本全国から見込み客を集めたい」「将来的に売却を検討している人(潜在的な顧客)と出会いたい」方は、インターネット広告を検討しましょう。

MA・CRMツールの活用

MAツールとは、「マーケティング業務の自動化(Marketing Automation)」を行うツールを指します。売却用のサイトを一定以上の割合で訪れる人がいる場合、ダイレクトメールを自動送信するなどのアプローチに関する機能が搭載されています。

CRMツールとは「顧客関係管理(Customer Relationship Management)」という意味で、顧客の情報・問い合わせ内容・売買履歴を一元管理するツールです。これらのツールを使うと異なる部署のあいだで顧客情報の管理と共有が容易になり、効果的な販売戦略が立てられるようになります。

集客手段を複数用意して効果的にPRしよう

集客手段を複数用意して効果的にPRしよう
マンションの売却において、より多くの反響獲得のためにはチラシ以外の宣伝方法も検討しましょう。オンライン上でのマーケティングを加えるだけでも若年層のユーザーを中心にアプローチできる可能性があり、ユーザー同士の口コミ効果も期待できます。

Webマーケティングをお考えの方は、多数の業種で集客実績をあげてきたキャククル運営元の全研本社にぜひご相談ください。
web集客のご相談はこちら

ページトップへ