【不動産・住宅業界向け】MA(マーケティングオートメーション)ツールまとめ

【不動産・住宅業界向け】MA(マーケティングオートメーション)ツールまとめ
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

マーケティングオートメーション(MA)とは?

マーケティングオートメーションとは、マーケティング活動を自動化することを指します。

ネットワーク環境やAIなどのテクノロジーの進化が著しい現在、マーケティングにもIT技術が活用されるようになってきました。
その結果、見込み顧客とのコミュニケーションや適切な情報発信など、マーケティングの一部が自動化できるようになっています。

マーケティングオートメーションを取り入れることで、業務効率化やコスト削減、適切な人員配置などにも良い影響を及ぼします。

在不動産業界では、都市部の賃料の低下や人口減少により、従来の不動産販売方法では営業活動が上手く回らなくなってきました。そこで今不動産業界でも、マーケティングオートメーションが注目を集めているのです。

不動産・住宅業界でMAツールを使うべき理由

toC向け不動産との親和性が高い

一見不動産・住宅業界とMAツールは親和性が無さそうですが、実はとても相性が良い業界です。

そもそも不動産や住宅は、人生で何度も購入するものではありません。また多くの人が相当な吟味の上で購入するため、即決しにくい商材であるとも言えるでしょう。そのため不動産業界の営業担当者は、顧客のタイミングを的確につかむことが大切になります。そのために役立つのがMAツールなのです。

MAツールによって、双方のストレスを緩和できる

MAツールによって適切な営業タイミングをキャッチアップできることにより、営業担当者、そして顧客の双方がストレスを緩和することができます。

MAツールによって、顧客に応じた最適なタイミングを掴むことができれば、営業担当者は顧客に対して最適なタイミングで必要情報を共有することができます。また、顧客は必要なタイミングで専門的な知識を有する営業担当者が連絡をしてくれるため、不快な思いをすることなく連絡に応じることができるでしょう。

互いに最も良いタイミングで情報交換や共有ができれば、必然的に購入までの期間を短くすることが可能です。

toB向けの商業施設やビルのような商材は、タイミングはもちろん大事ではあるものの、それ以上に市況感や周辺の開発状況に左右される点が大きいと言えます。そのため、toC向けの物件の方がMAツールとは相性が良いのです。

不動産・住宅業界向けのマーケティングオートメーション(MA)ツール

では、実際にどのようなMAツールが不動産業界では活用しやすいのでしょうか。細かく見ていきましょう。

KAIROS3

Kairos3キャプチャ画像
引用元:Kairos3公式サイト(https://www.kairosmarketing.net/marketing-automation)

カイロスマーケティング社が提供するKairos3は、費用を抑えてマーケティングオートメーションツールを導入したいと考える担当者にぴったりのツールです。直感的なUIで操作できる仕様になっているため、簡単に操作することが可能です。

初期費用は10,000円、月額は5,000円~と破格の価格設定で、他のマーケティングオートメーションツールとは比較にならないほど安価で導入できます。

サポート体制もしっかりとしていることから、「まずマーケティングオートメーションツールを使ってみたい」と考える担当者は一度Kairos3を試してみると良いかもしれません。

KASIKA

KASIKAキャプチャ画像
引用元:KASIKA公式サイト(https://cocolive.co.jp/)

工務店、売買・仲介事業者など、不動産に関連する幅広い業種の方が利用できるマーケティングオートメーションツールです。主要ハウスメーカーをはじめ、多くの不動産事業者で導入されていることから、使い勝手の良さを伺うことができます。

住宅やマンション購入を検討している顧客の嗜好性を分析し、アプローチに最適なタイミングをKASIKAがお知らせしてくれます。営業担当者はKASIKAのデータベースを元にした情報に即して営業活動を実施することができるため、無駄な手間を取らせません。

初期費用50,000円~、月額費用も50,000円~という費用設定になっており、利用時には個社ごとの見積もりが作成されます。まずは一度問い合わせてみると良いでしょう。

Customer now!

Customernow!キャプチャ画像
引用元:Customer now!公式サイト(https://www.customer-now.jp/)

不動産業界に特化したマーケティングオートメーションツールです。テクノロジー活用が遅れているとされている、不動産業界関係者が利用しやすいよう、シンプルなUIで設計されているのが特徴です。Webが苦手な担当者も、安心して活用することが可能です。

営業プロセスを自動化しながら、ホットリードを確認していくことが可能なため、営業担当者は最小限の手間で営業活動を実践できます。

費用は問い合わせの上、まずは確認してみましょう。

SATORI

SATORIキャプチャ画像
引用元:SATORI公式サイト(https://satori.marketing/solutions/)

マーケティングオートメーションツールの中でも、アンノウンマーケティングと呼ばれる見込み顧客に特化したツールです。匿名段階の見込み顧客に対するマーケティングに効果を発揮します。

資料請求などのアクションを起こしたユーザーに対して、特定のセグメント分けを行ったという認識の元、リターゲティング広告の配信などが可能です。マーケティングの中でも実装しやすい機能が多数搭載されているため、施策管理はもちろん、有効な施策を見つけるためにも最適なマーケティングオートメーションツールと言えるでしょう。

匿名リードから実名リードへの切り替えを得意としているため、見込み顧客の段階から顧客情報を獲得し、育てていくためには相性抜群のマーケティングオートメーションツールといえます。

SUMUS(スムーズ)

SUMUSキャプチャ画像
引用元:SUMUS公式サイト(https://sumus-inc.co.jp/platform/index.html)

顧客フェーズを細かく分け、スコアリングを徹底的に行った営業活動を行いたい事業者にオススメなのがスムーズです。不動産業界向けに特化したマーケティングオートメーションツールで、適切なタイミングで顧客へアプローチを行うことが可能です。

不動産向けに特化しているため、不動産独自の新規顧客獲得システムにも効果的に作用します。例えばモデルハウス来訪やイベントへ参加した顧客情報を一元管理することで、顧客一人ひとりに最適なマーケティング活動を行うことが可能です。

メールマーケティングやキャンペーン管理もスムーズ内で対応できるため、フェーズに合わせた最適な顧客フォローを実現できます。

Pardot

Pardotキャプチャ画像
引用元:Pardot公式サイト(https://www.salesforce.com/jp/products/pardot/overview/)

Salesforce社が運営する、代表的なマーケティングオートメーションツールです。Salesforceとの親和性が高く、既に導入している企業ではPardotの活用が容易です。

タイミングキャッチを行うために必要な機能が網羅的に搭載されており、Webトラッキングやランディングページ制作、メールシナリオ設定などを行うことが可能です。トラッキング機能とスコアリング機能を駆使することでホットリードを発掘できるため、手間なく今アプローチするべき顧客を見つけることが可能です。

マーケティング活動を通じて獲得したリードの受注までのリードタイムや受注率などのスコアから、真に効果的な施策を導くことも可能です。現在ホットリートまでは呼べないリードを、どのような施策を持ってナーチャリングしていくかといった観点でも、非常に使いやすいマーケティングオートメーションツールと言えるでしょう。

最も支持されるプランは月額480,000円のプランで、本格的にマーケティング活動を行う企業には最適なマーケティングオートメーションツールと言えるでしょう。

プロポクラウド

プロポクラウドキャプチャ画像
引用元:プロポクラウド公式サイト(https://service.propo.co.jp/)
不動産仲介に特化したマーケティングオートメーションツールです。

不動産業界の場合、扱う物件によって対象となる顧客が大きく変わってきます。ターゲットに即したマーケティングオートメーションを実現するために、売却なのか、購入なのか、もしくはどちらもターゲットとするのかによって利用料金が変わってきます。

最も費用を抑えたプランは売却、購入いずれかの単体プランで、料金は50,000円~、売却・購入どちらも対応できるプランは67,500円~となっています。

最適なタイミングで顧客へ物件情報、もしくは売却情報を提供することができるため、効果的な営業活動を行うことができるでしょう。

マーケティングオートメーションの関連記事

不動産・住宅業界の
様々な集客方法はこちらでチェック

ページトップへ