眼科の集客・売上アップのポイント


開業医の多い眼科は、内科医や外科医と比べ収入が多いといわれています。その一方で、集客をして新規顧客が常に来なければ、経営が成り立たない世界でもあります。

新規開業の場合、潜在顧客の多い立地にこだわることが第一。とりわけ、中高年層の多い地域を選ぶとよいでしょう。

なぜなら、眼鏡処方や結膜炎といった利益が少ない医療の多いとされる若年層をターゲットにするより、さまざまな目的で来院される中高年層をターゲットにするほうが効果的な売上につながるからです。

また集客力をアップさせるには、ホームページやブログなどで、対応できることや設備、実績などを紹介するのはもちろん、院長やスタッフの接客等に関する口コミ(お客様の声)などを発信することが大切です。

潜在顧客はホームページなどから情報を収集し、自分に適した眼科を探しています。自らの眼科が選ばれるためには、利用者の求める情報を数多く発信しなければいけません。

たくさんの情報を発信することができれば、潜在顧客からの信頼度が高まり、集客アップにもつながっていくことでしょう。

眼科市場を踏まえる

税理士は儲かる?儲からない?
眼科市場は高齢化の波があり、急成長を迎えています。年を重ねることで迎える「黄斑変性症」が急増することが見受けられ、2023年には2016年の1.5倍以上の1000億円規模の市場になると、言われています。
高齢になると「老眼」「白内障」「緑内障」「眼底の変化」「視力の低下」も発生するため、早めに自院が切り込むべきジャンルを選定しながらエリアマーケティング戦略を策定していく必要があります。

眼科の集客をアップさせるには

集客・売上アップ

インターネットに注力する

これからの時代、集客や売上アップにつなげるためには、インターネットで情報を発信していくことが重要です。

眼科は、歯医者や美容整形などと比べて、ネット集客しているところはまだまだ少なく、さらに一度ホームページを作っても、うまく集客や売上につながるような活用ができていないところも多くみられます。

コツとしては、処方できるメニューや院長・スタッフの紹介、内装や設備など写真の掲載、口コミなどの情報を発信していくこと。インターネット上で行うことで、コストパフォーマンスの高い集客を実現できます。

人員ホームページ作成会社とのやり取り1名
メリット
  • インターネットを活用することで、効率よく集客ができる
デメリット
  • ホームページの作成を依頼する際にコストがかかる

情報サイト戦略の導入

マーケティングポイント
情報サイトとは、地域に根差した眼科をまとめたサイトを作り、患者のニーズに合わせて眼科を紹介していく仕組みです。
「○○エリアでレーシックやICL対応」「緑内障治療に対応している」眼科の紹介といった施術ベースでの区分け紹介や、患者の持つニーズである、

  • 眼科クリニックの特徴
  • 治療料金
  • 対応範囲
  • アクセス・診療日

といったものを網羅していき、自院に合った訴求を行うことで、自院に合った患者だけを集客することが可能です。
そのエリアでこの症状であれば、この眼科に行くべきだと啓蒙をすることで、エリア内でのブランディングから実際の施術に繋げることができる為、売上向上を狙うことができます。

お問い合わせ先安定的な集客を実現されることに興味を持たれましたら、全研本社マーケティングチームにご連絡をお願いいたします。全国どこでも対応。インターネットでのお問い合わせ、もしくはお電話で承ります。

全研本社 マーケティングチームへのご相談はこちら

眼科の売上アップを実現するには

プライバシーを意識した診療室に

眼科のなかには、待合室と診療室の仕切りが薄く患者や医師の声が待合室まで聞こえるような、プライバシーが筒抜けになっているところも少なくありません。

例えば、暗幕だけでなく個室にするなど、顧客のプライバシーに配慮した診療室に変えるだけで評判はアップします。

人員工事会社とのやり取り1名
メリット
  • 顧客が安心して利用できる
  • リピーターにつなげやすい
デメリット
  • 個室にするための改装費が必要

保険外診療(自由診療)の導入

売上アップのためには、白内障手術やレーシックといった保険外診療に注力することが必要でしょう。

対応できるメニューを増やし、客単価をアップさせることで、より安定した経営につながります。

推奨したいのが、目によいとされる最新の機器やサービスを取り入れることです。他の眼科にはないような差別化ができれば、集客・売上アップが大きく期待できます。

人員1名
メリット
  • 客単価をあげることができる
デメリット
  • 最新機器の導入コスト

眼科の集客方法・売上アップ方法まとめ

エリアマーケティング・ブランディング
眼科市場はこれからさらに勢いを増していくでしょう。メガネ業界、目薬、目に関するサプリメント業界等、業界は違ってもこの波に乗ろうとする企業・クリニックは大勢います。
つまり、これからは激化が想定される競争に対して、あらかじめ競争に入りづらい競争障壁を築くようなマーケティング戦略を仕込んでおくことが大切です。
全研本社では6000サイト以上の情報サイトの制作運用をしており、医療広告ガイドラインを始めとしたリーガルガイドラインを独自に設け、安心して広告戦略が出来る仕組みを整えております。
集患力を今のうちに高めておきたい、これから手術ジャンルへ切り込むので、競合他院と差別化出来るWebマーケティング戦略を模索している様でしたら、一度弊社のコンサルタントへご連絡頂ければ幸いです。

お問い合わせ先安定的な集客を実現されることに興味を持たれましたら、全研本社マーケティングチームにご連絡をお願いいたします。全国どこでも対応。インターネットでのお問い合わせ、もしくはお電話で承ります。

全研本社 マーケティングチームへのご相談はこちら