ポータルサイト制作の前に知る!地域やジャンルに合わせたサイトで集客を実現

ポータルサイト制作の前に知る!地域やジャンルに合わせたサイトで集客を実現
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

ポータルサイトを制作したいけれども、売上に繋がるポータルサイトをちゃんと作りたい。そんなあなたの為にポータルサイトの情報をまとめました。

ポータルサイトとは

医療広告ガイドライン
ポータルサイトということばを聞いたことある方でも、意味までは知らないという方は実は多くいるのではないでしょうか。

一般的なポータルサイトを簡単に説明すると「インターネットにアクセスする際の入り口となるWebサイトのこと」です。
集客などの目的で作られることが多く、設置されているコンテンツのリンクをクリックすることで目的のWebページへ移動できます。
総合型ポータルサイトの代表的なものにはYahoo!Japanなどがあります。
検索サービスに加え、ニュースや天気予報、経路検索、オンラインショッピングなど様々なコンテンツが1画面にまとまっているのが特徴です。

総合型ポータルサイトは構築や運営にかなりの費用がかかる上、今から新規で構築しても既存のポータルサイトに対抗していくのはかなり難しいでしょう。
近頃では専門分野に特化したポータルサイトが多く登場しています。
その中から2つご紹介をします。

地域ポータルサイト

地域ポータルサイトとは、特定の地域をターゲットとしたWebサイトです。
住みやすい地域を目指して、そこに住む人に向けて情報発信したり、交流を促したりします。
または、観光客に向けて観光情報やイベント情報を発信することで観光地として盛り上げていくことを目的とするサイトもあります。

ジャンル別ポータルサイト

例えば病院、美容院などのジャンルに特化した専門情報を集めたポータルサイトです。
ひとつに決められたテーマに沿ったサービスを提供してくれます。
目的が明確であれば、必要な情報が集まりやすく非常に役に立つサイトになります。
SEOにも強く、アクセス数が集まりやすいという特徴があります。

ポータルサイトのメリット・デメリット

ポータルサイトを制作して集客するメリットとデメリットについてまとめました。

メリット

  • 新規顧客の獲得に繋がる
  • 自社への信頼獲得になる

デメリット

  • ポータルサイトの掲載を止めたら集客ができなくなる
  • 自社運営の場合、SEOの順位が落ちないようメンテナンスを行なう必要がある
  • リンク切れを定期的にチェックする必要がある

集客に結びつくポータルサイト制作とは


それでは、集客に結びつき成功するポータルサイトを制作するためにはどんなことに気をつければよいでしょうか。

SEO対策を行なう

SEOとは日本語で言うと「検索エンジン最適化」のこと。
検索エンジンでキーワードを入力して検索したときに、自分たちが運営するWebサイトを上位に表示させるための取り組みを指します。
ポータルサイトにおいても、集客率を上げるためにはSEO対策をとることが不可欠です。

近頃のSEO対策では、コンテンツの質を最重視するようになりました。
テーマの情報に関連性が高いコンテンツ、テーマについて深堀りされているコンテンツが高い評価を得やすい傾向にあります。
つまり、そのジャンルにおいて専門家的な立ち位置のサイトであるかをGoogleが重要視しているというもの。

また、ポータルサイトは、一般的なサイトと比べるとSEO対策がしやすいと言われています。
ではどのような対策方法があるのか、ひとつずつ見ていきましょう。

目的にたどりつきやすいサイト構造にする

評価されやすいサイト構造とは、ユーザーが目的の情報にたどりやすいサイトになっているかということ。
関連性の高いページ同士を内部リンクで繋げたり、タグを付けて分類することで、ページ数が多くてもすぐに目的までたどり着ける構造になります。
ユーザーは他のサイトに移動することなく得たかった情報を得られることができて、サイトの評価も上がります。

情報量を増やす

情報量を増やすことによってユーザーにとって使いやすいサイトになり、サイトの評価が上がります。
ポータルサイトではたくさんの企業や店舗を取り扱うことで、必然的にメインコンテンツの量は増えます。
そして、それぞれの企業について口コミや特徴、基本情報などの詳細な情報を掲載することで情報量を増やすことが可能。
但し、ユーザーのニーズに適ったコンテンツでなければ離脱を招く恐れがある為、しっかりと吟味をした上でコンテンツを制作していきましょう。

キーワードを多く含ませる

SEO対策を考え、ポータルサイトを利用する人の多くが検索しそうなキーワードを含んだ良質なコンテンツを、戦略的に用意することが成功のカギとなります。
例えば美容院のポータルサイトならば、「美容院+パーマ」「美容院+カット」「美容院+格安」など美容院に関連したキーワードを含むコンテンツを配置すること。
ポータルサイトでは自社ホームページに比べるとキーワードを多く含ませることができ、検索の上位表示を狙いやすいと言えるでしょう
但し、不要なほどキーワードを含ませるとスパム扱いにされ、著しくサイト評価を下げる=検索順位の下落を招くことに繋がります。
正しいページ構造を構成しながら、対策したいキーワードを含ませることが大切です。

バリュープロポジションに沿った市場設定


バリュープロポジションとは、自社の製品やサービスを通じて提供する価値のこと。
バリュープロポジションは市場に置ける自社の価値と、お客様が感じる価値を掛け合わせて作ります。

企業側が「いいだろう」「便利だろう」と思っているサービスや機能でも、お客様は「使いづらい」と思っているかもしれません。
つまり、お客様のニーズに合わなければ意味がないのです。
自社のバリュープロポジションは何でしょうか。
バリュープロポジションに沿った市場設定を行なうことが大切なのです。

競合他社との差別化

バリュープロポジションを設定するためには、競合他社がマネできない自社の価値を生み出すことが大切です。
つまり他社と差別化することで、お客様に自社の商品・サービスを選んでもらえるようになるのです。
お客様にとって価値がないと意味がありません。

  • お客様が望む価値
  • 自社が提供できる価値
  • 競合他社には提供できない価値

であること。
これら3点が重なる部分が、バリュープロポジションと言えます。
バリュープロポジションが明確になっていれば対象ユーザーや訴求ポイントが明確に絞れるので、バリュープロポジションに沿った市場設定をすることも難しくないでしょう。

確実に集客成果を出すなら地域と自社ジャンルに特化したポータルサイト制作


いくらポータルサイト制作をしても、成果が出なくては意味がありません。
誰にも見てもらえないポータルサイトでは集客には繋がりませんね。

そのためには、地域やターゲットを絞り込んだキーワードを設定する必要があります。
検索しやすいビッグワードだけでSEO対策を行なっても、上位表示を獲得することは難しいと言えるでしょう。
ライバルが多ければ多いほど、上位表示される難易度はあがるのです。また、ターゲットとなる市場範囲が広ければ広いほど、カバーすべき情報量が多くなり、制作や運用の手間暇がその分かかります。

確実に集客成果を出すためには、

  • 自社に合った商圏を絞る
  • 自社に合ったジャンルを選定する

といったポータルサイトを制作することが必要です。
特に商圏を絞る=その地域の専門サイトとして扱われるわけなので、「地名×ジャンル」検索をされた際に上位表示しやすくなるだけでなく、その地域内でジャンル単ワードでも検索をされたときにも上位表示をされるという
Googleのアルゴリズムにも沿った施策となります。
このように、地域と自社ジャンルに特化したポータルサイトを制作することで、売上に結びつく集客が叶うのです。

全研本社が提供する地域×ジャンル特化型ポータルサイト「ポジショニングメディア」

ポジショニングメディアと言っても聞き慣れない方もいることでしょう。ポジショニングメディアとは、簡単に言うとまとめサイトです。ポジショニングメディアは、

  1. 自社商圏内にいるユーザーへのアプローチ
  2. バリュープロポジションに沿った自社の強みの訴求
  3. Webサイトではアプローチができないさらなる検索市場への対策

が可能となっています。

例えば矯正歯科医院のポジショニングメディアの場合だと、その地域にいる矯正歯科医院をまとめて、整理、ユーザーに便利な情報を提供する形にします。

  • 治療方法
  • 医院の口コミ
  • 設備のレベル
  • 医師紹介
  • 料金詳細
  • キッズスペースの有無
  • 個室の有無

その上で他院には提供できないアピールポイントを抽出、その自院の魅力を感じたユーザーをしっかり集客できることから
売上に繋がりやすい集客施策となります。

ポータルサイト制作まとめ


ここまでの内容をおさらいしましょう。

  • ポータルサイトとはインターネットにアクセスする際の入り口となるWebサイトのこと
  • 専門分野に特化した「地域ポータルサイト」「ジャンル別ポータルサイト」がある
  • ポータルサイトのメリットは新規顧客の獲得ができること
  • ポータルサイト制作ではSEO対策を行なうことが必要不可欠
  • 成功するポータルサイト制作においてはバリュープロポジションに沿った市場設定を行なう必要がある
  • 集客効果があるのは、地域と自社ジャンルに特化したポータルサイト
  • ポジショニングメディアは、ジャンル特化型のポータルサイト
  • 競合他社との差別化を行なって自社の魅力をアピールできるのがポジショニングメディア

ポータルサイトで売上を上げるためには、自社商圏と競合と被る商圏を分析し、さらにターゲットユーザーも選定しながら最適な広告戦略・手法を選定していくことが非常に重要です。

全研本社では、バリュープロポジションに則したコンテンツマーケティング・Webのあらゆるメディアを7000件以上作ってきました。
クライアントの製品やサービスの商品価値・市場価値を探究してそのUSP(独自の強み)を抽出。その価値に対してどんなユーザーが、どんな状況において魅力を感じるかを徹底的に分析します。そして、購入検討ユーザーが「自分にとってこの製品・サービスを選ぶのがもっとも最適」と判断したくなるようなコンテンツ内容によって高い販促効果を実現してきました。

ただやみくもに集客やアクセスを集めたいためにポータルサイト制作を検討している方、自社の強みを俯瞰的に知った上で制作したいのでマーケティング専門家目線の提案が欲しいという方は是非ご相談下さい。

お問い合わせ先安定的な集客を実現されることに興味を持たれましたら、全研本社マーケティングチームにご連絡をお願いいたします。全国どこでも対応。インターネットでのお問い合わせ、もしくはお電話で承ります。

集客コンサルタントに無料相談する

ページトップへ