樹脂・フィルム加工機の集客に使える広告・マーケティング戦略を調査

樹脂・フィルム加工機の集客に使える広告・マーケティング戦略を調査
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

ここでは、樹脂・フィルム加工機分野の集客に役立つ広告戦略やマーケティングの考え方を紹介しています。

樹脂・フィルム加工機の広告・マーケティング方法

イメージ画像

自動車やエネルギーなどの成長分野でもコモディティー化がすすみ、急速な価格低下が著しい樹脂・フィルム加工産業。
高付加価値品の拡販によって、光学用途、電子部品関連のポリエステルフィルムは好調だったものの、新型コロナウイルス感染拡大の影響によって自動車関連用途を中心に需要が減少してしまいました。
コロナ禍から脱却していち早く経営を持ち直すには、どのような戦略が求められるのでしょうか。以下で解説いたします。

自社の強みが伝わるホームページづくり

会社ホームページは、事業内容や会社概要を紹介するだけのツールではありません。独自性があり、競合と上手く差別化できていると、集客の役割も果たしてくれます。
ホームページではユーザーに対し、他社との差別化ポイントや独自の価値を伝えられているかが重要です。
自社のビジョンや企業理念を紹介しながら強みや魅力を伝える、技術的な文書やデータなどを図式化して見やすく工夫するなど、ユーザーに分かりやすいデザインやつくりになっているかを確認してください。動画コンテンツを使って分かりやすく伝えるのも良いでしょう。

ユーザーの利益を意識したコンテンツSEO

ユーザーを効率的にサイトへ誘導する検索エンジン対策SEOは、今や多くの方が一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。SEO対策ができていると、自社ホームページ自社コンテンツが検索画面の上位部分に表示されるようになります。
上位表示されたサイトほどユーザーの訪問率が高く、集客に非常に有利です。

しかし、最近は検索エンジンのアルゴリズムの進化によって、ちょっとしたテクニックだけでは上位に表示されなくなりました。検索順位を判断するロボットが、「このサイトは独自性があり、ユーザーに有益な情報を提供しているか」というサイトの品質を重視できるようになったからです。

自社サイトを訪れるユーザーがどんな情報を求めているかのニーズを見据え、満足度の高いコンテンツに仕上げられるかが重要です。

ポジショニングメディア

ポジショニングメディア事例ポジショニングメディア事例 詳細はお問い合わせください

自社の強みと親和性の高いユーザーを、効率的に集客できる施策のひとつに「ポジショニングメディア」があります。
競合他社と比較検討しているユーザーに対して独自の強みや価値を伝えることで、市場内での認知度を上げながら、自社に魅力を感じたユーザーを集客できる仕組みです。

一方で、自社商材と親和性の低いユーザーは集まらないためミスマッチ防止にもなります。

成約の確度が高いユーザーを効率よく集客ができる点が魅力です。ポジショニングメディアの詳細は以下よりご確認いただけます。
ポジショニングメディア
について詳しく

樹脂・フィルム加工機の広告・マーケティングに役立つフレームワーク

国内外を問わず、ビジネスを展開する市場すべてにおいて、自社そのものや販売する製品・サービスが「どの市場にいるか」「どの立ち位置にあるか」を知ることは重要です。
戦略を練る前に「市場」と「競合」を知り、自社の立ち位置はどこかを確認していきましょう。

STP分析:市場の細分化と選定・立ち位置の把握

STP分析とは、アメリカの経済学者フィリップ・コトラー氏が提唱したフレームワーク。
「市場の細分化」「市場の選定」「自社の立ち位置」を明確にすることで、自社にマッチする市場はどこかを導いていく手法です。
樹脂・フィルム加工機を扱うようなBtoB事業におけるSTP分析では、以下のように考えていきます。

  • 「S」セグメンテーション(Segmentation)…事業内容や従業員数、社風、決裁権限など、企業のスペックに焦点を当てて市場を細分化していきます。
  • 「T」ターゲティング(Targeting)…市場を選別し、ターゲットとなる企業(顧客)を選別します。
  • 「P」ポジショニング(Positioning)…自社のポジションを確立させるために競合他社(ライバル)をリストアップ、その市場における自社の立ち位置を明確にします。

樹脂・フィルム加工機事業であれば、どんな商材や技術を使った製品市場かを選び、さらに自社の得意分野や技術力を活かせる市場タイプはどこか、ニーズのある市場はどこかを細かく絞り込んでいきましょう。
そして自社と競合他社とのちがいは何か、自社に提供できる強み、つまり「自社の価値」は何かを明確にしていきます。

バリュープロポジション:自社の強みを明確にする

バリュープロポジションを日本語に訳すと「提案できる価値」という意味合いです。この価値こそが、顧客が製品・サービスを購入する理由となります。市場内での自社のポジション(立ち位置)を明確にしていきましょう。
ここで大切なのが、競合にはない、自社唯一の価値は何かを探ることです。企業目線ではなく、顧客の目線から自社の強みを見つめ直す必要があります。
考えられる顧客や市場ニーズから、自社の製品・サービスで提供できる唯一の価値を洗い出してください。

マーケティング・営業戦略でお困りなら

イメージ画像

樹脂・フィルム加工機業界における世界動向が大きく変化する今だからこそ、新たな需要を生み出していく戦略が大切です。
市場拡大のチャンスを逃さないためにも、積極的に効率的なマーケティング施策を講じていきましょう。

キャククルを運営する全研本社では、クライアント独自の強みを軸としたマーケティング戦略をご提案しています。これまで120業種以上の集客をお手伝いしてまいりました。
樹脂・フィルム加工機の集客や営業効率を改善したい、広告・マーケティング戦略に課題があるなど、お困りの企業様はぜひ一度ご相談ください。

貴社市場を詳細に分析し、最適な集客施策をご提案させていただきます。

Web集客のご相談はこちら

ページトップへ