皮膚科のWeb集客はローカルSEOを意識

遠方からも患者さんがくるような高度で専門特化的な治療を提供している、そんな医療機関ではない限り、皮膚科のクリニックも地域密着型のビジネスだと考えるべきです。そのため、皮膚科は地域からの集客、つまりエリアマーケティングを考えなければなりません。

皮膚科にかかりたいと考えた場合、もちろん実際の診療内容や評判ありきで決める人もいますが、多くの人はまず近くの皮膚科を探し、それから診療時間や口コミ評判などを調べるものです。つまり、エリアに特化したWeb集客戦略が非常に重要だということです。

そこで重要なのが「ローカルSEO」です。

例えばネットで行きたいお店などを検索したいとなると、「地域名+お店の種類」といったキーワード検索をする場合が多いでしょう。

そうすると、検索結果の上位に地図や周辺情報が表示されますね。その部分が「ローカル(地域)検索結果」にあたり、そこに表示されるためのホームページ最適化のことを「ローカルSEO」といいます。皮膚科でWeb集客を考える場合、このローカルSEOを意識することが重要です。

SEOとは

そもそもSEOとは「Search Engine Optimization」の略で、ホームページが検索結果の上位に表示されるようにさまざまな対策を打つことです。代表的なものはキーワード対策でしょうか。

ユーザーが検索の際に使用すると思われるキーワードを想定してホームページを整備することは、SEO対策の基本中の基本。こういった部分はすでに対策をされているクリニックも多いでしょう。

ローカルSEOとは

そのようなSEO対策の中で、エリアを念頭に置いて検索エンジンの結果やマップ検索結果の上位に表示されるように最適化を行なうことを「ローカルSEO」といいます。特に「地域+業種」といった検索をされる場合、ローカルSEO対策は非常に有効です。
エリア集客を意識しなければならない業種にとって、有効なローカルSEO対策を打つことで検索結果の上位に表示されれば高い集客力につながります。

なぜ皮膚科のクリニックにローカルSEOが有効なのか

患者さんが皮膚科にかかりたいと考えた場合、普通は近くにある皮膚科の中から選ぼうとするでしょう。

実際に皮膚科に関する検索キーワードを見てみますと、「皮膚科+地域名」や「皮膚科+近く」のように、自宅や現在地から通いやすい皮膚科を探していることがわかります。皮膚科にとってローカルSEOが有効な理由がここにあります。

まずは地域名に関する検索キーワードの対策を打つことが重要です。

ローカルSEOの第一歩はGoogleマイビジネスへの登録

ローカルSEOの重要性はご理解いただけたと思います。ではどうやって?という話になりますが、その入り口はそれほど難しいものではありません。
まずはローカルSEOの第一歩として、Googleマイビジネスに登録しましょう。

Googleマイビジネスとは

Googleで会社やお店の名前を検索すると、検索結果画面の右側に会社やお店の基本情報や地図、写真などが表示されますね。その情報を管理することができるのがGoogleマイビジネスです。

このサービスを利用すればGoogleの検索結果に最新の情報を掲載できますし、なんといっても無料です。まだ利用していない皮膚科のクリニックは是非とも登録しましょう。

登録方法も簡単です。Googleアカウントを取得してGoogleマイビジネスのトップページにアクセスし、案内に沿って必要項目を入力して電話や郵送で確認コードを受け取ればOK。認証が完了すれば検索結果に表示される情報を編集できるようになります。

Googleマップでの検索対策になる

検索された場合に、Googleマップのような地図アプリ上で上位に表示されるように対策を打つことをMEO(Map Engine Optimization)といいます。

皮膚科を探しているユーザーなら、検索すれば近くの皮膚科をすぐに見つけることができます。さらに詳しく知りたいのであれば、マップ上のリンクからホームページに移動することもできますし、次項でお話しするように患者さんの口コミ評判もチェックできるので、自分に合った皮膚科を探している人の多くが利用しています。

このように、Googleマイビジネスに登録すること自体もMEO対策になります。しかし、上位表示されるようになるためにはGoogleマイビジネスの情報も充実させなければなりません。

Googleの口コミにはしっかりと対応

今の世の中、ネット上にはありとあらゆる業界の口コミ情報があふれています。医療業界も例外ではなく、特にGoogleのような膨大な利用者数を誇るサービスの口コミの影響は計り知れません。なので、口コミにはしっかり対応する必要があります。

口コミは集客を大きく左右します。皮膚科においては、普段の診療や患者さんへの接し方など、良い口コミを得るために努力することも集患のポイントです。

Googleマイビジネスに登録した場合は、一般ユーザーからの口コミが投稿されることになりますが、良い口コミでも悪い口コミでも誠実な返信を行なうようにしたいものです。きちんと返信をすることで、ユーザーは口コミに対して真摯に向き合っている皮膚科だという印象を持ってくれます。

エリアを意識したWeb集客なら比較情報サイトも検討

エリア内での集客、つまりエリアマーケティングの観点を大切にすべき皮膚科では、比較情報サイトの利用も検討してはいかがでしょうか。

例えば歯科なら「○○駅周辺の夜間診療が可能な歯科ランキング」のように、一定のエリアで複数の企業を比較して検討することができる、これが比較情報サイトです。
ローカルSEO対策にもなりますし、それによって集客率を高めることも期待できるという相乗効果が比較情報サイトのメリットです。サイトには「皮膚科+地域名」というキーワードでのSEO対策がなされていますので、多くのユーザーがアクセスしてくれることも強みです。

皮膚科の比較情報サイトだとすると、エリア内で競合する皮膚科との比較コンテンツを作成することになりますので、エリア内での自院の特長や優位性をユーザーに伝えることができ、同時に競合先との差別化を図ることができます。

比較情報サイトはプロに相談

エリアマーケティングに基づく集患戦略として比較情報サイトは非常に有効ですが、実際の運営ノウハウは一朝一夕には確立できません。
比較情報サイトを利用したWeb集患には、SEOやMEO、マーケティングなどの複合的な知識が欠かせません。Webによる本格的な集患を検討するためには、まずはサイト運営会社など、経験と実績が豊富なプロに相談することをおすすめします。

皮膚科の集客(集患)アップ・売上アップの戦略を詳しく知りたい方はこちら!