お問合せはこちら

集客の前にハウスクリーニング市場状況を振り返る


ここ数年前から急成長を遂げていると言われているハウスクリーニング業界では、現在事業所数が8,000店以上にもなっています。2020年には1800億円超えの大規模市場になるといった予想もされているほどです。

市場が拡大されているということは競争も激しくなってきているということ。サービスや田泓が悪い店などはすぐに淘汰されてしまいますから、いかに顧客の求めるものを提供できるかが争点となっています。
また、今後激しくなると予想される競争において、スタート時のポジションは良い場所を取っておきたいもの。今のうちに自社の競争優位性を作っておくことで、競合会社が増えても淘汰されにくくなります。

数多くの会社から優位な立場に立つには、差別化が必須。自社の強みを生かし、他社には負けない何かを作るのが優位性を保つうえで必要といえます。

集客の前にハウスクリーニング利用者層を振り返る

ハウスクリーニングの集客
ハウスクリーニング業が賑わいを見せているのは、ニュースでも盛んに耳にする超高齢化社会への流れや、女性の社会進出による影響によるもの。
夫婦二人暮らしが多い老後では、体力的にもなかなか思うように掃除ができなくなります。それが専門業者へ依頼することに。また、共働き世代が増加していることからも、掃除まで手が回らなくなり、業者にお願いするケースが増加しているのですね。
さらに、時間をお金で買うといった価値観も定着してきており、時間短縮のために外部サービスを利用するのに抵抗を感じなくなってきているのも関係しているようです。

近年では、ハウスクリーニングサービスがメディアなどでしばし取り上げられていることからも、上記のような理由がなくても「試してみたい」と思う人からの依頼も増えてきているようです。そこには、個人ではできないプロの技術を見てみたいという心理が働いているようです。

ハウスクリーニングを依頼したいと思った理由としては、「掃除の手間が省ける」「仕上がりがきれい」「汚い場所の掃除をしなくてすむから」「掃除によるストレスを軽減したい」といった理由からのよう(「市場調査メディア・ホノテ」より)。

依頼した事がある方へ、ハウスクリーニング会社を選ぶ基準を聞いたアンケートでは、料金と口コミ、実績から決めている人が大多数。また、テレビコマーシャルなどでの知名度で選ぶ人もいるようです。知らない人を家に上げるのですから、信頼できるところに頼みたいという心理がうかがえます。

ハウスクリーニング集客成功のカギは自社の強みを知ること


近年のハウスクリーニング業者の増加から予想される厳しい競争。生き残るには、早い段階で優位な位置にいたいものです。そのためには、顧客のニーズに近づくのはもちろん、他社との差別化が必須となります。

今は選択肢過剰の時代

SNSなどのソーシャルネットワークサービスの発達により、顧客はより自分のニーズに合った製品を選ぶことが容易になりました。ただ、大量の情報の中から必要な情報を選ぶのは容易ではなく、それゆえに「選択肢過剰の時代」にもなってしまっています。

選択がありすぎて選べない状態は、何も選ばない事にもなります。そうした迷子になってしまった顧客に、自社の強みや他社にはないオリジナルの魅力を伝えられればしめたもの。
そのためには、まずはターゲット(顧客)についても考えなくてはいけません。

他社との差別化とは?

他社との差別化できるポイントをみつけるには、まずは「誰の」「何を」「どうのように」に当てはめて考えてみます。
想定しているユーザーについて明確にすることができれば、情報発信やプロモーションなどの方向性が決めやすくなります。そして、取り扱っているサービスがどのような問題を解決するのか、役立つのかなどを訴求することで、同じようなサービスを展開している会社と差をつけられます。

一番わかっているのはお客様

他社に負けない強みを一番よくわかっているのは、実は社長や社員ではなくお客様だったりします。お客さんの声を直接に聞くのも有効です。
なぜなら、何かしらの理由があって選んでくれているから。選んでくれたその理由こそが自社の強みになります。内部で悩むよりも、選んでくれたお客さんに聞く方が手っ取り早いです。

これは、コンサルタントよりもマーケッターに聞くよりも確かな話。売る側の人間は買う側の心理を完全に把握することはできませんし、その心理にたどり着くのは難しい。有能なコンサルタントなどは、お客様の声を収集・分析、お得意様がいれば直接にヒアリングなどをして、その心理を知るためのアプローチをおこなっています。

逆転の発想でマイナスポイントもプラスポイントに

自社の弱いところ…マイナスポイントも、考え方次第ではプラスに変える事ができます。
例えば、「会社の規模が小さく、社員数が少ない」と聞くとあまりパッとしないイメージがありますが、「小さいから小回りが利く」「入れ替えなどの移動がないので、よく知った社員が対応する」といった自由度や安心感につなげる事もできます。
逆転の発想で強みに変えることができるのですから、自社の弱点と思える部分を洗い出し、強みに変えるにはどうしたらいいのかを考えるのも、他社との差別化という意味では有効です。

全研本社では、「強みが見つからない」「競合が強すぎる…」そんな悩みを持っているハウスクリーニング業者様を様々な切り口で勝たせてきました。
お問合せ頂きましたら、御社用の市場調査資料と競合調査資料をご覧頂きながら最も最適な差別化型マーケティングソリューションをご案内させて頂きます。

ご相談者様限定!

Web集客経験6000社分のノウハウを活かした市場調査資料プレゼント中!
コンサルが勝てる市場競合情報をお伝えします。

無料相談はこちら

Webエリアマーケティング戦略で集客を実現しよう

エリアマーケティング・ブランディング
WEBサイトやWEBサービスを利用し、集客・接客・再訪について数値化して対策をとることができるWEBマーケティングは、自社の強みと弱みを分析することにも長けています。目的に合わせて数値目標を設定し、弱い部分の対策をおこなうWEBマーケティングは、今の時代には必須のツールと言えるでしょう。

Googleマイビジネス

Googleマイビジネスとは、2014年6月にGoogleプレイスとGoogle+が統合されてできたサービスです。ビジネス情報を登録することで、Googleの検索結果・Googleマップなどに無料で会社の基本情報(社名・店名・電話番号・住所・営業時間など)を表示させることができます。この他にも以下の使い方ができます。

・会社や店舗の外観、内観、取扱商品などの写真を掲載
・クチコミの管理、返信
・無料のWebサイトを作成
・閲覧数や閲覧ページ、閲覧写真、アクセス元地域などの分析
・AdWords Expressとの連携
・PC、スマートフォン版対応

どれも集客効果を狙うには良いツールですが、特に無料のWebサイトを作成できるのは便利。簡易的なものとはいえ、自社を知ってもらう事にもつながります。レスポンシブデザインですので、スマートフォンでの閲覧も問題ありません。SEO対策と同じくらいに、Googleマイビジネスの上位表示は主客効果に大きな影響を与えますので、これは是非とも導入したいツールです。

・MEO対策でGoogleマップの上位表示を狙う

MEO対策とは、マップエンジン最適化の事。企業情報を事前に登録しているとキーワード検索の際に表示されますが、より上位に表示されるのがポイント。
例えば、「ハウスクリーニング」と検索して上位に表示されるほど、Google マイビジネスへのアクセス数が増加し、それに伴う集客効果も期待できるものとなります。

特に、地域密着型といわれるような会社や、都道府県や地域名と一緒に業種名が検索されるような業種はMEO対策向き。ハウスクリーニングは住んでいる地域にあるのか、対応エリアが気になるところですからMEO対策では上位に入るようにしたいものです。

上位表示を狙うには、キーワードがいかにGoogleマイビジネスの内容と合致するかによります。また、知名度も大事な要素。知名度を高める事をサイテーションと呼んでいますが、会社の名前や情報がブログやSNSでどれだけ記載されているのかの指標にもなります。より多く紹介されている会社は、サイテーションが高くなるという事です。これは、口コミの数やスコアなども関係しており、良い評価を得ている会社は上位表示されやすいのです。

ちなみに、MEOでは距離も要素の一つとなっていますが、それよりも関連性・知名度・レビュースコアの方が重要視されますので、距離に関してはそこまで気にすることはないです。

ホームページのSEO対策

検索エンジンの検索結果上位に自社ホームページを表示させる為の対策を、SEO(検索エンジン最適化)と呼びます。検索エンジンにて目的のサイトを探すとき、ほとんどの人が上位に表示されているサイトから訪問していきますので、下の順番ほど訪問してもらう可能性が低くなります。上位に表示されればクリック率も高くなり、訪問から依頼に結びつきやすくなることからも、いかに検索結果で上の方に表示させるかが重要になってくるのです。

ハウスクリーニング業においてはハウスクリーニングと一緒にエリアがキーワード検索されることが多いですから、集客に繋がりやすいキーワードとしては「ハウスクリーニング」「地域名」はもちろん、同じような意味合いの「家政婦」といった言葉が挙げられます。
ただ、定番キーワードはライバルサイトも狙っているので難しいもの。競争がそこまで激しくなく上位に入れる可能性あるキーワードも選ぶ必要があります。

選んだキーワードをより強固なものにするには、そのキーワードに関連するページを増やす事がなによりです。いわゆるお役立ちサイトなどがそれにあたり、お客様に必要な情報を定期的に発信すると支持されやすくなります。逆にキーワードに関係ないページはいくら増やしてもSEO対策にはならないので注意が必要です。

また、単にキーワードを盛り込めばいいというわけではなく、訪れたユーザーが読みたいと思う内容でないといけません。質の高いコンテンツの提供が、検索エンジンで上位に表示させることになるのです。これは、Googleでも提言されています。

ポータルサイト掲載による集客

集客などを目的に作られるポータルサイトの活用は、自社ネットショップの存在を広く知ってもらえる可能性を高めてくれます。情報を掲載するには無料のサイトもあれば、有料となるサイトとあります。

ポータルサイトと一言にいってもさまざまなタイプがあり、よく知られているところでいえば「Yahoo!Japan」などの多種多様な専門分野が集まる総合型ポータルサイトや、Yahoo!やGoogleなどの検索エンジンからなる検索型ポータルサイト。行政や自治体、民間企業が特定の地域を限定して作る地域型ポータルサイトといわれています。
ハウスクリーニング業界では「ハウスクリーニングなび」や「ハウスクリーニングサーチ」などがあります。この2つのポータルサイトは無料なので、是非とも店舗登録しておきたいところ。他にも、社内型、目的型、ブログ型などさまざまです。

ただ、ポータルサイトへの掲載は自社サイトの存在に知ってもらうための対策ではありますが、それはあくまでも呼び込むための入り口であることを忘れてはいけません。ですから、せっかくの訪問を棒に振らないためにも、自社サイトの商品やサービス情報を丁寧に作り込んでおくことが重要になります。

また、ポータルサイトは良いレビューを拡散するにはもってこいの場所。たくさんの人が見る場所であり、どれにしようか迷っている状態の人に良い口コミの掲載は好印象を与え、新規顧客の獲得もそう難しくないものになります。
ただ、逆に言えば悪い口コミではお客さんを寄せ付けないものにしてしまいます。当然の事ですが、悪いレビューが付かないように、丁寧で基本的な対応は心掛けないといけません。

ポジショニングメディア

このポジショニングメディアでは、その地域限定のハウスクリーニングに特化をしたポータルサイトを作り、その中でもこの地域であれば、このハウスクリーニング業者達を選ぶべきだとユーザーに伝えることができる戦略です。
通常のポータルサイト掲載では自社情報が埋まってしまいがちですが、他社情報を掲載しながら自社の強みを訴求できるため、依頼に繋がりやすいユーザー、自社の強みにマッチしたユーザーを集客することができます。
例えば、価格勝負では勝てないけれども、品質やクリーニングの充実度では勝つことができるのであれば、高品質ニーズを持つユーザーを誘導することができます。
自分のニーズに合ったハウスクリーニング業者を選択出来ているため、問い合わせ後も受注までスムーズに繋げることができます。
もし、

  • 相見積でなかなか受注できない
  • 競合他社とシェアの奪い合いが起きている
  • 地域ナンバーワンを目指している

といった課題や目標を持っているのであれば、検討しておきたいWeb集客戦略です。
弊社ではポジショニングメディアを始めとしたWeb集客実績を6000件以上残しております。ハウスクリーニング業界ならではの戦い方もあるため、
自社に合った市場への打ち出し方を検討したいという要望がございましたらお気軽にご相談ください。

お問合せはこちら

SNS集客

今ではやっていない人はいないぐらいの勢いを持つTwitterやInstagram、Facebook、ラインなどのSNSは、集客に効果的なツールの一つとなっています。それは、ハウスクリーニングにも言える事。口コミで選ぶ人が少なくありませんから、SNSを使ったアプローチは効果的なのです。

SNSの中でも使い勝手がいいのがFacebookです。友達同士のコミュニケーションツールとしての拡散力が優れています。Twitterも拡散力は高いですが、話題性のあるつぶやきや深い信頼関係がないとリツイート率は少ない。いわゆる、有名人には良いですが一般人にはなかなか厳しいのが難点。
難易度の低さから言うとFacebookであり、「いいね!」をしてくれた人のタイムラインに記事が掲載され、そこからまた別の人にどんどん拡散されている可能性が期待できます。しかも、知り合い経由で伝わっていくので、その信用度も比ではなく、集客にもつながりやすくなります。

ハウスクリーニングは自宅に上がって作業をすることからも、信頼できる筋からの紹介は強いです。業者とはいえ見ず知らずの他人を家に上げるのですから、最初は警戒されて当たり前。だからこそ、知り合いを通した紹介などは確かな顧客になりえる可能性を秘めているのです。

・ブログとセットで使うと効果的

コミニケションツールとして発達してきたSNSは、セールストーク満載の宣伝では逆効果になってしまいます。しかも、限られた文字数での文章しか掲載できませんから、言いたいことが言えない事も。そうした欠点を補うには、ブログなどでワンクッション置いて使うのが効果的です。つまり、SNSでブログに誘導しそこからサイトに来てもらう。

ブログは、伝えたい事を書くことができますし、フランクな感じの印象を与えることができるので、「ハウスクリーニング業者に依頼する」という行動に対する敷居を和らげてくれる働きもあります。人付き合いでも、気心が知れると話しやすくなるのと同じです。ブログを通してファンを作れれば、顧客にするのも容易となります。

ブログは、アメーバブログなど無料で始められるうえにアクセス数も稼げるサイトが多くありますので、始めるのもそう難しくありません。とりわけおすすめなのが、はてなブログ。このブログサイト特有の「はてなブックマーク」の活用は是非しておきたいものです。
ブログ記事にブックマーク経由でブックマークされると、はてなブックマークのサイトにエントリーされて、ブログのアクセスを一気に増やすことができます。ブックマークの数が多いほどサイトの目立つところに表示されるようになり、さらにアクセス数の増加が見込めます。

自社に合ったハウスクリーニングに特化をした集客・広告方法を導入しよう


今後、ますます参入業者が増えそうなハウスクリーニング。差別化を図るうえでも、SNSなどを始めとするWEBを活用したアプローチが必須といえます。

全研本社ではハウスクリーニング業者様を始めとするさまざまなジャンルでのWEBマーケティングを支援、6000以上のWeb集客より培ってきた膨大なノウハウを活かした集客を実現可能です。
自社の強みを最も活かせる、顧客から選ばれるマーケティングソリューションをお探しでしたら、お気軽にご相談ください。

お問合せはこちら