【工務店のSEO対策】注文住宅受注を増やすポイント

【工務店のSEO対策】注文住宅受注を増やすポイント
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

工務店や注文住宅会社は日本全国に数多く存在します。ホームページのSEO対策を行わなければ、せっかく開設したホームページも、誰の目にも留まらず集客ができない結果にもなり兼ねません。この記事では、工務店や注文住宅会社の集客に必要なSEO対策のメリットや、具体的な取り組み方などについて解説します。

工務店・注文住宅のSEO対策ポイント

工務店・注文住宅のSEO対策のイメージ画像

近年では、大手ハウスメーカーは低価格かつ若年層向けの住宅や、素材やデザインにオリジナリティを加えたハウスモデルを多数発表し、工務店や注文住宅は集客に苦戦しています。

昔ながらの業界のため、Webサイトの運営やスマートフォン対応している会社は徐々に増えているものの、決して多いとはいえません。

だからこそ、今のうちに丁寧なSEO対策を心掛けることで集客が期待できるのです。ここでは、工務店や注文住宅会社のSEO対策のポイントを解説します。

獲得したいユーザーが検索するキーワードを選定する

SEO対策において最も重要なのは、

「ユーザーが検索するキーワードを選定する」

ことです。このキーワード選定こそ、SEO対策において最も重要な作業であり、選び方次第によっては、今後のサイトの成果を大きく左右するポイントにもなります。そもそもキーワードとは、GoogleやYahoo!などの検索エンジンの「検索窓に入力する語句」のことで、貴社サイトに辿り着く「はじめの一歩」でもあります。

また、このキーワードを土台にコンテンツを作成しますので、このキーワード選びを間違えてしまうと、どんなに丁寧にコンテンツを作っても、獲得したいユーザーに見てもらえないという残念な結果に終わってしまいます。

だからこそ、キーワード選定は「自社に都合の良い」ワードではなく、「ユーザーが検索するワード」を選ぶ必要があります。では、どんなワードが検索されやすいのか、次項でさらに詳しく紹介します。

キーワードに「地名」を入れる

キーワードを選定する際には、ユーザーの立場になって考えてみましょう。工務店や注文住宅会社を探す場合、インターネットで住まいの近くにある会社を検索する行動が想定されます。

新築後、万が一、住宅に何かトラブルが発生した場合、すぐに急行してくれる身近な存在を求めているためです。あまりにも遠い場所を指定する人は少ないでしょう。

このような場合、どんな「地名キーワード」が適切でしょうか?例えば、新築したい区域が宮城県仙台市の場合、「注文住宅 仙台」あるいは、「工務店 仙台」などのキーワードが考えられます。このように想定しているターゲットのニーズを明確に捉え、適切な地名を選択しましょう。

一緒に検索される可能性のあるキーワードも選定する

工務店・注文住宅のSEO対策の一つキーワード選定のイメージ画像

「地名+〇〇」の〇〇に当てはまる言葉は、戦略的に抽出しましょう。大切なのは、検索を行うユーザーが「イメージしやすい言葉」であることです。

「注文住宅」などのキーワードは、ユーザーでもイメージできそうですが、住宅の知識が不足している人向けに選択するのであれば、「戸建て」などのキーワードの方が出しやすいかもしれません。

また、「注文住宅 仙台」のキーワードは、どの企業も同じようにSEO対策を試みるため競合性も高く、上位表示させるのはそう容易ではありません。

ユーザーも「注文住宅 仙台」のキーワード以外で「こんな家が欲しい」と具体的にイメージしている場合もあります。そこで、自社が得意とする家作りをキーワードに設定するのも良いでしょう。そうすることで、自社の住宅商品にマッチした、より成約確度の高い集客が実現できます。

先ほどの仙台の注文住宅でいえば、

  • 「ローコスト住宅 仙台」
  • 「北欧住宅 仙台」
  • 「二世帯住宅 仙台」
  • 「RC住宅 仙台」
  • 「耐震住宅 仙台」
  • 「自然素材の家 仙台」

などのキーワードが考えられます。このように、一般のユーザー目線でキーワードを選出していきましょう。実施にキーワードを選ぶ際には、「専用ツール」があり、代表的なものには、Googleのキーワードプランナーなどがありますので、機会があれば利用してみてはいかがでしょう。

コンテンツ作成におけるSEO対策

キーワードを選定したら、その受け皿となるコンテンツの作成が必要になります。コンテンツとは、「内容」「中身」を意味しますが、つまり、キーワードに含まれたユーザーのニーズ(検索意図)を満たす「情報」を作ることです。Webサイトでいえば、「ページ作成」のことですが、ここでもSEO対策が必要になります。

タイトルタグを作る

本でいう「背表紙のタイトルのようなもの

タイトルタグもSEO対策の中で重要な要素のひとつです。タイトルタグとは、検索結果画面上でページの内容がすぐに分かるタイトルで、書店に並ぶ本に例えるなら、「背表紙のタイトル」のようなものです。

ユーザーが検索した際、初めに目に入る部分ですので、思わずクリックしたくなるような魅力的なタイトルに作りましょう。タイトルタグを作る上で大切なことは、「施策キーワードを入れること」「一目で分かる文字数におさめること」にあります。

タイトルタグの文字数は30文字以内が目安

文字数は、長すぎると検索エンジンに途中で切られてしまう可能性があるため、30文字以内を目安に作成しましょう。

先ほど選出したキーワードは、ユーザーの目に付きやすい前半部分に含めることをオススメします。例えば「仙台で戸建てを建てるなら~…」というように、キーワードが際立つような文章を心掛けましょう。

また、キャッチコピーのように自然な文章となるように工夫しましょう。ただキーワードを接続しただけでは、SEO対策としては不十分です。文章として読みやすく、ユーザーにとって分かりやすい内容となるように工夫しましょう。

クリック率を定期的にチェック

タイトルは、一度決めたら継続的に使わなくてはならないわけではありません。ユーザーの興味を惹くように、定期的に変更したり、内容を工夫したりすることが大切です。

その指標のひとつに、クリック率があるでしょう。ユーザーにとってウケがいい=クリック率が高いことを前提に、定期的に数値チェック、さらには文言の変更を行うようにしましょう。

h1タグにも工夫を凝らす

通常記事でいうところの「見出し」として設定されるh1タグは、設定する内容が記事の中で最も重要だとSEO上で認識されます。そのため、h1タグ内に含む文言には注意を払いましょう。

タイトルのように、キーワードなどの必要要素を織り込むことが大切です。しかしタイトルタグとの重複をさけるために、タイトルのキーワードとは異なるキーワードを活用することが大切です。

コンテンツを整える

さて、丁寧にタイトルなどを整えたら、実際にコンテンツを作成していきましょう。内容はコラムやノウハウなど、家を建てたいと考えているユーザーにとって有益な情報であることが前提です。

注意すべき点は、このコンテンツは、あくまでも自社で発注をしてほしいという狙いから、ユーザーに向けて書いている記事だということを忘れないことです。

家づくり全般を見据えてコンテンツを用意することはできますが、そうではなく先に設定した地名などのキーワードを軸に、「このエリアだから意味がある」コンテンツを作るようにしましょう。このような工夫をすることで、「地名+〇〇」で検索結果が表示されやすくなります。

サイト構造にも最新の注意を

せっかくできた記事を公開する前に、サイトの構造を確認しましょう。サイト構造はサイトによって異なり、この設定もSEO対策においては非常に重要です。

SEO対策にこだわりを持つならば、サイト構造を一段深くすることが効果的です。「戸建て+価格」「戸建て+検討期間」というように、さらに細かいキーワードと紐づけたカテゴリページを作成できると効果的です。しかし、あまり深い構造を作りすぎると、ユーザーが離脱する原因となるので注意しましょう。

工務店・注文住宅におけるSEO対策案

「自社でもSEO対策に取り組みたいが、どのように進めたら良いのか知りたい」という方もいらっしゃることでしょう。そこで、SEO対策の具体的な進め方について、事例を紹介しながら解説します。

ここでは、大阪府堺市を中心に、兵庫、奈良、京都、和歌山などのエリアで土地探しから家づくりをお手伝いしている「泉北(せんぼく)ホーム様を例にして紹介します。(キャククルが実際にご提案したものではありません。)

泉北ホーム
画像引用元:泉北ホーム公式サイト(https://www.senbokuhome.co.jp/)

同社では、家づくりのプロが考える「本当に必要なもの」を標準装備化した「フル装備の家」を最も得意としています。長く住み続けられる家の証でもある「長期優良住宅」は、最低基基準。また、家事や育児がラクになる暮らしを叶えるため、品質が確かな大手の設備・建材メーカーも積極的に採用しています。

この同社の強みでもある「フル装備の家」のキーワードでは、すでに上位表示がなされています。フル装備の家をある程度知っている顕在的なニーズのあるユーザーを集めることができるでしょう。

一方、「地名 注文住宅」でキーワード設定するのも、その地域で家を建てたいユーザーを集める有効なSEO対策なのですが、「堺市 注文住宅」「大阪 注文住宅」といったエリア検索では、10位に入っておりませんでした。

このエリア検索に応えるコンテンツを拡充しSEO対策で上位表示を狙うことで、自社サイトに呼び込み、かつフル装備の家もPRすることで「この会社に問い合わせてみよう」と新規顧客開拓のチャンスも広がるでしょう。また、実際にSEO対策を行う場合は、基本的に次のような流れに沿って進めていきます。

実際にSEO対策を行う場合の流れ

  • 企業の商材やペルソナ(顧客像)のヒアリング
  • ペルソナに沿ったキーワード抽出と絞り込み
  • キーワードの決定
  • 競合サイトの調査(キーワードに対する上位サイト)
  • キーワードに対応したサイトマップ、サイト構造、コンテンツ案の計画
  • サイトおよびコンテンツのディレクションと制作
  • 公開
  • 公開後の計測(専用ツールを利用)
  • 改善策の提案(PDCAの実行)

さらに、「コンテンツから資料や問い合わせをしてもらいたい」という場合は、コンバージョン(ユーザーに起こして欲しい行動)に繋げる情報設計の提案も行います。社内でSEO対策のノウハウもない中、これらの業務を全て一から行うのは難しいかもしれません。

キャククル運営元の全研本社では、これまで120業種・7,900件以上のサイトを運用して参りました。そのノウハウを活用した、SEO対策を含めた「コンテンツマーケティング支援サービス」をご提供しております。

  • 自社サイトの順位や流入を増やしたい
  • 自社に合う顧客獲得ができるコンテンツマーケティングを実現したい
  • オウンドメディアの立ち上げからコンテンツ運用まで依頼したい

といったお悩みを持つ企業様向けのサービスです。詳しくは支援プランを紹介した資料をご用意しましたので、貴社の今後のWebマーケティング活動にご活用下さい。

コンテンツマーケティング支援サービス紹介資料

資料をダウンロードする

公式サイト以外の工務店・注文住宅のSEO戦略

公式サイト以外の工務店・注文住宅のSEO・Web戦略

公式サイト以外にも、自社を掲載できる機会を作ることで認知を高められる可能性があります。様々なWeb媒体に掲載をすることで、検索結果上の認知度が高まり、間接的にSEO対策にも繋がります。実際にWeb上で展開できる広告戦略を見ていきましょう。

ポータルサイトへ掲載

不動産業界には、多くのポータルサイトが存在します。有名なサイトではSUUMOHOME’sなど、賃貸や売買でも活用でき、戸建て情報も検索できるサイトへの掲載がオススメです。ポータルサイト自体を認知しているユーザー、さらには賃貸契約時に活用したユーザーも多いでしょう。

公式サイトは、すでに社名を知ってる、あるいは地域やデザインなどのニーズが顕在化しているユーザーが中心となりますが、ポータルサイトは偶然の出会いが生まれる可能性があります。

社名の認知度がまだ低い場合や、公式サイトが検索で上位表示されていない場合など、有効に活用しましょう。

オウンドメディアの活用

その名の通り自社で運用するオウンドメディアは、更新の手間は掛かるものの、自社の強みにフォーカスした情報を多数掲載できるという点でメリットがあります。

不動産業界は不動産購入や引越しのタイミングが人生の中でそこまで多くないからこそ、情報収集をしている人が多数存在します。

だからこそ、オウンドメディアにコラムのような悩み事を解決するような記事を置いておくことで、流入してくるユーザーを増やすことができるかもしれません。

特に自社の強みを魅力に感じてくれるユーザーが求めていること、解決したいことを意識したキーワードのSEO対策したコンテンツを作成することで、意欲の高い見込み顧客を集められます。

SEO対策が上手く行かずお困りのWebご担当の方へ

SEO対策が上手く行かないWebご担当者の方へ

SEO対策は、Web担当者にとって最も重要な施策のひとつです。どのように実施すれば良いのか、ネット上にはあらゆる情報で溢れています。

しかし、多くの企業が社内で時間と労力をかけてコンテンツを制作しているものの、「順位が上がらない」「流入が増えない」と困っている担当者も少なくありません。せっかく時間をかけて一生懸命作ったコンテンツですので、相応の結果が欲しいと思うのは当然ですよね。「SEOノウハウを学び、将来はコンテンツマーケティング内製化を目指したい」

といった要望がございましたら、全研本社にお問い合わせ下さい。120業種および7,900件以上のWebコンサルティング実績から培ったノウハウをベースに戦略的なコンテンツ作りをご提案します。

web集客の相談をする

ページトップへ