【工務店のSEO対策】注文住宅受注を増やすポイント

【工務店のSEO対策】注文住宅受注を増やすポイント
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

工務店・注文住宅のSEO対策ポイント

近年、大手ハウスメーカーは低価格かつ若年層向けの住宅や、素材やデザインにオリジナリティを加えたハウスモデルを多数発表し、工務店や注文住宅は集客に苦戦しています。

昔ながらの業界のため、ホームページ運営やスマートフォン対応している会社は徐々に増えているものの決して多いとは言えません。

だからこそ、今のうちに丁寧なSEO対策を心掛けることで集客が期待できるのです。それでは、工務店や注文住宅会社のSEO対策のポイントを見ていきましょう。

工務店や注文住宅が欲しいニーズのキーワードを選定する

SEO対策において最も重要なのは、検索されるキーワードを選定することです。このキーワード選定こそ、SEO対策においては最も基本的な部分であり、今後の成果を左右するポイントにもなります。

まずは地名を入れよう

ユーザーの立場になって考えてみましょう。工務店や注文住宅会社を探す際には近い場所にある会社を探すのではないでしょうか?万が一、何かあった時にすぐ相談に乗ってもらえるよう、あまりにも遠い場所を指定する人は少ないはずです。

この時、どのような地名キーワードが適切でしょうか?東京都新宿区という住所の場合、「東京」「新宿区」「新宿」などの最寄り駅で指定させることも可能です。

想定しているターゲットのニーズを明確に捉え、適切な地名を選択しましょう。

一緒に検索されるであろう工務店・注文住宅系キーワードを決める

「地名+〇〇」の〇〇に当てはまる言葉は、戦略的に抽出しましょう。大切なのは、検索を行うユーザーがイメージしやすい言葉であることです。

「注文住宅」などのキーワードはユーザーでもイメージできそうですが、家に対して知識が不足している人向けに洗濯するのであれば「戸建て」などのキーワードのほうが出しやすいかもしれません。

このように、一般のユーザー目線でキーワードを選出していきましょう。

タイトルタグをつくる

ページ名を表すタイトルタグは、ユーザーが検索した際に1番最初かつ1番大きく目に入る部分です。そのため、丁寧に作りこんでいきましょう。

大切なことは文字数・キーワードを入れること・キャッチコピーのようにつくること、の3点です。

文字数は、長すぎると検索エンジンに途中で切られてしまう可能性があるため、30文字以内を目安に作成しましょう。

先ほど選出したキーワードは、ユーザーの目に付きやすい前半部分に含めることをオススメします。例えば「新宿で戸建てを建てるなら~…」と言うように、キーワードが際立つような文章を心掛けましょう。

また、キャッチコピーのように自然な文章となるように工夫しましょう。ただキーワードを接続しただけでは、SEO対策としては不十分です。文章として読みやすく、ユーザーにとって分かりやすい内容となるように工夫しましょう。

クリック数を定期的にチェック

タイトルは、一度決めたら継続的に使わなくてはならないわけではありません。

ユーザーの興味を惹くように、定期的に変更したり、内容を工夫することが大切です。その指標のひとつに、クリック率があるでしょう。

ユーザーにとってウケがいい=クリック率が高いことを前提に、定期的に数値チェック、さらには文言の変更を行うようにしましょう。

h1タグにも工夫を

通常記事の見出しとして設定することが多いh1タグは、設定する内容が記事の中で最も重要だとSEO上で認識されます。そのため、h1タグ内に含む文言には注意を払いましょう。

タイトルのように、キーワードなどの必要要素を織り込むことが大切です。しかしタイトルタグとの重複をさけるために、タイトルのキーワードとは異なるキーワードを活用することが大切です。

コンテンツを整える

さて、丁寧にタイトルなどを整えたら、実際にコンテンツを作成していきましょう。内容はコラムやノウハウなど、家を建てたいと考えているユーザーにとって、有益な情報であることが前提です。

注意すべき点は、このコンテンツはあくまでも自社で発注をしてほしいという狙いから、ユーザーに向けて書いている記事だということを忘れないことです。

家づくり全般を見据えてコンテンツを用意することはできますが、そうではなく先に設定した地名などのキーワードを軸に、「このエリアだから意味がある」コンテンツを作るようにしましょう。

このような工夫をすることで、「地名+〇〇」で検索結果が表示されやすくなります。

サイト構造にも最新の注意を

せっかくできた記事を公開する前に、サイトの構造を確認しましょう。サイト構造はサイトによって異なり、この設定もSEO対策においては非常に重要です。

SEO対策にこだわりを持つならば、サイト構造を一段深くすることが効果的です。「戸建て+価格」「戸建て+検討期間」というように、さらに細かいキーワードと紐づけたカテゴリページを作成できると効果的です。

しかし、あまり深い構造を作りすぎると、ユーザーが離脱する原因となるので注意しましょう。

公式サイト以外の工務店・注文住宅のSEO・Web戦略

Web戦略イメージ
公式サイト以外にも、自社を掲載できる機会をつくることで認知を高められる可能性があります。

様々なWeb媒体に掲載をすることで、検索結果上の認知度が高まり、間接的にSEO対策にも繋がります。

実際にWeb上で展開できる広告戦略を見ていきましょう。

ポータルサイトへ掲載する

不動産業界には、多くのポータルサイトが存在します。有名なサイトではSUUMOやHOME’sなど、賃貸や売買でも活用でき、戸建て情報も検索できるサイトへの掲載がオススメです。

ポータルサイト自体を認知しているユーザー、さらには賃貸契約時に活用したユーザーも多いでしょう。

公式サイトは、すでに社名を知っていたり、地域やデザインなどのニーズが顕在化しているユーザーが中心となりますが、ポータルサイトは偶然の出会いが生まれる可能性があります。

社名の認知度がまだ低い場合や、公式サイトが検索で上位表示されていない場合など、有効に活用しましょう。

オウンドメディアを活用する

その名の通り自社で運用するオウンドメディアは、更新の手間は掛かるものの、自社の強みにフォーカスした情報を多数掲載できるという点でメリットがあります。

不動産業界は不動産購入や引越しのタイミングが人生の中でそこまで多くないからこそ、情報収集をしている人が多数存在します。

だからこそ、オウンドメディアにコラムのような悩み事を解決するような記事を置いておくことで、流入してくるユーザーを増やすことができるかもしれません。

特に自社の強みを魅力に感じてくれるユーザーが求めていること、解決したいことを意識したキーワードのSEO対策したコンテンツを作成することで、意欲の高い見込み顧客を集められます。

ポジショニングメディアを活用する

オウンドメディアが「知ってもらう」ための媒体だとしたら、ポジショニングメディアは「選んでもらう」ための媒体です。

ポジショニングメディアは市場調査がを徹底していることを前提に、自社が市場のどのポジションに位置し、他社と何が異なるのかが明確に分かるようになっています。

そのため、ユーザーは会社を選ぶ手間を少なくすることができるほか、ニーズに合った企業を探せるため、相性のいい企業を選択することが可能です。

一見企業にとってメリットが大きいように感じますが、ユーザーにとっても無駄な時間を掛けることなく、必要十分な企業を見つけやすくなることから、お互いにwin-winのメディアと言えるでしょう。

お問合せはこちら

▼このページに関連したおすすめの記事:

ページトップへ