建設機械事業における広告・マーケティング戦略は差別化がカギ

建設機械事業における広告・マーケティング戦略は差別化がカギ
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

建設機械事業ではコロナ禍により広告戦略が変化

ショベルカー
建設業界におけるコロナ禍の影響は、当初限定的と見られていました。しかし、2021年に入り、じわじわと倒産件数が増加しています(東京商工リサーチ調べ)。建設機械事業においても、今後、従来の在り方を続けていくだけでは厳しい時代がやってくると予想されます。

継続して安定的な需要を得るために大切なのが、既存顧客のリピートと新規顧客の獲得です。しかし、コロナ禍においては、対面での商談を行ったり展示会で多くの企業担当者と出会ったりするのが難しく、従来の営業手法が通用しません。

そこで求められるようになったのが、オンラインマーケティング施策です。

これからの建設機械事業の広告・マーケティング戦略

ソーシャルメディア
コロナ禍が長期化する中で、建設機械事業においても、オンラインマーケティングを行う必要性が高まっています。

オンラインマーケティングにもいろいろな種類がありますから、自社のねらいに合わせた施策を選択しましょう。

リスティング広告

リスティング広告は、ある人が検索したキーワードに関連する広告を出す手法です。「旅行先やアパレル商品など、何かの調べ物をした後、しばらくインターネット上に関連商品の広告が出続けた」という経験はないでしょうか。これは、リスティング広告の手法によるものです。

もともと関連性のあることを調べていた人に絞って広告を出せるため、高い効果を見込めます。

リターゲティング広告

自社のサイトを訪れたことがあるユーザーに対して、自社の広告を表示させるのがリターゲティング広告です。ターゲットとなるのはサイトを訪問したことのある人だけですから、ある程度興味関心を持っている層だといえるでしょう。そのため、無作為に広告を出すよりも効果が高いといわれています。

一方で、同じ人に繰り返し広告を出し過ぎると逆効果になることもあります。これを防ぐために、回数制限を設けるケースもあります。

ディスプレイ広告

ディスプレイ広告は、Webサイトやスマートフォンアプリなどに表示させる画像、または動画形式の広告のことです。バナー広告と呼ばれることもあります。

画像や動画という目をひきやすい手法を取ることから、幅広い認知を目指す場合などに効果的な手法です。建設機械事業の場合、そもそものターゲット層がある程度限られるため、業界の人が多く訪れるサイトなどに表示させるのが効果的でしょう。

コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングとは、ターゲット層が興味を持つであろうコンテンツを作成することで集客を行う方法です。広告は自社の利益を目的としますが、コンテンツマーケティングでは、ターゲットの利益になることを発信し、「コンテンツのファン」を作ることを目的としています。

コンテンツマーケティングを行うことは、ブランディングや顧客からの信頼の獲得に役立ちます。さらに、集客目的ではなく売上を目的としたコンテンツも作成することで、直接的な売上アップを狙うことも可能です。

コンテンツマーケティングの運用支援依頼、オウンドメディアの制作、内製化を成功させたいとお考えの方は、ぜひ資料をダウンロードしてご確認ください。

建設機械事業でコンテンツマーケティング戦略が有効な理由

注意点やチェックポイント
Webマーケティングにはいろいろな方法がありますが、建設機械事業において特におすすめなのが、コンテンツマーケティングです。

競合相手が少ない

BtoC向けのコンテンツマーケティングを行っている企業は数多くありますが、BtoB向けはまだそれほど多くありません。いち早くコンテンツマーケティングを始めることで、他社との差別化を図り、一歩先へ出ることができます。

検討時間が長い

建設機械は、Web上の広告を見かけて気軽に購入するようなものではありません。じっくり検討して判断する場合がほとんどでしょう。魅力的なコンテンツを作成してファンを増やしていくコンテンツマーケティングとの相性は抜群です。

また、公私共にインターネットを使う機会が増えたコロナ禍においては、Web上のコンテンツを役立ててもらいつつ営業につなげるコンテンツマーケティングの効果が上がりやすいと考えられます。

高単価であるため運営コストを回収しやすい

コスト回収がしやすいという点も、建設機械事業にコンテンツマーケティングがおすすめな理由のひとつです。

コンテンツマーケティングを行うためには、ある程度のコストと労力がかかります。外注すれば労力は削減できますが、その分コストはかさんでしまうでしょう。しかし、建設機械事業はひとつひとつの受注単価が高いため、効果が出ればコストの回収はそれほど難しくありません

自社と親和性の高いユーザーを集めやすい

コンテンツを作成する際に、自社にしかない独自の魅力を打ち出すことで、自社と親和性の高いユーザーを効率よく集客できます。このような、自社の業界内での立ち位置を明確にし、差別化をはかるためのメディアを「ポジショニングメディア」と呼びます。

建設機械事業のターゲット層の中でも、特に自社の強みを存分に発揮できる分野の顧客を集めることができるため、顧客満足度アップやリピーターの獲得につながります。

ポジショニングメディアに興味を持ち、より詳しく知りたい方はポジショニングメディアについてまとめた資料も別途ご用意しています。ぜひダウンロードしてご活用ください。

建設機械事業はWebでの広告・マーケティング戦略に注力を

会議
コロナ禍の影響により、営業活動が思うようにできなくなった昨今、顧客の多くはWebから取引先の情報を得ようとしています。Web上の情報を手厚くすることで、こうした顧客にアプローチすることができるでしょう。自社の強みを活かしたアピールをすることで、双方にとってメリットのある出会いを作っていきましょう。

ポジショニングメディアの詳しい効果や活用法、具体的なご相談については、キャククルまでお気軽にお問合せください。それぞれの会社の状況に応じたご提案を行っています。

web集客のご相談はこちら

ページトップへ