創業手帳の広告掲載の料金・口コミ評判を調査

創業手帳の広告掲載の料金・口コミ評判を調査
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

起業直後の全法人に届く無料ビジネス誌「創業手帳」の広告掲載について詳しくまとめました。媒体の特徴やメリット・デメリット、広告を掲載する際の料金や掲載までの流れを紹介しています。

創業手帳のキャプチャ

画像引用元:創業手帳公式サイト(https://sogyotecho.jp/)

創業手帳の特徴

起業直後の法人に無料で届く創業手帳は、毎月日本全国の1万5,000社に配られるビジネス誌です。資金調達や会計、制作物や販路開拓などの実践的な知識を学べるようになっており、月間2,000社以上の会員増、紙面のほかWeb版では月間100万PV数という実績も持っています。

資料請求やマッチングなど多面的に情報発信ができるほか、全国規模のセミナーも開催されており、サービスやイベントの魅力紹介などの目的でも情報を掲載できるようになっています。さらに、コンサルティング相談を無料で受け付けてくれるなどのサポートサービスも充実。創刊から多くの経営者に支持され続けています。

発行シリーズには、女性起業家に特化した特別版「創業手帳Woman」もあり。女性起業家をターゲットにしたアプローチも可能です。

創業手帳の広告掲載料金

創業手帳の広告掲載料金については、ホームページには詳細記載がありませんでした。まずはフォームよりマーケティング担当向けの媒体資料送付を希望する必要があります。

創業手帳の口コミ・評判

創業手帳に広告を掲載した企業の口コミは見つかりませんでした。

創業手帳に広告掲載するメリット

創業手帳への記事掲載や巻末広告掲載などで、読者の経営者層をターゲットにリーチできます。ユーザー層は会社や法人を新設したばかりの経営者や、ゆくゆくは起業したいと考えている起業予備軍の方です。

限定的なターゲットに対し自社商品やサービスの魅力を紹介したい企業にとって、効率的にアプローチできる媒体といえます。

創業手帳に広告掲載するデメリット

個人向けに製品やサービスを売り出したい企業にとっては、読者(ユーザー)との目的が上手くかみ合わない可能性があります。取引会社のマッチングを目的に会員となっている経営者もいるため、広告を掲載するにあたって見極めが必要です。

創業手帳の広告掲載までの流れ

広告を掲載するには電話で直接問い合わせるか、問い合わせフォームにて創業手帳の見本誌と媒体資料セットの送付を希望する必要があります。マーケティング担当者向けの媒体資料を確認後、広告掲載に向けて別途相談を申し入れる流れです。

他の集客施策も織り交ぜたWebマーケティングをしよう

経営者に特化したビジネス誌へ広告掲載は、課題を抱える経営者のニーズと自社の提供する製品やサービスがマッチしたとき、大変高い効果を得られる可能性があります。また、日本全国の経営者の目にふれる誌面へ広告を掲載することがステータスとなり、会社のブランド戦略にもつながるでしょう。

経営者を集客するにはマーケティング戦略が非常に大切です。ビジネス向け冊子への広告掲載のほかにも、オンラインでのマーケティング戦略と組み合わせることでより効率的にターゲット(経営者層)に対する広告効果を得られます。

Webマーケティングにおいて、ユーザーが本当に望むこと・競合他社が提供できないこと・自社が提供できる価値の3つに焦点を当てて自社の強みを導き出す「バリュープロポジション戦略」が重要です。

弊社はバリュープロポジションの考え方に則した「ポジショニングメディア」や「オウンドメディア」など、さまざまな戦略を構築できます。良質な経営者層の集客に興味をお持ちの方は、ぜひお電話やインターネットでお問合せください。

経営者ターゲットの
集客・広告戦略

ページトップへ