幻冬舎メディアの広告掲載料金・評判・メリットなどを調査

幻冬舎メディアの広告掲載料金・評判・メリットなどを調査
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

幻冬舎広告の特徴

幻冬舎広告公式サイトキャプチャ画像
引用元:幻冬舎広告公式サイト(https://www.gentosha.co.jp/)

1993年の設立以来、紙媒体の小説や雑誌にとどまることなく、電子書籍やウェブマガジンも積極的に配信している総合出版社・幻冬舎。
角川書店で名物編集者といわれた見城徹氏を中心に設立され、巧みな話題作りで注目されています。

そんな幻冬舎の広告について、詳しく解説していきます。幻冬舎メディアでの広告出稿に興味がある方、掲載をご検討されている方は参考にしてください。

4つのタイプから選べる紙面広告

幻冬舎が発行する雑誌は、以下の4つあります。

  • 小説幻冬/毎月27日発売
  • GINGER(ジンジャー)/毎月23日発売
  • GOETHE(ゲーテ)/毎月25日発売
  • PONTOON/毎月1日発売

いずれも、内容はもちろんターゲットとしている読者層が全くもって異なります。

たとえば、小説幻冬は小説を楽しみたい方向けの雑誌であり、豪華執筆陣による作品を楽しみたい方向け。
GINGER(ジンジャー)は女性ファッション誌ながらも、これまでとは違った大人の女性をターゲットとしており、ウェブでも読むことが可能です。

GOETHE(ゲーテ)は仕事を楽しむ大人のビジネスマンをターゲットとしており、こちらもウェブで見ることができます。
PONTOONは、電子書籍で楽しむことができる月刊PR小説誌です。

3つの広告メニューから選べるウェブ広告

幻冬舎には、幻冬舎plusといったウェブマガジンとオンラインストアを組み合わせたサービスがあります。

そのなかで、以下の3つのタイプの広告を打つことができます。

  • タイアップ記事
  • コラボイベント
  • バナー掲載

一つ目のタイアップ記事では、インタビューの上、独自の切り口で商品やサービスの魅力を配信してくれます。

体験レポートや出版社である幻冬舎ならではの作家によるエッセイ執筆、対談記事など自然な形で打ち出すことが可能。

二つ目のコラボイベントは、レポートや対談といった形で後に残る記事として宣伝を行います。

三つ目のバナー掲載は、サイト内にバナー広告を設けるもの。デザイナー独自の思わずクリックしたくなる広告デザインが魅力です。

幻冬舎広告の広告掲載料金

幻冬舎広告の広告料金・原稿サイズは公式サイトには公表されていませんでした。しかし、雑誌媒体であるGINGERとGOETHEの広告掲載料金が、雑誌広告代理店のサイトで公開されていますので、一例としてご確認ください。

まずは、月刊170,000部を発行するコンサバ・キャリア系の女性ファッション誌として打ち出されているGINGERの価格表です。

表四4色1P
(282×222mm)
・オフセット
2,400,000円
(税込)
表二4色見開
(297×464mm)
・オフセット
3,500,000円
(税込)
表三4色見開
(297×464mm)
・オフセット
3,000,000円
(税込)
特表二4色見開
(280×210mm)
・オフセット
3,300,000円
(税込)
4色1P
(297×232mm)
・オフセット
1,600,000円
(税込)
目次対向4色1P
(297×232mm)
・グラビア
1,700,000円
(税込)
4色1P
(297×232mm)
・グラビア
1,600,000円
(税込)
1色×1色/1葉(ハガキ) 1,600,000円
(税込)

次に、月刊70,000部を発行する仕事や人生の哲学を楽しむ男性ライフスタイルマガジンGOETHEの掲載料金は以下の通りです。

表四4C1P 2,420,000円(税込)
表三4C1P 1,650,000円(税込)
表ニ4C見開き 3,520,000円(税込)
4C1P 1,650,000円(税込)

なお、具体的な価格などは変更となっている可能性もあるため、再度確認することをおすすめします。

幻冬舎広告の評判・口コミ

幻冬舎の広告掲載に関する口コミはありませんでした。

しかし、雑誌媒体としても文芸誌、新・女性ファッション誌、総合男性情報雑誌、月刊PR小説誌とさまざまな視点、切り口が用意されています。

また、ウェブサービスである「幻冬舎plus」においては、ここでしか手に入らないコンテンツがみられるなどの工夫をこらすことで、20~40代前半と幅広い年齢層の利用者を持っています。

特に雑誌では、嗜好や性別を絞った広告戦略を打つことができるのが非常に魅力的だといえるでしょう。

幻冬舎に広告掲載するメリット

広告プランの提案力が高い

幻冬舎は企画力、編集力、ネットワークなどを活かし、これまでも数々のミリオンセラーを輩出してきた実績を持っています。

その実績を活かし、結果が出やすい広告プランの提案をしてくれます。特に、ウェブ広告は従来の広告枠にバナーなどを設置するだけでなく、読者の興味をそそる打ち出し方やデザイン力により、魅力的な広告に仕上げることができるでしょう。

媒体選択の豊富さ

幻冬舎は、小説好きな人だけに限定することなく、女性向けや男性向けといった幻冬舎独自の視点で作り上げた雑誌を展開しています。

そのため、広告掲載を検討する際にも、どの媒体を選ぶのかの幅が広いのが強みです。また、同じ商品やサービスの広告を違う視点で、複数の媒体に打つことで、より多くのターゲットに情報を届けることも可能でしょう。

幻冬舎の広告掲載までの流れ

「幻冬舎広告」の広告掲載までの流れの詳細は、公式サイトにも明記されていませんでした。

掲載希望の媒体が雑誌かウェブ広告かでも、申込締め切りや入稿締切はもちろんのこと、広告規定が異なってきます。

一般的に雑誌に掲載する広告の方がウェブ広告に比べて、締め切りが早い傾向にあるため、事前に幻冬舎の担当部署に確認の上、余裕をもって進めるようにしましょう。

雑誌・デジタル広告掲載ともに問い合わせ先は、幻冬舎コミュニケーションデザイン局です。電話やファックス、メールなどで問い合わせが可能です。

※幻冬舎plusへの広告掲載について → https://www.gentosha.jp/contact/request/
※その他幻冬舎の広告掲載のお問い合わせ先 → https://www.gentosha.co.jp/company/c13.html

他の集客施策も織り交ぜたwebマーケティングをしよう

幻冬舎広告への広告掲載は、雑誌とウェブ広告の2パターンあることからターゲットを絞った上で、オンライン・オフラインと使い分けて行う宣伝にとても有効です。

しかし、企業や顧客は一つの宣伝広告だけを見て、その価値を即決することはあまりないでしょう。本当に自社にまたエンドユーザーによい物かを検証し、その他のサービスや商品と細かく比較した上で、最も自身にあった選択をします。

そんな様々な検索意図を見据えた戦略を練ることが大切です。

  • 他建築ポータルサイトへの掲載で更に認知度を上げる
  • SEOを意識した記事での検索対策
  • ポジショニングメディア戦略でより受注が期待できるユーザーを集客

などを適宜実施し、ぜひ経営へポジティブに働きかけられる集客戦略を立ててください。

富裕層向けにPRできる
広告媒体を調査
富裕層ターゲットの集客戦略
広告・マーケティング手法まとめ

ページトップへ