ネガティブサイト対策方法とは?悪評サイトを退けて評判を守る

ネガティブサイト対策方法とは?悪評サイトを退けて評判を守る
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

ネガティブサイト・悪評サイトになぜ書き込まれるのか

Web上での意見投稿が容易に

自社の名前をWeb上で検索すると、上位に表示されるのはどのようなページでしょうか?コーポレートサイトや、ニュースとして発信したページがあるかもしれません。それに加えて、転職サイトの口コミサイトなどが目に付く人は多いのではないでしょうか?

近年、インターネットの普及はもちろん、スマートフォンを持つ人が増え、以前にも増して情報検索を行うことが容易になりました。さらにはSNSが発達し、FacebookやLINEのように個人が特定されるものはありますが、TwitterやInstagramのように匿名でも自由に自分の意見を投稿できるようになりました。そのため、自身が名乗らず意見をWeb上で主張することに抵抗感がある人が少なくなっています。

意見主張に抵抗感がなくなるということは…?

ポジティブな意見はもちろんですが、ネガティブな意見にも同様のことが言えるでしょう。以前は商品に不満がある場合には、お客様センターなどへ電話する必要がありました。しかしこの電話自体が手間となるため、よっぽどのことが無い限り連絡をする人は多くはなかったのではないでしょうか。
しかし現在は企業のお問い合わせ窓口やFacebookページに、匿名でクレームを入れることができます。さらにはSNSや転職口コミサイトなど、不特定多数の人が見ることができる場所で、ネガティブな意見を書き込むことができます。ブログなどを開設している場合には、1つの記事を丸々ネガティブな意見にすることも可能です。

これまでと比較し、手軽にネガティブな意見を発信しやすくなったゆえに、良くも悪くもその情報がWeb上に蓄積されるようになってしまいました。
そのため、企業の担当者はこの情報に対して対策を行う必要が出てきたのです。

ネガティブサイト・悪評サイトがもたらす採用への悪影響

悪評を処理するのは意外と労力がかかります。そのため、そのまま放置している会社は少なくありません。その情報自体を放置していても、TwitterなどのSNSで拡散されない限りは気にならないかもしれませんが、実際のところどうでしょうか。その情報に触れる可能性があるのは、自社への興味度が高い人である場合が多いことを理解しなくてはなりません。

志望者に向けた対策を

1番分かりやすい例は、採用活動を行っている候補者です。選考を進んでいくほどに、候補者が気になるのは会社内部のリアルな事情です。もちろん人事側もそのことは把握しているため、多くの社員に会わせるなどし、現場マッチングを欠かしません。しかし、候補者と企業という関係である以上、ある程度綺麗な情報を伝えたいと思うのも人事の性です。
候補者は常に「この情報は本当なのか?」というアンテナを張りながら、社員との接触を重ねていきます。給料や待遇、残業など、リアルな話を聞いていく中で志望度合いを高めていくのです。そこで何をするのかというと、企業名を用いたエゴサーチです。

例えば「企業名 評判」などで調べれば、現在在籍している社員や退社した社員が記入したリアルな声を検索することができます。そのサイト内の情報は、人事が決して教えてくれなかったことも含まれるかもしれません。
もちろんネガティブな意見だけではなく、ポジティブな意見が書き込まれている可能性があります。これにより、志望度が高まる可能性もありますが、ネガティブな意見により志望度が下がったり、最悪の場合辞退となる可能性があることを想定しておかなくてはなりません。

ネガティブサイト・悪評サイトがもたらす購買・売上への悪影響

この考えが影響するのは、採用候補者だけではありません。購買を検討している消費者にも、同様のことが言えます。

購入を検討している商品の価格が高くなるほどに、実際の使い心地はどうか、効果はどうか、ということを消費者は考えています。そのため、事前にWebを駆使して、商品の評判を調べている場合が多いのです。

特に女性の場合、そのような口コミが購買に大きな影響を及ぼします。購入決定要因として口コミを挙げる女性はなんと全体の約8割という数字からも、口コミが侮れないことが分かるでしょう。ポジティブな口コミは問題ありませんが、ネガティブな口コミも同様に影響を受けます。悪い口コミは特に尾を引く傾向があり、約7割が購入を取りやめた経験があると答えています。このように口コミは、購買結果に大きな影響を与えるのです。

ネガティブサイト・悪評サイトへの対策方法とは

このように、自社の名前に付随するネガティブな意見を放置した結果、良い結末を迎えることはあまり想定できません。そこで早々に、ネガティブ対策と呼ばれる自社が検索された時の対策を行うことが重要です。
この対策を行うことで、結果をすぐにプラスにすることができます。重要なのはとにかく早めに取り組むことだということを理解しましょう。

該当サイトの削除申請

最も想起しやすいのは、該当サイトを削除する方法です。一見とても手軽なように感じますが、最も難しい手段だと言い換えることができるでしょう。

実は、サイト自体を削除するための基準は法律によって決められています。
元々Webは表現が自由にできる世界だからこそ、規制を増やしてしまうとそもそもの自由を奪うことにつながりかねません。また、企業にとっては明らかな悪評となる情報を消してほしいと思っても、大手サイトほど削除依頼はたくさん届くものです。そのような内容を、担当者が都度精査するのは困難を極めます。

法律的に違反している内容や、犯罪を示唆するような内容、そしてそのサイトによって明らかに被害を被っていると証明できる場合には削除ができるかもしれませんが、一般的にはほぼできないという認識でいるべきです。

逆SEO対策

そもそも逆SEOとは?

日頃SEO対策に力を入れている企業担当者はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?そんな方でも、逆SEOという言葉を聞いたことがない場合がほとんどです。
逆SEOとは、その名の通り逆のSEO対策を行うことを指します。すなわち、既存にあるネガティブなサイトへ、外部リンク対策を行います。

実例を挙げながら考えてみましょう。社名で検索した際に、コーポレートサイトの下に悪評サイトが出てきたとします。そうすると、検索した人の目にはどうしても悪評サイトの方が色濃く映ってしまうものです。先にご紹介したように、このサイトは消すことができません。そこで、他のサイトを上部に表示させ、ネガティブなサイトを下に下げていこうというのが逆SEOです。逆SEOの手法は様々ありますが、最もイメージが付きやすい方法としてご紹介しました。

注意するべき点

このような方法にはそもそもグレーな点があり、実施することはあまりオススメできません。
しかし、既存の自社サイトが上位に表示されないのは、そもそもSEO対策を行うことができていないということになります。自社サイトへのSEO対策が適切にできていれば、相対的に悪評サイトの順位を下げることが可能です。そのためSEO対策はしっかり行うべきでしょう。

SNSアカウントの立ち上げ

SNSアカウントを自社で立ち上げることで、そのアカウントが社名検索をされたときに上位表示をされる可能性があります。グレーな逆SEO対策のようなそのネガティブサイトの順位を意図的に下げるということではなく、あくまでもその検索上でSNSで上位表示を狙うというものです。立ち上げ方によっては検索結果画面上で上位表示をさせることができる為、チャレンジしてみる価値はあります。

ポジティブサイト・指名検索対策サイトの制作運用

自社自ら逆SEOを行うことで、さらにネガティブなイメージが付いてしまっては元も子もありません。そこで有効なのが、指名検索関連に特化をしたサイト制作、SEO対策をすることです。自社ホームページのほかに、ポジティブな情報を発信できるサイトがあれば、自社の良さを存分に知ってもらうことが可能です。さらに、SEO対策が上手くいけば、同時に悪評サイトを押し下げられ、検索関連キーワードにも好影響を与えることもできます。

ネガティブサイトを押し下げた結果、悪評サイトが検索結果の2ページ目以降に移動すれば、その内容はほぼ気にしなくていいと言えるでしょう。せっかく対策するなら、適切な方法で行い、ポジティブなイメージを付けたいもの。指名検索対策サイトについては、以下資料にまとまっておりますので、検討している方はぜひダウンロードしてください。

指名検索マーケット対策資料


反響率が変わる!指名検索マーケットを知る

Web上で反響を取るなら避けては通れない指名検索マーケット。商品購買にはもちろん、求人応募意欲にも関わる大切な検索市場です。資料を見ながら、自社の魅力や強みがユーザーに伝えきれている状態かしっかりチェックしておきましょう。

「反響率が変わる!指名検索マーケットを知る」資料はこちら

ネガティブサイト対策を考えているなら好影響になる施策を選ぶ

グレーなネガティブサイト対策をすると、逆に危険が伴います。確実な知識が無ければ運用するのは難しく、最悪のケースに至ることも考えられます。したがって本来であれば、できる限りポジティブサイトを用いたネガティブサイト対策を行うべきです。
そのサイトの中で求職者に自社の良さを伝えたり、購買検討者には事例を紹介するなどの前向きな情報を見せることが必要です。実際に検討者はあらゆる社名検索を行い、その内容を見て判断するため、好印象派へ転換させることが可能です。

全研本社では、バリュープロポジションに則したコンテンツマーケティング・Webのあらゆるメディアを7000以上作ってきました。ユーザーから選ばれるマーケティング戦略を仕掛けていきたい、より効率的な評判対策を模索をしているという方はこちらからご相談下さい。

お問い合わせ先安定的な集客を実現されることに興味を持たれましたら、全研本社マーケティングチームにご連絡をお願いいたします。全国どこでも対応。インターネットでのお問い合わせ、もしくはお電話で承ります。

集客コンサルタントに無料相談する

ページトップへ