エリア広告には欠かせないエリア戦略とは


エリア戦略とは、ターゲットとなるエリアにおける競合やマーケットの特性などに関する市場調査を行い、店舗の出店計画を立てたり、営業方法を選択したりすることです。

現在は市場が成熟しているため、不特定多数のマス市場に訴えかけても、売上を拡大し、マーケット・シェアを伸ばすことが難しいと考えられています。そこで市場を開発していくためにも、マス単位の戦略からエリア単位の戦略に切り替えることが重要です。

各エリアは全く同じ特性を持っている訳ではありません。したがって、各エリアが持つ特性を的確に把握し、その特性に合ったマーケティング・ミックスを実行する必要があります。

では次に、エリア広告について見ていきましょう。

エリア広告の種類


エリア広告とは、数多くの企業が利用しているマーケティング手法の一つです。事前にエリアを絞り込んで広告展開をし、ピンポイントでターゲットユーザーに宣伝を行い、集客に繋げていきます。

エリア広告には、オフラインタイプの広告と、オンラインタイプの広告の2種類があります。オフラインタイプの広告とは、インターネットを介さない広告のことで、

  • ポスティング
  • フリーペーパー
  • 新聞折込

などのことです。オンラインタイプの広告とは、ネット上で展開される広告のことで、

  • 地域SEO
  • リスティング
  • ポジショニングメディア

などのことを指します。では上記の6つの方法について詳しく解説していきますので、エリア広告戦略を仕掛ける際の参考にしてください。

オフラインタイプの広告

ポスティング

チラシがあれば、すぐにでも実施できるのがポスティングのメリットでしょう。自社でポスティングを行うなら、必要な予算は人件費と印刷代などです。新聞折込よりも外部にて外注する方が、費用がかかる場合があるので注意してください。

ポスティングを行う前にターゲティングをしておけば、特定のエリアを狙って販促を行うことができます。ただし、ポスティング禁止の物件もあるので、注意してください。

しかし、ポスティングしたチラシに興味を示してもらえない場合は、あまり見てもらえず、すぐに捨てられてしまう可能性も。また、ポスティング自体に嫌なイメージを持っている人もいるので、自社の印象が悪くならないよう、気をつける必要があります。

フリーペーパー

フリーペーパーは、ポスティングよりも費用をかけずにマーケティングを実施することができます。

A4の1/16の掲載サイズであれば、およそ3万円~5万円、A4の1/8の掲載サイズなら5万円~10万円程度です。広告のサイズだけでなく、掲載される場所も重要視する必要があります。

フリーペーパーの中には、育児ママを対象としたものや、富裕層を対象としたものなど、ターゲットを特化した媒体もあります。したがって、ユーザー属性に応じたターゲティングをすることができます。

フリーペーパーのデメリットは、発行サイクルによっては、短期間のキャンペーンの告知に使うことができません。また、競合他社も出稿していますので、読者の目を引くようなデザインや、掲載サイズを考慮する必要があります。

新聞折込

新聞折込を行う際は、新聞販売店ごとに配達エリアが決まっているため、配布するエリアを絞り込むことができます。

総務省により公開されている国税調査のデータを活用することで、性別・年齢・世帯構成など、さまざまなカテゴリーでデータを取得することが可能です。したがって、ファミリー層が多い地域を狙ってマーケティングを実施する、といったことができます。

しかし、新聞は高齢者には支持されている媒体です。ですので、家族多い地域に絞り込んで折込を配布したとしても、絞り込んだエリアでは、ファミリー層よりもシニア層による購読率が高い可能性があります。

また、競合他社も新聞折込によるマーケティングを実施しています。したがって自社の広告が、他の企業の広告の中に、埋もれてしまう可能性が高いです。

オンラインタイプの広告

地域SEO

検索結果の上位に自社を表示させるには、キーワードを選定して対策をしなければなりません。その際、例えば「歯科クリニック」「和食 レストラン」といったキーワード対策をするよりも、エリアを絞った地域名で対策をしてください。

なぜなら、どのエリアからも検索されるようなキーワードでは、仮に自社のサイトが検索結果で上位にランクインしたとしても、サイトを見つけた人の住まいが遠い地域なら、集客に繋げることが難しいからです。したがって、以下のようなキーワードで対策するのがおすすめです。

  • 「〇〇市 不動産会社」
  • 「〇〇駅 眼科」

また、エリア内で自社の提供しているサービスを探している人が、どのようなキーワードを用いて検索するのかを把握しましょう。
実際に通っている既存顧客の住所や勤務先情報などから推測をするのもよいでしょう。

これらを認識しながらSEO対策を行うことで、集客や収益に繋がりやすい、自社と親和性の高いユーザーへアプローチをすることが可能です。

リスティング

リスティング広告とは、検索したキーワードに連動して表示される広告のことです。リスティング広告には、Google広告やYahoo!広告などがあります。

例えばGoogke AdWordsのリスティング広告では、キーワードを設定する機能があります。検索する際に用いられる、それぞれのキーワードに対応した広告を表示させることが可能です。

また、「世田谷区」に居るユーザーに対しては、「世田谷区 リフォーム」という文言が入った広告を表示させることができるだけでなく、ユーザーの検索所在地に合わせて広告を配信することも可能です。
検索リテラシーはユーザーごとに違うため、検索に慣れているユーザーはしっかり「○○駅 脱毛」と検索をすることが出来ますが、出来ないユーザーはとにかくおすすめの脱毛サロンや医療機関を探そうとします。

そういった地域を絞った検索をしていないユーザーにもリスティング広告を出稿することが出来るのです。

Google AdWordsにはその他にも、

  • 曜日や時間を指定するスケジュール設定機能
  • ユーザーの性別や年齢を指定するユーザー属性ターゲティング機能
  • ユーザーが使っているデバイスを指定するデバイス設定機能

などの機能があります。
他にも少し応用が必要ですが、自社サイトに一度訪れたユーザーを追従してディスプレイ広告を出稿できる「リマーケティング」を使うことで、
取り逃がしたユーザーにアプローチが出来ます。こちらも自社商圏ユーザーに絞った広告出稿が出来る為、出稿時にはしっかり絞りましょう。

ポジショニングメディア

特定のエリアやジャンルに特化した、ポジショニングメディアを活用するのもおすすめです。

ポジショニングメディアは、自社の提供している商品やサービスの価値や強みを、強くアピールすることができるサイトです。したがって、複数の同業者の情報をただ並べて発信する、ポータルサイトとは異なります。また、自社の商圏に対応し、尚且つSEO対策なども行われています。

ポジショニングメディアでは、よくあるランキングサイトのような自社を過度にアピールするのではなく、競合他社に関する正確な情報もきちんと掲載します。
したがって閲覧者からすると自分のニーズに従って業者を選べるサイトのように見えますが、
掲載側からすると自社にマッチしたユーザーのみを集客できるため、決定率=売上に繋がる濃い集客をすることが出来るという仕組みです。

最も広告で苦労する「自社が良いと思って頂き、問い合わせまでにつなげる」という難点を解消できるマーケティング施策になります。
自社商圏でこのようにブランディングしたい、競合との違いを認識してもらいたいという時にも有効です。

エリア広告・エリア戦略まとめ


オフライン広告はポスティング、フリーペーパー、新聞折込以外にテレビCM、雑誌、ラジオなども含まれます。オフライン広告を活用する際は、それぞれのメリットとデメリットを確認し、自社に合ったものを選ぶようにしてください。

オンライン広告に関しては、リスティングはあくまでも広告としての認識がされており、クリック率は低いです。しかし、検索結果上にあるWebサイトは広告とはみなされにくく、クリックされる傾向があります。

そのため、自社商圏にあった自社HPに対するSEO対策とポジショニングメディアの展開を行うことで、効率的に閲覧者を増やしながら自社が選ばれやすい市場環境を作ることができます。

エリアに根差した広告戦略は全研本社へ


専門的な知識がない個人や企業が、エリア広告戦略を仕掛けて成功に繋げるのは、なかなか難しいかもしれません。

特にオンライン広告に関しては、オフライン広告とは違って運用の知識が必要ですので、自分たちで取り組むのは困難だと感じている方も多いのではないでしょうか。エリア広告で集客を図る際は、専門知識を有する外部企業に依頼する方が結果を出しやすく、また効率が良いです。

弊社、全研本社は6000件のWebコンサルティング実績から御社に最も合ったWebソリューションを提供することができます。

エリアに根差した広告戦略なら全研へ、ぜひ一度ご相談ください。

ご相談者様限定!

Web集客経験6000社分のノウハウを活かした市場調査資料プレゼント中!
コンサルが勝てる市場競合情報をお伝えします。

無料相談はこちら