主婦・ママ層の集客の広告媒体となるスマホメディアとインスタ活用法

主婦・ママ層の集客の広告媒体となるスマホメディアとインスタ活用法
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

主婦・ママ層の集客の広告媒体となるスマホメディアとは?インスタをどう活用する?

主婦向け・ママ向けの集客では、どのような方法を活用されているでしょうか。

テレビCMや雑誌広告、フリーペーパー、デジタルサイネージ、GMSや大型商業施設での販促プロモーションなど、多くの手法を想定できますが、新型コロナウイルス感染症が流行する前と同様の広告効果は得られているでしょうか。

こちらでは、主婦やママをターゲットにした商品やサービスの集客方法で、優先すべきことについて見ていきましょう。

時間に追われる主婦やママはスマホしか見ない

時間に追われる主婦やママはスマホしか見ない
主婦やママ層の集客を検討するにあたり、まずは想像してみて下さい。優雅に雑誌を読む主婦や、TVをずっと見続けるママさんを想像できるでしょうか。また、想像できたとしてそのような人はどれほどいるでしょうか。

主婦やママは常に時間と追いかけっこ状態で、じっとしている暇などないという場合が多いはずです。仕事と子育てを両立させているママであれば、仕事以外の時間はさらに少なくなっています。

そんな主婦やママたちが情報収集するデバイスといえば、TVでもパソコンでもありません。出先でもちょっとした合間でも使えるスマホしかないのです。したがって主婦やママ向けの販促プロモーションは、スマホ最優先ということになります。

女性の集客はマーケティング視点で企画を提供すると、ドはまりする可能性を秘めています。いったん主婦層・ママ層に受け入れられれば、彼女たちが自発的にプロモーションを展開してくれるからです。

女性集客でおさえておくべきポイントについては、下記ページでくわしく掘り下げていますので、ぜひこちらもご覧ください。

広告媒体以上に主婦・ママの購買意欲をあおるのは「Instagram」

スマホによる集客にもLINEをはじめとするさまざまなSNSや検索エンジン上の広告、Webメディアやポータルサイト、通販サイトなどでの広告と多種多様な集客方法があります。ここではその中から、注目すべき集客方法をピックアップして紹介していきましょう。

スマホ中心の生活となれば、集客ツールとしてもっとも有効なものはSNSであることは間違いありません。特にInstagram(インスタグラム)は購買行動に繋がりやすいSNSとして、多くの企業が活用しています。

実際に株式会社サイバー・バズが行った「女性ユーザーのSNSを活用した購買行動」の調査では、女性インスタグラムユーザーの61.5%がハッシュタグ検索を利用し、そのうち41.5%が検索から商品購入の経験があるという結果が出ています。

自分の欲しい商品が定まっている場合、関連キーワードとなるハッシュタグから検索するなど検索エンジンとして主婦に重宝がられています。

フォローしているインスタグラマーの生活様式を真似る

フォローしているインスタグラマーの生活様式を真似る
Instagramでは、インスタグラマーも購買意欲をあおるきっかけとなり得ます。

例えば自分がフォローしているインスタグラマー宅のソファーを見て、同じようなものを探して買ったり、ファッションを真似たり、おすすめのコスメを買ったりという感じです。

「マイクロインフルエンサー」といわれるインスタグラマーたちのアカウントが、検索エンジン替わりになっているという実態があります。このマイクロインフルエンサーについて、もう少し触れておきたいと思います。

マイクロインフルエンサーを活用した広告手法

マイクロインフルエンサーは主婦やママに対して最もインパクトを与えるインフルエンサーで、フォロワー数は1万人程度ながら、投稿に対するエンゲージメントが非常に高いインフルエンサーを指します。

消費者の購買意志決定への影響力が特定の分野やコミュニティで特に強く、ジャンル特化型インフルエンサーーともいわれています。「フォローしている=ファン」であるフォロワーは、そのインスタグラマーが使っている家具やライフスタイルに憧れ、購入します。

主婦やママの購買行動に大きなインパクトを与えるインスタグラマーを使ったプロモーション会社はいくつもありますが、ここでは2社ほど紹介しておきましょう。

ママグラマー

ママグラマー

画像引用元:ママグラマー公式サイト(https://www.mamagramer.com/)

その名の通り、ママに特化したInstagramプロモーションを展開する企業です。ママ層やファミリー層へのプロモーションを効果的に展開したい場合、ママグラマーによる情報発信を有効に活用できます。

子育てにおいては、子供の月齢によって必要情報が大きく異なるため、フォロワーとインフルエンサーのマッチングがうまくいけば、「そうなの、こんなものが欲しかったの!」と即購入につながる可能性もあります。

ページトップへ