女性の集客方法をマーケティング視点で考える

女性の集客方法をマーケティング視点で考える
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

女性客をターゲットにする理由

消費の80%は女性が中心!?

女性は一般的に男性よりもショッピング好きな方が多いです。そのため、売上アップを狙うためには女性をターゲットにすることは避けて通れないと言えます。

また、消費の約80%は女性がコントロールしているという調査結果も出ています。家や車と言った大きなショッピングは一見男性がコントロールしているように見えますが、実際に使用頻度が高い女性が多くの購買に関してはカギを握っていると言っても過言ではありません。

日頃使う頻度が多かったり、持ち物も多数ある女性は、マーケティングの観点ではぜひ押さえておくべきターゲットなのです。

女性が喜ぶ!オンナゴコロを踏まえた集客術

女性をターゲットにするならば、女性視点に立ったマーケティングが重要です。これまでのマーケティング手法は男性的。マーケティング”手法”というように、論理的な思考に基づいてマーケティングは行われていました。しかしターゲットを女性にするのであれば、大切なのは論理ではなく感情に訴えることです。

よほど金額が高くない限り、直感的に「欲しい」と感じなければ女性は商品を購入することはありません。女性のためのマーケティングで必要なことは、いかに効果的に感情へ訴えかけるということなのです。

何よりも大切なのが、女性の心すなわち思考回路を理解することです。これを理解することができればマーケティングは成功と言い換えることができるほどです。

しかし、いきなり女性の思考回路を理解してほしいと言っても難しいと感じる人が多いはず。そこで実際の施策を元に、女性が喜ぶマーケティングについて考えてみましょう。

特別感:女性限定のサービスを用意する

女性は特別感に弱い!

「あなただけに」と言われると、つい気になってしまう…そんなことはありませんか?恋愛でも言えることかもしれませんが、自分だけに向けた特別感はつい気になってしまうものです。これを商品に当てはめたとすると、ついその商品が欲しくなってしまうことがあるのではないでしょうか?

女性限定の特別感を演出するために、女性限定を謳ったサービスを提供することは消費の後押しになります。男性に置き換えた場合でも、特に欲しくないと感じる商品であっても「男性限定で値引きします」と言われれば、つい欲しくなってしまうのではないでしょうか?

男性からすると映画館のレディースデーを筆頭に、女性は女性限定の特典に慣れているように感じるかもしれません。しかし実際のところそんなことはく、何度あっても女性限定の特典は嬉しいもの。その女性心理をマーケティング戦略に活かせるかどうかで、集客の伸び具合は変わってくるでしょう。

後押し:アンケートや口コミを活用する

女性は「誰かが言っていた」に弱い!

女性は誰かに後押しされることに弱いです。そのため「あの人がこう言っていたよ」「これを持っているあの人が褒めていたよ」など、誰かが商品を後押ししていると取ることができる情報に弱いのです。

商品の購入やイベントに足を運ぶ際に、実体験がある人が近くにいることが望ましいですが、実際のところそのようなシチュエーションはあまり想定できません。そんな時に役に立つのが、アンケートや口コミと言った世間の声です。

「誰か」は知り合いでなくても良い

「誰か」の後押しがあると購入に至りやすい女性ですが、その「誰か」は必ずしも自分の知り合いである必要はありません。実際にイベントに参加していたり、商品を利用したことがある人の声であれば参考にできるのです。

そのため事前にできるだけ多くのアンケートなどを回収することで、口コミなどを集めておき、その声を伝わりやすくしておくと効果的でしょう。

直感的:関連性のある商品・サービスを用意

ピンとくることに女性は弱い

自分が既に持っている商品との関連性を上手に訴えられたら、つい欲しくなってしまうのではないでしょうか?

例えばコーヒーマシンを既に持っていたとして、「この器具を取り着けたら紅茶も飲めますよ」と言われれば、つい購入したくなるかもしれません。論理ではなく直感的に「あ、それ便利かも」と思ってもらうことができれば購買に繋がりやすいのです。

ひとつの商品に対して、シリーズ商品はもちろん同じカテゴリーの商品などは世の中に多く存在します。さらにはその商品を活用する生活導線を想定し、その上で使用することができればより購買には結び付きやすくなります。女性心理を的確に理解し、購入へ結び付けるようにしましょう。

安心感:お試しマーケティング

実際に使えることは安心感につながる

女性はショッピングの頻度が高いからこそ、時として「これは必要なかったかも」と思うものまで購入してしまうことがあります。そのような経験が積み重なった時、今すぐ必要のない商品の購買意欲は低下するものです。

また、「実際に買ってみて使い勝手が悪かったら使わなくなるな」と言った類のリスクヘッジは行うことが多いため、実際に商品を体験してもらうことで使用感を確認し、必要なものとして認識してももらうことができれば購買に繋がる可能性があります。

手作り感:手書きの良さを出したい

安心感を求めている

輸入物の商品などが簡単に手に入るようになった今、「誰がどこで作っているのか」ということを気にする女性は多いです。そのように商品の出所に敏感な女性に刺さるのは、手書きによる温かみを感じるアプローチ方法です。

「誰かが書いている」という安心感は、様々な手間をカットして無機質な広告も増えているからこそ際立ちます。また実際に顔を出さなくても、「誰かが作っている」という安心感を持ってもらうことが可能です。時間を掛ける余裕があるのであればオススメの方法です。

楽しめる:体験型イベントを提供

女性×体験型は上手くいきやすいコンテンツ

実際にコンテンツを体験できるイベントを女性は好む傾向にあります。様々な商品の価値を実際に感じてもらうことは企業側にとっては一見手間にも感じますが、それによって購買に繋がることも多く想定されます。

代表的な例を挙げると、ABCクッキングスタジオは料理体験教室を通して女性に体験を提供し、実際に教室へ通う女性を増やしました。体験型の場合一人で参加することはもちろん可能ですが、友人などと参加することができるため、その時の気持ちを共有しやすく継続にも繋がりやすくなります。

またシンプルに「楽しかった」と感じてもらうことで、次回も参加し、課金する意味に繋がります。商品と体験が直結していることが重要ではありますが、検討してみる価値はありそうです。

女性集客のためのキャッチコピーの作り方

そのキャッチコピーは本当に女性目線か?

近年、生活の中にはありとあらゆるチャネルが取り巻くようになりました。自宅で家事をしたり、ショッピングを楽しむ時間が一般的に男性より長いとされている女性は、あらゆる場所でセールスを受け続けており、セールス疲れを起こしています。

また、様々な商品を実際に手に取って見ているため「この人はこの商品を売りたいんだな」ということに敏感です。企業のゴールはもちろん商品を購入してもらうことです。しかしその欲が前面に出すぎてしまうと、かえって顧客離れを引き起こす可能性があることを踏まえて、キャッチコピーを作成する必要があります。

カギは生活の中の不平・不満

女性は日頃の生活の中であらゆるストレスを受けています。そのため、そのストレスを解消できるということに強く反応した場合に、購買欲求が高まる傾向にあります。すなわち女性がストレスを感じている根源を見つけ、それが解消できるというアプローチを行うことが良いキャッチコピーを作成する第一歩なのです。

その商品はストレスを解消できるか?

どれだけ良いキャッチコピーができたとしても、大切なのはその商品が女性の不平・不満を解消できることにあります。その点が抜けていては元も子もありません。

後にクレームにならないよう、しっかり事前に「本当にこの商品で女性の不平・不満が解消できるか?」という点を見ておく必要があります。

自社の商品の特長を丁寧に洗い出し、女性の不平・不満が明確であれば、必然的に訴求ポイントが見えてきます。そのポイントをストレートにキャッチコピーに落とし込むのではなく、女性が「行きたい!」「欲しい!」と思えるように動機付けをキャッチコピーの中で行うことが大切です。

動機付けをキャッチコピーの中で行うことができれば、成功できるキャッチコピーと言えるでしょう。先の集客術のような女性の心を理解することができれば、動機付けもしやすくなります。

女性の集客方法まとめ

女性は一般的に男性よりも日頃の購買頻度が高いことから、消費に対するアンテナが高いということができます。そのため男性同様のマーケティング戦略に効果がないことはもちろんのこと、女性心理をしっかり読み取った戦略でなければ購入に結び付くことはありません。

日頃の生活の中に女性に響く要素は散らばっていることが多く、ひとつひとつ不平や不満を拾っていくことができれば、女性に納得してもらえるマーケティング戦略を立てることができ、結果的に集客に繋げることが可能です。

狙いたい女性を的確に集客していくWebマーケティング戦略にお困りでしたら、弊社までお気軽にご相談くださいませ。
集客のご相談はこちら

ページトップへ