フランチャイズ加盟店(FC)は集客・募集方法と広告戦略で決まる!

フランチャイズ加盟店(FC)は集客・募集方法と広告戦略で決まる!
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

フランチャイズ事業を展開する本部にとって「加盟店オーナーをいかに集められるか」が、事業成功のカギを握ります。とはいえ、オーナーを集めるにも、どのような方法を選択すれば良いのでしょう?

近年では、Webを使った集客が主流ですが、一口にWeb集客といっても、その種類はさまざまあります。この記事では、キャククルが培った120業種以上の集客ノウハウを活かした加盟店オーナーを増やす「Web集客方法」の種類を中心に解説します。

さらに、

  • こんな顧客が欲しかった!」という集客が増えて受注単価が2.5倍に上がった
  • 数ある競合他社から当社に興味を持ってもらい商談から契約までの時間が3分の1に短縮できた
  • 当社の「強み」を理解してくれる顧客が増えて商談率が8割までアップした

など、自社の「強み」を理解したリードを獲得できる集客方法「ポジショニングメディア」についても紹介します。

フランチャイズ加盟店オーナーをオンラインで集客する主な方法

フランチャイズ加盟店オーナーをオンラインで集客する主な方法

自社サイトのユーザビリティ(使いやすさ)改善

Web集客方法として、まずは自社サイトで情報を発信します。その際に注意すべきことは、「誰が見ても分かりやすいデザイン構成」「問い合わせしやすい情報設計」「スマートフォンでも最適化された表示」にしておくことです。

たとえば、パソコンからサイトを見ると正しく見ることができるが、スマートフォンから見るとホームページが一部分しか表示されなかったり、全て表示されなかったらユーザーからすると利用しにくいです。

このような状態を回避するためにも、パソコンやスマ―フォン、タブレットなど、どんな情報端末からでも見やすい「ユーザビリティ」を改善する必要があります。

SEO検索エンジン最適化

自社サイトの情報をユーザー(加盟店オーナー)に見てもらうには、検索エンジンで上位に表示されるようにしなければいけません。そのために必要なのが「SEO対策」です。

SEO対策では、特定の検索キーワードで上位表示を狙うだけでなく、ユーザーが調べたい複数のキーワードでも上位を狙う必要があります。たとえば、ラーメンのフランチャイズ店を出したい人が「ラーメン フランチャイズ」と検索して上位に表示されたとします。

しかし、ラーメン業界で独立したい人が必ずしも「ラーメン フランチャイズ」のキーワード検索するとは限らず「ラーメン 経営」と検索する人もいるかもしれません。

限られたキーワードだけ上位になっていても集客率が高まるとは限りませんので、類似する複数のキーワードでもアプローチできるSEO対策が必要です。

リスティング広告

リスティング広告では、ユーザーが検索するであろうキーワードに対して広告を入れることができます。また、PPC広告といって1クリックあたりで費用が決まるので、予算を決めて広告を入れることができます。

しかし、ある程度IT知識のある人は、広告と知っているためクリックしない場合もあります。しかし、狙ったキーワードで検索結果の上位に表示されるため、「今すぐ集客したい」方に向いているWeb集客方法です。

ポータルサイトへの広告出稿

加盟店を募集中のフランチャイズ情報が豊富

フランチャイズ加盟店検討者に対して、「オーナー募集」の情報を確実に届けたいなら、検討者が必ずといって良いほどチェックするメディアへ広告を掲載するのが効果的です。その代表的な媒体が「ポータルサイト」です。

フランチャイズ業界でも、フランチャイズ専門のポータルサイトが数多く存在しています。オーナー検討者は、各ポータルサイトの「加盟店募集」の広告をチェックし、「商品サービス」「経営方針」「契約条件」などを比較しながら、「どの企業が最適なのか」を見極めます。

競合他社も多数掲載!「選ばれる工夫」も必要

フランチャイズ専門のポータルサイトでも代表的なのが、独立・開業支援サイトの「アントレ」です。オーナーを募集する企業(フランチャイザー)とオーナー検討者(フランチャイジー)とを「マッチング」させるサイトで、実際に多くの検討者が訪問しています。

しかし、当然のことながら、競合他社も広告費を投じて掲載しており、サイト内は、競合と「ひしめき合う状態」です。その中から1社に選ばれるには、競合と差別化させる魅力的な「キャッチコピー」や「画像」を準備したり、より目立つためにサイズが大きい広告枠に掲載したりなどの対策が必要です。

自社単独でできるWeb集客方法もある

フランチャイズ検討者に、フランチャイズ情報を早期に届けたいなら、高いアクセス数で集客力のあるポータルサイトの活用も一つの方法です。

しかし、前述したように、同じポータルサイト内に存在する、多くの競合の中から、即座に1社に選ばれるのも容易なことではありません。

また、費用をかけて掲載する以上、あくまでも最終的なゴールは「契約獲得」です。問い合わせがあったとしても、競合他社と比較される資料請求ばかりで、契約が獲得できなければ意味がありません。

そこで、「契約の獲得」を目的とした、「貴社のフランチャイズに加盟したい」という反響が得られる、ポータルサイト掲載以外で、自社単独でできるWeb集客方法があります。

それが、フランチャイズ事業に特化し、貴社のフランチャイズ事業の強み(競合にはない価値)を明確にしたWeb専門メディア「ポジショニングメディア」です。

ポジショニングメディアとは?

ポジショニングメディアのイメージ画像詳細についてはお問い合わせください

オーナー検討者が求めるフランチャイズ事業専門のWebメディア

ポジショニングメディアとは、「貴社のフランチャイズに加盟したい」という契約の見込み度が高いユーザーだけを集客する、特定のフランチャイズ事業専門のWebメディアです。

現状、フランチャイズ事業をアピールする方法として、ポータルサイトに掲載するケースが多く見受けられます。アクセス数が非常に多いため、多くのオーナー検討者に自社のフランチャイズ事業をアピールするには効果的です。

しかし、だからといって「今すぐ加盟しよう」と問い合わせをするわけではありません。数多く存在するフランチャイズ事業の一つとして、あくまでも比較検討の「情報収集」として閲覧するユーザーが多数いらっしゃるのも事実です。

どのフランチャイズ運営企業を選べば良いのかが分かる

一方、ポジショニングメディアは、例えば、「介護福祉」「買取」「学習塾」など、オーナー検討者が求めている「フランチャイズ事業」をテーマにしたWebメディアを独自に開設。その特定のフランチャイズ事業に興味がある方だけを集客します。

たとえ、業界知識があまり詳しくなくても、オーナー検討者にとって、「自分が関心を持っているフランチャイズ事業の中でも、どの運営会社が自分に相応しいのか」簡単に探すことができます。

また、掲載する企業にとっても、自社のフランチャイズ事業の「特徴」や「強み」をしっかりと理解してもらいながら、認知度向上や資料請求をはじめ、成約率の高い反響の獲得が可能です。

ポジショニングメディア導入前と後の違い

ポジショニングメディアからの問い合わせは、よくある「とりあえず資料請求」のような、競合他社と比較検討するレベルの温度感ではなく、「貴社のフランチャイズ事業の加盟を検討しているので詳細を教えて欲しい」という契約への温度感が高いリード獲得が可能です。
ポジショニングメディアのコンバージョンフロー

このように導入意欲が高いリードが獲得できることで、競合他社との価格競争に巻き込まれることなく、成約率や受注単価の高い成約が実現できます。

「貴社に加盟したい!」温度感が高い反響を獲得したい方はコチラ

ポジショニングメディア導入の体験談

実際にポジショニングメディアを導入した企業さまから頂戴した体験談を一部ご紹介します。ポジショニングメディアは、注文住宅、不動産、リフォーム、学習塾、結婚サービス、美容医療など、すでに120以上の業種で導入されています。

注文住宅・リフォーム系

指名客が増えた。成約率が上がった

自社サイトからと電話の問い合わせが増えた。問い合わせに来ているお客様の質が変わったことが、実感していること。

以前はとりあえず来たお客さんが多く、接客回数は多いが結局決まらないということが多く非効率だったが、最近は「指名客」が増えた。指名客なので、最初から決めてきている方という意味で、営業接客回数も少なくすみ、決まる件数が増えた

専門学校・スクール系

資料一括請求サイトとくらべ、驚異的な最終CVR

驚異的な最終CVRをたたき出している。リスティングや資料一括請求サイトでは考えられないです。様々な資格でお付き合いさせていただいておりますが、これだけあたりの良い媒体も珍しいのではないでしょうか。

お客さんがいかに購買意欲の高いユーザーかを実感しています。

フランチャイズ業界でも導入済で、これまで「とりあえず資料請求ユーザー」が多かったのが、ポジショニングメディア導入後は、「本気度が高いユーザー」からの問い合わせが増えたとの声を頂いております。

ポジショニングメディアに関して、今すぐ資料請求したい方はこちらからどうぞ。なぜ、商談化率や成約率が高い反響が得られるのか詳しく紹介しています。

フランチャイズ加盟店オーナーをオフラインで集める方法

加盟店オーナーをオフライン(Web以外)で集客する方法には、折り込みチラシ、店先広告、電車の中吊り、看板広告などさまざまな方法があります。オフラインは、Web集客とは違って「エリア属性」を加味した集客・宣伝ができるメリットがあります。

折り込みチラシ

フランチャイズ加盟店の集客の折り込みチラシを配るときには、地域を絞って配ると効果的です。大規模にフランチャイズ加盟店を集客しているのであれば、広範囲に折り込みチラシ配布すると良いでしょう。

特定のエリアに絞って集客したい場合は、そのエリアだけに配布することで募集者が集めやすく費用も安くて済みます。また、ユーザーが知りたがっている情報を記載することでユーザーの目を引くことができます。

たとえば、フランチャイズ店舗を運営する上での費用や手順などの情報を記載することが重要です。チラシの作成費用などがかかってしまいますが、ユーザーにフランチャイズ加盟店の魅力を伝えることができます。

看板広告

オフラインの集客には看板広告もあります。看板広告であれば、その地域の多くの人の目に留まり、加盟店の運営に興味を持つユーザーが現れる可能性もあります。

また、Web上で広告した場合にはWebをあまり利用しない人には宣伝効果がありませんが、看板広告なら、Webを利用しない人でも宣伝効果が見込めます。看板の配置場所を工夫することで集客率を高めることもできます。

たとえば、多く集客したければ、人通りの多い大通りに配置するとより効果的です。

中吊り広告

フランチャイズ加盟店の集客には中吊り広告も効果的です。中吊り広告は、電車の中吊りにある広告ですが、ここに配置することで自然と目に入る位置で宣伝することができます。

電車などに設置しているので、大量に広告を準備する必要がありませんし、多数の人の目に入ります。このことからも、中吊り広告は、低コストのわりに効率よく集客することができるというメリットがあります。

店先広告

加盟店の集客には店先広告も効果的です。店先での広告は他の広告と違い、実際の店舗内で行う宣伝になります。そのため、店舗を利用した人が見ることになるので、ユーザーへの宣伝効果も高まります。

また、店舗についてのPRや良さなどを紹介することで、興味を持っていただける可能性があります。このように、店先広告はユーザーが知りたい情報を掲載しつつ、店舗の良さをユーザーに伝えることができる募集方法です。

フランチャイズ展示会への出店

フランチャイズ加盟店の集客にはフランチャイズ展示会への出店という手段があります。フランチャイズ展示会では、実際の店舗を模したブースがあったり、実際にサービスを提供している様子を見ることができる催しを行うことも可能です。

他の広告のように文章で魅力を伝えるのではなく、実際にブースを見たり、担当者の方に詳しい話を聞くことで魅力を伝えることができる集客方法です。

ユーザーが担当者に疑問に思ったことを質問することもできるので、ユーザーの知りたい情報を提供することができる集客方法といえます。

「こんな加盟店オーナーが欲しかった」と言えるWeb集客をしたい方へ

「こんな加盟店オーナーが欲しかった」と言えるWeb集客をしたい方へ

自社のフランチャイズ事業に賛同しオーナーになって頂ける方を集めたいなら、競合他社と何が違うのかを明らかにし、自社の「強み」を打ち出したWeb集客戦略が必要です。

これまでに、ネット広告をいろいろ試したものの、

  • 何の反響もなく次の打開策が見えない
  • 問い合わせがあっても他社と比べられるばかり
  • 単発的な広告掲載ではなく長期的な戦略が立てられるパートナーからの提案が欲しい

なら、全研本社にお任せください。全研本社ではフランチャイズ業をはじめ、120業種以上のWeb集客実績がございます。

貴社の「強み」を打ち出し、強みを必要とするユーザーを集める戦略を長期的な視点でご提案いたします。

オーナー検討者から選ばれる
Web集客の相談をする

ページトップへ