JPCA Showの出展概要や料金、評判を調査

JPCA Showの出展概要や料金、評判を調査
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

この記事では、電子機器の大型展示会「JPCA Show」の出展概要や料金についてまとめました。評判や出展の流れについても説明しているので、出展を検討している方は参考にしてください。

自社の製品やサービスの認知を広げたい時に、効果的な手段として展示会への出展が挙げられます。展示会へ出展することで、これまでの営業活動ではリーチを広げられなかったユーザーにも自社のPRが可能であるからです。

今回の記事では、電気機器の展示会「JPCA show」について解説していきますので、出展にお悩みの方はぜひ参考にしてみてください。

JPCA Showの特徴

jpcashowキャプチャ画像
引用元:JPCA2022公式サイト(https://www.jpcashow.com/show2022/index.html)

JPCA Showは、電子回路や実装技術、ウェアラブル技術といった電子機器に特化した大型展示会です。年に一度、東京ビッグサイトで開催されるJPCA Showは、5Gや次世代自動車から通信まで、専門性の高い電子技術を扱う企業が幅広く出展しています。

JPCA Show2022開催概要

  • 日程:2022年6月15日(水)~17日(金)
  • 時間:午前10時~午後17時
  • 場所:東京ビッグサイト 東2~6ホール

専門性・注目度の高い電子技術が集まる

電子機器を扱うイベントの中でも、JPCA Showは特に専門性が高く、注目を集める次世代の電子機器業界の企業が出展しています。最新技術の情報交換や提案を行う場として活用が可能です。

出展企業分野:5G、次世代自動車、インフラ・通信、ロボット、ウェアラブル など

コロナ禍でも200社以上が出展

2021年はコロナ禍での開催となりましたが、JPCA Showの出展企業は200社を超え、来場者数16000人以上を記録しています。2022年はコロナ前の規模で開催予定のため、前年よりも出展企業、来場者数ともに増加する見込みです。

JPCA Showの出展料金

イメージ画像

JPCA Showの出展料金は以下の表の通りとなります。

区分 1小間/9㎡
一般 451,000円(税込)
一般早期 419,100円(税込)
会員企業 通常 385,000円(税込)
早期 360,800円(税込)
20小間以上 338,250円(税込)

※「一般早期」は非会員企業が対象となります。
※上記の料金に、小間設営・装飾費、電気・給排水、小間内清掃費、廃棄物処理費などの工事費および使用料は含まれません。

パッケージブースプラン

価格:82,500円(税込)
1小間のベーシックプランで、最低限のブース造作や電源、カーペットなどが付属しています。

JPCA Showの口コミ・評判

JPCA Showの出展に関する口コミは見つけられませんでした。

JPCA Showは2021年で50周年を迎える、歴史ある展示会です。出展企業、来場者ともに最新の電子技術を扱う企業が集まります。分野に関係なく、電子機器に関する事業を展開する企業は、参加しておきたいイベントではないでしょうか。

JPCA Showに出展するメリット

イメージ画像

電子機器技術の総合展示会であるJPCA Showへ出展することで、以下のようなメリットがあります。

会期前後も出展効果をアップ

展示会開催前後には、ウェビナーや展示会ダイジェストの発行が行われます。展示会開催中だけでなく、会期前後にも来場予定者や来場者にアプローチが可能なため、出展効果を最大限に強化できます

SDGsデバイス展も開催

2022年のJPCA Showでは新たにSDGsデバイス展の開催が予定されています。SDGsデバイス展はSDGs具現化技術が対象で、再生可能エネルギー関連エレクトロニクスなどを扱う企業が出展します。

新たな展示会が追加されることで、来場する企業の分野の幅が広がり、より多くのユーザーへPRできるチャンスとなります。

基調講演など、セミナーを実施

2021年に開催されたJPCA Showでは、100本以上のセミナーが実施されました。2022年もセミナーやイベントが開催される予定です。企業が出展するだけでなく、展示会内でセミナーも同時に実施することで、セミナー目的で来場したユーザーにも自社を知ってもらうきっかけができます

JPCA Showの出展までの流れ

イメージ画像

JPCA Showへ出展を希望される企業の方は、JPCA Show公式サイトからオンラインで出展申し込みを行います。

出展申込みスケジュール

  • 申込開始日:2022年1月17日(月) 午前10時~
  • 早期申込み締切日:2022年2月18日(金)
  • 早期申込み締切日(2020年申込の会員・非会員企業):2022年3月11日(金)
  • 最終申込み締切日:2022年3月11日(金)

開催までのスケジュール

  • 3月下旬:出展マニュアル公開
  • 4月上旬:小間位置選択会・出展者説明会開催
  • 2022年6月13日(月)~14日(火):搬入期間
  • 2022年6月15日(水)~17日(金):展示会開催

出展オンライン申込みページ

JPCA Show公式サイト:https://www.jpcashow.com/show2022/jp/submitting/index.html#.

他の集客施策も織り交ぜたWebマーケティングをしよう

イメージ画像

JPCA Showへの出展は、分野を超えて自社の電子技術の認知を高めるために効果的な手段です。国内外から様々な分野の企業が来場するため、効率的に集客を行えます。

しかし、リアルでの展示会は情勢によって、中止や延期になる可能性があります。コロナ禍の影響からオンライン展示会が急速に普及し、リアル展示会への参加を控える企業も少なくありません。

そこで、展示会への出展だけでなく、安定的なリード獲得、商談機会創出のためにも他の集客施策を同時進行で進めることも検討しましょう。

具体的には以下のような集客施策が有効です。

  • 製造業に特化をした他ポータルサイトへの掲載で認知度アップ
  • SEO対策で商圏内ユーザーへのアプローチ
  • ポジショニングメディアで受注に近いユーザーを創出して集客する

下記のページでは、製造業のポジショニングメディアを活用した集客施策について解説しています。展示会以外で、継続的な集客施策をご検討中の製造業の方はぜひ参考にしてください。
競合と差をつける
Webメディア戦略とは

ページトップへ