建築・建設業におけるブランディング戦略のポイント

建築・建設業におけるブランディング戦略のポイント
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

建築・建設業が抱える課題

ブランディング戦略を立案するためには、建築・建設業の抱える課題を分析しましょう。なぜなら自社の属する建築・建設業界の現状を把握することで、自社のブランド価値を効果的に高めることができるからです。

深刻な人材不足

人材不足が建築・建設業の一番の課題です。人材不足の深刻さは、他産業より常に数倍高い有効求人倍率が示しています。

参考:一般職業紹介状況(職業安定業務統計)|厚生労働省 (https://www.mhlw.go.jp/toukei/list/114-1.html)

建築・建設業に労働者が入職しない理由は、建築・建設業が3K労働であり、慢性的な長時間労働や不安定な雇用条件を求められるとイメージしているからです。

実際には職場環境や雇用条件を向上させている企業が存在しても、採用市場において求職者へ建築・建設業の魅力が伝わっていない可能性があります。

また新たに入職する若い労働者が少ないため、高齢化が進んでいます。体力が低下してくる40、50代の職人たちの割合が多いと、現場全体の生産性が低いです。経験を積んだ職人たちが管理者となり、十分な数の若い労働者を育成できていません。

したがって職場環境や雇用条件を改善しながら、建築・建設業の魅力を若い世代へ発信することが必要です。

業務効率化やデジタル化への対応

建築・建設業にデジタル技術を導入し、業務を効率化させることも重要な課題になります。なぜなら職人気質の建築・建設業界においては手作業が好まれるため、多くのアナログな仕事が不効率に行われているからです。

建築・建設現場の職人たちは高いスキルを世代間で共有・伝承してきました。しかしいつでも誰でも習得・活用できるように、全てのスキルが体系化されているわけではありません。設計から現場作業に至るまでデジタル技術を導入することで、多くのスキルを習得しやすくできます。

もちろん手作業でしか行えない業務もありますが、会議や連絡、書類・図面の作成・管理などにデジタル技術を導入すれば、異なる現場にいる従業員たちがリモートワークすることができ業務が効率化されます。従業員がデジタル技術を習得できるように、研修体制を整えることが必要です。

業務にデジタル技術を導入することで効率化されるだけではなく、余分な人的コストを減らし人材不足解消を図ることができます。

コロナ禍の業績悪化

コロナ禍による建築・建設の業績悪化が、最近の課題として浮上しています。

建築・建設業のコロナ禍による倒産数は、飲食業の次に多いです。飲食業や観光業の業績悪化により、内装工事や電気工事の依頼が減ったことが影響しています。またオフィスを設置しない業態が増えることで、建築・建設の需要が減ってしまいます。

参考:全国企業倒産集計2020年度 | 倒産集計 | 株式会社 帝国データバンク[TDB] (https://www.tdb.co.jp/tosan/syukei/20nendo.html)

しかし今後の建築・建設需要は、低くありません。2021年に東京オリンピックが開催され、2022年までに東京メトロ銀座線全駅のリニューアルが計画されています。

また2025年に大阪万博が開催予定で、2027年までにリニア中央新幹線が開通予定です。都市開発や世界的行事が行われるときには、関連地域における建築・建設の依頼が増えることが期待できます。

そこで人材不足解消・業務効率化・デジタル化の課題を解決しながら、市場のニーズを満たすサービスを提供することで、業績を回復させることが必要です。

建築・建設業のブランディング戦略とは?

建築・建設業のブランディング戦略とは?

人材不足解消・業務効率化・業績回復の課題を解決するために、建築・建設業のブランディング戦略が効果的です。なぜ建築・建設業においてブランディング戦略が必要で、どのようなメリットがあるのでしょうか?

建築・建設業のブランディングの重要性や必要性

建築・建設業を営む企業としての認知度が高まるため、ブランディング戦略は必要です。建築・建設会社としてのブランド価値が認められると、よいイメージが世間に広がり信頼されます。

実際に建設業界においては、知名度が高い企業ほど売上も高くなっています。建設業界関係者でなくても、売上上位の清水建設・大成建設・大林組・鹿島建設の企業名を知りませんか?大企業の存在しない地域であっても、地元の建築・建設を支え続ける中小企業の認知度は高いはずです。

参考:最大手を除くと知名度3割未満 | 日経クロステック(xTECH)(https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/mag/ncr/18/00053/050800003/)

したがって建築・建設会社としての知名度が高まると、仕事の依頼が増えます。業績が増えるとサービスに対する信頼度が高まり、ブランド価値が認知されることになります。

建築・建設業のブランディングのメリット

ブランディングにより建築・建設会社としての認知度を高めるメリットはいくつもあります。

  • 市場における需要が高まり業績回復できる
  • 市場において競合から差別化し価格競争から脱却できる
  • 顧客のリピート率を向上させ、ファン化させる
  • 自社に憧れる有能な求職者からの応募が増える
  • 求職者や顧客が集まり求人・宣伝コストを削減できる
  • 従業員の帰属意識が高まり離職者が減る
  • 削減したコストを利用してデジタル技術を導入できる

ブランディングにより短期的に目に見えて利益が上がることはありませんが、ブランド認知が高まるとともに中長期的な利益につながります。それでは、建築・建設業のブランディングからメリットを得るために、どういった点に気をつけたらよいのでしょうか?

建築・建設業のブランディング戦略におけるポイント

建築・建設業のブランディング戦略におけるポイント

建築・建設業の課題を解決するブランディング戦略を効果的に展開するためのポイントを5つご紹介します。

働きやすく魅力的な労働環境を整備する

ブランディングの前提条件は、働きやすく魅力的な労働環境整備になります。なぜなら劣悪な労働環境を提供し業績の上がらない企業は、ブランド価値を上げることができないからです。

国土交通省が労働環境整備を推進して、建築・建設業を3K(きつい・きたない・きけん)から新3K(給料・休日・希望)へと変革しようとしています。推奨されている変革内容は日給制の見直しや、週給2日・4週8休制度の導入、作業服のおしゃれなデザイン化などです。

また建設業で働く女性が「けんせつ小町」と呼ばれ、女性の活躍ぶりや女性の働きやすい現場が紹介されています。さらに建設業務のデジタル化がi-Constructionと名付けられ、デジタル技術の導入方法が紹介されています。

国土交通省の指針を参考にしながら整備を進めることで、労働環境を働きやすく魅力的にしましょう。

市場を分析して自社のターゲットを決定する

次に採用・取引の市場を正しく分析して、自社のターゲットを決定します。

自社のターゲットは建築・建設業界関係者だけではなく、他業界関係者や一般社会の市民・学生・マスコミです。例えば建築・建設を学ぶ学生に対して自社の高いスキルや幅広い業績を発信し続けることで、自社ブランドを認知してもらい求人応募を促すことができます。

観光業界に自社ブランドが認知されることでも、継続して新規工事依頼を獲得することが可能です。

ターゲットを決めるときには、自社の建築・建設サービスを通して提供する価値を求める求職者や取引先企業を探しましょう。

例えば家屋を新築する企業と中古家屋を修理する企業とでは顧客層が異なりますし、建設の大企業と地域の中小企業とでは求職者に求めるスキルが異なります。

ターゲット選定が正しくなければ、あとに続くブランディング活動の効果が発揮されません。

自社の商品・サービスの価値(ブランドコンセプト)を確立する

ターゲットを定めたら自社のブランド価値をブランドコンセプトとして言語化し、市場におけるポジションを確立します。

例えば業界未経験の若年層をターゲットに採用したい場合、「働き方改革を推進するかっこいい・おしゃれな建設企業」をコンセプトとすることで自社への応募者増加を狙います。もちろん実際の労働環境が整備されていることが大前提です。

また「デジタル技術導入により生産性革命を推進する建築業者」や、「建設業を通して地域をつくり上げる使命感のある企業」などといったコンセプトを打ち出して、ブランド価値の確立を狙います。

さらに環境や人権に配慮していることをコンセプトにすれば、自社に共感する顧客や求職者からの依頼や応募を獲得できるでしょう。

ブランドコンセプトを表すロゴやキャッチコピーを制作して営業活動に利用すれば、求職者や取引先に自社のブランド価値をイメージしてもらいやすくなります。

社内でブランドコンセプトを共有しながら営業する

確立したブランドコンセプトを社内で共有しながら、同じ目標に向かって営業しましょう。

一貫したコンセプトに基づいて従業員たちが企画から宣伝、接客、販売、アフターサービスを行うことで、自社の建築・建設サービスを通してブランド価値を対外的に広めることが可能です。

迅速な建設作業を心掛ける企業であれば、顧客対応も素早く行うように心がけます。

問題があるときにはブランドコンセプトから離れていないかを考えながら、サービス内容や宣伝方法などを改善することができます。また自社のブランド認知度について、数値データにより効果測定を行うように計画しましょう。

なおブランド価値が認知され対外的に評価されると、従業員たちが自社で働くことに誇りをもち、モチベーションを高めることが可能です。

効果的にブランディング広告戦略を展開する

ターゲットとコンセプトを決めたら、ブランディング広告戦略を展開しましょう。

ブランディング広告の具体例としてWeb広告やテレビCMがあり、ロゴやキャッチコピーを効果的に利用することで視聴者に自社の存在を印象づけることが可能です。

デジタル広告を利用すれば、自社の建築・建設サービスに関心のある顧客や求職者へ向けて、ブランド広告を配信することができます。

しかしブランド広告はメディアに配信されるものだけではありません。例えば自社建造物の銘板にQRコードを挿入しておけば、訪れた人がWebサイトから自社の業績を知ることが可能です。

た工事現場を利用した夜景イベントやコンサートを開催することで自社のユニークさを紹介できます。

ターゲットに合わせたブランド広告を制作して自社の働き方改革や業績などを紹介すれば、建造物をつくり上げるように自社ブランド認知度が積み上げられます。

認知度も売上も両立するブランディングメディア

ブランディングメディアとは、キャククル運営下の全研本社が送る、親和性高い知る人ぞ知るブランドとして認知と売上につながる集客ができるオウンドメディアです。

通常、ブランディングをする場合は何千万単位の制作費や広告費、そして時間を掛ける必要があります。
しかしブランディングに失敗してしまえば、効果が出ず莫大な費用を失うだけでなく、間違った印象がついてしまう可能性も。

ブランディングメディアとは、
親和性の高いユーザーに絞った認知度の向上を行い、ニーズが顕在化した際の第一想起されるブランドとして広めていきます

また、購買意欲や利用意欲のあるユーザーも同時にアプローチができます。その顕在的なユーザーにはなぜそのブランドや企業を使うべきかを解説し、さらに成約や購入につながるよう温度感を上げた集客ができます。

ブランディングメディアを導入した結果、

  • 1ケタ分受注単価が増える売上を獲得できた
  • 求人広告に依存することなく、自社サイトから今までの10倍採用応募が来るようになった

というようなブランディング効果も発揮できております。
詳しくは下記より資料をダウンロードしてください。

ブランディングメディア
について詳しく

ブランディング戦略により建築・建設業者としての価値を高めよう

ブランディング戦略により建築・建設業者としての価値を高めよう

建築・建設業者としてのブランド価値が認知されていると、効率的に採用人事やサービスの宣伝・販売を行うことができます。自社の強みや魅力を生かしたブランディング戦略を立案しましょう。

ブランディングを始めとしたマーケティング戦略全般でお困りの場合には、キャククル運営元の全研本社までご相談ください。幅広い求人・採用の悩みを解決してきたノウハウで、お悩み解決をサポートします。

web集客のご相談はこちら

ページトップへ