建設業のSEO対策を解説!顧客から求められるWebサイトで反響を獲得する

建設業のSEO対策を解説!顧客から求められるWebサイトで反響を獲得する
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

SEO対策とは?基本をチェック!

建設業でWeb集客を実践するならSEO対策を視野に入れておいた方がよいでしょう。この記事ではぜひ理解しておきたいSEO対策の基礎知識を解説いたします。

SEO対策の概要

SEOは「Search Engine Optimization」の略語です。日本語で「検索エンジン最適化」を意味します。

SEO対策はユーザーが検索キーワードを入力した際に自社Webサイトがその検索に対して適切な答えとなるコンテンツが出せているかチューニングを行い、検索結果上での上位表示によるWebサイト露出を狙っていきます。

SEO対策を導入する目的

SEO対策を導入する目的は、検索順位を高めて自然検索流入数を増やすことです。ただし、建設業者がSEO対策を導入する場合は、さらに上位の目的があります。

建設業者がSEO対策を導入する目的は、自然検索流入数を増やしてWebから取れる反響件数を向上させることです。
そのため、単に自然検索流入数が増えるだけでは不十分と考えられます。最終的には、資料請求件数の増加、新規成約の増加などにつなげなければなりません。

検索エンジンのメカニズム

参考に、検索エンジンが検索結果を表示するまでのメカニズムを紹介します。検索エンジンは、以下の流れで検索結果を表示しています。

  1. Web上の情報を収集するプログラム(クローラー)がWebサイトの情報を取得。
  2. 集めた情報をデータベースに格納(インデックス)。
  3. ユーザーがキーワードを検索。
  4. 検索キーワードとデータベースに格納された情報を照らし合わせてスコアリング。
  5. 最適な検索結果を表示。

SEO対策では、以上の各工程に対し対策を講じます。
検索結果に表示されるには、クローラーの巡回を促し自社Webサイトの情報をインデックスさせ、特定のキーワードが検索されたときにスコアリングで高く評価される必要があります。

建設業界におけるSEO対策の必要性

建設業界におけるSEO対策の必要性
建設業者がSEO対策を導入したい理由は、競合他社と差別化を図るためです。総務省のデータによると、建設業の98.4%が自社ホームページを開設しています。

単に、自社ホームページを開設するだけでは、競合他社と差別化を図ることはできません。競合他社の一歩先を行くため、SEO対策を導入する必要があるのです。

SEO対策で差別化を図れる理由は、本格的なSEO対策に取り組んでいる建設業者が少ないから。そして、SEO対策に以下の効果を期待できるからです。SEO対策に取り組むことで、競合他社に対して有利なポジションを築けます。

出典:総務省「令和元年 通信利用動向調査報告書(企業編)
(https://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/statistics/pdf/HR201900_002.pdf)

集客効率のアップを図れる

SEO対策を導入することで、サービスに興味をもっている見込み客を効率よく集められます。見込み客を集めるため選定したキーワードで上位表示されるからです。

自社サービスと親和性の高い検索キーワードで上位表示させることができれば、見込み客が比較検討する企業のリストに入ることが多くなり、問い合わせの件数も増えます。

その後の対応次第では、売上をアップさせることも可能です。的確なSEO対策を施した自社Webサイトは、優秀な営業マンといえるでしょう。

元請けの仕事を獲得・受注しやすい

個人向けに事業を展開している建設業者は、SEO対策を導入することで元請けの仕事を受注しやすくなります。様々な悩みをWeb検索で解決しようとしている一般消費者が多いからです。

SEO対策で検索順位がアップすれば、このような方からの問い合わせが増えます。だから、元請けの仕事を受注しやすくなるのです。
一般消費者からの問い合わせを増やしたい場合は、悩みを解決できるコンテンツを制作するとよいでしょう。

もし、営業先を拡大してリスクヘッジした経営をしていきたいという方針があれば、導入しない手はありません。

安定した受注を見込める

SEO対策を導入し上位表示した後でも順位維持施策をしておけば、検索順位を中長期的に維持できることが可能です。

安定している分だけWebサイトの流入から反響の獲得まで維持することができます。

顧客が建設業者に求めるコンテンツの特性

顧客が建設業者に求めるコンテンツの特性
SEO対策では、顧客が必要とする情報をわかりやすく提示することが求められます。建設業者の見込み客は、どのような情報を求めているのでしょうか。Web上で情報を探し求める顧客が建設業者に求めるコンテンツの例を紹介します。

施工事例の実績紹介

多くの顧客は、建設業者の施工事例を確認したいと考えています。施工事例を確認したい理由は、同じ依頼内容でも建設業者により仕上がりは大きく異なるからです。

内装リフォームを例にとると、コストを抑えた必要最低限のリフォームを得意としている業者や、コストをかけた贅沢なリフォームを得意としている業者などがあります。

顧客はニーズに合っている建設業者を探したいと考えているため、自社の特徴を理解できる施工事例を用意しておくことが求められるのです。

実際に、多くの建設業者はWebサイトに施工事例を掲載しています。しかし、掲載内容には差があります。

具体的には、施工後の写真を1枚だけ掲載しているところや施工前・施工後の写真を1枚ずつ掲載しているところ、施工前・施行中・施工後の写真に加え、こだわりのポイントやかかった費用、具体的な工事内容まで詳しく掲載しているところなどがあるのです。

顧客の利便性を考えると、施工に関連する情報はできるだけ詳しく掲載するほうがよいと考えられます。顧客の利便性が高まれば、SEO対策にも良い影響を期待できます。施工事例は、しっかりと準備をしてから制作したいコンテンツといえるでしょう。

建設施工にともなう各種費用の目安額

同様に、多くの顧客は建設施工にかかる各種費用の目安額を確認したいと考えています。確認したいと考えている理由は、目安額がわからなければ比較検討を進められないからです。

例えば、数社の中から見積もりを依頼する業者を絞り込みたいと思っていても、目安額がわからなければ比較できません。したがって、情報が不十分な建設業者は絞り込みの候補から外れてしまいます。

目安額を知りたければ問い合わせをすればよいと思うかもしれませんが、依頼する意志を固めていない顧客にとっては、勇気がいる行動になります。

問い合わせをすると、しつこく営業されて断れなくなるのでは、などの不安がよぎるからです。

Webサイトは、顧客が安心して検討を進められる状態にしておかなければなりません。

現場担当者・各種スタッフの紹介

現場担当者や各種スタッフの紹介も、顧客から求められるコンテンツといえます。現場担当者などがわからないと、顧客は不安になってしまうからです。

Webサイトにスタッフの写真やプロフィールを載せておくだけで、お問い合わせなどの敷居はグッと低くなります。

顧客の心理的な障壁を取り除くため、制作しておきたいコンテンツといえます。

実際に施工を依頼したお客様からの声や評価

他にも実際に施工したお客様の声や評価も、顧客から求められるコンテンツになります。

お客様の声や評価を求められる理由は、建設業者がWebサイトで発信している主観的な意見だけでなく、客観的な意見も知りたいと考えている顧客が多いからです。

実際に施工したお客様が高く評価していれば、建設業者の信頼性は高まります。

見せ方を工夫したい場合は、施工事例と一緒に掲載するとよいでしょう。お客様の協力は必要ですが、建設業者のWebサイトに積極的に掲載したいコンテンツといえます。

建設業でSEO対策をして安定的なWeb集客を実現する

建設業者は自社WebサイトにSEO対策を導入しましょう
SEO対策は、自社Webサイトの評価を高めて検索結果の上位に表示させる取り組みです。
建設業界では、競合他社との差別化を図るため導入が必要と考えられます。SEO対策の基本は、ユーザーが求める情報をどれだけ分かりやすく、深く提示できるかです。

また、まだまだWeb集客に本格的に力を入れている建設業者もまだまだ少なく、市場の選定と良質なSEO対策さえ施せば先行者利益が得られる可能性が充分にあります。

キャククル運営元の全研本社では建設業をはじめ120業種以上のWebマーケティング支援実績がございます。
SEO対策をはじめ、コンテンツマーケティングの運用支援依頼、オウンドメディアの制作、内製化を成功させたいとお考えの方はぜひ資料をダウンロードしてください。

また、クライアントに合うWeb集客方法などのご相談も承っています。お気軽にお問い合わせください。
web集客のご相談はこちら

ページトップへ