注文住宅のポータルサイト・広告媒体について調査!【掲載検討の参考に】

注文住宅のポータルサイト・広告媒体について調査!【掲載検討の参考に】
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

注文住宅ポータルサイトは、注文住宅メーカーにとって、見込み顧客を獲得できる重要な広告媒体のひとつ。

毎日たくさんのユーザー(注文住宅を建てたい方)が閲覧するため、高い集客効果が期待できます。

ただし、注文住宅ポータルサイトも複数あるため、それぞれの媒体の特徴や掲載メリットをよく吟味した上で、広告掲載すべき適切なポータルサイト選びをすることが大切です。

この記事では、注文住宅ポータルサイトを活用して集客したい方向けに情報をまとめました。

また、

  • 自社コンセプトにあった施主を集客し、平均客単価を1000万円以上アップ
  • 資料請求100件中1アポから資料請求10件中8アポへ
  • 住宅展示場に来場した半数以上が商談に進む

を実現した専門メディアを活用した集客施策「ポジショニングメディア」についても紹介をいたします。

ポータルサイトで集客する方法もありますが、自社単独でも「獲得したいユーザーを集めたい」という方は、ぜひご一読ください。

注文住宅ポータルサイトへ掲載するメリットとデメリット

メリット

ユーザー目線で整えられた仕組み

ポータルサイトの場合、ユーザーが実際に契約まで至らなければ報酬を手に入れることができません。

それゆえ、ユーザーが離脱しにくいような仕組みが整えられています。

資料請求や問い合わせに関しては、手間を取らせないようまとめて請求できる手法が一般化しているほか、様々な物件や情報を比較検討しやすい仕組みが整っています。

自分の中で比較検討することはもちろん、他のユーザーがどのような情報を比較しているのかも把握することが可能です。

広告出稿しやすい

ポータルサイトの場合、既にテンプレートのごとくデザインが決定しているため、手軽に自社の情報を掲載することが可能です。

アピールポイントを明確にできるのは、ポータルサイトの大きな強みです。

デメリット

成約に繋がるかどうかは不明瞭

まずはコストが掛かるという点です。契約に結び付くかは分からないものの、掲載だけでコストが必要になります。

また、ユーザーは気軽に問い合わせをしている可能性が高く成約に結び付かない可能性が考えられるため注意が必要です。

対策としては、目的別に媒体を使い分ける方法があります。

ポータルサイトはより多くの人に認知してもらうのに使用し、SNSやホームページなど他のメディアも併用することで契約に結び付く確度の高い問い合わせを獲得することができます。

「成約」を意識したポータルサイト選びが重要

ポータルサイトの掲載する目的としては、最終的には「成約」の獲得がゴールです。

どんなに資料請求やお問い合わせの数が増えても、成約に繋がらなければ意味がありません。

成約率が上がるポータルサイトを選ぶ際には、以下のような点を意識してみてください。

  • サイトを利用するユーザーが自社ターゲットとあっているか
  • 自社の「強み」を表現できる情報を掲載できるか
  • サイトコンテンツが自社の「強み」とマッチするか

「成約」にこだわるなら自社単独で集客する方法もあります

より成約率を高めるためには、ポータルサイトへの掲載も一つの手ですが、獲得したいユーザーを自社単独で集客するメディアを作る方法もあります。

その方法が、ポジショニングメディアの導入です。

「成約」を第一の目的としたポジショニングメディアとは?

ポジショニングメディアは、自社ならではの「強み」を明確にし、その「強み」を必要とするユーザーとマッチングさせて、成約に繋げるためのメディアです。

「自社の強みってどう見つけるの?」と疑問に思う方もいらっしゃるでしょう。

自社の強みは、次の3つのポイントを抑えることで分かります。

<自社の強みを明確にする3つのポイント>

  • ユーザーが本当に望むこと
  • 競合他社が提供できないこと
  • 自社が提供できること

ユーザーのニーズ、競合との違いを知ることで、市場における競合には真似できない貴社独自の「強み」が分かります。

その「強み」を必要とするユーザーだけを集客しますので、その後の営業もより効率的に進めることができます。

ポジショニングメディアを導入した場合の、成約までの流れを分かりやすくまとめると、次のような流れを作ることができます。

ポジショニングメディアのコンバージョンフロー

検索するユーザー側から見ると、「自分の理想の家はこの企業が叶えてくれる!」と理解されるため、最初の問い合わせから成約までスムーズになります。

成約率の高い見込み客を集める
ポジショニングメディアを
詳しく知る

ポジショニングメディアを活用した住宅会社の体験談

今まではチラシで集客をしていたのですが、全研本社さんに依頼をしたところ飛び込みで来るお客様が非常に多くなりました。しかも、驚いたのが成約率の高さ

今までは情報収集でいらっしゃるお客様が多かったのですが、最初からうちで家を建てたいが最終的な後押しが欲しい、どんな家が建てられるのか知りたいという、決まりやすいお客様ばかりだったのが驚きです。

おかげさまで年間売上が2倍になりました。

引用元:全研本社クライアントボイス(サイトURL非公開)

導入前は月間2,3件の問合せがあればいい方だったのですが、12月は10件ほど問合せがあった。

同時にインスタにも力をいれているが、相乗効果はあると感じている。

引用元:全研本社クライアント様のお声より

自分たちのターゲットに合った人が来て、さらに新しいプランを打ち出すことにより、今まで拾えていなかった人を拾うことができるようになった。

そのため、以前は高いといわれていたものも安いといわれることが多くなった。

引用元:全研本社クライアント様のお声より

このような体験談も数多く頂いております。

ポジショニングメディアの概要や、その他の導入事例を詳しく紹介した資料を差し上げていますので、ご興味のある方は下記からダウンロードしてください。

ポジショニングメディアの概要や
導入事例をまとめた資料はこちら

大手注文住宅ポータルサイトの二大巨頭の紹介

SUUMO スーモ

・展開サービス:注文住宅&土地、賃貸、売買、リフォーム
・運営会社:株式会社リクルート住まいカンパニー
・掲載詳細:http://business.suumo.jp/

SUUMOの特徴

賃貸などのイメージが強いSUUMOですが、注文住宅にも強みを持っています。本来SUUMOは情報サイトであり、実際の物件紹介に関しては地域に根付いた不動産会社が行う場合がほとんどです。そのため、大手会社が大元な利点を活かし全国に幅広いネットワークがありながら、地域密着型のような側面も持ち合わせています。

LIFULL HOME’S

・展開サービス:注文住宅&土地、賃貸、売買、投資、引越し
・運営会社:株式会社LIFULL
・掲載詳細:https://www.homes.co.jp/businesspartner/

LIFULL HOME’S の特徴

基本的な機能はSUUMOと同様であるものの、首都圏を中心に掲載物件数が多なっています。掲載されている物件の価格帯の幅が広いという特徴があります。

注文住宅ポータルサイトの二大巨頭、SUUMOとHOME’Sを比較

基本的な機能は似ているSUUMOとHOME’Sですが、それぞれの違いはなんでしょうか。

会員特権を活用したいのであれば、SUUMOがオススメです。気になる条件をメモ付きで記載することや、自分に必要な情報をカスタマイズしながら残すことが可能です。HOME’Sの場合、検索条件を自分好みに変更できるため、情報をまとめて閲覧したいという方に向いています。

基本的にどちらも全国展開ですが、場所によってやや物件数に差があるため、物件数でどちらを選ぶか判断しても良いかもしれません。

注文住宅ポータルサイトの契約・掲載料金について

ポータルサイトへ掲載するためには、コストが発生する場合がほとんどです。無料で掲載可能なポータルサイトはありますが、有料の方が一般的です。

掲載費用は一般的に「定額費用型」と「成果報酬型」の2種類があります。定額費用の場合には、毎月同じ金額を支払います。

一方成果報酬の場合、売り上げに対して事前に握った割合で料金を支払います。そのため、契約が無い場合には支払いが発生しないものの、契約が増えるほどにコストがかさむという観点があります。

事前にポータルサイト側と決めた売り上げに対する一定の割合の費用を、契約が決まるたびに支払う必要があります。

ジャンル特化型ポータルサイトで成約につなげる

特定の市場に特化したポータルサイトもあります。ジャンル特化型はモチベーションの高いユーザーと接触できるので、成約に繋がりやすいのがメリット。

特定の施工が得意な工務店・ハウスメーカーとして認知してもらうというブランディング効果もあります。

例えば、自然素材を使った家が得意な工務店なら「木の家」や「健康住宅」などのジャンル特化型ポータルサイトに掲載することで、

  • 「木の家」「自然素材」で検索しているユーザーに自社を知ってもらう
  • 「木の家」「自然素材」が得意な工務店・ハウスメーカーとして認知してもらう

ことができます。

平屋住宅ポータル(平屋特化型)

平屋住宅ポータルキャプチャ画像
引用元:平屋住宅ポータル(https://www.onestoryhouse-portal.net/)

平屋に特化したポータルサイトです。近年市場が拡大している平屋ですが「上手く施工を増やせない」工務店・ハウスメーカーも多いのではないでしょうか。

平屋住宅ポータルに集まるのは、「平屋」「平屋 工務店」などで検索し地域で平屋を建てられる工務店・ハウスメーカーを探しているユーザー。ピンポイントで平屋の問い合わせを受けられるのが嬉しいポイントですね。

今後の市場拡大を見込んで、今チェックしておきたい媒体の一つです。

平屋住宅ポータルの掲載について
もっと詳しく知りたい

きになる木の家(木の家特化型)

きになる木の家ポータルキャプチャ画像
引用元:きになる木の家(https://www.building-madeofwood.net/)

木の家の魅力を伝えることに特化した木の家専門のポータルサイト。

「木の家」「自然素材の家」で検索し木材やその加工方法にこだわりたいユーザーに多く利用されています。

モチベーションの高いユーザーに自社のこだわりを伝えられるので、施工増加や単価向上が見込めます。

自社の木の家の魅力が伝わりきっていない、と感じる方に適した媒体です。

きになる木の家の掲載について
もっと詳しく知りたい

注文住宅のWeb集客で「次の打つ手」が見えずに迷っている方へ

注文住宅の魅力を知ってもらいたいと、あの手この手でWeb集客を行っているものの、「期待するほど集客できていない…」「成約になかなか繋がらない…」とお困りではありませんか?

集客をしているからには、売上に結びついていないと意味がありません

全研本社では、業界における貴社の「強み」を打ち出し、「強み」を必要とするユーザーを繋げる「ポジショニングメディア」をはじめとしたWeb集客戦略づくりを得意としています。

すでに120業種以上でお手伝いさせて頂き、これまでいろいろとWeb広告を出しても、なかなか成約に繋がらなかった企業さまが、ポジショニングメディアを導入したことで、

  • こんな顧客が欲しかった!」という集客が増えて受注単価が2.5倍に上がった
  • 数ある競合他社から当社に興味を持ってもらい商談から契約までの時間が3分の1に短縮できた
  • 当社の「強み」を理解してくれる顧客が増えて商談率が8割までアップした

と集客効果を実感して頂いております。

もし、現在のWeb集客が上手くいっていないなら、全研本社へお問い合わせください。

成約に繋げる
Webメディア戦略の相談をする!

ページトップへ