マンション売却検討者を獲得する広告手法を紹介

マンション売却検討者を獲得する広告手法を紹介
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

マンション売却のマーケティング課題

マンション売却ユーザーを獲得するマーケティングにおいて、Web広告を打ち出そうと考える方も多いのではないでしょうか。
Web広告の代表的なものを上げるとリスティング広告やSEO対策などがあります。

ですが、リスティング広告を打ち出す場合、人気のあるキーワードは競合性が強く、広告費が高騰しがちです。

また、SEO対策であれば「不動産売却」市場はポータルサイトや大手不動産会社が参入しており、潤沢な広告費を用意せざるを得ません。

さらに、サイト構造の見直しやコンテンツを充実させる必要があり、効果が出るまで非常に時間がかかるため、参入には慎重にならざるを得ないでしょう。

やみくもに参入しようとすると成果は出ずに、広告費だけが無駄になってしまうケースもよくある話です。

マンション売却の集客で失敗しないためにも、これからマンション売却を検討しているユーザー獲得に向けて取り組んでおきたいWeb広告について説明します。

マンション市場におけるWeb広告媒体の種類

マンション市場におけるWeb広告媒体の種類

ひとえにWeb広告と言っても様々な種類の集客方法があります。

  • リスティング広告の出稿
  • YouTubeをはじめとした動画広告
  • 地元メディアへの掲載
  • SEO対策
  • ポジショニングメディア
  • コンテンツマーケティング
  • ポータルサイトへの広告掲載

上記のような手法がある中で取り組みやすいWeb広告であるポータルサイト、コンテンツマーケティング、ポジショニングメディアについて紹介していきます。

ポータルサイト

不動産業界のポータルサイトといえば、「SUUMO」「ホームズ」などがあげられますが、マンション売却市場でもマンション売却に特化したポータルサイトが存在します。

このマンション売却市場に特化したポータルサイトでの集客はこのようなメリットがあります。

ポータルサイトの集客を利用した反響獲得が狙える

基本的にポータルサイトは一定数のアクセスが集まるため、ポータルサイトに広告掲載を行えば、マンション売却検討ユーザーを獲得できるチャンスを比較的早く得ることができます。

自社商圏でマンション売却を検討しているユーザーが取れる

自分の物件情報を打ち込んで売却査定をかけるため、自社商圏に近いユーザーから売却査定依頼を受け取ることができます。

ただし、競合他社も同様に掲載しているケースが多くあるため、相見積もり前提で対応する必要があります。

マンション売却向けポータルサイト

マンション売却で使えるポータルサイトは多く存在します。
多くある内、3つのポータルサイトご紹介します。

HOME’S
HOME'Sキャプチャー
引用元:HOME’S(https://lifullhomes-satei.jp/)

HOME’Sは大抵の人が一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。
このHOME’Sですが、2021年1月現在でサービス利用者数が736万人(※1)突破しています。
また、全国で参加している社数も3,171社(※1)と多いため、安心感の高いポータルサイトです。

(※1)参考URL:【ホームズマンション売却】査定依頼・無料相談する不動産会社を探す(https://lifullhomes-satei.jp/)

マンションマーケット
マンションマーケットキャプチャー
引用元:マンションマーケット(https://mansion-market.com/satei)

マンションマーケットは仲介手数料を定額66万円と明確にしていることが特徴です。
売却額などで手数料が変動しないため、ユーザーも安心して申し込むことができます。

(※1)参考URL:マンションの売却価格を査定するならマンションマーケット(https://mansion-market.com/satei)

マンションnavi
マンションナビキャプチャー
引用元:マンションnavi(https://lp.smoola.jp/manga/ms/affiliate/chat_0)

査定の結果が最大で売買6社と賃貸3社からと合計で9社(※1)から届くため、ユーザーは幅広い選択肢の中で比較検討を行うことが可能です。

また、マンションnaviでマンション売却を行った実績で価格などの記載があるため、マンション売却のイメージを持ちやすくなっています。

(※1)参考URL:マンションを高く早く売るならマンションナビの一括査定(https://lp.smoola.jp/manga/ms/affiliate/chat_0)

コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングとは、ユーザーの持つ問題を解決する価値あるメディアコンテンツを用意し、そこから見込みユーザーの獲得や、ユーザー育成をすることで、自社サイトからマンション売却などにつなげます。

そして、最終的に自社のファンになってもらうことが目的です。

また、コンテンツマーケティングはSEO対策と組み合わせることも可能です。
コンテンツマーケティングとSEO対策を組み合わせてマンション売却の集客を行った場合、下記のようなメリットがあります。

特定のニーズを持ったユーザーを集客できる

売却ユーザーはなにかしら問題を持ち検索を行います。
例えば、マンション売却をする際の主な流れが知りたい場合、「マンション売却 流れ」のキーワードで検索を行います。

その問題を解決するメディアを自社で上位表示させることで、様々なニーズを持つユーザーの獲得を目指すことができます。

アクセス数が増えることで自社Webサイトの客力向上を望める

コンテンツは一つ作るだけでも、かなりの時間やコストを消費します。

ですが、自社のサイトと関連付けを行った上で、コンテンツ育成を行い、アクセス数を向上させると相乗的にWebサイトの集客力向上が待できます。

また、アクセスが集まることで検索結果に上位表示されるようになるため、より閲覧してもらえる可能性が高まります。

競合未介入のキーワードを対策して集客経路を確保

コンテンツ検索するユーザーはマンションを売りたい気持ちはあるが、なにか問題を抱えているユーザーである可能性が高いです。

それを考慮した上で競合が対策をしていないキーワードでコンテンツ制作すると、新たな集客経路の立を目指せます。

ポジショニングメディア

ポジショニングメディア事例ポジショニングメディア事例 詳細はこちらを確認ください
ポジショニングメディアとは、競合他社と比較しながら自社の特徴や強みを見せることで、他社との違いや、自社がどのような価値提供をしているのかという、市場内での立ち位置(ポジション)をユーザーに示すことができるWebメディアです。

このポジショニングメディアでマンション売却ユーザーの集客を行う場合、下記のようなメリットがあります。

自社理解をしてくれた専売契約できるユーザーを獲得できる

ポジショニングメディアをみてお問い合わせするユーザーは、強みや特徴が整理されたメディアから自社に魅力を感じている可能性が高いです。

そのことからユーザーは「自身に合う会社はここだ」と納得して問い合わせてくれるため、専売契約へ繋がるパターンも期待できます。

見込み顧客の獲得も可能

特定の地域に特化したポジショニングメディアを打ち出すことで、自社商圏内の地域でマンション売却ユーザーを獲得できる可能性が増えます。

そのほかにも、築古のマンションは売れるのか、ローンが残っていても売れるのか情報収集段階の見込み顧客にもアプローチできる機会を作れます。

自社の認知度を向上させる可能性が増える

ポジショニングメディアによって、商圏となるマンション売却市場における、自社の強みや特徴といった立ち位置が明確になります。
そのため、その分野や地域での信頼度や認知度向上に期待が出来ます。

ポジショニングメディア戦略の
詳細はこちら

集客を行う導線を新たに確立することも重要

マンション売却でWeb広告を打ち出す場合、すぐに思いつく広告はポータルサイトではないでしょうか。ですが、それは競合も同じように考えます。

そうすると多数の競合が参加している市場に飛び込むこととなり、ユーザーが分散して集客できる可能性も低くなってしまうのです。

そのため、ポータルサイトのみでなく、そのほかで集客を行う導線をつくっておくことも重要となってきます。

また、自社の強みを把握しポジションを確立するようなマーケティング施策を行うことで、ブランディングを実現したり、信頼感を醸成したりといったことも可能です。

そのため、ポータルサイトで広告を掲載することと同時に、ポジショニングメディアやコンテンツマーケティングも併せて取り組み、長い目でも集客を行う術を確立していくことが大切です。

欲しい地域から欲しいターゲットを集客するなら

成約につながりやすい安定した集客を目指すには、ユーザーがクライアントの強みや特徴に把握して共感性を抱いたうえでマッチすることが必要になってきます。

当サイトキャククルを運営する全研本社は不動産会社などを含む120業種を超える企業のWeb集客実績を有しております。

また、ポジショニングを行うため、競合の調査を念入りに行い、クライアントが一層輝ける強みや特徴を浮き彫りにします。
そして、その強みや特徴に共感性を持ったユーザーを狙うWebマーケティングを得意としております。

さまざまな集客手法を試してみたが手詰まり感が否めない、Webマーケティングが上手くいっていないので状況を大きく変える一手が欲しいと思われる場合は是非弊社にお問い合わせください。

ご要望があればオンライン商談システムを活用した打ち合わせも可能です。具体的な事例をお見せしながら、貴社に合った戦略をご提案させていただきます。

Web集客・マーケティング戦略の
ご相談はこちら

ページトップへ