不動産業界必須のWebマーケティング戦略とは

不動産業界必須のWebマーケティング戦略とは
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

スマートフォンが普及し、インターネットで簡単に情報が手に入る時代、不動産業界でもWebマーケティングを積極的に取り入れている企業が増えています。
いまや集客においてWebマーケティングは欠かせない施策といえるでしょう。

この記事では不動産業界におけるwebマーケティングの重要性と、押さえておきたいポイントや集客方法について紹介します。

不動産業界におけるwebマーケティングの重要性

不動産業界におけるwebマーケティングの重要性

不動産の集客といえば、複数の物件をまとめて検索できるポータルサイトが主流です。
しかしポータルサイトはテンプレートに則って情報を掲載していくため、他社との差別化が図りにくく、見込み顧客へ自社ならではの強みを伝えにくい場合があります。

そこで最近のトレンドとして、自社ホームページやWebメディアによるWebマーケティングを行う不動産会社が増えつつあります。

自社でコントロールできるWebサイトやメディアであればオリジナリティを存分に発揮でき、自社にマッチした顧客へダイレクトにアプローチできるでしょう。他社との差別化という意味でも、オリジナルコンテンツによる集客は有効な手段です。

webマーケティングで期待できること

不動産集客にWebマーケティングを活用すること、以下の効果が期待できます。

他社との差別化

自社ならではの強みにあわせたコンテンツ作成や情報発信ができるため、差別化がしやすい、つまりユーザー側に自社を選ぶべき理由を伝えやすくなります。自社webサイトはポータルサイトのように決められた枠組みの中ではなく、自社物件の情報や魅力を余すことなく存分に発信できるのが強みです。

ユーザーへ提供できる情報量だけでなく、ユーザー側の動きや興味などの情報取得も増えることで、より活発な集客活動が可能です。

とはいえ物件を探しているユーザーはまず、ポータルサイトでエリアや条件検索すると考えられるため、ポータルサイトに掲載しつつ、ユーザーを自社のwebサイトへ誘導していくことが効果的だといえるでしょう。

最初のアプローチから素早いコミュニケーションを開始することで、興味を持ってくれたユーザーを逃がさず、自社の魅力を最大限に伝えることができます。

優良顧客の獲得

物件情報を求めているユーザーへ自社の魅力を発信できれば、自社物件の特色にマッチした見込み顧客を獲得できます。

ユーザーは複数の物件を探しつつ、興味を持った物件があれば自らサイトへ訪れる可能性があるため、購買意欲が高まっている段階で自社物件にマッチしそうな顧客に素早くアプローチすることが重要です。

自社Webサイトで日々情報を発信していくことで、興味を持っている潜在顧客とのコミュニケーションを図りつつ、最終的に顧客になってもらえる期待ができます。

Webマーケティングで押さえておきたいポイント

コンテンツマーケティングを取り入れる

Webマーケティングで押さえておきたいポイント

コンテンツマーケティングとはユーザー側に魅力のある情報を発信することで潜在顧客を発掘し、購買につながるように育成していくマーケティングの手法です。情報を求めているユーザーへ価値のあるコンテンツを発信し最終的に自社のファンとしての定着を目指します。

不動産会社のコンテンツマーケティングの例として物件の紹介やブログの発信、物件にリンクした暮らしの提案など、さまざまなコンテンツ制作が考えられます。

コンテンツマーケティングを行う上では、あらかじめ自社ならではの強み・提供価値を明確にしておきましょう。そうすることで、どういったニーズを持つユーザーがターゲットになるのか、そしてそのユーザーにどういった情報を届けるべきかが定めやすくなります。

独自の提供価値を意味するバリュープロポジションを軸としたマーケティング戦略として、ポジショニングメディアというものがあります。

市場内の競合との差別化ポイントをしっかり伝えられるため、自社と相性の良いユーザーの集客が可能になっています。
ポジショニングメディア戦略の
特徴・事例を見る

不動産業界のコンテンツ例

  • 新着物件の紹介
  • 担当者のブログ発信
  • 実際に物件に住んでいる人へのインタビュー記事
  • インテリアや料理など、暮らしに関する情報発信

SNSを利用する

インスタグラムやTwitter、YouTubeなどのSNSを駆使した集客方法も考えてみましょう。いまやSNSは生活の一部といえるほど、情報発信・収集として有効な手段です。

人気のSNSは日本だけでなく世界中の人が利用しているため、うまく活用すれば拡散されることで広いリーチが期待できます。とくに、不動産物件は写真付きでの掲載が多いため、SNSとの相性もいいはずです。

SNSのメリット

SNSの1つ目のメリットは無料で始められること。アカウントを作るだけですぐに集客活動できるため、広告費に大きな予算がかけられない場合でも手軽に始められます。簡単な操作で宣伝ができ、日々の情報更新にも手間がかかりません。

物件の外観や間取りを掲載することで視覚的にユーザーへ魅力を伝えられるため、潜在顧客への広いアプローチが可能です。検索エンジン以外にも口コミから広がる可能性は大きいため、ポータルサイトやweb広告で囲い込めなかったユーザーを集客できる可能性も高まります。

効率的なマーケティング戦略を実施するために

効率的なマーケティング戦略を実施するために

不動産サイトのSEO施策を充実させる

検索結果の上位に掲載されるためには、自社サイトのSEO施策が重要です。webサイトを構築しても、ユーザーが興味を持つ検索ワードに引っかからなければサイトへ誘導できません。

とくに不動産サイトを検索する場合は物件のエリア名や駅名で検索する人が多いため、キーワードの選定やカテゴリ分けはしっかりと行いましょう。都市部であれば駅名で検索される可能性が高く、地方であればエリアで検索される可能性が高いです。

自社物件のある地域によって、駅名で検索されるのかエリア名で検索されるのかも変わってきますので、こちらも注意しておきましょう。

競合の少ない情報やキーワードを掲載する

もうひとつ、自社が得意としている不動産物件の特徴があれば、それを全面に押し出すキーワードを掲載してみましょう。不動産サイトは同じ物件が多く掲載されているので、競合との情報の差別化が図りにくい傾向があります。

とくにGoogleは独自性のあるページを評価しやすいため、自社独自の切り口から情報を発信しているコンテンツが上位表示されやすいです。

例えば「〇〇 賃貸」だけでなく、「〇〇 魅力」、「〇〇 暮らし」などユーザーが検索する可能性のあるキーワードに沿って充実させたコンテンツがあるとベストです。

近隣エリアの移動リンクを意識する

不動産サイトのSEO施策としては、類似した物件情報の提供も重要です。エリアや駅名で検索した人はその近隣エリアにある物件まで選択肢に入れている可能性が高いため、近隣エリアに移動できるリンクの設置を忘れずにしましょう。

ユーザーのサイト内の滞在時間が長いほど、Googleからも評価を得やすくなるため、ユーザーがストレスなくサイト内を移動しやすい設計にしておくのも大切なポイントです。

物件の写真はたくさん掲載しよう

不動産サイトへ訪れる人は、テキストよりも物件の間取りや写真を求めているため、視覚的な情報が重宝されます。

そのため、物件の写真の数はできるだけ多く掲載し、暮らしがイメージしやすいサイト作りが重要です。物件の写真が多ければ多いほどユーザーの滞在時間は長くなる傾向があるため、Googleからの評価も得やすいでしょう。

webマーケティングツールを駆使しよう

ここでは、Webマーケティングを行ううえでぜひ活用したいツールを紹介します。

Googleアナリティクス

無料で使えるアクセス解析といえばGoogleアナリティクス。自社サイトに「いつ」「どのページに」「誰が」「どこから来て」「どのページやサイトへ」移動したのかがわかるトラッキング解析ツールです。

Googleアナリティクスは無料で利用できる上に、必要な機能もそろっています。自社サイトの特徴によって簡単にカスタマイズもできるので、ニーズに応じたアクセス解析が可能です。

ほかの広告運用ツールとも連携できるので、まずはこのGoogleアナリティクスを使っておくといいでしょう。

Googleサーチコンソール

Googleサーチコンソールはwebサイトの検索流入キーワードを把握するのに役立ちます。Googleアナリティクスがサイトへ訪れたユーザーの動向を解析するのに対し、Googleサーチコンソールはユーザーの検索アクションを確認できます。

ユーザーがどのようなキーワードで検索して自社サイトへ訪れたのかを把握でき、今後のコンテンツ制作にも参考になるでしょう。

キーワードプランナー

キーワードプランナーは自社が打ち出したいキーワードに対して、どの程度の検索需要があるかを調べられるツール。リスティング広告の候補になっているキーワードを入力するだけで検索ボリュームが表示され、そのキーワードを調べているユーザーのボリュームが確認できます。

特定のサイトのURLを入力すればそのサイトと関連性が高いキーワードを確認することも可能です。検索ボリュームが大きいキーワードに沿ったコンテンツを自社サイトに組み込むことで、より効率的にサイトに訪れる人を増やせます。

まとめ

不動産のマーケティングはバリュープロポジションが重要
Webマーケティングを考えるうえで、広告やコンテンツの内容が自社の強みに則しているかは重要なポイントです。自社の強みを洗い出すためには、バリュープロポジションを熟考することも大事な要素という点をお伝えしました。

【漫画で解説!】
バリュープロポジションとは

Webマーケティングの施策は数多くあり、ユーザーに対して々なアプローチ方法があります。その中には必ず自社の強みと相性の良い方法が存在するはずです。

全研本社では、クライアントの強みであるバリュープロポジションを分析し、最適なマーケティング戦略をご提案しています。

120業種以上のWeb集客支援実績があり、クライアントと相性の良いユーザーを狙って集客できる「ポジショニングメディア戦略
」を得意としています。

Webマーケティングでお悩みの不動産会社様は、ぜひお気軽にご相談ください。

Web集客・マーケティングについて
ご相談はこちら

ページトップへ