業界で生き残るリフォーム会社の経営戦略

業界で生き残るリフォーム会社の経営戦略
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

リフォーム業界の課題と今後

かつて消費者のニーズは「とにかく安くて経済的なもの」でしたが、現在は「多少高くても品質がよく安全性に配慮したもの」に変化してきています。

若年層を中心に自分が気に入った付加価値には対価を払う層が増えている昨今。リフォーム業界についても同様の動向が見られます。

リフォームビジネスが成長期だった一昔前では、「何でもできます」というスタイルが多くの人に受け入れられていました。

しかし現在はインターネットの普及によりお客様のリフォーム知識や情報収集レベルが格段に上がり、リフォーム会社もネットで比較検討される時代。「何でもできます」では、多様化したお客様ニーズに応えることができなくなってしまいました。

また社会環境の変化や空き家問題などにより、国の政策も新築中心から既存住宅を有効活用する住宅政策に変化しつつあります。

そのためリフォーム業界にでは、ホームセンターや家電量販店など他業種から新規に参入する企業も増えてきています。このような競争が激化するリフォーム業界で今後生き延びるためには、確固たる経営戦略を持つことが必要となります。

今後も生き延びるリフォーム経営のために必要なこと

  • お客様に信頼・信用される
  • 他社との差別化
  • 地域に根ざす

ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

お客様に信頼・信用される

今後生き延びるために大切なことは、お客様に選ばれる会社にしていくことです。

リフォーム業界は工事の規模によっては許可が要らないため、悪徳業者が多いのも事実と言えます。

警戒をしているお客様に安心を与えて、信用をされるリフォームを行なうこと。「適正価格」と「良質な商品」にこだわり、誠実に仕事をひとつひとつこなしていくことが、今後に繋がっていくことは間違いありません。

他社との差別化

たくさんのリフォーム企業がある中で他社と同じことをしているのでは、その他大勢の中に埋もれてしまい誰にも見つけてもらうことはできません。

今後生き延びるためには、得意分野を絞って他社との差別化を徹底することが必要です。自社の得意分野を前面に出すことで、そのリフォームを必要とするお客様に見つけてもらいやすくなるでしょう。

地域に根ざす

地元で良く目にしていて口コミでも評判の良いリフォーム会社なら、地域の人に安心感を与えることができるでしょう。

地域に根ざすためには、まず自社の周辺の地域に住んでいる人たちに自分たちの会社を知ってもらう必要があります。地元で受け入れられていない企業が他の地域で受け入れられるはずはありません。地域に根ざした強い基盤を持つことが大切です。

更にファンになってもらうため、お様に有益な情報を提供したり人と人との繋がりを大切にする企業を目指しましょう。

売上を上げるリフォーム業の経営戦略とは

リフォーム業で売上げを上げるためにはどのような経営戦略が必要なのかまとめました。

  • 提供する商品の明確化
  • 社員の目標管理
  • 変化に挑戦し続ける
  • ネット集客

提供する商品を明確にする

値段の安さで勝負できるのは、資本力を持っている大手の企業だけといっても過言ではありません。

まずは自社の商品において、価格以外で提供できる価値が何かをはっきりさせましょう。商品が明確になることで、お客様に伝わりやすく集客が見込める宣伝ができるようになります。

自社の強みを分析した上で提供する商品を絞りましょう。その商品を、より分かりやすく提案することが大切です。

社員の成長のために目標管理を行なう

会社の成長のためには社員の成長が必要です。特にリフォーム業界では営業担当が不足して対応できず、業績が伸び悩む企業が増えています。

社員の成長に繋がるひとつの手として、目標管理があります。社員「個人」の目標と、会社全体の「組織」の目標を線で結んであげるのです。段階的な目標管理を行なうことで社員が小さな成功体験を積み重ね、目標をクリアする喜びが成長に繋がります。

ノルマを課すことは、時代に逆行しているのでやめるべきです。本人の意志とはかけ離れた他者に与えられた業績目標は、モチベーションを下げることとなり逆効果。目標は、本人がモチベーションを持って挑める対象となっていなければなりません。

変化に挑戦し続ける

時代はどんどん変化し続けます。そんな時代とともに経営スタイルも常に変化し続けなければ、次の段階にはなかなか進めません。

成功している経営者に共通することは、年齢に関わらず若々しいこと。新しいことにチャレンジすることが脳を若くする秘訣だと言われています。企業も、成長し続けるためには変化に対応して挑戦し続ける姿勢が大切と言えるでしょう。

リフォームの営業戦略はネット集客がカギ

新規の顧客を獲得して売上を上げるためには、まず知ってもらうことが大切です。広告や宣伝についても常に変化が求められています。

リフォーム業界ではチラシの配布や飛び込み営業など、アナログ型の営業を行なう企業もまだたくさんあります。しかし時代の変化とともに、営業戦略もネットが中心になりつつあるのは事実と言えるでしょう。

まずはオンライン上でどういったアプローチを行なっていくのか、戦略をしっかり立てましょう。今後も生き延びるために必要な「他社との差別化」と「地域密着」をネット戦略でも活かすことが大切です。

提供する商品と地域名を組み合わせることによって、「この地域で○○を任せられるのは△△社」と思ってもらえる仕組みを作る必要があります。オンラインの広告やSNSの活用など、業界や自社の特徴に合う運用をしていきましょう。

お客様に知ってもらうためにオンラインの広告やSNSの活用も大切

激化するリフォーム業界において、他社との差別化や地域に根ざすことが大切だということをご理解いただけたかと思います。経営戦略としては自社の商品を明確にし、社員の目標管理を行なうこと、変化に対応して挑戦し続けることも必要です。

またより多くの方に知ってもらうためには、オンラインの広告やSNSの活用も非常に有効です。

地域名などのキーワードでのSEOを意識すれば、ネットでも特定のエリアでリフォーム業者を探すユーザーにアプローチできます。Web集客を含めたマーケティング戦略は、プロに相談してみましょう。

▼このページに関連したおすすめの記事:

ページトップへ