運送・物流業の集客は差別化を図る広告戦略がポイント

運送・物流業の集客は差別化を図る広告戦略がポイント
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

お問合せはこちら

運送・物流業界の現状と課題について

最近ではインターネットショッピングが一般的になり、非常に便利な世の中になりました。ネットで注文したものが翌日には家に届くようなことは今では当たり前のことです。これは商品を注文する方にとっては嬉しいことです。

しかし、このような変化によって激しく物流業界にしわ寄せが来ています。実際にどのような影響が出ているのでしょうか。今回はそれを踏まえた上で運送業の集客についてポイントを解説していきます。

運送・物流業界の現状は?

一昔前までは、商品を買うのはお店に行って買うのが一般的でした。急激にネットショッピングが発展していくうちに、顧客満足度も上昇を続け、業界として成長しています。しかし、ここ数十年のインターネットショッピングの拡大によって個人向け物流の需要に業界の供給が追い付いていないのが現状です。

運送・物流業界の課題は山積み

しかし、ネットショッピングを利用するには宅配サービスを利用する必要があります。いくらネットショッピングが発展したとしても宅配サービスがなければ商品が家に届くことはありません。ただ、物流業界はインターネットショッピングの成長速度に追い付いていないというのが現状で、人材不足や競合過多などの問題は山積みです。

特に人材不足は深刻で、大手の配送会社ですら自社だけでは出荷を捌けず、他の会社に仕事を受け流しているという状態です。そんな中で、大変な商品管理体制などを自動化する流れが来ています。膨大な注文を人間がひとつひとつ判断して処理していくのは限界が来ており、倉庫の管理費用や人件費が掛かりすぎてしまうためです。

そこで最近では、商品の注文・商品のピッキング・発送手続きなどを自動化し、デジタルで一元管理する方法を取っています。それでも配送するにはドライバーが必要です。したがって、「インターネットショッピングで個配の増加」「商品のピッキングや発送手続きなどの自動化」「ドライバーの人手不足」などが物流業界の課題と言えるでしょう。

中小企業の再編などで物流業界に変化が?

インターネットショッピングの成長に伴い、物流業界も成長を続けていますが、「差別化が難しいため利益率が低く競争が激しい」といった課題もあります。ビジネスモデルは「商品を入荷・保管・出荷をトータルで管理してその手数料をもらう」「商品を配達して手数料をもらう」というシンプルな形態です。したがって、各社サービス面で差別化が難しいという業界です。

つまり、必然的に競合会社同士での料金競争になってしまうため、コスト削減するために労働者を安くかき集め、少しでも量を増やして売り上げを出すという方法になるのは仕方がない部分もあります。

その結果、ブラック企業体質になりやすく人材が定着せず、人材不足につながってきます。そのため、厳しい物流業界で生き残るためには他社との差別化、自社の強みを伝える集客戦略が必要です。

運送業で他社と差別化できるポイントは

このような物流業界の現状から、物流会社が成長するためには包括的な物流戦略が欠かせないものとなっています。実際にどのような差別化するポイントがあるのか見ていきましょう。

ワンストップで物流サービスを提供する

これまでのような各企業がそれぞれの分野を分担するという形ではなく、ワンストップで物流サービスを提供できるかどうかが重要です。

例えば、商品の管理や配送方法の組み合わせをプランニングし、管理からピッキング、配送までをトータルサービスとして提案できるような物流専門会社を目指します。このようなサービスが提供できる会社には業種を問わずニーズが高まっています。

物流品質の向上

多くの顧客は物流会社を選ぶ際、料金が安いことを重視してしまいがちです。しかし、物流事業を運営するのに一番大切なことは「長期的に安全に、安心して頂いてモノを配送すること」です。どれだけ料金が安くても、時間通りに配達できなかったり、荷物が破損してしまったりすることが頻発するようでは顧客の信頼を得ることができず、お客さんも減ってしまいます。

顧客が安心して荷物を預けることが出来るようにするには、まずは高い物流品質を確保することが必要です。「時間通りの配達」「商品の破損なし」「事故なし」「宅配人の印象」などから物流品質を高めることができます。

運送会社における差別化の例

例えば、「運転手全員にビジネスマナーや接客スキルに関して、年間100時間の研修を受けさせている」など。ここまでしている中小規模の運送会社はいませんので、ドライバーとしてだけでなく、ビジネスマンとしての意識付けを徹底しています。集荷先や配達先での接客態度は群を抜いているでしょう。

ここまですれば他社との差別化になりますし、顧客に対して提供できる価値やサービスとなるのではないでしょうか。運送を依頼している荷主にとっては、こんな運送業者さんがいれば嬉しいはずです。

物流業界の差別化には競合を意識したマーケティングも必須

しかし、物流業界の経営者にはマーケティングの考え方が浸透していないのが現状です。トラック運送というサービスは、適時適切に商品を運ぶことが基本です。したがって、なかなか運送サービスを提供する企業で大きな差がつきにくく、納期や品質などで差を付けることが難しいです。

また、直接顧客とコミュニケーションをする機会があれば自社の特徴や強みは伝えられますが、
これをWeb上で表現、ユーザーに伝えきることが難しいというのもマーケティング担当の共通的な悩みでしょう。

このような業界で、売り上げを確保していくには差別化を図っていくことが必要です。市場における自社の立ち位置を決め、他社との差別化要素を明確にしていかなければなりません。これを実現するためには、マーケティングの考え方を取り入れましょう。

運送・物流業で自社の強みを伝える集客・広告手法とは

物流業界において、自社の強みを伝える集客方法にはさまざまありますが、基本的にオンラインでの集客が効果的です。ポスティングチラシなどのリアル集客は効果が薄いです。ここでは効果的なオンラインでの集客方法にスポットを当てて見ていきましょう。

ホームページによる集客

まずは自社を紹介できるホームページを作成しましょう。ホームページによる集客は基本的なオンライン集客方法ですが、ホームページにさまざまなエピソード、ノウハウ、事例、強みといったところを丁寧に社員たちからヒヤリングしたものを掲載していきます。特に、自社の強みが伝わるようなコンテンツを作ることを心がけましょう。

トラック保有台数20台以下の中小企業では、大手のような営業力もないため厳しい経営を強いられます。選ばれる運送会社には特徴があり、「きれいなトラック」「対応のいいドライバー」「丁寧に仕事ができるドライバー」など。もちろん、ひとつひとつの基準をすべて満たす会社を目指すことは難しいですが、自社の強みを打ち出すことを意識したホームページ作りをしていきましょう。

LP・HP制作のご相談はこちら

検索キーワードを意識したSEO対策

集客において検索キーワードを意識したSEO対策も一定の効果が見込めます。SEO対策は効果が出るまでに数か月の時間が掛かってしまうことがデメリットですが、自分で対策を行えば特に大きな費用が掛からないため、ぜひとも実施してみてください。

それでは、顧客が運送会社を探す際にどのようなキーワードで探すかを考えてみましょう。「配送エリア・所在地のエリア+運送業者」といったキーワードで探すのが一般的でしょう。さらに、そこに自社の強みと合致するものがあればなお良いです。

「得意とする運送種別」「特殊な運送」などにも対応できるのであれば、「エリア+運送業者+運送種別」といった複合的なキーワードで上位表示されるように対策しましょう。SEO対策の効果がよりアップします。

今ではSEO対策をしていないサイトはそもそも検索エンジンで引っかからないため、ホームページや比較サイトを作成した際は必ず対策をしておきましょう。

運送マッチングサイトの活用

現在、さまざまな業界でマッチングサービスが広がりを見せています。スマホで簡単に利用できるため、若い世代を中心に大きな注目を集めています。物流業界にもマッチングサービスがあり「荷物を運んでもらいたい依頼者」と「荷物を運びたい事業者」を繋ぐ配送のマッチングサービスです。どのような時に活用できるのでしょうか。

リーズナブルな価格で配送が可能

マッチングのサイト上でやり取りを行うため、仲介者を通すことなくリーズナブルな価格で発注できる点は配送マッチングサービスの特徴です。依頼者にも事業者にも、どちらにもメリットがある仕組みになっています。

緊急で配送を依頼したいとき

小口の荷物であれば宅配便で送ることができますが、トラック1台分となるとそうはいきません。配送マッチングサービスを利用すればすぐに空いた車両を手配できるため、即座に希望条件にかなった車両を調達できるメリットがあります。

キャンペーン利用でコスト削減にも

荷物の量によって手配するトラックのサイズが自由に選べます。サービスによっては時間帯によっては割引のキャンペーンを実施している会社などもありますので、うまく活用して利用すればコスト削減につながるかもしれません。

ポジショニングメディアの集客

ポジショニングメディアの集客は、サイト内でおすすめの運送業者を比較して顧客が業者を選びやすくなるという特徴があります。つまり、競合他社と比較されることで、自社の強みを見せやすく差別化が可能です。ただし、ポジショニングメディアを作成する場合はSEO対策を忘れないようにしましょう。

ポジショニングメディアは他者よりも秀でていたり、他社にない強みがあったりすれば、自社ブランディングも可能な広告手法です。ぜひ活用していきましょう。

ポジショニングメディアとは?

ポジショニングメディアの紹介資料


ポジショニングメディアの紹介資料

WEBマーケティング戦略のひとつである、当社のWEBサービス「ポジショニングメディア」について、運送・物流業界のものを資料にしました。すでに導入されたお客様の声や、一般的なWEB集客手法の課題もまとめています。

運送・物流業界
ポジショニングメディア資料

ポジショニングメディアとは

運送・物流業の新規顧客開拓には地道な営業活動も有効

ここまではいくつかのオンライン集客方法を紹介してきましたが、オフラインによる地道な集客活動もまったく無意味というわけではありません。足を使った営業活動について少し紹介します。

電話による営業

電話による営業の最大のメリットは、どこにいても日本全国のどの顧客ともやり取りができる点にあります。運送取扱業が電話で完結してしまう業種ということもあり、訪問するメリットが少ないことも後押ししています。

電話営業は門前払いされてしまうというイメージがあるかもしれませんが、それは訪問営業も同じことです。訪問営業は運送会社相手に行うと1日で回れる件数は数えられるほどですが、電話営業になると1日に200件以上掛けることも可能です。

ただし、地道な営業も効果があるのは確かですが、この人手不足の中で中々人員を割くことが難しいのが現状です。まずはWEBによる集客を実施すべきです。優先的にオンラインでの集客を行った後に、それでもまだ余裕がある場合にオフライン集客に手を出していくのが良いでしょう。

運送・物流業界で売上に繋がるWeb集客なら全研本社へ

キャククル運営元全研本社は『数』ではない『質』を重視した売上に直結するWebマーケティングを得意としており、
物流業界をはじめあらゆる業界で7000以上のWeb集客支援をした実績がございます。

  • 「毎月安定的な売り上げを実現したい」
  • 「自社が勝つべき市場でシェアを広げたい」
  • 「高単価案件を効率よく受注したい」

このようなご要望がありましたら、ぜひ全研本社までご連絡ください。具体的なWebマーケティング施策をご案内させていただきます。

集客のご相談はこちら

お問合せはこちら

ページトップへ