経営プロの広告掲載料金や評判を調査

経営プロの広告掲載料金や評判を調査
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

経営プロ

画像引用元:経営プロ公式サイト(https://keiei.proweb.jp/)

経営プロの特徴

経営プロは経営者や事業部長など、企業の根幹を支える立場の方に向けて情報を発信しているメディアです。
チームビルディングやマネジメント、組織改編と組織に大きく関わる課題に対して、さまざまな肩書やノウハウをもつ企業や個人が情報を発信しているため、課題解決への学びを得られます。

経営プロが経営者に選ばれる理由を見ていきましょう。

アポイントに繋がる情報発信の場として有効

経営プロを通して情報を発信したことで、「コンサルティングをお願いしたい」というユーザー・企業側とのマッチングが実現します。その結果として、契約に向けてのアポイントに繋げられます。

どんなノウハウをもっているのか事前に把握されている企業からのアポイントのため、営業をかけずとも契約までスムーズに話を進めることができます。経営プロは企業同士の接点を創出する役割だけでなく、経営プロに掲載している企業の認知度や信頼性を高めるためにも有効な媒体と言えるでしょう。

マーケティングのプロによる手厚いフォロー

経営プロの担当からリマインドがあったり、締切前にリマインドがあったりと、まるで社内の担当者が一人増えたかのような手厚いフォローを受けられるのも魅力のひとつです。
肝入りのセミナーの開催に関して、参加者を一人でも増やそうとダイレクトメールをメディア登録者に送信したり、前倒しでスケジュールを組んでくれたりと、場当たり的な対応ではなく、1、2年後を見据えたアプローチをします。

経営プロ広告掲載料金

経営プロの広告掲載料金の記載は、公式サイトにありませんでした。

料金の記載はありませんが、公式サイトにて資料請求のお問い合わせをすることが可能です。お問い合わせフォームは、会社名やメールアドレスなどかんたんな項目ばかりのため、時間をかけずにお気軽にお問い合わせができます。

広告料金や掲載の形態、オプションの内容など、気になることもあわせて質問できる仕様のため、現段階で気になっていることがある場合は、一気に確認するとスムーズです。

経営プロの評判・口コミ

経営プロの公式サイトの事例紹介にて、経営プロへ掲載している企業のインタビュー記事がございます。

  • 導入したことで独自でテレアポを行なっていたときよりも、効率良くアポイントが獲得できるようになった。
  • ダイレクトメールやアンケート調査などのオプションによって、潜在的なお客様へのアプローチができた。
  • 事業内容や会社に関する知名度を上げられた。
  • 経営プロに掲載したことで、お問い合わせ件数が増えた。

企業側にとってどんなメリットがあるメディアなのか知るためにも、実際に取り入れた企業の名前の声は、参考になること間違いありません。

経営プロに広告掲載するメリット

決裁権を持つ方、または決裁権をもっている方に近い方が情報収集の媒体として、経営プロを活用しています。

企業に関することでさまざまな判断を下す立場の方は、情報収集を行なう時間が限られています。そのため利便性が考慮されているメディアを選ぶ可能性が高いと想定されます。

その結果、少しでも使いにくい・読みにくいと判断すると、離脱してしまう恐れがあるのです。経営プロはどんなデバイスにも対応できるように、レスポンシブデザインを採用。利便性を高めたことで、どんな場面でも情報収集がしやすいメディアとして工夫がされています。

経営のプロ広告掲載までの流れ

経営プロの広告掲載までの流れをまとめました。

  1. ログイン情報の発行
  2. 契約を結ぶと、管理ページのログイン情報が発行されます。あわせて掲載に関するマニュアルが届くため、マニュアルを確認しながら編集を行ないます。

  3. 編集作業
  4. 会社やサービスの紹介、ダウンロード可能な資料のアップロードなど、自身で編集作業を行ないます。入力フォーマットが用意されているので、項目に沿って入力・設定いたします。

  5. 公開
  6. 編集作業が完了すると、ページが公開されます。公開されたページからお問い合わせがあった場合、その都度対応していきます。

ほとんどの作業がWeb上で完結できるため、契約から掲載までの流れはスムーズです。編集でつまずいた際は相談することで、よりスピーディーに完了することができます。

効果的なWebマーケティングで適切な集客獲得を狙う

集客や新規顧客獲得を狙うのなら、効果的なWebマーケティングを行なう必要があります。

効果的なWebマーケティングを行なうなら、さまざまな施策を取り入れることをおすすめします。Webマーケティングは効果を実感するまでに時間がかかるため、1つの施策だけで進めて失敗してしまった際にカバーにまた時間をかけることになります。

同時進行で以下のような施策を複数行なっていると、成功した施策に絞ったり、PDCAを回してより効果的な施策を模索できたりと、戦略の幅が広がります。

  • ポジショニングメディアで顕在的ユーザーを創出して集客
  • グーグルマイビジネスを活用して社名検索を対策する
  • 商圏内ユーザーにはSEO対策でアプローチ

まだまだ他にも施策はありますが自社や競合状況、市況の変化を観察しながら最適なマーケティング戦略を見つけていきましょう。

経営者を集客する広告戦略を学ぶBtoB企業の集客戦略

ページトップへ