【コンテンツマーケティング】外注依頼時の注意やメリットなどを解説

【コンテンツマーケティング】外注依頼時の注意やメリットなどを解説
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

お問合せはこちら

コンテンツマーケティングとは

コンテンツマーケティングとはユーザーにとって価値のある情報を提供することに特化したマーケティング方法です。
言葉にするのは簡単ですが、実際に価値のある情報を提供することは実は難しいです。

コンテンツマーケティングに求められるスキル

コンテンツマーケティングを制作する際に、下記のようなスキルが必要と知っていたでしょうか。

  • 記事の作成スキル
  • デジタルマーケティング
  • SEO対策スキル
  • Webサイトの構成スキル
  • マーケティングスキル
  • 分析スキル

記事の制作スキル、SEO対策スキルはなんとなく必要だろうと思っていた方は多いでしょう。もちろん記事をつくるスキルも必要なのですが、前提としてマーケティングの目的が定まっていなければいけません。

またマーケティングを元にWebサイトの構成を考え、かつ記事を更新してからもアクセス情報などを分析できるサイト構成も下準備として必要です。

更にアクセス情報をもとに次のコンテンツを検討する…

実はコンテンツマーケティングには、非常に多くのスキルが求められます。

コンテンツマーケティングを外注するメリット・デメリット

コンテンツマーケティングイメージ
コンテンツマーケティングを自社で運用しようと考えている方は、メリットとデメリットを比較して本当に自社運用が良いかを検討しなければいけません。

コンテンツマーケティング外注するメリット

コンテンツマーケティング外注し、委託するメリットとして主に下記があります。

  • 豊富な知識とノウハウで構成できる
  • 外注でコンテンツマーケティングの更新が安定
  • 委託するとコンテンツマーケティングの作業人員が不要

豊富な知識とノウハウで構成できる

外注すると豊富な知識やノウハウでコンテンツマーケティングを元に制作してくれるのが最大のメリット。まず運用する目的を確認し、閲覧するユーザーのペルソナを想定します。
そして目標のペルソナに合わせ、SEO対策を意識した構成をにしなければいけません。。

外注でコンテンツマーケティングの更新が安定

外注した場合、本来なら時間が必要になる定期的な記事更新をしてくれます。
社内でスタッフを決めている場合、下記のようなトラブルの可能性があります。

  • 忙しくて更新回数が減ってしまう
  • 担当者が退職し他に更新できる人がいなくなってしまった

事前準備が万全でも、更新作業を継続できないと効果を得られません。更新停止のトラブルを防げるのも外注する大きなメリットです。

委託するとコンテンツマーケティングの作業人員が不要

外注すれば自社で作業人員リソースをかける必要がありません。コンテンツマーケティングに求められる作業は日々更新する記事のネタの考案、記事の作成、そしてアクセス情報をもとにした分析です。

多くの作業をひとりが抱えていたら、日々の仕事が更新作業や分析だけで終わってしまうでしょう。他の仕事と併用しながら進めるには負担が大きいです。

チームで対応すれば安定して作業が進みますが、その分社員の作業時間が奪われてしまいます。自社の本業に力を入れるなら更新作業に人員リソースをさくべきはありません。

コンテンツマーケティングを外注するデメリット

コンテンツマーケティングの外注で挙げられるデメリットは下記があります。

委託業者によってコンテンツマーケティングの質が異なる

コンテンツマーケティングを外注した場合、サイトの構成を検討するディレクターや記事を作成するライターを選べません。実際出来上がってみたら期待したほどでもなかった、という可能性もあり得ます。

依頼するジャンルは得意な委託業者なのか、スキルかあるのか実績などを含めて判断しなければいけません。

コンテンツマーケティングの外注費用が発生する

外注するため委託料金が発生します。自社で運用する際にも費用はかかるため、依頼する業務に見合っているかを検討しなければいけません。

コンテンツマーケティングは一部委託するケースが多い

メリットとデメリットのバランスをうまくとるためには一部を委託するという方法もあります。BtoC企業を対象としたコンテンツマーケティングの外注調査では、6割以上が一部を外注しているとの結果になりました。

自社内でサイトの構成をおこない、リソースの多い記事更新を外注しているケースが多いです。
しかし一方で、企画力や編集力の不足を感じているケースも6割近くにのぼっています。

※参照元:demandsphere「コンテンツマーケティング調査レポート」(https://www.demandsphere.jp/blog/content-marketing-research-japan-2016)

コンテンツマーケティングの費用相場

外注費用の相場が気になる方も多いと思いますが、一口にコンテンツマーケティングの費用相場といっても委託する内容によって変動します。安い業者だと月間5万円ほどから、委託できる業務が多い場合は50万円以上の料金が設定されていることもあります。

コンテンツマーケティングの費用相場と依頼内容

依頼内容と費用の相場を一覧にすると下記のようなイメージです。

費用相場
(月)
記事作成CMS構築アクセス解析サイト設計コンサルティング
10万円以下:
10〜30万円:
30〜50万円:
50万円以上:

費用を抑えるならコンテンツマーケティングで委託するべき業務を検討しましょう。
またホームページにて5万円〜という表記がある場合、内容によっては金額が加算される場合もあるため相談や見積もりをしてみないと正確な金額はわかりません。

MMD研究所の調査では、運用費用は30万円から100万円が多くなっています。

※参照元:APPMART(https://appmart.co.jp/blog/contentsmarketing-senryaku/)

コンテンツマーケティングの効果

コンテンツマーケティングイメージ
コンテンツマーケティング運用のメリットはさまざまです。

  • 24時間不特定多数にプロモーション可能
  • 営業担当がいけない遠方とも取引できる
  • 自社のファンを増やせる
  • 自社をブランディングできる

24時間不特定多数にプロモーション可能

不特定多数に営業やプロモーションできるのが大きな魅力です。

コンテンツマーケティングがないと検索で自社サイトへ辿り着く人は少ないため、強く興味をもってくれている人しか訪れません。

BtoB業務でもコンテンツマーケティングにて営業が可能です。従来なら展示会などに出店しなければ企業へのアプローチが難しかったですが、時間や平日休日を問わずいつでも自社製品に興味をもつきっかけをつくれます。

営業担当が行けない遠方とも取引できる

遠い場所にいる顧客でもコンテンツマーケティングを見て連絡をくれれば後はメールや電話で営業が可能。業種によっては獲得後に営業担当者が足を運ばずに取引できます。出張費をかけて遠方に営業へ出向いたけれど、結局獲得できずに無駄になった、なんてこともありません。

自社のファンを増やせる

コンテンツマーケティングは自社と見込み顧客でよい関係を結びやすいです。役に立つ情報があるからいつも見ている、困ったときには参考にしているといったユーザーを見込み顧客として維持できます。

自社をブランディングできる

取り扱っている商品や業務の特徴を前面に出したブランディングもコンテンツマーケティングなら可能です。差別化したサービスのアピールで、同業他社で比較した際に優位に立てます。

プロへの外注でコンテンツマーケティングの効果を最大限に

コンテンツマーケティングで得られる効果を最大限に引き出すためには下記のポイントを抑えることが大切です。

  • ターゲットユーザーのペルソナ
  • コンテンツ内容
  • SEO対策で狙うべきキーワード

記事をどんなに更新してもポイントがずれていては意味がありません。
マーケティングの知識をもつスタッフを準備した上で定期的な更新できる体制を整えて本来のコンテンツマーケティングの効果を引き出しましょう。

全研本社では6,000件以上のWebコンサルティング実績があります。リソースをかけず最大限にコンテンツマーケティングで得られるメリットを発揮したいと考えている方は、一度ご相談ください。

コンテンツマーケティング ダウンロード資料

コンテンツマーケティング支援資料


コンテンツマーケティング支援

全研本社ではあらゆる業界で6000サイト以上の制作運用を活かしたコンテンツマーケティング支援施策を提供しています。プロに任せたい方はもちろん、将来的には内製化に向けた専門プランのご用意もございます。

コンテンツマーケティング支援資料はこちら

お問合せはこちら

コンテンツマーケティングに関連する記事




ページトップへ