【コンテンツマーケティング】外注依頼時の注意やメリットなどを解説

【コンテンツマーケティング】外注依頼時の注意やメリットなどを解説
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

目次

お問合せはこちら

なぜコンテンツマーケティングを外注委託する必要があるのか?

コンテンツマーケティングとはユーザーにとって価値のある情報を提供することに特化したマーケティング方法です。
言葉にするのは簡単ですが、実際に価値のある情報を提供することは実は難しいです。

コンテンツマーケティングに求められるスキル

コンテンツマーケティングを制作する際に、下記のようなスキルが必要と知っていたでしょうか。

  • 記事の作成スキル
  • デジタルマーケティング
  • SEO対策スキル
  • Webサイトの構成スキル
  • マーケティングスキル
  • 分析スキル

記事の制作スキル、SEO対策スキルはなんとなく必要だろうと思っていた方は多いでしょう。もちろん記事をつくるスキルも必要なのですが、前提としてマーケティングの目的が定まっていなければいけません。

またマーケティングを元にWebサイトの構成を考え、かつ記事を更新してからもアクセス情報などを分析できるサイト構成も下準備として必要です。

更にアクセス情報をもとに次のコンテンツを検討する…

実はコンテンツマーケティングには、非常に多くのスキルが求められます。
さらに、この求められるスキルの多さに加え、定期的にアップデートされる検索エンジンのアルゴリズム、また日々めまぐるしく進化する技術トレンドにキャッチアップしていくことなどの大変さなどから、コンテンツマーケティング、ひいてはコンテンツ制作を外注依頼する必要性がでてきます。

コンテンツマーケティングを外注委託するメリット・デメリット

コンテンツマーケティングイメージ
コンテンツマーケティングを自社で運用しようと考えている方は、メリットとデメリットを比較して本当に自社運用が良いかを検討しなければいけません。

コンテンツマーケティング外注委託するメリット

コンテンツマーケティング外注し、依頼するメリットとして主に下記があります。

  • 豊富な知識とノウハウで構成できる
  • 外注委託でコンテンツマーケティングの更新頻度が安定する
  • 外注委託するとコンテンツマーケティングの作業人員が不要

豊富な知識とノウハウで構成できる

外注委託すると豊富な知識やノウハウでコンテンツマーケティングを元に制作してくれるのが最大のメリット。まず運用する目的を確認し、閲覧するユーザーのペルソナを想定します。
そして目標のペルソナに合わせ、SEO対策を意識した構成をにしなければいけません。。

外注委託でコンテンツマーケティングの更新が安定

外注委託した場合、本来なら時間が必要になる定期的な記事更新をしてくれます。
社内でスタッフを決めている場合、下記のようなトラブルの可能性があります。

  • 忙しくて更新回数が減ってしまう
  • 担当者が退職し他に更新できる人がいなくなってしまった

事前準備が万全でも、更新作業を継続できないと効果を得られません。更新停止のトラブルを防げるのも外注委託する大きなメリットです。

外注委託するとコンテンツマーケティングの作業人員が不要

外注委託すれば自社で作業人員リソースをかける必要がありません。コンテンツマーケティングに求められる作業は日々更新する記事のネタの考案、記事の作成、そしてアクセス情報をもとにした分析です。

多くの作業をひとりが抱えていたら、日々の仕事が更新作業や分析だけで終わってしまうでしょう。他の仕事と併用しながら進めるには負担が大きいです。

チームで対応すれば安定して作業が進みますが、その分社員の作業時間が奪われてしまいます。自社の本業に力を入れるなら更新作業に人員リソースをさくべきはありません。

コンテンツマーケティングを外注委託するデメリット

コンテンツマーケティングの外注委託するデメリットには下記のようなものがあります。

委託業者によってコンテンツマーケティングの質が異なる

コンテンツマーケティングを外注委託した場合、サイトの構成を検討するディレクターや記事を作成するライターを選べません。実際出来上がってみたら期待したほどでもなかった、という可能性もあり得ます。

依頼するジャンルは得意な外注委託業者なのか、スキルかあるのか実績などを含めて判断しなければいけません。

コンテンツマーケティングの外注費用が発生する

外注するため委託料金が発生します。自社で運用する際にも費用はかかるため、依頼する業務に見合っているかを検討しなければいけません。

コンテンツマーケティングは一部委託するケースが多い

メリットとデメリットのバランスをうまくとるためには一部を委託するという方法もあります。BtoC企業を対象とした「コンテンツマーケティングの外注委託」調査では、6割以上が一部を外注委託しているとの結果になりました。

自社内でサイトの構成をおこない、リソースの多い記事更新を外注委託しているケースが多いです。
しかし一方で、企画力や編集力の不足を感じているケースも6割近くにのぼっています。

※参照元:demandsphere「コンテンツマーケティング調査レポート」(https://www.demandsphere.jp/blog/content-marketing-research-japan-2016)

外注委託する場合のコンテンツマーケティング費用相場

外注費用の相場が気になる方も多いと思いますが、一口にコンテンツマーケティングの費用相場といっても委託する内容によって変動します。安い業者だと月間5万円ほどから、委託できる業務が多い場合は50万円以上の料金が設定されていることもあります。

コンテンツマーケティングの費用相場と依頼内容

依頼内容と費用の相場を一覧にすると下記のようなイメージです。

費用相場
(月)
記事作成 CMS構築 アクセス解析 サイト設計 コンサルティング
10万円以下:
10〜30万円:
30〜50万円:
50万円以上:

費用を抑えるならコンテンツマーケティングで委託するべき業務を検討しましょう。
またホームページにて5万円〜という表記がある場合、内容によっては金額が加算される場合もあるため相談や見積もりをしてみないと正確な金額はわかりません。

MMD研究所の調査では、運用費用は30万円から100万円が多くなっています。

※参照元:APPMART(https://appmart.co.jp/blog/contentsmarketing-senryaku/)

コンテンツマーケティングを外注委託する場合に注意すべきポイント

コンテンツマーケティングを外注依頼することは、とても勇気のいる決断だと思います。またコンテンツマーケティングは検索エンジンのアルゴリズム変動に大きく影響するので、確実に成果が出るとはなかなか言いにくいという難しい面があります。成果が自分たちでコントロールしにくい施策です。つまり成果が「確実に出る」会社を見つけることはほぼ不可能ということになります。

しかし成果が出る可能性が高そうな会社を選ぶことはできます。

スキルが高い外注依頼先は成果も出やすい。

Google検索エンジンは、ユーザーの役に立つコンテンツを評価するように日々改善されていますので、ユーザーの役に立つコンテンツを作ることができれば、成果が出る可能性はぐっと高くなります。

そのためには、冒頭であげている諸々のスキルが必要となってきます。特にユーザーや市場について分析し、自社の強みをしっかり掘り下げて、理解し、それをコンテンツに落とし込める高いスキルを持った外注先を探せると一番よいでしょう。そういった会社はWEB制作だけにとどまらず、コンサルティングを標榜しているところが多いようです。

依頼する業務内容とその目的やKPI(数値目標)について明確にする

コンテンツマーケティングの依頼は、依頼する側もコンテンツマーケティングについて詳しくなるに越したことはありません。ただ、一朝一夕にそれらの知識を身に着けることは難しいでしょう。

しかしながら、依頼する業務内容とその目的、そしてそれを計測する数値目標などについては明確にしておきましょう。

これがあいまいのまま進むと、外注委託先のコントロールが非常に難しくなります。また社内における報告も、あいまいになるため、継続的な投資が難しくなってきます。

コンテンツマーケティングにおいて重要なことの一つに「継続性」があげられます。継続的にコンテンツを作り、長期間にわたってそのサイトを育てていくからこそ、1年後、数年後に他社と大きな差をつけることができます。そして他社は追い付くことが難しくなります。これがコンテンツマーケティングを利用した差別化の強力なメリットです。

ただ目的や目標値などがあいまいだと、半年後、1年後において、継続すべきなのかの判断がしにくくなります。往々にして継続しないという判断に陥りがちです。そうなるとその半年、1年でやったことが無駄になってしまうこともありえます。

コンテンツマーケティングを外注委託先の選び方

では、具体的にどのような会社をコンテンツマーケティングの外注委託先として選べばよいでしょうか?

その外注委託先は、実績があるか?特に同じ業界の実績があるか?

実績に勝るものはありません。まずは実績があることが重要です。同じ業界で地域の違う実績があるとまずは安心です。

ただし、この実績を重視してしまうと、若い勢いのあるベンチャー企業やフリーランスなどに依頼することが難しくなります。最近は業界的にもコンテンツマーケティングのノウハウ蓄積がたまり、それを持った人材が、フリーランスで仕事をとったり、ベンチャー企業がそれを受け入れて、より画期的なコンテンツマーケティングを展開をしているケースが出てきています。またそういった会社は、実績欲しさから、かなり低い金額で受注しようとします。

もし仮にこれにうまく乗ることができれば、とてもコスパよく、また長期的な関係性を築いていけるようなら、とても運が良いでしょう。ただし、運頼みです。資金的にすごく余裕があり、お試しで利用するか?もしくは、予算がないからイチかバチかで頼るという感じでしょう。

やはり実績をしっかり持った会社に頼むことが安心につながるでしょう。

その外注委託先は、サイト制作だけでなく、戦略的な提案をしてくれるか?

その会社がサイト制作だけなのか?コンサルもできるのか?むしろコンサルティング・戦略立案に力を入れているか?外注委託先のスキルにかかわる重要な点です。たとえ訪問する営業が新人であっても、「サイト制作をウリ」としているのか?それとも「コンサルティングや戦略的な提案をウリ」としているのかは、提案資料や話の内容から判断がつくと思います。

おすすめは戦略的な提案をしてくれるコンサルティング的な動きができる企業です。理由はやはりこれもコンテンツマーケティングとは「継続性」が重要で、長期的なビジョンに基づいて施策がなされるべきだからです。戦略なきコンテンツマーケティングは、その本質を見失う可能性が高いです。「作って終わり」になる可能性が高いからです。

これは自社内で戦略を立てられる場合であってもおなじです。自社内でたとえ戦略が立てられたたとしも、コンテンツマーケティングでは、それを第三者の目線で(ユーザー目線で)、戦略と施策の良し悪しについて評価していく必要があります。コンテンツマーケティングの良し悪しの評価は、実はとても難しく、多くの会社で自己満足で終わっているケースが散見されます。

「その作られたコンテンツが、誰のために、どう役に立つのか?」「それらの部分的なパーツをどう全体にまとめ上げていくか?」これを冷静に判断するためにも、単にコンテンツ制作するだけではなく、戦略的な提案をしてくれるコンテンツマーケティング会社とパートナーを組むことが施策の成功率を引き上げることにつながるでしょう。

その他、担当者はどんな人か?また報告方法、料金体系等々についても要確認。

その他、外注委託先を決めるにあたって、担当者や報告内容、料金体系についてもしっかり確認しましょう。
ただこれは、気持ちよくコンテンツマーケティングを外注依頼するためであると考えましょう。

料金体系については、その妥当性があるか?一人のお客さんを獲得するために、いくらのコストがかけられるのか?そのコストに見合った成果を期待できるのか算出しましょう。(難しければ先方に相談しましょう。)

担当者は必ずしも製作する人ではありません。ですので、そこまで重要でないかもしれません。しかし信用できそうか?仕事を任せたいか?について、あまり良い印象を持てないようなら、他の担当者を呼んでみるのもよいかもしれません。これはコンテンツマーケティングが成功するかどうかというより、気持ちよく仕事を進めるための選定ととらましょう。

報告書については、もしかすると見てもピンとこないことが多いかもしれません。ここは体裁を確認するというより、先述の「依頼する業務内容とその目的やKPI(数値目標)について明確」にできているかどうかが重要です。

最後にクリエイティブについて。

安くて、秀逸なクリエイティブができる会社があれば、それに越したことはありませんが、なかなか難しいでしょう。

金額が上がれば、それだけ作業工数をクリエイティブにさけるため、おのずと良いものが上がってくる可能性が高くなります。パートナーが自分たちでたてた仮説やペルソナをもとにクリエイティブを練っていくための作業時間を確保できるためです。(ただそもそもそういうことをしない会社は、時間を割いてもあがってくるものは、「かっこよくなる」レベルで、コンバージョン向上に寄与するようなクリエイティブ向上は期待できないかもしれません。)

またヒアリングで伝えた内容、そのまま作るだけなら、安価なコストに抑えたいところですが、こちらの要求を上回るクリエイティブを発揮させるためには、パートナーを信じることも時には必要です。細かいデザイン指示やダメ出しは、委託先のポテンシャルとしてもっている創造性を奪いかねません。難しいところではありますが、まずは「任せる」ということ重要です。

ただし、言ったことを、そのままただ制作するだけのスタンスが先方から見て取れた場合は、その時点から「任せる」でなく「管理する」ようにしましょう。外注先によっては、とにかくコストを抑えることに注力しているところもあるためです。

つまり会社としてのスタンスの理解に努めましょう。言われたことを制作するのが得意なのか?市場やユーザー、クライアント、競合についてしっかり分析した上で、仮説を立てて戦略立案のコンサルティングができる会社なのか?同じコンテンツマーケティングを標榜する会社でも、求める内容により満足度はおおきく変わってきます。

以上のようなことに気を付けて、外注委託先パートナーを選んでいきましょう。

コンテンツマーケティングの効果

コンテンツマーケティングイメージ
最後に、コンテンツマーケティングの効果についても簡単にまとめたいと思います。
コンテンツマーケティング運用のメリットはさまざまです。

  • 24時間不特定多数にプロモーション可能
  • 営業担当がいけない遠方とも取引できる
  • 自社のファンを増やせる
  • 自社をブランディングできる

24時間不特定多数にプロモーション可能

不特定多数に営業やプロモーションできるのが大きな魅力です。

コンテンツマーケティングがないと検索で自社サイトへ辿り着く人は少ないため、強く興味をもってくれている人しか訪れません。

BtoB業務でもコンテンツマーケティングにて営業が可能です。従来なら展示会などに出店しなければ企業へのアプローチが難しかったですが、時間や平日休日を問わずいつでも自社製品に興味をもつきっかけをつくれます。

営業担当が行けない遠方とも取引できる

遠い場所にいる顧客でもコンテンツマーケティングを見て連絡をくれれば後はメールや電話で営業が可能。業種によっては獲得後に営業担当者が足を運ばずに取引できます。出張費をかけて遠方に営業へ出向いたけれど、結局獲得できずに無駄になった、なんてこともありません。

自社のファンを増やせる

コンテンツマーケティングは自社と見込み顧客でよい関係を結びやすいです。役に立つ情報があるからいつも見ている、困ったときには参考にしているといったユーザーを見込み顧客として維持できます。

自社をブランディングできる

取り扱っている商品や業務の特徴を前面に出したブランディングもコンテンツマーケティングなら可能です。差別化したサービスのアピールで、同業他社で比較した際に優位に立てます。

プロへの外注委託でコンテンツマーケティングの効果を最大限に

コンテンツマーケティングで得られる効果を最大限に引き出すためには下記のポイントを抑えることが大切です。

  • ターゲットユーザーのペルソナ
  • コンテンツ内容
  • SEO対策で狙うべきキーワード

記事をどんなに更新してもポイントがずれていては意味がありません。
マーケティングの知識をもつスタッフを準備した上で定期的な更新できる体制を整えて本来のコンテンツマーケティングの効果を引き出しましょう。

全研本社では7000件以上のWebコンサルティング実績があります。リソースをかけず最大限にコンテンツマーケティングで得られるメリットを発揮したいと考えている方は、一度ご相談ください。

コンテンツマーケティング ダウンロード資料

コンテンツマーケティング支援資料


コンテンツマーケティング支援

全研本社ではあらゆる業界で7000サイト以上の制作運用を活かしたコンテンツマーケティング支援施策を提供しています。プロに任せたい方はもちろん、将来的には内製化(インハウス化)に向けた専門プランのご用意もございます。

コンテンツマーケティング支援資料はこちら

お問合せはこちら

コンテンツマーケティングに関連する記事




ページトップへ