Webブランディングについて解説!【ブランディング事例付き】

Webブランディングについて解説!【ブランディング事例付き】
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

Webブランディングとは

エリアマーケティング・ブランディング
まずは、ブランディングとはどんなものなのか、復習してみましょう。
ブランディングとは、企業やサービスのブランドの認知度を高め、そのイメージを良いものにしていくこと。もう少し掘り下げて言えば、知名度向上を目指すだけでなく、顧客・ユーザーが信頼感を持ったり、共感を得られるように価値を高めていく施策も含みます。
例えば、「A社の製品は他社よりも品質が高い」「B社の製品は素材へのこだわりがある」「C社は環境に配慮したエシカルなものづくりをしている」というように、好意的な印象を持ってもらうためのイメージづくりといったところ。
自社が競合他社よりも優れている点を知ってもらうこと、あるいは自社のもつメッセージを知ってもらうこと。これによってブランドイメージを作り上げていくのです。
そのための活動をウェブで行うこと、ウェブブランディングと言います。あらゆる情報をウェブで手に入れる現代では、ウェブを通じたブランディング戦略は欠かせないものとなっています。

Webブランディングの役割


では、ウェブブランディングが求められる役割とはどんなものでしょうかl。具体的に見ていきましょう。

商品やサービスの認知を高める

上でも触れたように、まずは企業や商品、サービスを知ってもらうことが必要です。商品が優れていたり、ニーズのあるものだったとしても、それを知ってもらわなくては購入には至らないのです。

商品やサービスの印象を高める

ユーザーや顧客に、ウェブでの体験を通じてポジティブな印象を持ってもらうことが大切です。数字やデータ上の優位性だけでなく、感情や印象面でポジティブな体験をしてもらうことで、ブランドは他者に対して優位になります。

企業や他商品・サービスの情報にアクセスするハブになる

広告や検索ページから流入してきた顧客は、商品ページから自社の他の製品やサービスの情報を閲覧する可能性があります。その商品の購入を促進するだけでなく、自社商品・サービスとユーザーをつなぐハブを作ることにもつながります。

Webブランディングのメリット


Webブランディングを行うことで得られるメリットは、非常に大きいもの。大企業はブランディングに力を入れていますが、中小企業こそウェブブランディングによるイメージ向上と宣伝が必要なのです。
以下に、Webブランディングのメリットをまとめてみました。

  1. 同じ品質の競合商品があるときに、自社商品が選ばれやすくなる
  2. 価格で勝負しなくてもよくなり、高い価格で商品を販売することができる
  3. 顧客のリピート率が上がり、自社を継続的に利用する顧客が増える
  4. 口コミによる宣伝効果が期待できる

それぞれ詳しく見ていきましょう。

同じ品質なら自社商品が選ばれやすくなる

価格や品質が同じ商品が複数あったら、あなたはどうやって商品を選ぶでしょうか?選択の基準には企業やブランドへの信頼、イメージがあると思います。「同じ値段なら○○社の方がいいよね」というような選び方をされている方が多いことでしょう。これがブランディングの効果の一つです。

価格競争をしなくて済み、高値での販売ができる

品質が同じなら、企業間での値下げ合戦になりがち。しかし自社の商品に付加価値があれば、値段ではないところで勝負ができるので値段や品質を下げたりする必要がありません。
ファッションにおけるハイブランドは、もちろん高価ですがそれだけの価値があることを誰もが知っています。そういったブランドイメージを持たせることが大切です。

リピート率が上がる

ブランドに良いイメージがあって、消費者が商品やサービスを通じて素晴らしい体験をしたとしたら、その後はどんな行動が予想されるでしょうか?そう、そのブランドや商品のリピートや指名買いです。
継続的にそのブランドの商品やサービスを利用すること自体に価値があれば、リピート率は自ずと高くなります。

口コミ効果が上がる

リピート率と同様に、顧客・ユーザーが価値を感じてブランドに愛着を持っていれば、口コミによる宣伝効果が期待できます。消費者による商品・サービスの宣伝は、見込み客を招くことができるのです。

中小企業ほどブランディングを利用するべき

「ブランディングなんて大企業がするものでは?」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、これだけのメリットがあるものを、中小企業が利用しない手はありません。独自のブランド価値を確立することが、大手に対する優位性につながるのです。
ブランドの知名度や印象がアップすれば、指名検索の増加も期待できます。検索数アップによりランディングページへのアクセス、そしてコンバージョンへたどり着くユーザーの母数を増やすことができるのです。

Webブランディングをする前に必要なユーザー層とブランドプロミスの明確化

マーケティング
Webブランディングをする前に、まずは企業が約束するもの、つまり「ブランドプロミス」と呼ばれるものを明確にすることが必要です。
顧客が企業に対して感じているイメージと、ブランドプロミスを一致させること。「顧客にこう感じてほしい」というイメージを実際に持ってもらえるような戦略がブランディングには必要なのです。webブランディングを始めるなら、ブランディングのゴールとしてこれを設定しなければなりません。
ブランドプロミスを明確にするには、以下のポイントをはっきりさせると進めやすくなります。

  • ターゲット
  • 課題
  • ゴール
  • 自社商品のアピールポイント

つまり、どのユーザー・顧客層の課題に対して、自社のどんな強みをもって、どのようなゴールへ導くことができるのか。これがブランドイメージの核となるのです。

Webブランディングの具体的手段


Webブランディングを始めるべき理由、そしてブランドプロミスの設定の仕方についてご説明しました。それでは、具体的なブランディングの方法について解説しましょう。

ホームページ制作・リニューアル

自社のホームページを制作したり、既にある場合はリニューアルをして、ブランドの価値が伝わるようにします。
Webデザインにはトレンドがあるので、既にあるサイトでも一定期間が過ぎたらリニューアルを考えるべきです。時流に合わせたブランドイメージのアップデート、そして伝え方のアップデートはどんな企業にも必要なものです。

ホームページは企業の顔

顧客やユーザーがブランドの名前で検索をして、おそらく最初に見るのが企業・ブランドのホームページです。これが見栄えが悪かったり、デザインが古くてはブランドイメージの低下につながります。
パソコンやスマートフォンの閲覧環境は目まぐるしく変化しており、数年もすれば
ホームページの見え方が古臭くなってしまうのです。
ブランドを印象づける「顔」として、デザインはある程度トレンドを意識しなければなりません。

イメージを揃える

ブランドのホームページの中で、テイストやニュアンスが違うページがあると、ブランドのイメージが散漫になってしまって印象づけが難しくなります。このブランドのイメージが一貫して表れるように、イメージを揃えたホームページのデザインが必要なのです。

ユーザビリティに配慮する

ユーザーが欲しい情報にスムーズにたどり着ける、あるいは購入まで迷わずに手続きができることがホームページの設計には必要です。ユーザーインターフェイスの設計も日々新しい技術が表れるので、ユーザーフレンドリーなものを導入しなければなりません。

コンテンツマーケティング

Webでのマーケティング手法に、「コンテンツマーケティング」というものがあります。ユーザーが価値を感じるような情報を発信するコンテンツを制作することで、サイトの購読者を増やし、ブランドや企業のファンを作るというもの。
今すぐ商品を購入する顧客・ユーザーを探すのではなく、顧客を育てる、潜在層をファンにすることで顧客を増やすという手法です。
コンテンツマーケティングのメリットとしては、潜在的な顧客にアプローチできること、顧客のニーズを掘り起こせること、そしてそのブランドや企業がスペシャリスト・専門家として認識されること、長期的な費用対効果が高いこと、などです。

コンテンツSEOでweb検索層にアプローチ

コンテンツSEOという言葉を聞いたことがあるでしょうか?GoogleやYahoo!といった検索エンジンで上位に表示されるためには、ユーザーの役に立つ情報を継続的に発信することが重要です。
良質な情報を提供することで、商品やサービスに関連するキーワードを検索したユーザーの流入が期待できます。したがって、発信するコンテンツでSEOを行う場合は、アプローチするキーワードの選定が非常に重要です。
キーワードを適切に選び、それに関連する情報を継続的に発信していくことで、コンテンツマーケティングの効果が高まるのです。

コンテンツマーケティング支援サービス

しかし、コンテンツマーケティングはイチから学んで効果を上げるには専門的な知識と技術が必要。そこでコンテンツマーケティングを支援する外部業者を利用する方法があります。
支援サービスには、キーワードの選定やコンテンツのライティング代行、そしてコンテンツマーケティングのコンサルティングなどが含まれます(業者によって範囲は変わります)。サイトやメディアをゼロから立ち上げるサポートも可能です。
また全研本社の支援サービスの場合は、コンテンツマーケティングの支援はもちろん、将来は自社でそれを行いたいケースの支援も可能です。
SEO対策やブランディングのための適切なテキスト編集、デザインまで、webマーケティングに必要なサポートを一通り提供しています。
いまはスキル不足で十分なコンテンツマーケティングができないが、担当者の育成やノウハウ・スキルの学習をさせて内製化を目指すプランを提供しています。

コンテンツマーケティング支援資料


コンテンツマーケティング支援

全研本社ではあらゆる業界で6000サイト以上の制作運用を活かしたコンテンツマーケティング支援施策を提供しています。プロに任せたい方はもちろん、将来的には内製化に向けた専門プランのご用意もございます。

コンテンツマーケティング支援資料はこちら

オウンドメディア立ち上げ

オウンドメディア
最近耳にする機会が増えた「オウンドメディア」という言葉。これは、ホームページとは別に情報発信のためのウェブサイトを立ち上げ、運用するというものです。企業やブランドのウェブマガジンやブログを運営するケースが増えており、これによって売上が大きく伸びる可能性があります。
ユーザーは、自分にとって有益な情報を取捨選択して閲覧する傾向にあります。広告コンテンツはユーザーにとって煩わしいもので、これまでのweb広告戦略ではうまくいかなくなってきました。
そのため、ユーザーは有益な情報発信を行うメディアに注目するようになり、それが結果的に新規顧客の獲得につながるのです。
初めからブランドや企業の名前で検索してホームページを訪れる顧客とは違い、知識や情報を求めるユーザーがブランド・企業を知るきっかけになるのがオウンドメディアの強み。ホームページと組み合わせて、多面的にユーザーとの接触を増やすことがwebブランディングには必要なのです。

オウンドメディアのメリット

オウンドメディアで専門的・有益な情報を発信していくことで、サイトを継続的に訪れるユーザーが増えます。またユーザーがそのサイトを通じてブランドや企業のファンになり、他者に対して優位性を持つことができます。
さらに、オウンドメディアで会員登録ができれば、見込み客の顧客データを収集することもできるのです。メールマガジン、セールスレターなどへの活用で、さらにマーケティング戦略を拡大することも可能です。

オウンドメディアの集客事例

全研本社さんに、オウンドメディアの立ち上げから運用までサポートしていただいています。
自社は富裕層向けの住宅商品を扱っていますが、ターゲットが重複する競合他社が多いことから苦戦していたのです。そこで、オウンドメディアを使って、よりターゲットを絞り込んでアプローチすることにしました。
全研本社さんにお願いしているオウンドメディアでは、「住宅にこだわりがある」「高級住宅街に住みたい」という富裕層をターゲットに、ここに刺さる情報に集中してピンポイントな情報発信を続けていただきました。
結果的に富裕層からの問い合わせがかなり多く、今では電話での問い合わせだけでも月に30件を超えるようになりました。
しかもただ問い合わせが増えただけでなく、売上に直結する問い合わせが多いことに驚いています。問い合わせのほとんどが商談、そして設計につながるのです。
優良見込み顧客の問い合わせが多いので、自社への問い合わせの中でもオウンドメディアからの問い合わせに最優先で対応するようにしています。
このオウンドメディアでは住宅施工事例が数多く閲覧できるような設計になっており、このオウンドメディアを手掛けているのが自社だと謡えることで、富裕層の家を建てたい方からの問い合わせが増える、というわけです。
直近では10億円以上の案件が決まりました。単価の高い顧客が多いこともあり、全研さんのオウンドメディアだから出来る売上アップを見据えた集客戦略には非常に満足しています。

お問い合わせ先安定的な集客を実現されることに興味を持たれましたら、全研本社マーケティングチームにご連絡をお願いいたします。全国どこでも対応。インターネットでのお問い合わせ、もしくはお電話で承ります。

集客コンサルタントに無料相談する

ポジショニングメディア立ち上げ

集客力の高い施策
また、他社との比較を通じて自社の強みを伝えるための「ポジショニングメディア」という手法もあります。
ポジショニングメディアは、サービス・商品を比較して購入につなげるアフィリエイト的な方法ではありません。ユーザーのニーズに応えられる自社の強みをアピールし、他社よりもそれが優位であることを効果的に見せるポータルサイトとして運用するものです。
ただの比較サイトとは違い、自社の強みを集中してアピールすることができるので、ターゲットを絞り込んで効率よく集客することができるという強みがあります。
類似商品・サービスを提供している企業を並べ、商品選びのポイントやコツを啓蒙することで自社への導線を作ることもできます。ユーザーのニーズに一致すれば、ユーザーの意思決定に大きな影響を与えられる点にポジショニングメディアの価値があるのです。

ポジショニングメディアの集客・ブランディング効果

では、ポジショニングメディアではどのように集客やブランディングができるのでしょうか。実際の事例をご紹介します。

新規事業のブランディングに成功

注文住宅とリフォーム事業を手がけております。
リフォーム事業ではそれなりに集客に成功していたので、リフォーム会社としては認知されていたと思います。しかし注文住宅のほうは年間2〜3棟しかオーダーがなく、こちらを伸ばしていきたいのでポジショニングメディアを立ち上げることにしました。
ポジショニングメディアを立ち上げてからは「注文住宅会社」と認知されるようになったのか、新築での問い合わせがとても多くなりました。コンスタントに月10件以上を受けております。
集客は、とにかく実績を重ねるしかないと思っていました。ポジショニングメディアを立ち上げただけで、こんなに効果が出るのか…と驚いているのが正直なところです。
弊社は、リフォーム事業で家づくりのことを熟知しており、それと会社のスタンスを合わせてアピールするサイトを構築していただいた結果、単価の高い新築の顧客からの問い合わせが増えたのだと思います。

後発でも売れるようになった

サプリメントのポジショニングメディアを立ち上げていただきました。大手の商品が独占的になってしまっている状況で、後発の弊社商品が食い込んでいくには、ポジショニングメディアが非常に効果的で、かつ唯一の戦略だったと思います。
現在、ポジショニングメディア経由で新規の定期購入が増えており、最大で60個ずつ売れたこともありました。結果を実感しています。
商品のアフィリエイトサイトが多いために、検索上位に表示されることは難しいのかと思うのですが、その中で上位表示されているSEO効果は圧倒的だと思います。大手のシェアを奪い、定期購入と新規購入を40〜60件ずつ売れていて、ほかのプロモーションと比較しても効果が高いです。とても満足しています。
購入までの導線は、サプリの成分検索で商品の効果効能を比較するように啓蒙して、そこから商品の選び方をアドバイスするようになっています。これが購入率を高める結果になっているのだと思います。

自社の強みを知ってもらえる

フランチャイズ契約店舗を、350店から380店まで増やすことができました。増加率で言えばこれまでで最高の数字を記録しており、非常に満足のいく結果となりました。
また、異なる2つの検索ワードの間で、関連キーワードを含むサイトが相互に上位表示されるようになりました。一つのキーワードに対する効果だけでなく、キーワード間の相乗効果があることも感じています。
自社の強みをアピール・啓蒙できるポジショニングメディアができたので、問い合わせが増えました。特に女性や若い方からの問い合わせが多く、私たちのサービスがニーズにマッチしていて成約につながりやすいように思います。
お客様のニーズにマッチするのは、ニーズに対するアピールが効果的にできるポジショニングメディアならではのメリットだと思います。

お問い合わせ先安定的な集客を実現されることに興味を持たれましたら、全研本社マーケティングチームにご連絡をお願いいたします。全国どこでも対応。インターネットでのお問い合わせ、もしくはお電話で承ります。

集客コンサルタントに無料相談する

インフルエンサーによるWebブランディング


最近話題になっているものに、インフルエンサーによるwebブランディングが挙げられます。SNS上で影響力のあるインフルエンサーが商品を使ったり、レビューしたりすることで、売上を伸ばすことができます。
インフルエンサーとフォロワーは、SNSを通じて近い距離にいます。そのため、一般的な広告に比べて避けられにくく、共感や模倣が期待できるのです。
ただ、これはBtoC商材に適したマーケティングの手法だというのが一般的な認識。BtoBでは、インフルエンサーを通じた訴求はしにくい傾向にあります。

Webブランディングまとめ

集客・売上アップ
ブランディングは、自社のサービスや商品が持つメッセージや強みを発信して、ユーザー・顧客に知ってもらうことが最大の目的です。ブランディングを売上や顧客獲得につなげるためには、ブランディングのターゲット設定や訴求するポイントの選定がカギになるのです。
全研本社では、企業・商品の独自性や存在価値をアピールして商品価値を高める「バリュープロボジション」に即したコンテンツマーケティング、webメディアを制作しています。これまでに6000を超える、あらゆるメディアを手がけた実績があります。
従来のように顕在化しているニーズに対してアピールするだけでなく、潜在的ニーズを喚起して、購買や成約行動を促進するコンテンツマーケティングを得意としています。
現代のマーケティングには欠かせない手法である、ブランディング。売上アップや他社との競合で悩んでいる方は、ぜひこちらからお問い合わせください。

お問い合わせ先安定的な集客を実現されることに興味を持たれましたら、全研本社マーケティングチームにご連絡をお願いいたします。全国どこでも対応。インターネットでのお問い合わせ、もしくはお電話で承ります。

集客コンサルタントに無料相談する

ページトップへ