Googleマイビジネス一括管理ツールを調査!【複数店舗向け】

Googleマイビジネス一括管理ツールを調査!【複数店舗向け】
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

実店舗のエリアマーケティング施策として効果の高い、Googleマイビジネスの運用。
複数店舗の管理・運用は可能なものの、一括での情報更新ができないなど、効率的な運用には課題感があります。

「Googleマイビジネスの運用を効率的に行いたい」
「運用担当者の工数を軽減したい」
「MEOも意識した効果的な運用をしたい」…etc
そんなニーズに応えている、Googleマイビジネスの一括管理ツールが実は複数提供されています。

この記事では各Googleマイビジネスの一括管理ツールやサービスについてリサーチ。
特徴や料金などの情報をまとめています。

Googleマイビジネスを一括管理・更新できるツール

2021年2月現在の情報を元に、各ツールの情報をまとめました。

【導入実績15000店舗】MEOチェキ for 複数店舗

MEOチェキキャプチャ画像
引用元:MEOチェキ公式サイト(https://meo.tryhatch.co.jp/meochekilp2/)

ローカルSEOの順位計測や効果を測定できるMEOチェキを、複数店舗用にカスタイマイズしたものが「MEOチェキ for 複数店舗」になります。

約10,000の店舗に導入されており、複数店舗情報の一括編集や、データの横断比較といった必須機能を備えています。

ツールの詳細についてはお問い合わせが必要になりますが、10日間の無料デモ体験ができるため、興味があればまず申し込んでみてもいいでしょう。

MEOチェキ for 複数店舗の利用料金

公式サイトには利用料金についての詳細がありませんでした。
興味がある場合は、まずはお問い合わせをしてみてください。
※10日間の無料デモ体験があるようです。(デモ中は3店舗のみ)

【導入実績9000店舗】Canly(カンリー)

Canly(カンリー)キャプチャ画像
引用元:Canly公式サイト(https://jp.can-ly.com/)

6,000店舗以上で使われているマイビジネス管理ツールが「Canly(カンリー)」です。
Googleマイビジネスに加えてSNSアカウントも併せて管理可能。管理運用の手間を削減するクラウドシステムになっています。

データ分析や口コミの一元管理機能などの基本的な機能はそろっているようですが、詳細については資料請求が必要です。

Canly(カンリー)の利用料金

公式サイトには利用料金についての詳細がありませんでした。
興味がある場合は、まずは資料請求をしてみてください。

GMB管理ツール

GMB管理ツールキャプチャ画像
引用元:GMB管理ツール公式サイト(https://gmb-tools.com/lp)

Googleマイビジネスでの一括管理・投稿、口コミの一括閲覧など様々な機能を持つGMB管理ツール。
一括投稿には自社で開発したChainr(チェイナー)というプログラムを活用しています。

店舗数の上限なく利用できるため、多数の店舗を持っている場合には相性の良いツールです。
マイビジネス内のグループ以外にも、GMB管理ツール内で店舗をグルーピングできるため、店舗やブランドの垣根を越えて管理したいという場合にも扱いやすいでしょう。

料金は店舗数に応じた月額課金制になります。店舗数が多くなる分、1店舗あたりの料金は安くなります。
※公式サイト上で確認できる最大の1,000店舗の場合は、1店舗あたり363円(税込)

期間は不明ですが無料トライアルも相談できるとのことです。

GMB管理ツールの利用料金

1店舗あたり月額最大3,278円(税込)

※店舗数によりディスカウントあり
例)30店舗の場合:月額2,178円(1店舗あたり/税込)※計65,340円
例)100店舗の場合:月額1,980円(1店舗あたり/税込) ※計198,000円

※初期費用なし

ローカルミエルカ

ローカルミエルカキャプチャ画像
引用元:ローカルミエルカ公式サイト(https://local-mieruca.com/)

SEO対策ツールである「ミエルカ」を提供しているFaberCompany。
そのノウハウを活かしながら、ローカルの店舗情報の一元管理や投稿機能を持たせているツールがローカルミエルカです。

Googleマイビジネスの管理だけではなく、検索順位の測定といったSEO機能や、各種SNSとも連携できる機能を持たせることもできます。

自社の状況や担当者のレベルに合わせて必要な機能を搭載し、ローカルマーケティングを進めることが可能です。

ローカルミエルカの利用料金

店舗数に応じて3つのプランあり
以下はGoogleマイビジネスの一元管理機能のみの場合の料金プランです。
※ローカルSEOやWebサイト連携機能を持たせる場合は費用もプラスになります。

  • ライトプラン(20店舗):月額37,180円(税込)
  • スタンダードプラン(50店舗):月額61,600円(税込)
  • プラスプラン(100店舗):月額89,100円(税込)
  • ※100店舗以上はエンタープライズプラン(料金は要問合せ)

Yext(イエクスト)

Yextキャプチャ画像
引用元:Yext公式サイト(https://www.yext.co.jp/)

Yext(イエクスト)は、Googleマイビジネスを含めた検索エンジンやSNS、アレクサなどの音声アシスタントなど、ありとあらゆるところに公開されている店舗情報を一元管理できる、クラウドプラットフォームです。

Yextは2006年にアメリカ・ニューヨークで設立した外国企業ですが、日本の大手企業にも導入実績があります。
連携している媒体の店舗情報の一括修正はもちろん、新規の媒体にもYextを経由して店舗情報を公開することができるようです。

多数の媒体を横断して自社情報を提供している場合は、管理工数の軽減をより実感できるでしょう。

Yext(イエクスト)の利用料金

利用料金については、公式サイトなどに情報がありませんでした。
興味のある方は、公式サイトよりお問合せする必要があります。

COCOROTUS(ココロータス)

COCOROTUSキャプチャ画像
引用元:COCOROTUS公式サイト(https://cocorotus.com/sales/)

Googleマイビジネスの管理・運用サービスを提供している「COCOROTUS(ココロータス)」。
店舗集客支援ツール「On map eye(オンマップアイ)」、レビュー管理ツール「Hoshitorn(ホシトルン)」など、独自開発している管理ツールを提供しています。

情報管理はもちろん、MEOなどの検索への対策やブランディングなど、Googleマイビジネスを活用したマーケティング全般をサポート
上述している「Yext(イエクスト)」の日本国内の販売パートナー企業でもあります。

COCOROTUS(ココロータス)の利用料金

Googleマイビジネスの運用・管理については、1店舗あたり5,000円~と記載があります。
ですが運用管理の内容や、上記が月額なのかといった表記はありませんでした。

管理したい内容によっては金額変動などがある可能性が高いため、詳細はお問い合わせの必要があります。

Janus(ヤヌス)

Janusキャプチャ画像
引用元:Janus公式サイト(https://janus.glamorous.tools/)

2021年2月にリリースされたばかりのGoogleマイビジネスの管理ツールが「Janus(ヤヌス)」です。
後発ではありますが、投稿の一括予約や口コミの返信・管理、マイビジネス上の情報修正機能といった、便利な機能がそろっています。

非常に新しいツールのため、実績や評判などの情報はありませんが、無料トライアル期間もありますので、興味がある方は体験してみるといいでしょう。
プランは店舗数に応じて4つ。300店舗以上はお問合せの必要があります。

Janus(ヤヌス)の利用料金

  • Miniプラン(7ビジネスまで)/月額9,800円(税込)
  • Smallプラン(30ビジネスまで)/月額39,800円(税込)
  • Mediumプラン(150ビジネスまで)/月額189,000円(税込)
  • Largeプラン(300ビジネスまで)/月額349,000円(税込)
  • ※ビジネス数無制限で使えるEnterpriseプランあり(要問合せ)

Gyro-n(ジャイロン)

Janusキャプチャ画像
引用元:Gyro-n公式サイト(https://www.gyro-n.com/meo/)

SEOやMEOなどのデジタルマーケティング全般をサポートするサービス「Gyro-n(ジャイロン)」。
「Gyro-n SEO」にMEO店舗オプションを加えて利用することで、Googleマイビジネスの一括管理が可能になっています。

一括での情報更新や予約投稿、Googleマップの検索順位自動チェックなど、情報管理だけでなくMEOの状況も自動で分析が可能です。

英語や中国語といった多言語での検索にも対応しているのも特徴。
海外観光客など日本語以外の言語で検索する人に対しての検索最適化もサポートしてくれます。

Gyro-n(ジャイロン)の利用料金

公式サイトによると1店舗あたり月額1,500円から利用可能です。
※「Gyro-n SEO」の基本料金プランに、MEO店舗オプション(1,000円)を加える形になります。

「Gyro-n SEO」の基本プランは以下です。

  • スタータープラン:月額500円 ※3ヵ月無料
  • ライトプラン:月額4,500円
  • スタンダードプラン:月額9,600円
  • プレミアムプラン:月額16,800円

※プランにより管理できるサイト数やキーワード数が変動

公式サイトにある月額1,500円の内訳は、スタータープラン500円+MEOオプション1,000円の合算金額のようです。

管理する店舗を増やしたい場合は、1店舗あたり月額1,000円で増やすことができます。

※MEOオプションは2週間の無料トライアルあり
※上記料金は税別

資料ダウンロードは無料で行えますので、詳細に興味がある場合は公式サイトよりご確認ください。

Googleマイビジネスを最大限活用しよう

ローカルSEO、つまりは特定の地域での検索流入・来店を狙うマーケティング施策として、Googleマイビジネスの有効性はいうまでもありません。

しかし店舗が多いとその手間から、ネガティブな情報が掲載されていたり、誤った情報のまま掲載され続けてしまうなど、適切な運用ができていないことも少なくありません。

その手間を軽減し、公開する情報を統一できることはブランディングにおいても重要です。
今回ご紹介したような便利な一括管理ツールを導入することで、Googleマイビジネスの効果を最大限に活用できる体制をつくっていきましょう。

Googleマイビジネスの
一括登録・管理のポイントまとめ

ページトップへ