オウンドメディアの記事制作のポイント!ライティングのコツとは

オウンドメディアの記事制作のポイント!ライティングのコツとは
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

オウンドメディアの記事制作で気を付けるポイント

オウンドメディアをしっかりと機能させるためには、コンテンツである記事を充実させる必要があります。オウンドメディアの記事制作において、気を付けるべきポイントを見ていきましょう。

オウンドメディアの記事は、良質なコンテンツでなければ意味がありません。そのため、ひとつの記事を書くために様々な準備が必要です。

記事のペルソナを再確認する

オウンドメディアと立ち上げた際に、誰に向けたメディア(コンテンツ)にするのか、決定していると思います。

各コンテンツ記事を制作する上でも、まずは「誰に読んでほしい記事なのか」を再度意識しましょう。すでに具体的なペルソナを設定している場合は、記事内容がずれてしまわないように注意が必要です。

もしターゲットユーザーのペルソナ設定をしていない場合は、ここで設定することをお勧めします。

誰に読んでほしい記事なのかは、制作の上で軸になる部分です。年齢や職業、ニーズを明確にしていくことでイメージが鮮明になり、記事の内容もシャープになっていきます。

訴求しやすい内容の記事を書くために、ペルソナはしっかり設定しましょう。

キーワードを選定する

ユーザーニーズは何か

上記で決定した「記事を読んでほしいユーザー」が求めていること、悩んでいること、不安なこと、解決したいこと、など、どんな情報を求めているのかをリサーチしましょう。

世の中の流れも意識

ターゲットユーザーが興味を抱く内容にすることと併せて、世の中ででどのようのなトレンドがあるのか、いま特に求められている情報は何なのか、という視点も重要です。

そのためには、新聞や雑誌と言ったメディアを日々読むことはもちろん、読者の興味という観点ではSNSが役立つかもしれません。また、他社が書いている記事のキーワードなども参考にすると良いでしょう。

キーワードを検索して読者のニーズを探る

グーグルの検索画面

キーワードを決定したら、キーワードを検索して読者のニーズを探っていきましょう。
検索窓にキーワードを打ち込むと、予測変換で一緒に検索されているキーワードが出てきます。
※Googleのサジェスト機能といわれるものです。

キーワードと一緒に検索されている言葉こそ、読者の興味が高いため参考になるでしょう。

またSEOの観点から、これから制作する記事のキーワードに対して、どのような内容の記事が検索上位になっているかもチェックしてください。

これからライバルとなる記事の内容を確認することでも、ユーザーが求めている情報、そしてGoogleに有益だと評価されている内容を知ることができます。

ユーザーニーズに応えるキーワード候補が複数になった場合は、そのキーワードの検索需要(検索されている数)も調べてみましょう。Googleのキーワードプランナーを用いて調べるのが一般的です。

検索されている数がわかれば、どの記事の作成を優先すべきか、どのくらいのユーザーに見てもらえそうか、など記事作成の方向性も見えやすくなります。

記事のテーマを決める

読者のペルソナ、ニーズ、キーワードまで決定したら、記事のテーマを決めましょう。

「え、ここで?」と思った方がいらっしゃれば、ここでテーマを決定するからこそ意味があるとお伝えしたいです。また、一見テーマが決まっているかのように見えますが、ここできちんと設定をすることが大切です。

テーマ、すなわち記事の方向性と捉え、内容を決定していきましょう。ここまでの工程で、記事に必要な点の要素を導き出してきました。テーマはこの点を線で結ぶような作業です。

この工程が無くても、記事を書き進められるような気持ちになりますが、線が無ければ脱線してしまい、せっかく決めた読者のニーズに応えられない可能性があります。この工程を丁寧にこなしましょう。

記事の構成を考える

さて、記事に必要な要素が完全に揃いました。ここから記事の構成を考えていきましょう。

構成を決める際には、実際に用いる見出し文を考えていきます。見出しは大見出し、小見出しがありますが、それぞれを言語化しながら設定していくのがオススメです。

注意するべきは、マクロからミクロな視点へ移り変わっているかどうか、という点です。

小見出しの内容から大見出しの内容に戻ってしまっては、読者は混乱してしまいます。だからこそ、論理矛盾が生じていないか、また、起承転結は正しい流れで書かれているかをこのタイミングで吟味していきましょう。

問題無いと判断したら、実際に記事の執筆を進めていきます。

SEOを意識しながら記事を書く

seoイメージ

オウンドメディアの記事はpull型コンテンツ

オウンドメディアの記事は、Pull型と言われるコンテンツです。読者自らがキーワードを検索しなければ、記事に辿り着くことができません。だからこそ、SEO対策を心掛けることで検索に引っかかりやすい記事作りを心掛けましょう。

大切なことは、先に定めたキーワードを有効活用することです。キーワードは必ずタイトルなどに入れ、SEO対策を強く意識するようにしましょう。

また、キーワードはなるべく見出しに入れたり、文中にも自然な形で含ませていきましょう。しかしながら、冗長的な表現になるのはNG。文章の読みやすさに配慮しながら書いていきましょう。

大切なことは、キーワードを用いた記事が読者にとって有益か否かという点にあります。

ただキーワードを多数記載するだけの場合、簡単に記事を量産できるでしょう。しかし中身が無ければSEO対策としては全く意味がないのです。ユーザーもすぐに読むのを止めてしまいます。

読み手が読みやすい文章を心掛ける

どれだけコンテンツ内容が良くても、文章が読みにくければ元も子もありません。長くても120文字程度を目安に文章を区切ったり、適切な位置に句点を入れるなど、読み手が読みやすい文章を心掛けましょう。

また、語尾は言い切りなのか、ですます調なのかをきちんと整えることが大切です。

さらに、イラストやグラフを駆使することで、視覚的に飽きない文章になるように心がけましょう。

文字ばかりでは読む気が失せ、良いコンテンツでも離脱に繋がってしまう可能性があります。だからこそ、読者によって読みやすいということは重要なのです。

文章の修正を行う

一通り書いたら、文章を修正していきましょう。

普段何気なくかいている文章には、実は余分な言葉が多く含まれているかもしれません。「そもそも」「たまたま」など同じ音を2回繰り返す表現は、口語ではよく用いられますが、文語では目にすることが少ない表現です。

また、「なのです」と言ったように、本来「です」で完結できる文章に必要ない文字が含まれている場合があります。

口語に慣れている場合や、読みやすさを意識しない文章を書く場合には関係ありませんが、オウンドメディアの記事としては注意することが大切です。

このように最後に全部を見直すことで、改めて表現を修正し、読者にとって読みやすい文章が完成します。

全体を見返して整える

文字を修正したら、最初に決めたキーワードやペルソナ、テーマに相応しい内容になっているかをみていきましょう。

時間に余裕があるのであれば、記事を1日置いてから確認すると効果的です。記事を書いてすぐの状態では見えてこなかった表現の矛盾や粗を、セルフチェックで見つけることが可能です。

本当に伝わっている内容になっている、という確信が持てて初めてコンテンツとして成立する記事が完成したと言えます。

オウンドメディアの記事ライティングで必要なスキル

マーケティングイメージ
オウンドメディアの記事と一言に言うと、とても簡単そうに聞こえます。しかし、コンテンツとして良質な記事を書くためには、準備をしっかり行うことが大切です。

ただキーワードを決めるだけでなく、SEOのノウハウがある担当者の方が良質なコンテンツになる可能性があります。また、ペルソナ設定やキーワード選定には、幅広いWebマーケティングの知識が必要です。

ただ文章を書く、ということはできる人が多数いるかもしれません。しかし重要なのは、SEOとして機能する記事を書くという点にあります。幅広い知識が必要なため、初心者には少々骨の折れる作業かもしれません。

オウンドメディアの記事制作は外注も検討を

上述した通り、オウンドメディアの記事制作には様々なスキルが必要になってきます。

もちろん日々学び、実践することでスキルは身に付きますが、更新ペースを上げたい、クオリティの高い記事を量産したい、という場合には、なかなか難しい場面もあるのではないでしょうか。

全研本社では、Webメディアを使った7000以上の集客実績があり、サイトの構築やSEO、Webマーケティングのノウハウに精通しています。また、全研本社が運営する、ライターステーションを介して、様々な経験を持ったライターに記事の執筆を依頼することが可能です。

より成果の出るオウンドメディアを作成したいという方や、記事の作成に難しさを感じている方は、ぜひお気軽にご相談ください。

全研本社ではオウンドメディアの戦略提案や、サイトの構築・運用もワンストップで対応可能ですので、「こんなオウンドメディアを作りたい」といったご要望もまずはお声がけいただけると嬉しいです。

全研本社のオウンドメディア制作・構築について

お問合せはこちら

ページトップへ