成果が出るオウンドメディアのSEO対策とは

成果が出るオウンドメディアのSEO対策とは
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

オウンドメディアのSEO対策の重要性

seoイメージ

SEOとはSearch Engine Optimization(サーチエンジンオプティマイゼーション)の頭文字を取った用語であり、直訳すると検索エンジン最適化を意味します。

検索エンジンを通じてターゲットユーザーを集客するために、特定のキーワードで評価されるようにWebページやコンテンツを調整することがSEO対策ということです。
この記事ではSEO対策のポイントをまとめて紹介しています。

なぜSEO対策が必要?

ただWebページを作成したり、コンテンツを制作するだけでは検索エンジン上で上位に表示させるのは難しいです。しかし、ターゲットとなるユーザーに見つけてもらうためには上位へ表示させることが必要となります。

この時に必要となるのがSEO対策です。検索エンジン上で上位表示させるために対策を行うことで、ページへのクリック率が大きく異なります。

ユーザーは検索順位が高いページを信頼度が高いと判断し、上位表示されていないページには見向きもしません。ひとつ順位が変わるだけでも、検索エンジン上では大きな差となることを認識することが大切です。

オウンドメディアのSEO対策のポイント

seo分析イメージ

オウンドメディアはWebページの中でも、自社の特色を反映させやすいメディアです。より多くのユーザーの目に留まるよう、細かい点にも注意が必要です。

URL名は簡潔に設定する

オウンドメディアはURLに自社の特色を取り入れることが可能です。アレンジしやすい特徴から、つい色々な要素を盛り込みたくなってしまうのではないでしょうか。

SEO対策を意識する場合、重要な文字列を残した上で簡潔なURLにすることを心掛けましょう。シンプルなURLにすることでユーザーレスポンスを高めることができ、結果的に高いアクセス数を期待することが可能です。

階層を浅くする

自社メディアという特徴上、たくさんのページを掲載したいと考える方は多いのではないでしょうか。

もちろんコンテンツはたくさん用意するべきですが、注目すべきはオウンドメディア内の階層です。SEO対策を意識するなら、3クリックで全てのページへアクセスできるように調整しましょう。

理想として、TOPページからページの全体像が把握できると良いです。ページ階層を重ねるほど深い知識があるように感じるかもしれませんが、SEO対策上では逆効果です。

階層を浅くすることで、クローラーがページ階層を巡回しやすいように調整することが可能です。

URLを正規化する

URLの正規化とは、googleによる評価を集めたい場合に、該当するキーワードのSEO対策をしたURLをひとつに統一化することです。

例えば、内容が同じページなのに、URLで「https://www…」「https//…」(wwwの有無の違い)や、
URLの末尾に「 / 」が有るものとないものがあったりなどしていませんか?

このような状態ではgoogleによるクローラビリティが悪くなったり、キーワードに対する評価が二分してしまったりします。

301リダイレクトを活用し、URLの正規化を行いましょう。

これによりSEOで評価してほしいオウンドメディアの記事URLをひとつに絞ることができ、評価されやすくなります。

SSL化対応を行う

自社のオウンドメディアのURLは「http」もしくは「https」のどちらでしょうか?

「https」のアドレスは、SSL化対応と呼ばれるサイト接続が保護されていることを意味するURLです。

いずれのURLでも接続は可能ですが、ユーザーがアクセスする際の安全面を考慮すると、圧倒的にSSL化対応をしておくのがオススメです。

対応にはSSL証明書を取得し、サーバーへインストールすることが必要です。

自社が契約しているサーバーから取得することで、簡単に設定を行うことが可能です。簡単といっても初心者にはやや難しい設定のため、知識や経験がある人が担当できると安心です。

適切なhtmlタグを活用する

コーディングイメージ

適切なhtmlを活用したコンテンツを制作することで、コンテンツ内容をクローラーが認識しやすくなります。タイトルや改行など、必要に応じてタグを設定しましょう。

無駄なタグを設置しすぎると、クローラーの判断で掲載順位が下がる可能性があります。

強制的な改行を行うタグなどはなくても、十分に文章として成立させることが可能です。大切なのは適切なタグを適切な位置へ配置することだと意識しておきましょう。

対策キーワードはh2タグへ設置

コンテンツ作成の際、必ず対策するべきキーワードを設定しているのではないでしょうか。そのような重要キーワードはh2タグに挿入するようにしましょう。

近年のクローラーの特徴として、h2のキーワードを特に重視している傾向があるようです。意識的にキーワードを設置することをオススメします。

検索キーワードをリサーチする

ユーザーはキーワードを検索する際、ひとつのキーワードで検索していることは稀と言えるでしょう。「キーワード 〇〇」といった文言で検索している場合がほとんどでないでしょうか。

そのためコンテンツを制作する前に、キーワードリサーチャーなどで同時に検索されている文言を洗い出し、記事に反映させるのがオススメです。

同時検索されている文言を記事内へ反映できれば、ユーザーのニーズを満たした記事になりやすくアクセス数アップも期待することが可能です。

リード文を意識する

h2タグに気を使ったとしても、最初の1文が良くなければユーザーが見向きもしないでしょう。そのためリード文は特に注意を払い、作成することが大切です。

リード文だけで情報が完結してしまえば記事を読む理由がなくなってしまいますが、ある程度自分に意味があると思わせなければ読んでもらうこともできません。リード文の露出バランスに注意し、最適な文章を制作しましょう。

構成を意識する

ただ文章がダラダラ続く記事は評価されません。SEO対策を試みるなら、構成を強く意識した記事を制作していきましょう。

構成がきちんと整理されていれば、必然的に記事の質も高まります。まずは構成をきちんと練り、その上で記事にすることを意識しましょう。

スマートフォンへ対応する

スマートフォン

オウンドメディアへのアクセスは、PCからとは限りません。近年では手軽にアクセスできるスマートフォンからの流入が増えています。そのため、スマートフォンで閲覧がしやすいUI・デザインをつくっておくことは必須と言えるでしょう。

対応には、レスポンシブデザインを活用しましょう。1つのURLでPCはもちろん、スマートフォンやタブレットへ対応できるため非常に便利です。

PC用のみの設定では、スマートフォンで閲覧する際画面が崩れる可能性があり、ユーザーが離脱する原因となる可能性があるため注意しましょう。

SEOで成果を出せるオウンドメディアの特徴

オウンドメディアを閲覧する女性

まずは目標設定が大切

オウンドメディアの運用目的は、企業によって大きく異なります。売りたい商品やサービスがあるのか、そうではなく自社のブランディングをしたいのかによって、作成すべきコンテンツは大きく変わってきます。

まずはオウンドメディアの目標、すなわちゴールを社内ですり合わせていきましょう。

誰をターゲットにするか

目標が決まったら、次はターゲットを決めていきましょう。自社の目標に適したターゲットはどのような層でしょうか。

できる限りターゲットを具体化し、どのような内容が刺さりやすいかというイメージを構築できるようにしましょう。

SEO対策は検索で上位表示させるためには目標やキーワードが重要ですが、ターゲットが定まらなければそもそもどんなキーワードで上位表示させるべきかが見えません。

成果につなげるために、適切なキーワードを見つけましょう。

意識すべきはバリュープロポジション

キーワードが決定すれば、バリュープロポジションを活かしてコンテンツ制作を行っていきましょう。

バリュープロポジションとは、ユーザーが求めているが他社では提供できていない、自社だけが提供できる価値を指します。

成果につなげるためにはバリュープロポジションを元に、戦略的なコンテンツマーケティングをする必要があります。

バリュープロポジションのイメージ図

そして、自社独自の強みが魅力的にうつる市場を見つけ出し、勝つべくして勝つ戦略を展開していくことが大切なのです。

徹底した分析こそ成果につながるオウンドメディアの肝

全研本社はクライアント独自の強みを見つけ出し、競合と差別化した上で、最も勝ちやすい市場でマーケティング戦略を展開することを得意としています。

貴社独自の強みを軸としたWebメディアを作成することで、ユーザーがより魅了された状態で貴社の公式サイトやLPを訪れます。

意欲の高まったユーザーを集められるため、より成果につながりやすいオウンドメディアの制作が可能です。

分析から戦略提案、サイトの制作、公開後の運用までワンストップで対応いたします。

集客・購買につながる!
全研本社のオウンドメディア
制作サービスはこちら

まずはお気軽にご相談ください。

お問合せはこちら

ページトップへ