BtoCで活用できるマーケティングオートメーション(MA)ツールを比較

BtoCで活用できるマーケティングオートメーション(MA)ツールを比較
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

マーケティングオートメーション(MA)とは?

マーケティングオートメーションとは、マーケティング活動を自動化することを指します。

これまで担当者が行っていたマーケティングの中で、自動化できる部分を自動化していくことをマーケティングオートメーションツールは可能にします。単純作業のような工程を自動化することで業務を効率化することができるため、コストや人件費削減を実現することができるのです。これにより、本来時間を活用するべき戦略部分への注力が可能です。

マーケティングオートメーションツールはtoB向けの商品と認識している方が少なくありません。しかし顧客との密なコミュニケーションが求められるtoC向けの商品こそ、マーケティングオートメーションツールとの相性が良いと言えるでしょう。

BtoCのMAで重視される機能

一方で、toC向けのマーケティングオートメーションツールに求められる機能は、toB向けのツールとはやや異なります。どのような点が異なるのか、詳しく見ていきましょう。

複数のチャネルを使い分けできる

toC向けの商材の場合、あらゆるシーンで顧客接点を作ることが重要視されます。接点を持つ回数が多いほど、顧客とのコミュニケーションを円滑に取ることが可能です。

メールなどの一般的なチャネルはもちろん、TwitterやInstagramといったSNSや、SMSなども対応可能なツールが望ましいでしょう。

また、商材によってはオンラインの施策だけではなく、オフラインの施策にも対応できるようなツールであればなお効果的ではないでしょうか。オンラインとオフラインを、マーケティングオートメーションツールを介して融合させることができれば、非常に使い勝手良く活用することが可能でしょう。

ジオマーケティングが活用できるか

特に実店舗がある商材の場合、ジオマーケティングの機能があるかは非常に重要です。ジオマーケティングとは、位置情報を活用したマーケティングを指します。

Web検索やLINE操作中に、ポップアップのように「この近くには〇〇があります」といった表示がされることはありませんか?これはジオマーケティングと呼ばれる、位置情報を元にしたマーケティングによってターゲティングされています。

toC向け商材の場合、toB向けと比較して圧倒的にジオマーケティングとの親和性が高いと言えるでしょう。今後よりニーズが高まっていくマーケティング方法であるため、今のうちから積極的に取り入れておくことがオススメです。

簡単な操作性

管理画面を簡単に操作できることはもちろんですが、ユーザー向けの画面が簡単に操作できることが重要です。簡単なWebページなどは、制作できる機能があることが望ましいでしょう。

通常ページを作成する際には、エンジニアやプログラマーの手を借りる必要があります。しかしちょっとした変更でもそのような手間が掛かってしまうと、スピード感が大きく欠如する原因となり得ます。

したがって簡単な操作で少しのページは作成できるようにすると言った運用ができるツールがオススメです。

BtoC向けのマーケティングオートメーション(MA)ツールの特徴を比較

では、toC向けのマーケティングオートメーションツールには、どのようなものがあるのでしょうか。細かく見ていきましょう。

Aim Star

Aim Starキャプチャ画像
引用元:Aim Star(supreme)公式サイト(https://www.supreme-system.com/product/aimstar/)

toC向けに特化したマーケティングオートメーションツールです。toC特有の大規模データやマルチチャネル連携に対応し、ホットリードの発掘はもちろん、One to Oneコミュニケーションを積極的に行うことも可能です。

単発的な売上獲得ではなく継続的な売上獲得を重視しており、長期間に渡り顧客とコミュニケーションを取ることができる関係を構築することができます。関係構築、顧客行動などそれぞれ明確にシナリオ分析することで、Target×Offer×Timing×Creativeのパラメーターを自社向けに適切に設定することが可能です。

ライセンスの種類によって費用が異なるため、まずは問い合わせしてみましょう。

AutoLine

AutoLineキャプチャ画像
引用元:AutoLine公式サイト(https://autoline.timetechnologies.ltd/)

toC商材との親和性が高い、LINEに特化したマーケティングオートメーションツールです。Web上の行動履歴やLINE上のアンケート、自社システム内のデータを複合的に活用することで、細かな顧客分析を実現します。

メッセージ配信時には過去の開封データを踏まえ、開封確率が低いユーザーへの配信停止をすることで、配信に掛かるコストを最小限に抑えることが可能です。ユーザーのセグメントはもちろん、コストに関してシビアに見ていきたい担当者とは非常に親和性が高いマーケティングオートメーションツールと言えるでしょう。

利用料金は月額80,000円~と明瞭な料金設定になっています。まずは問い合わせをしてみましょう。

Kairos3

Kairos3キャプチャ画像
引用元:Kairos3公式サイト(https://www.kairosmarketing.net/marketing-automation)

カイロスマーケティング社が提供するKairos3は、費用を抑えてマーケティングオートメーションツールを導入したいと考える担当者にぴったりのツールです。直感的なUIで操作できる仕様になっており、細かな説明がなくても十分に操作できる高い機能性を備えています。

初期費用は10,000円、月額は5,000円~と破格の価格設定で、確度が低いユーザーをナーチャリングしていくことが可能です。専任のチームが常にサポート体制を組んでおり、もしもの時にも安心です。ノウハウの提供なども積極的に行っており、Kairos3を導入することで時間を掛けずに効果的なマーケティングを実施することができるでしょう。

EC系の商材を扱う担当者や、定期購入を推奨する商品を扱う担当者にオススメです。

Hubspot

Hubspotキャプチャ画像
引用元:Hubspot公式サイト(https://www.hubspot.jp/)

無料で活用できるHub Spot CRMを中核に置き、企業に応じて必要ツールをカスタマイズし活用するマーケティングオートメーションツールです。HubSpot CRM自体は単体でもリード管理などを行うことができますが、Marketing HubやSales Hubといったリードジェネレーションやトラッキングが行える機能を搭載したツールを組み合わせることで、より実用的な効果を発揮します。

実用には一定のスキルを伴うため、他のツールでこれまでマーケティングオートメーションを実装してきたものの、より精度が高い解析や数値分析を行いたいと考える担当者にオススメです。

扱う商材としては、低単価な商材よりも高単価な商材の方が相性良く活用できるでしょう。購買までのリードタイムが長い商品を扱う企業にオススメです。

b→dash

b→dashキャプチャ画像
引用元:b→dash公式サイト(https://bdash-marketing.com/)

マーケティングプロセスの全体データを、1つのインターフェースで一元管理できるマーケティングオートメーションツールです。現在全ての情報を分けて管理している担当者にとって、非常に扱いやすいマーケティングオートメーションツールといえます。

マーケティングオートメーションツールの中には機能が多い分、マーケティングに精通かつシステムを十分に扱える人でなければ使いこなすのが難しいものも多いです。b→dashはマーケティング初心者や、最低限の機能だけあればいいという方には、シンプルで使いやすさを感じられるツールでしょう。

費用はやや高額となっており、初期費用は500,000円、月額料金は200,000円からです。しかし費用に見合う機能性と利便性を持ち合わせています。

Probance

Probanceキャプチャ画像
引用元:Probance公式サイト(https://www.probance.jp/)

ブレインパッド社が運営するマーケティングオートメーションツールです。購買や申込につなげることはもちろん、顧客との長期間に渡るコミュニケーションに重点を置いているため、自社の商材の「ブランド力」を強化したい企業にオススメです。

マーケティングオートメーションツールを活用するにあたり、マーケティングオートメーションの設計や効果的なシナリオ策定などを専任チームが一緒に行ってくれるため、初心者でも安心して利用することが可能です。

もちろん高度な分析を行うことも可能なため、One to Oneを意識したコミュニケーション設計も容易に扱うことができるでしょう。

初期費用500,000円のほかに、STARTプランの場合180,000円~、PROプランの場合375,000円~利用することが可能です。

Marketo

Marketoキャプチャ画像
引用元:Marketo公式サイト(https://jp.marketo.com/)

Photoshopやillustratorを運営するAdobe社が提供する、世界的に導入されているマーケティングオートメーションツールが「Marketo」です。SalesforceやSansanといったサービスとの相性も良く、すでに導入されている企業にとっては、その拡張性は魅力でしょう。

マーケティングの知識やコーディングスキルなどがなくても使用でき、これからマーケティングオートメーションに取り組んでいこうという企業にも親和性が高いツールです。

定評のあるエンゲージメントプログラム機能によって、それぞれの顧客の状態やフェーズにあった施策やコミュニケーションが可能になっています。

ひとりひとりの顧客の管理を細やかに行いたい場合にもおすすめです。費用は個社ごとに見積もりとなるため、まずは問い合わせから始めましょう。

MOTENASU

MOTENASUキャプチャ画像
引用元:MOTENASU公式サイト(https://motenasu.info/)

FID社が提供するマーケティングオートメーションツール「MOTENASU」は、主にEC商材との相性が良いマーケティングオートメーションツールと言えます。

顧客の属性やフェーズを、データを通じて判断し、アプローチに際して最適なチャネルを抽出します。toC向けの商材を扱う場合、オンライン施策が良いのか、オフライン施策が良いのか判断しかねる場合があるでしょう。その際も「MOTENASU」があれば安心です。

様々なツールとのAPI連携はもちろん、アンノウンマーケティングも可能です。これまでのデータを踏まえて購買や申し込みにつなげる最適なタイミングを判断できるため、マーケティング担当者の負担を大幅に軽減することができるでしょう。

費用はリード登録件数によって異なり、最も少ない登録件数で50,000件、月額費用は100,000円~となっています。

マーケティングオートメーションの関連記事



ページトップへ