医療系オウンドメディアのメリット


とあるWeb制作会社によると、月間平均PV数の目安はブログなら10万PV、コーポレートサイトなら3千PV、ECサイトなら1万PVだそうです。

ユーザーにとっては健康という切実なテーマにも関わるため、医療系オウンドメディアは一般的なWebメディアよりもPV数は伸びがちですが、それでも月間500万PVと聞くと驚きませんか?そんな医療系オウンドメディアが本当にあるのです。

見てもらいやすいということ以外にもメリットが多いといわれる医療系オウンドメディア。まずはどんなメリットがあるのかお伝えしましょう。

SEO上の評価を受けやすい

医療系オウンドメディアのメリットといえば、やはり
SEO上の評価を受けやすい
ことでしょう。実際に専門知識のある病院や医師が自ら監修することで信頼性も高まります。
さらに、医療系のコンテンツには「明日は我が身」という印象をもたらす効果もありますから、見込み患者をつくることにもつながります。なにかあったら診てもらおう、この情報はあの人に教えてあげよう、ユーザーにそう思ってもらうことができるわけですね。

専門分野をアピールできる

もうひとつ、
医師や医療機関の専門分野を強くアピール
できることもメリットです。
専門分野に特化したコンテンツを展開することで、患者さんは自分の病気や症状と発信元の情報を照らし合わせることができるので、病院やクリニックの認知度や医師への信頼感を向上させる効果が期待できます。

医療系オウンドメディアを立ち上げる際の注意点


このように開設することのメリットが非常に大きい医療系オウンドメディアですが、立ち上げるにあたっては注意しなければならないことがあります。

広告規制

まずはなんといってもコンプライアンス遵守。医療系オウンドメディアも広告の範疇に入りますから、医師法や医療法、薬機法などに定められている広告規制をクリアしなければなりません。厚生労働省が通知している「医療広告ガイドライン」「医療機関ホームページガイドライン」の内容をしっかり確認しましょう。

YMYL

また、最近ではYMYLについても配慮する必要があります。
YMYLは「Your Money or Your Life」の頭文字を取った略語で、直訳すると「あなたのお金、あなたの人生」となりますね。

Googleでは独自に検索品質評価ガイドラインを定めており、このお金と人生については重要な項目とされます。もしこの項目に関して事実と違ったり悪意のある情報が流されたりしてしまうと、ユーザーの生活に支障をきたす可能性がありますから、重要視されるのも当然ですね。

医療を扱うサイトも人生、つまり健康や幸福に関わるとしてYMYLに該当します。Googleに信頼性がないと判断されたサイトは、評価を下げられ検索順位も上位になることはないでしょう。

いうまでもありませんが、
医療系オウンドメディアでは信頼性と正確性
が求められるのです。

医療系オウンドメディアの実例・アイデアなど


それでは、実際の医療系オウンドメディアの実例を紹介しましょう。
どれも成功例として重要な知見が含まれているものばかりですので、メディアを立ち上げる際のアイデアとして是非とも参考にしてみてください。

歯医者が教える歯のブログ

冒頭で脅威の月間500万PVを達成した医療系オウンドメディアがあるとお伝えしましたが、それがこの「歯医者が教える歯のブログ」で、おかざき歯科クリニック(横浜市)が運営しています。

ここまでPV数が伸びる理由は、現役の歯科医師が配信する信頼性の高い情報であることに加えて、やはり徹底されたSEO対策の効果が大きいでしょう。

非常に多数の記事も一般歯科治療やインプラント、矯正というように
患者さんが求める情報ごとにまとめられて
おり、各記事にもSEO内部対策を施すことでクリニックの強みをしっかり患者さんに届けることができるようになっています。

厳選AGA

薄毛で悩む世の男性に向けた、コラム記事が満載の医療系オウンドメディアです。

株式会社デジタルトレンズが運営する当メディアは、シンプルで見やすいサイト構成となっており、ユーザーが知りたい情報への個別アクセス性は高いといえます。医師が監修しているため信頼性も権威性も高く、AGAの基礎知識以外にも人には聞きにくい内容のQ&Aコーナーなどが充実しており、SEO対策も十分に取られているのでコンバージョンに至る可能性も高いでしょう。

スマホでもストレスなく見ることができるデザインというのも、今の時代では重要なポイントですね。

Pfizer PRO(ファイザープロ)

大手製薬会社であるファイザー株式会社が運営する医療系オウンドメディアです。

すでに多くのメディアを立ち上げている同社にとって初めての試みがこのファイザープロですが、注目すべきは患者さんではなく医師や薬剤師をはじめとした医療関係者をターゲットにしているところです。

製薬会社の営業といえば担当者が医師を直接訪問するスタイルが主流でしたが、近年は院内セキュリティの問題や診療に支障をきたすことも懸念され、直接訪問は避けられる傾向にあります。そこでこのような医療系オウンドメディアを立ち上げ、医療関係者が必要とする専門情報や業界のニュース、医療講演のライブ配信などをコンテンツとして盛り込みました。

非常に高い評価を得ているファイザープロには、ターゲットの転換も含めてメディア運営に参考となるヒントが多く見られるのではないでしょうか。

Welby Media(ウェルビーメディア)

株式会社Welbyが運営する医療系オウンドメディアで、同社が展開する疾患ソリューション事業、医療データ調査事業を活かした健康関連のコンテンツを提供しています。

内容はリリース情報が中心で、食事や運動に関するセラピーや医師、患者さんへのインタビュー記事がメイン。ユーザーひとりあたりの平均PV数も高く、繰り返しアクセスするユーザーが多いのもさることながら、関連投稿などからのページ内リンク、他サイトでの被リンクも機能的に作用していることが伺えます。

トップページは病気の基礎知識からはじまるので、そうした心配を抱えるユーザーをしっかりつかむ構成になっているのもポイントです。

漢方セラピー&コスメ 島田薬局

島田薬局(石川県)が運営する漢方セラピー&コスメ島田薬局は、専門性の高いコーポレート型の医療系オウンドメディアです。

専門性が高いというのは、ターゲットを女性、それも妊婦さんに絞り込んでいること。妊娠しやすい体づくりをコンセプトの第一に掲げたメディアのトップページは、優しい色調とほのぼのとしたイラストのアイコンで構成され、ユーザーの安心感をもたらします。

多くのコンテンツもコンセプトに沿った内容として展開され、妊娠のメカニズムを伝える子宝ブログや食生活に関する情報も注目を集めています。

Rheumatismm(リウマチズム)

とうきょうスカイツリー駅前内科が運営する医療系オウンドメディアです。リウマチや膠原病を専門とするクリニックだけあって、サイト名はそのものズバリのリウマチズム。専門分野に特化したコンテンツを患者さんに届けることで認知度と信頼度を向上させ、高い集患効果を生んでいます。

当クリニックの強みは診療の専門性に加えてオンライン遠隔診療を実施していること。オウンドメディアでのアピールも功を奏して、現在では全国の患者さんから診療予約が入るようになっています。

このように、集患施策から実際の診療までをオンラインで完結できるというのはなかなか例がありません。

ねむりラボ

最後は医療機器に関するオウンドメディアを紹介しましょう。老舗の医療機器メーカーであるオムロンヘルスケアが運営する、ねむりラボというメディアです。

新たに開発した睡眠計の広告施策を検討していた同社では、新商品では機能を説明しても伝わりにくいと考え、睡眠の問題を抱えるユーザー向けにオウンドメディアを立ち上げました。

睡眠を計るという必要性を訴えたコンテンツはユーザーのニーズをとらえ、なんと製品発売前の時点で売り上げ目標の180%を達成したといいます。見込み客を得やすいというオウンドメディアのメリットを十二分に活かした事例といえるでしょう。

同メディアは寝具を扱う企業とのコラボも行なっており、その成果で現在も新たな見込み客を獲得し続けています。

まとめ


ここに挙げた医療系オウンドメディアの共通点は、いずれも高い専門性を活かしたコンテンツを発信しているということです。ユーザーが求める情報を提供することで受診や商品購入につなげるという、医療系オウンドメディアの本来の目的に沿った成功例として、大いに学ぶところがあるのではないでしょうか。

そしてもうひとつ注目したい共通点は、メディア運営にあたって明確な役割分担がされているということ。メディアのメイン要素であるコンテンツ、つまりブログ記事などは専門性を担保するために医師や医療関係者が執筆していても、運用管理は専門家が行なうという体制がしっかり構築されています。
編集やSEO対策といった専門的な部分を外部のコンテンツマーケティング業者に依頼しているケースも非常に多いです。

また医療機関監修・医師監修といった形であれば、コンテンツの作成は制作会社リサーチ&執筆し、最終チェックのみ専門家が行うといった効率化も可能です。

医療系オウンドメディアの制作・運用はプロに相談


前述のように、医療系オウンドメディアを成功させるためにはマーケティングのノウハウや広告規制の知識など、いくつもの専門的な要素が必要です。

また、医療系に限ったことではありませんが、成功しているオウンドメディアは頻繁な更新が行なわれており、いわば日々成長を繰り返しています。先ほど挙げた実例をご覧いただいてもおわかりでしょう。

こういったポイント踏まえた医療系オウンドメディアを現場だけで立ち上げるのは、なかなか困難かもしれません。ここはプロに相談するのも一手です。

当サイトを運営する全研本社は、これまでに6000件を超えるサイト作成の実績を持ち、医療広告ガイドラインに則ったWebサイトやオウンドメディアの立ち上げにも数多く関わってきました。

オウンドメディアを使った認知度の向上や集患(集客)に興味のある方は、是非とも一度ご相談ください。ユーザーニーズの分析に基づいたコンテンツマーケティングのノウハウを活かし、医療系オウンドメディアの立ち上げを全力でサポートします。

お問い合わせ先オウンドメディアでの集客に早速興味がございましたら、全研本社マーケティングチームにご連絡をお願いいたします。全国どこでも対応。インターネットでのお問い合わせ、もしくはお電話で承ります。

全研本社 マーケティングチームへのご相談はこちら

オウンドメディアでの集客・売上アップの戦略を詳しく知りたい方はこちら!