月刊自動認識の広告掲載費用と評判まとめ

月刊自動認識の広告掲載費用と評判まとめ
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

ここでは、月刊自動認識の特徴や広告掲載するメリットなどについて紹介しています。

月刊自動認識のキャプチャ

引用元:日本工業出版公式サイト(https://www.nikko-pb.co.jp/user_data/ba_top.php?category_id=9)

月刊自動認識の特徴

1988年9月に創刊された歴史ある自動認識技術の専門誌

「月刊自動認識」は自動認識技術の専門誌で、2004年9月号に前身である月刊バーコードより誌名が変更されています。月刊バーコードは1988年9月に創刊され、当時主流の自動認識技術であったバーコード技術を題材にしていました。しかし、IT技術の発展によりRFID・ICカード・二次元シンボルなど様々な認識技術が活用され始めたため、誌名変更以降は幅広い技術を扱う雑誌に変わっています。

自動認識技術の業界動向や課題を取り上げている

月刊自動認識は、自動認識技術業界の現状や動向を取り上げている雑誌です。また、課題や今後の展望についても扱っているため、精密機器や電子機器メーカーに従事する人、今後業界に関わっていく学生も読者にいるのが特徴です。

分かりやすく解説されていて入門書としても読まれている

月刊自動認識では、自動認識技術のシステム構築の背景を紹介しています。国内だけでなく、海外の注目される技術や話題を網羅しているので、今後期待できる技術のいち早い把握が可能です。また、初心者にも分かりやすい講座が展開されているため、自動認識技術の入門書としても人気を集めています。

月刊自動認識の広告掲載料金

  •  表紙貢(4色)1回掲載550,000円
  •  表紙2貢(4色)1回掲載440,000万円
  •  表紙3貢(4色)1回掲載407,000円

月刊自動認識の口コミ・評判

月刊自動認識の広告掲載に関する口コミは見つけられませんでした。

月刊自動認識に広告掲載するメリット

現場で働く人をターゲットに広告を打てる

月刊自動認識の読者の年齢層で最も多いのは40代、次いで30代が多くなっています。今後自動認識技術を担っていく、現役でバリバリ働いている世代がメイン読者であり、実際に現場で働く人達に向けて広告を打つことが可能です。

精密機器・電機・機械業界に勤めている読者が多い

月刊自動認識の職業別読者層は、精密機械が最も多く25.82%、次いで電機が15.07%、機械が11.78%となっています。読者の過半数近くが自動認識技術に関連する業界に勤めており、BtoB向けの広告を打ちやすいといえます。

世帯消費が増える30~40代の読者に広告を打てる

月刊自動認識は、30~40代の働き盛りの世代が読者に多いので、BtoC向けの広告も一定の効果が見込めるでしょう。特に、晩婚化で30~40代にかけて家庭を持つ人も増えているため、今まさに世帯消費が増えている世帯に対して自社製品をアピールできます。

月刊自動認識の広告掲載までの流れ

月刊自動認識の出版元である日本工業出版では、月刊自動認識の広告掲載料を公表していますが、広告掲載の依頼に関する情報は見つかりませんでした。同誌に掲載を考えている方は、日本工業出版株式会社までお問い合わせください。

他の集客施策も織り交ぜたWebマーケティングをしよう

集客施策を一つ講じるだけでは、効果を継続させるのは難しいといえます。広告を打った一時だけ集客数が増えて、また元の状態に戻ってしまう企業は少なくありません。月刊自動認識に広告掲載して集客数が増えたタイミングで、下記の施策も併せて講じることがおすすめです。

  • 製造業向けの他媒体にも広告を掲載し、認知度をアップさせる
  • 広告を見た人を集客するために、自社ホームページに力を入れる
  • 自社製品について説明が不足している部分をランディングページで補う
  • ポジションニングメディアで自社製品に興味を持ってくれる人を獲得する

広告掲載と併せて上記の施策を実施して、販売機会の損失を防ぐ体制を整えましょう。

製造業のWeb集客
成功させるポイントとは

ページトップへ