日本製本紙工新聞の広告掲載費用・評判まとめ

日本製本紙工新聞の広告掲載費用・評判まとめ
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

自社の商品を見込み顧客に認知してもらうため、新聞広告への掲載はオフラインの広告として一般的な施策と言えるでしょう。

この記事では、印刷加工市場や技術・新製品の情報、市場動向、企業の経営に関するニュースを掲載している「日本製本紙工新聞」についての情報をまとめました。サイトの特徴や活用事例について知ることができます。

またキャククルでは、120業種以上の集客ノウハウを活かした製造業界で受注に近いユーザーを狙った集客施策についても記事でまとめています。

日本製本紙工新聞の特徴

日本製本紙工新聞キャプチャ画像引用元:「日本製本紙工新聞」(http://www.print-info.co.jp/seihonsiko.html)

「印刷新報」や「印刷情報」など、さまざまな定期情報誌を発行する「印刷出版研究所」が刊行している媒体です。
製本・後加工業界紙として、印刷加工市場や技術・新製品の情報、市場動向、企業の経営に関するニュースを掘り下げて取材・編集されています。

会社の理念や将来性、価値・独自の魅力を発信できる企業インタビューなど、内容の濃いコンテンツが好評です。毎月5日、20日の月2回発行となります。
また、発行部数は2021年8月時点で毎号5,000部(※1)と少なめですが、製本・紙工業界唯一の専門紙として全国の製本・後加工業者に向けて高い確率でアプローチができるでしょう。

(※1)印刷出版研究所公式サイト(https://bizpa.net/item/21072/)

日本製本紙工新聞の広告掲載費用

日本製本紙工新聞の広告掲載費用は記載がありませんでした。広告掲載を検討している方は、発行元の「印刷出版研究所」に電話やフォームにてお問い合わせください。

印刷出版研究所公式サイト:(http://www.print-info.co.jp/seihonsiko.html)

日本製本紙工新聞の口コミ・評判

日本製本紙工新聞に広告を掲載した企業の口コミ・評判は見つかりませんでした。

日本製本紙工新聞に広告掲載するメリット

読者は最新の業界情報や動向を収集したい印刷関連の企業経営者や関連業者がメインです。

自社の技術やサービスについて認知度を上げたい方に有効でしょう。また、会社そのものの認知度や信頼度向上にもつながります。

日本製本紙工新聞の広告掲載までの流れ

日本製本紙工新聞を発行している「印刷出版研究所」へ費用や入稿ルールを問い合わせます。
担当者に契約内容や掲載スケジュールを確認し、入稿が完了すれば掲載開始です。

「まずは見本紙を取り寄せてみたい」という場合も、フォームによる申し込みで受け付けてくれます。

他の集客施策も織り交ぜたWebマーケティングをしよう

製本業者や印刷関連業者をターゲットにした媒体への広告掲載は、自社の事業や製品・サービス認知してもらいつつ、関連企業からの信頼度を高める上で有効です。
しかし、いくら業界内で認知度を高めたところで、必ずしも新規顧客獲得や受注・取引につながるとは限りません

新しい情報を知って興味を示した企業担当者は、Webで検索して情報収集も行っています。
そして、これが本当に優れた技術・サービスなのかを検証し、複数社の技術・サービスと価格や性能を細かく比較して、自社にとって有益との判断に至ったところでアクションを起こします。

ターゲットが自社を認知した後の検索行動や検索ニーズを予測しながら、オフライン媒体だけでなくWebマーケティングも取り入れたオンライン施策を行いましょう。

  • 印刷業界専門のポータルサイトに広告を掲載する
  • SEO対策で商圏内のユーザーにアプローチする
  • グーグルマイビジネスを活用して指名検索対策をする
  • ポジショニングメディアで受注に近いユーザーを創出して集客する

オンライン施策を上手く組み合わせて、経営に好影響を与える集客戦略を実施していきましょう。
また、下記のページでは、商談率8割超え、客単価が2.5倍を実現した集客施策を含め、製造業のマーケティング施策について解説しています。こちらもぜひご参考にしてください。

ページトップへ